大阪なおみさんの快挙で、いろんなことが注目されています。中でも関心を引いたのが、「grit」ということば。知らなかったです。

やりぬく力だそうです。

辞書を引くと、気概・気骨・勇気・根性・・と何やら、厳しそうな言葉が続きます。なんだかこう聞くと、今話題のパワハラっぽいなぁ~。

「やりぬく力」と言われると、すごくわかりますよね。

なおみさんのニュースに私のような世代でも、勉強になることが沢山あります。20歳のテニスをする彼女によって知り得たことですから、これは凄いことです。いくつになっても新しいことを知ったり、知らない世界を垣間見たり、若い人がいろんなことを考えたりしてるのを見聞きすることは、私にとって何より新鮮です。

それにしても記者会見で、「日本の子供達に夢と希望を与えたと思いますが、これからテニスをやる子供達に何か・・」と聞いた某テレビ局の方に、答えたなおみさんがまたステキ。「う~ん、愉しんでテニスをして私を目標にはしないで。責任取れないから・・(クスッ)」と。その後更なる質問に「私は私」と付け加えられて・・。

清いというか潔いというか、気持ちいいくらい歯切れがいい。はっきりモノ言うときに、クッション言葉を使われるのもお若いのに品がありますね。

なんだか拍手喝采です。