ある駅前の喫煙所。並びにバス停、タクシー乗り場。バギー押したお母さん、乳幼児連れたバス待ちの方。駅に向かう方、駅から出てきた方、みんなここを通らねばなりません。第一なぜタバコ吸う場所を緑の鉢で囲むのでしょうか?意味ありません。

3月の朝イチで放送されたように、喫煙の煙は50㎡に広がり、吸った方からは45分間撒き散らされ受動喫煙の害がある事が放送されました。駅前の公共の場。喘息や肺気腫、ガン治療中の方も通行されるでしょうし、明らかに受動喫煙の被害は免れません。早々に区の対応を願いたいと思います。

喫煙者もオープンエアだからいいと思ってるかもしれませんが、吸うあなたのからだをみんな心配してるんですよ。そばで他人の煙を吸いながら自分のからだを傷めてるのですから。尚且つ小さい子達にも煙を撒き散らしながら・・。

最近は歯だけでなく、病気にならないようあらゆる方面で「予防」が言われています。どんなに食事にこだわり、スポーツやストレッチ励んでも、タバコを吸っていては全て意味がなくなります。禁煙は究極の!そして一番身近で簡単な病気の予防です。禁煙なさるとそのメリットの多さに気づかれ、禁煙なさる方はすばらしい決断出来る、素敵な方だと思います。