牡蠣の季節

ソチで盛り上がっていますが寝不足の方多いのではないでしょうか?今夜はいよいよ真央

ちゃん。プレッシャーの中「トリ」務める重圧はどれほどでしょうか?あの細い体で頑張

ってる姿。みんな応援したくなりますね。強敵がいっぱいと思いますが、真央ちゃんらし

くのびのび音楽にのってご自分の表現されたらそれだけで「金メダル」拍手です。

今までのメダリストが「日本の代表として・・」とか健気にコメントする姿に感動しながら

も複雑でいろいろなおもいが致します。皆さん本当に頑張っていらっしゃいますね。

さて、無類の貝好きですが、この季節はやっぱり「牡蠣」です。王様は牡蠣フライ。カリ

ッジュワッ!あーもうたまらないですね。タルタルソースもいいですが、私はやはりシン

プルにウースターソースです。山盛りのキャベツと。それとフロランティンヌ・どうって

ことない旬のほうれんそうと一緒のグラタンです。この相性も抜群です。それと・・・・

我が家のカキ鍋(写真なくてすみません)はちょっと変わっています。土手鍋でなく

お味噌汁より薄いみそ味だしに牡蠣・千切りねぎ・千切り油揚げ・千切りこんにゃく。この

4品だけを煮ては食べ煮ては食べします、お出汁がだんだん濃厚になってきてうまー

い!材料の千切りがめちゃくちゃ大変ですが、これ大事なのです。こんにゃくの千切り

が面倒だからと「糸コン」にしたら、まったく違う味になって、やっぱり手間かけないと

食べるの一瞬だけど!と反省。すべて材料食べきった後のお出汁をお雑炊にするともう

夢心地です。(うーん唾液でます)お雑炊にする前、飲み残しの日本酒をお鍋に入れるの

忘れないでくださいね。くれぐれもご飯入れてとき卵流したら、すぐ火を止めて蒸らすよ

うに。お出汁多めのサラサラが美味しいですよ。くれぐれもおじやにしないように。

牡蠣ももうすぐシーズン終わります。ぜひお試しください。買う時にお水に浸った

パックのカキでなく、むき身の計って買う牡蠣のほうが断然美味しいです。探すのも大変

ですが明らかにお味に差が出ます。お値段はそうかわりませんので、回転のいい魚屋さん

かスーパーで、パックでない牡蠣でぜひお試しください。20年以上前雑誌「ミセス」に

この作り方が載って以来の我が家のカキ鍋ご紹介しました。歯科的にお話すれば、牡蠣に

はご存知のように「亜鉛」が特に豊富で、亜鉛は味覚を感じるのにとても必要です。亜鉛

不足は極端いうと「味がわからなくなります」とても大事な栄養素です。牡蠣だけでなく

サプリでなくとも多くの食品に含まれていますので、心がけてとりたいものです。昔から

牡蠣は「Rの季節」と言われますが、生産者の努力により他の季節でも食べられる場合も

あるようですね。でも四季のある日本人としては、季節を大切に愛でていただくと美味し

さ格別です。産地で取れ立てを炭火で焼き牡蠣したら卒倒する美味しさでしょうね!

 

牡蠣の季節

牡蠣の季節