ただいまメンテナンス終わり、来年の予約をとってお帰りの女性患者さん。以前教えていただいた「唾液を出すマッサージ」やってます!との事、」”ベロ回し”も結構きついけど、唾液が出てくるわね・・!とかなり努力されているご様子。歯茎の変化もなく歯もツルツルにきれいになって本日終了、うれしいひと時です。「いやよね、加齢に老化!」とおっしゃるので、「そんなことないですよ、”カレーは食べるもの・廊下は走るもの!”」と冗談(失礼しました)言ってお送りしました。患者さんも大笑い!お口も歯も「笑う」ために大切です。 受付 佐藤

聖路加国際病院の日野原先生が、10月4日102歳のお誕生日を迎えられました。お元気で診療され、課外活動も続けてらっしゃいます。驚異的なことです。先日久しぶりに「命の授業」の様子を拝見しました。これは小学校に出向いて子供たちに「命」というものを実感してもらう貴重なご活動です。以前より聴診器を人数分用意なさって心臓の音を聞かせるなど、子供たちから歓声が上がる実践的な活動されていました。この様子は「10歳のきみたちへ」という本に記されています。10歳という年齢は、大人へと変わっていく大切な年齢とのこと。「今、君たちが生きているのは、自分の為に使える時間があるということだね。これから大人になったら、その自分の時間は人の為に使うのですよ。だから君の命を大切にする以上に大切なことはないの。人の役にたつ大切な時間という命だから」と子供たちに話します。子供たちは静かに目をキラキラさせて、日野原先生の力強い言葉に聞き入ります。子供がこんなに静かにお行儀よく、人の話を聞けるなんて、やはり日野原先生のお気持ちが伝わっているんですね。

「シャボン玉飛んだ、屋根まで飛んだ、屋根まで飛んで壊れて消えた・・」野口雨情の歌の歌詞が、幼くして亡くなった雨情のお嬢さんをシャボン玉に託した歌ですよ・・とみんなで歌ったあと伝えました。子供たちはよそ見もせずお話に聞き入っていました。日野原先生は既に28000人の子供たちにこのような命の授業を続け、講演後には子供たちから感想文など沢山いただいているようです。その感想文を受けて「子供のうちにきちんと”命の大切さ”を伝えれば彼らはわかる」と実感なさってのご活動です。思春期の扉の前にいる君たちへ!と熱く語る日野原先生の言葉はきっと多くの子供たちに届いたことでしょう。45分立ちっぱなしで話された後、代表の子供のキックを、ゴールキーパーのように見事に受けられた102歳の現役医師に、拍手がやみませんでした。

 

秋のない,いきなり初冬になったこの11月、体温超えるあの暑さも過去のように思えますが、つい先日まで汗びっしょりの毎日でした。9月末ころから朝夕の気温差が大きくなり、咳をする方、喘息ようの方、顔色の悪い方、食欲のないかたが増えています。先日もブログに書きましたが、自律神経が追い付かないんですね。私達も地球上の生き物ですから、自然の変化の中でからだが対応しながら生きているわけです。充分食事に気を付け、さまざま努力していても空振りの日もあり、本当にこの気候の変化にはまいりました。

話は変りますが、最近の患者さんの中に「予防の為にと、お医者さんからこういう薬飲むように言われたの。歯医者に伝えて・・と言われて」とビスフォスフォネート剤(骨粗しょう症の薬)の相談されました。注目のBP剤ですが、医科の先生からも、もう少し患者さんに説明頂き理解いただいた上で、歯科のほうに振っていただきたいと、思わざるを得ないこともあります。というのも投薬された患者さんご自身が、「お薬飲むことに十分理解や納得されていない」方も中にはいらっしゃるからです。聞けば、「お医者さんがおっしゃったんだから・・」とのこと。先生にお任せでなく、お聞きになってよくわからなければ、何度でもお聞きになっていいんですよ・・と、丁寧にお話しします。昔と違って”お医者さん任せではなく、「十分説明いただき、わからないことは質問して納得して、患者さんご自身が了解して、服薬なり治療進めること」とお話しします。歯科を受診の際にも、当院ではそう考えてご案内しており、服薬のある方には教えていただき、ご協力の中で進めております。ご自分の状態・現在の状況に立脚してありのままを知ること・知らせること。その上で「さてどうしましょうか?」だと思うからです。

言われるままにお薬いただき「なんだかなぁ~」と思いながら帰ってインタネットで調べ、友達に聞き、TVの健康番組を探し、お薬の効果のフォローアップ曖昧なまま、ご自分で飲んだり飲まなかったり調整なさってる方も多く、それで医療費云々は言えません。自分の体を知ること。医療者のお任せにしないこと。生活習慣を見直し、自分のからだの中からも直せる力があると知る方が増えれば、本来の予防も進み、医療費の無駄が省けるかもしれません。「お医者さんに聞いたら悪いでしょう?」そんなことはありません。お答えできないことも中にはあるかもしれませんが、できるだけお聞きになってコミュニケーションおとりになってください。現在の保険制度ではなかなか難しいことだらけですし、会話の分は保険点数にありませんが、点数にならないからと説明を省く時代でもありません。からだの持ち主はほかならぬご自分・ご自身です。メモッたり、質問したり、相互のコミュニケーションあっての「インフォームドコンセント」です。当院もまだまだですが、できるだけ患者さんとお話しして進めたいと考えています。

「答えは患者さんの中にある」これは昔ある先生がおっしゃった名言です。患者さんとの会話は治療を進める上で宝(情報)の山です。そしてそのようなことが大事にされる保険制度になって初めて、予防の意味が出てくるのではないでしょうか。医療従事者の私達も時には患者になります。予防と消費者の意識をもった患者さんが増えれば、医療そのもの・保険制度も変わっていくと期待しています。

何やら怖いこのキャッチ!はアメリカ歯周病キャンペーンのキャッチコピーです。昨日久しぶりに、健康番組の中で某歯科大学の教授がおっしゃっていました。
実はこの言葉 1998年歯科予防の研究会が立ち上がって間もなく、アメリカから来日された先生のお話の中で知りました。「なんと恐ろしいことを言うのだ!アメリカという国は」というのが正直な印象でした。何しろ、1998年予防の発会式で「虫歯も歯周病も本来稀な病気である」と講演で聞き、椅子から転げ落ちるほどの衝撃でしたし、その後当時所属していた予防の会から、歯科検診で欠かせない探針は「「柔かい歯を傷つけるので使わない」とマスコミに発表し、当時センセーショナルで議論を巻き起こしたものでした。その後虫歯・歯周病の病因論(なぜそうなるか)が明らかになりそれとともに、原因菌が特定されたものの、まだまだエビデンス(裏付け)が十分でなかったこともあり、右往左往する中にあっても、世界中、特に北欧・アメリカから沢山のデーターが出てきて、今日の予防のレベルになってきました。日本ではご存知の山形県酒田市の熊谷崇先生の、開業医としては驚異的なデーターが世界の歯科界でも注目されています。考えれば今から15年前に歯科の予防の研究会で、海外から帰ってきた先生方が「ストレプトコッカスミュータンス」「・・・コミタンス」「アプチノマイセス・・・」「ジンジバリス・・」「うん?人事?」こんな無知で何も知らない私たちは、原因菌の名前をそらでスラスラしゃべる若いドクターたちに煙に巻かれた状態で聞き入ったものです。ましてやフッ素のことをライオンの研究者さんに教えていただいた時には、「エッお紅茶にも・エビにも・海水にも入ってるんだ」といったびっくり状況で、セミナー終わるとみんな発表した研究者に列なして教えていただいたものでした。
それが今日では、あちこちでメーカーが商品の宣伝かねて、脱灰・再石灰化からフッ素の働きまで教えてくれ、随分と予防の意識も高まって隔世の感があります。
でも、フロス(デンタルフロス)に関してはどうでしょうか?まだまだ歯ブラシだけでなく、毎日フロスを使っている方・習慣にしてらっしゃる方は少ないと思われます。元に戻りますが、歯周病菌として有名?(代表選手)なPG菌(ジンジバリス菌)は本当に要注意なのです。PG菌はインシュリンの作用も下げるので、歯茎はおろか体の炎症物質を増やしますから、高血糖により免疫下がって血管ももろくなります。血管の中に入ると血液を固まらせるので、動脈硬化・すなわち心臓病に直結します。誤嚥性肺炎と言って、肺に入り大変危険な状況になります。この悪玉中の悪玉PG菌をやっつけるのに、普段のお手入れにぜひデンタルフロスを活用いただきたいのです。フロスについてくるべとべと汚れが取れ、柔かい歯ブラシで歯と歯茎の際を小刻みにブラシをあてれば、かなりの汚れは取れます。そのうえで定期メンテナンスで、歯科衛生士に歯周ポケットを検査してもらい、時にはデジタルレントゲンで、骨の吸収を調べておけばまあまあ大丈夫でしょう。でもその前に三度三度のお食事に、かむ回数の多いものをとって、よく噛み唾液を出すように心がけましょう。噛むことはお掃除することと同じです。日本食は昔から「口中調味」と言われておりました。お食事ってゆっくりかむと素材の味がわかり、大地の恵みに「美味しいなあ」と幸せになるものです。噛めばお口の中の免疫も上がると思います。お口の中の取れる汚れはちょっと手間かけても取り、あとは守る。やろうと思えばできることばかりです。小学生の時歯を赤く染めて必死に歯ブラシして落としたこと覚えていませんか?汚れはつく、だから落としておく。お口の中は体の一部だから「病気の連携」しないように心がける。簡単な理屈です。明日から歯ブラシにプラスして「フロスやってみましょう」と一人でも多くの方に伝えたいものです。フロスした後の爽快感は、やらないと気持ち悪い・・・と言う風に変わっていきます。口臭のないすっきりしたお口で美味しくいただき食べることを楽しみましょう。大きなお口で笑いましょう。元気にはっきり話しましょう。「フロスをしないと死にますよ!」そんなこと言われないように。でも歯周病菌をなめたらいけません。本当に怖いのです。だから怖がっていないでやることやれば大丈夫よ!と患者さんにお伝えするのが歯科の役目です。長い説明でした・・・。読んでくださってありがとうございました。フーッ!

小春日和の連休二日とは打って変わってどんよりした一日でした。夜になると強風がベランダの植木鉢をひっくり返したりしています。突風と急な雨にお仕事帰りの方は大変ではないでしょうか?大ごとにならぬことを祈ります。

さて先ほどTVでよい番組をやっていました。「脳卒中から身を守る」として、関心持って下さいとのことで、2009年イギリスのTVで放送された内容のお知らせでした。

FAST というのだそうです。知りませんでした。
F・・・・FACE すなわち顔のゆがみ、表情に左右で差がある よだれ・飲み物こぼす
A・・・・ARMS 腕 腕が上がらないとか、普段と違う状況
S・・・・SPEECH 構語障害 きちんと話せない ろれつが回らない
T・・・・TIME TO CALL 一刻も早く救急車を呼ぶ

このFASTをイギリスで放送以来関心が高まり、脳卒中の患者さんが一万人減ったそうです。時は金なりです。このことを知っておき、FASTの症状があったら躊躇なく救急車を呼ぶことで命が守れると伝えていました。日ごろから家族の表情気を付けて見ましょう。Time  is  Brain  !

 

手前みそになりますが、「こちらで作っていただくと、ピタッととても具合いいの、入れ歯も上手と評判いいわよ」とおっしゃいただくこと多く、お食事が楽しく美味しくが
皆様の健康支える基本ですのでとてもうれしく思います。入れ歯にならないように、普段のご自宅でのお手入れ、定期メンテナンスをおもな仕事にしている当院ですが、入れ歯のご要望に応えるのも歯科の大事な仕事です。入れ歯のお手入れが不十分な方、ゆるくなったり合わなくとも、市販の調整剤を塗ってご自分でいじってしまっている方も多く、伺ってみると、「歯科医院が入れ歯を作った後咬み合わせの調整などしてくれなかった。具合悪いと言っても直してくれなかった・・」などいろいろな声が聞かれます。現状の保険制度ではなかなか難しいこともありますが、せめて新しい入れ歯を作ったら、ぜひその後も調整に通われ、ご自分の歯として召し上がれる状態になさっていただくことがベストです。また、歯の代わりですし、お口の中で使うものですから当然汚れますので、ご自宅での入れ歯のお手入れ、残った歯のお手入れも大切です。当院では丁寧にご案内して、入れ歯をうまく使ってきちんとお食事できることを願って、対応しております。これから懸念されるインフルエンザもお口の中をきれいにしていることが肝要です。同じく入れ歯もいつもきれいにして病気をよせつけない様にしましょう。
入れ歯を作ったまま、調整もせず召し上がっていると、どんどん歯を失い、お口元が
老けて見えるようになります。ご面倒でも、定期的に入れ歯の調整とお口の汚れの清掃に来院されることをお薦めします。
こうして定期的に入れ歯の調整・メンテナンスにいらっしゃる患者さんに教えていただいて当院も、入れ歯がなぜ、どのように、どこがご不自由なのか知ることができます。「中央歯科さんの入れ歯は上手よ」とおっしゃって下さることは、逆に皆様に教えていただくからで、お使いになる皆様のお手入れと、入れ歯を大切になさる皆様のお気持ちのおかげさまとありがたく伺っております。お悩みの方は一度ご相談ください。

今朝、宅急便でボジョレー・ヌーボーが届きました。2年前震災にあわれた南三陸町の先生からお心遣いの一瓶です。家も診療室も失いましたが、ひとりも欠けることなかったんですよ、全員無事で・・とおっしゃる姿にただただ頭を垂れたものです。どんな思いでこの2年近くお過ごしでいらしたでしょう。もともと知り合いではなかったのですが、ある方のご縁で同じ趣旨で歯科をやっておられ予防の研究会もご一緒、人々のお口の健康を願って日々スタッフともども頑張ってらっしゃる方と知って、震災直後にささやかな救援物資をお送りしただけのことでした。よろず箱のようなありあわせのお口のお手入れ用品をとても喜んでくださり、その後近隣の中学校にはフッ素のペーストも2度3度お送りしました。お身内を亡くされた養護の先生から「子供たちが歯ブラシも頑張って、フッ素もきちんと使って虫歯にしないようにしてたのに、震災以来そのお手入れすら十分にできなくなって困っています」とのお訴えでした。急遽メーカーさん・材料屋さんのご協力も得て、患者さんからのご寄附をいかして、できるだけたくさんフッ素のペーストをお送りしました。それくらいその先生はじめ学校側が子供たちのお口を守ろうと、以前から尽力されていたのを伺って、矢も楯もたまらずお送りしただけのことでした。こちらがお見舞い申し上げる立場ですのに、想像絶する災害に合われながらも今を精一杯頑張ってらっしゃる先生からのボジョレーヌーボーは、もったいなくてルビー色の宝石のようです。被災地の皆様の頑張りに拍手を送り、一人でも多くの方と味わいたいと思います。普通に毎日がおくれることってとってもしあわせなんですね。丘の上に移られご活躍の先生・スタッフのみなさん、これからも地域の皆様のお口の健康維持に邁進なさって下さい。おからだ大切になさってください。ありがとうございました。受付・佐藤

ケネディ親日大使の認証式の映像がTVをにぎわせています。50年前小さかったキャロラインさんを知る私たちにとっては、時の流れとご縁を感じながら、そのさりげないステキさに圧倒されています。めったに見ることのない馬車での皇居へのご参内は先導する馬をはじめ絵のように美しく、キャロライン大使のオーソドックスなワンピース姿、さりげなくて感動しました。日本では女性が大臣に就任されると、仰々しいロングドレスや、ひらひら女性らしさを強調したドレスでお写真に納まっていらして、なんだか違和感もっておりましたが、普通丈のワンピースをさりげなくこうしてお召しになる新大使、本当にステキだと思いました。シンプルなお洋服を着こなすのは大変難しく、ロイヤルファミリーだからと言ってしまえばそれまでですが、とっても素敵でした。外交・大使としては未知数とのことですが、少なくとも多くの人に「身近さ」「親しみやすさ」「さりげなさ」
「肩ひじ張らないスタイル」を礼をもってステキに伝えて下さったことはとても意味のあるデビューであったと思います。女性誌がきっと折に触れ取材合戦になるでしょう。ご活躍を期待いたします。

いつも電車に乗ると思うのですが・・。車内放送です。
「電車から降りましたら、電車から離れてお歩き下さい」とやさしい女性のアナウンスですが、「うん?」と思うのは私だけかしら・・?
「降りましたら、危ないので電車から離れて歩きましょう」では、ダメかしら?
どっちでもいいけど、このアナウンスそのものが要らないのでは?という友人の声もあります。気になりだすと気になります。変な日本語がいっぱいです。

2013111803

手作りのクリスマスグッズを沢山いただきました。
実は石鹸です。もったいなくて使えませーん。あんまり可愛いので追加注文させていただきました。心こもったブレゼントありがとうございました。
スタッフ一同

ナベサダこと渡辺貞夫さんが今朝、佐和子の朝に出演されていました。この方の笑顔はなんていつも変わらなくステキなのでしょうか?「笑顔でやってます」でないとても自然で魅力的な笑顔。今年80歳だそうです。ビング・クロスビーにあこがれ飛び込んだ音楽の世界。29歳でバークリーに留学し、ただひたすら音楽が好きで来ましたとのこと。いつも肩ひじ張らずさりげなくステキです。今朝も今までで一番素敵でした。80歳にして
こんなに魅力的ってどうしてなんでしょう。お肌もつやつやして、年齢を感じさせません。加齢臭など微塵も感じさせない紳士然とした佇まいに魅了されました。学生時代サックス吹く姿に釘づけになりコンサート追っかけしたものです。アフリカにいらした後、子供たちに音楽を広めたり、いつもさりげなく社会貢献なさっていらっしゃいました。チャーリー・マリアーノの「アダージオ」が流れしびれました。最後にご自身がアントニオ・カルロス・ジョビンの曲を佐和子さんにプレゼントするように演奏なさって、Tv越しの私も80歳のナベサダに魅了されました。「今の楽器は楽に音でるのよ。でもさ、楽するといい音でないのよ」ナベサダが言うことのカッコよさに佐和子さんだけでなく、私もますます大好きになりました。同じ栃木県出身です。年齢重ねてもこんなに素敵な方がいる!
歳重ねることはステキなことですね。そう感じた朝でした。今日も貴重な週末メンテナンスにいらっしゃる患者さんが、気持ちの良い毎日お過ごしいただけるように、張り切っていきましょう。ナベサダみたいに。  受付 佐藤

島倉千代子さん(若い方にはご存じないかも)が旅立たれ、連日島倉さんの歌声が流れています。なぜか11月という季節によりそう湿り気があって艶っぽいお声です。日本人しか出せない声質が島倉さんのお声でした。ちょうど今日レコーディングの予定だったらしいのですが、ご本人から「その日まで待てないので・・」とのご連絡に急遽ご自宅をスタジオにして録音したという新曲が流れました。絞り出すような、想いに満ち皆様への感謝に満ちた島倉さんの最後の歌声の後、「この場面をいただけたことに感謝と」お別れとも取れるメッセージが流れ、もらい泣きしてしまいました。ご自分の寿命を感じられたのでしょうか。以前日野原先生に、患者さんはね、ご自分の最後ちゃんとわかってらっしゃるから嘘を言ったりごまかしてはいけません。誠実にあたたかく心こめて接してさし上げることですとご教示いただきました。急遽駆けつけ録音の算段された方々のお気持ちは十分に伝わって、きっと島倉さんにかけがえのない時間となったことでしょう。石川さゆりさんのお見送りの言葉にも心打たれましたが、支援されていた田勢さんのお話にもびっくりでした。田勢さんが東大で講演した際島倉さんをお呼びすると、「東大の門くぐるのこれで三度目なの。一回目は安田講堂事件の時、どういうことが世の中で起こっているのか知らないと恥ずかしい・・と思って見に来た。2回目は乳がんの宣告受けたとき、そして今日で3度目と」島倉さんの知らない面が語られました。お別れに集まった歌手の方々皆さん心の底から泣いてらっしゃるのが見て取れました。不器用なようでも正直に生きた方ではなかったでしょうか。歌う姿勢・そのお声はきっと忘れないと私も思いました。イチョウが黄金色に色づき、ハナミズキが赤く染まり、桜の葉も色づき始めて日本人の心を歌った島倉さんを見送るようです。人生いろいろ、かけがえのない一日一日を丁寧に過ごしたいものです。 受付 佐藤

2013110814110000

20131118

2013111802

ぶどう本物ですか?とお聞きになるかた多いです。飾り物です・・。
赤いのは桜の葉っぱ、本物です。きれい!大きな果物はご存知でしょうか?「かりん」です。甘ーい匂いが待合室をうめ珍しそうに皆様ご覧になっておられます。かりん酒になさるようですが、私は以前かりんでゼリーを作ったことがあり、実からは想像できない真っ赤なきれいなゼリーができました。ただ実が固いので、包丁がダメになりました・・。それにしてもみごとな果実です。下さった患者さんのお庭、 このような果物が沢山なってさぞやいい匂いなことでしょう。ありがとうございました。

メンテナンスに通われていた若いご夫婦に第一子が誕生しました。奥様もぎりぎりまでメンテナンスに通われ、初めてのお産、不安ながらも希望とうれしさに満ちて、お口の中もさっぱりなさってにこにこして帰られました。ご主人ももうすぐという待ち遠しい気持ちを告白して前回のメンテを終えました。そして今日「おかげさまで生まれました。男の子!3320グラム」と来院なさり、スマホの画面あふれるほどの写真見せて下さり何を聞いても笑顔。赤ちゃんの力って無限大です。出産前からご夫婦してお口のケアの意識が高まっていたので、今日のメンテナンス終わってお帰り際、早々と「子供もよろしくお願いします」とおっしゃって帰られました。もうりっぱなお父さんですね。お二人で赤ちゃん見れるようになり時間をシェアできれば、奥様にご出産後のお口のケアに来ていただければ、さっぱりしてお疲れも癒えるでしょう。出産後は睡眠も十分に取れず、初めてのことに追われて自分のことどころではないので、どなたかが1時間でも赤ちゃんを見て下されば、お口の中が気持ちいい状態になって、また頑張れるかも。ご近所どうしが行き交う昔とは違いますが、地域であちこちで子供を守り育てるようになるといいですね。まだ早いですがカリエスフリー目指して当院もお手伝いさせていただきます。頑張って!新米パパ・とママ!
寒くなりましたが、ほっこり温かい一日でした。

 

野球ファンでなくとも、今年の日本シリーズは面白くて毎日ワクワクでした。
そしてついに巨人を破って優勝!地元からの応援団も泣いている人もいましたが
「やったー!」という充足した表情の方が多かったですね。観客の皆さんみんな力強いイキイキした顔にあふれて、テレビ越しに私ももらい泣きしながら「よかったねー」とVサインしていました。

巨人にとっては、直前に川上哲治さんという球団にとって神様のような方の訃報もあって、より優勝したかったでしょうし、両球団どちらも頑張りましたが、楽天の「おもい」がより強かったのでしょうか、あっぱれでした。2011・3・11以来地元出身の嶋選手などの揺れる気持ちと監督とで苦しい気持ちのやり取りがあったと聞きました。それを超えて4月初めの嶋選手の「底力見せて頑張りましょう・・」の決意宣言まで、家族を地元に残してどれほどのお気持であったか計り知れませんが、「前に向かう気持ち」に至るまで、被災地を何度も訪問し現実を前に、被災者の皆様と心通わせ気持ちを支え合いながら優勝への強い気持ちに繋がったんですね。一勝するたび被災地に100万円寄付していたことなど知りませんでした。選手たち被災直後は「このままユニフォーム着ていていいか」と自問自答した日々だったとのことです。心が通い合うとこんなに大きな力になるんですね。マー君の顔も嶋選手もどの選手も充足感に満ちてとってもハンサムでカッコいいと思いました。優勝おめでとう・そしてステキな気持ちありがとうでした。

天高く馬肥ゆる秋・・の言葉通り、秋の空はくっきりどこまでも青く澄んで、食欲の秋!と思っていたら、天気予報のおじさんが「全く違うんですよ」と説明してました。驚き!
暑かった夏の空気がちじんで、秋の空は逆に低いんだそうです。えーっ知らなかった。湿気がないので雲がないから秋の空は高く見えるんだそうで、「秋は食欲増して何でも美味しいし・・」と馬肥ゆるを妙に納得していたら、肥えて力を増した馬が攻めてくる・・と言うことだそうでビックリでした。まっ難しいことは抜きにして、秋の空はスッキリきれいですし、新米に始まり秋の実りはみんな美味しいし、いいことにして味覚を楽しみましょう。