ふうん

新聞の折々のことばが、連載3000回を迎えた記念トークイベントの記事があった鷲田清一さんと、あのなんとも心に沁みる声の山根基世さん。どちらも魅力的な方ですね

その中で鷲田さんは、僕はしゃべりの「哲学者」なんだけど、僕はね聴くことを哲学の営みの中心に据えたいと。言葉を探すのも一種の聴く行為。とりあえず、どんな言葉もいったん受け止めるという気持ちが、ここにはあります
―旧知の銀行員の「口下手な行員の方が成績がいいんです」と言う言葉を取り上げた回がありましたね・・と山根さん。「これ、好きなやつ」と相槌の鷲田さん
立て板に水のように話すのがいいと思われてるけど、自分の心の中を探りながら誠実に語る人の方が、伝わりますと鷲田さん

そんな中二人の共通する点では、子どもや若者へのまなざし・・

僕、子どもの言葉で一番好きなのが「ふうん」って言葉。反発するでもなく、素直に受け入れるでもなく、意味も分かってないし興味も別にあるわけじゃない。でも、ちょっと心にひっかかってしまったという・・と鷲田さん、な~るほど

山根さんは子供達と「ごんぎつね」を読む会をした時、最初に分からない言葉を調べる作業をした。すると男の子が来て「ただの意味調べじゃないか」と文句を言った、あのね、音読と朗読は違うのよ、本当に自分の心に入ったものを相手の心に届けるためには、自分がちゃんとわかってなきゃいけないのよって言ったら「ふうん」って

朗読って極端に言えばへたくそが一番いいんじゃないかと、自分の為に本を読んでくれる、そのシチュエーションがうれしんですよね、うまい必要はないんですよ、声って。だから聴くことは生理的な喜びだと思うんです。今の人たちは発信することがエライと思ってる。でも聴くってものすごいエネルギーいるし、クリエイティブですよね、人の話を聴くことで自分がどんどん変わっていくんだもの

能登半島地震が起き、ウクライナやガザでの戦闘も続いている。自分の頭で考える力と、目の前の人の命を尊ぶ心を、一人ひとりの子どもの中に大事に大事に育っていけば、子どもの言葉を育てていけば、いつか戦争のない世界が来ると信じていますとおっしゃるお二人

震災などの後、おはよう、おかえり、と言ったシンプルな言葉が宝物のように沁みる場合があって、あんまりごちゃごちゃ言わない方がいい時もある。過剰であったり足りなかったり、言葉ってなかなか難しんですよ

言葉を探すとは 聴くこと
「ふうん」の意味も知って、言葉の達人お二人のことばは、サラリと重いなぁ

 

やぎさんゆうびん

どうしてなのか?自分でも不思議なのだが、最近ひょんな時に口ついてでてくる童謡がある

しろやぎさんから おてがみ ついた
くろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
さっきのてがみの ごようじ なあに

くろやぎさんから おてがみ ついた
しろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
さっきの てがみの ごようじ なあに

どうして今ふいに口ついてでてくるのかわからないけれど、お天気のいい日が多いように思われる・・も何の根拠もない、不思議

根拠がないと言えば、この歌はいつ終わるんだろう?このあと3番はあるんだろうか?と、小さい頃は何の不思議にも思わなかったことが妙に気になり、ネットを見たら・・・

やっぱりおんなじこと不思議に思う人いるんですね?ずっと双方のやぎが読まずに食べっちゃったら、手紙の内容が伝わらないままなんだろうか?と言う疑問もあり、実は三番目の歌詞があると噂は立ったが情報は得られなかったと(笑)
なので一番→二番→一番→二番・・と延々と続くらしい、それもねぇ~何だか
一部に幼稚園の先生が、あまりに子どもに聞かれるので、三番として「くろやぎさんからお手紙とどいたしろやぎさんが、こんどこそ食べずにちゃんと読んでお返事した」と創作したという話もあり、それはそれでよかったんじゃないですか?みたいなご意見も載っていました、平和だなぁ~

因みに作詞は まどみちおさん・作曲は 団伊玖磨さん、笑いながら口ずさんで、なんだかほっこりするいいお歌です
つい最近の事はとんと忘れる昨今!よく覚えてるなぁ、この類の童謡の歌詞・・・です

じぶん(相田みつをさん)

  いま ここ
  じぶん
  いまここじぶん
  それを
  どう充実させて
  生きるか
  あるいはむなしく
  生きるか
  それをきめるのは
  いまここの
  じぶん     

         みつを

足利の相田みつをさんの言葉は、ふとした時にふいっと出てくる
名産の最中の包装紙も、箱の中の一片の相田みつをの言葉も、いつも身近に育った私には、すんなり「あぁそうだなぁ」と思ってしまう馴染みがある

東京の美術館が閉じると聞く。残念でならない・・が、私だけでなく人々の心のどこかにふいっと、ひょんな時に思い出されるに違いない
相田さんのかつての制作中の写真
相田みつをさんが墨汁をプラスティックのお風呂の手桶にいれ左手に、畳に座ってイザッ!と筆走らせ、和紙に向かう姿が懐かしい

普通だけどすごい人!
普通だからすごい人!
普通でもすごい人!
失礼だけど 本当にすごい人!

どの一片の言葉も、新しくて忘れない

セロリのいつもの

 

セロリを買う時は葉っぱもよく見て、柔らかそうでフサフサのを買います
セロリだけのコンソメスープにしたり、必ず作るのがご飯のお供
今日は桜エビがあったので、ホロホロにつくだ煮風
桜エビの色がキレイなのでお醤油使わず薄い塩味だけにしました
炊きたてご飯にこれだけでいいくらい!(ちゃんとお肉も副菜も食べますけど)
セロリの葉っぱは面倒でもサッと湯がいて、色鮮やかにしてから短時間炒めるのが我が家風。みんな大好き小さなおかずです

映画鑑賞と周術期の口腔ケア講演ご参加ありがとうございました

先日は「ケアを紡いで」映画自主上映と、周術期口腔ケアの講演にご参加頂き
貴重な日曜日にありがとうございました

歯科医・歯科衛生士さんだけでなく、様々な職種の方がご参加下さり、本当に有難うございました。
周術期口腔ケアはその第一人者、県立静岡がんセンター口腔外科部長・百合草先生にお願い致しましたが、実践しておられる口腔支持療法に皆さま身を乗り出して聴いて下さり、大変意味ある学びを頂戴しました

当院は1998年、熊谷崇先生が作られた歯科予防の会発会から参加させていただき、その後オーラルフィジシアンにて内科的歯科医院として、歯科は生活者医療であるから患者さんの背景やお人となりをよく話しを聴いて、対応することをポリシーに参りました
先日、百合草先生のお話しでも「医療の主人公は患者さんなので」と、がん治療中の患者さんと十分なコミュニケーションをとり、画一的でなくお一人お一人の状況に、丁寧に医科の専門医と情報共有し、少しでも召し上がれるように対応していますとのことでした

お口のなかの状況がいかに全身と相関するかは、只今も大変な被災地を見ても明らかなことで、とはいえなかなかにむずかしいことでもあるのが現実です

2004年都内にて、百合草先生の前任者である、がん治療における口腔ケアのパイオニア大田洋二郎先生の、初の医科と歯科の講演会を聴いていただけに、太田先生の急逝もあり、いかにここまで来るのが大変であったか計り知れませんが、引き継がれその道を更に高めて、がん治療中の患者さんに貢献なさる百合草先生のご講演には感慨深いものがありました。ご参加者皆様がじーっとスライドに見入ってお話し聴いてるご様子に、ご依頼してよかったと思いました。各分野の方々が持ち帰られて、お役に立つことを願っております

ゆずなさんの意志で企画された映画「ケアを紡いで」は、刻々と静かに画面に映し出される文字とともに、現役ナースのゆずなさんががんに罹患して、取りまく状況が大きく変わるご様子を、丁寧に丁寧に画面の文字、ゆずなさんのつぶやき、静かな音楽で追うので、時々涙する参加者もお見受けしましたが、ご存じなかったAYA世代の行政支援の空白の現実など、皆様集中してご覧になって下さっておりました
映画上映には多少のためらいもありましたが、メッセージ性の高さに圧倒され、是非に御紹介したかったのでした。「知らないを知ってる!に変えるだけで、見方も変る」「引き出しに入れておくと、アッあれだ!と気づくからいろんなこと知ってた方がいいよ」院長の口癖でした。歯科は患者さんの背景知らないと何もできません

アッと言う間の日曜の4時間でしたが、皆様からあたたかい言葉を沢山頂戴し、周術期口腔ケアも映画もご紹介出来て良かった!と思いました。百合草先生のお話しもっと聞きたいというご意見いくつも頂戴しました。ある方からは、映画の上映希望も伺いました
この日に至るまで日々の診療お忙しい中、早乙女先生、松野先生には何から何まで大変お世話になりました。このお二方がいらっしゃらなければ実現できないことでした。(株)クレセルさんにも大変お世話になりました。

初めてのことで不十分な対応もままあったかと思いますが、いらして下さった皆様ありがとうございました。遠くまで帰られる方々も、ご参加大変ありがとうございました
畑の大豆の場面のように、あちこちで種まきいただいて、希望の芽が出ますことを祈り願っております