ほっといて。

でもそばにいて

黙ってて。

  新聞の片隅にあった、 加藤登紀子のひらり一言より

  両親への接し方で悩んでいた私には、一瞬息止まった一言でした・・。
  けだし至言なり。