2022年は、静かな、年のスタートとなりました。

久しぶり、古~いバイオリン等のCDを引っ張り出しているうち、ふとこれも随分前の「石川セリ」を聴きたくなって、珍しく何度も、繰り返し聴きました。

大好きな「翼」(武満徹・詞、恩地日出夫 演劇「ウイング」)を聴きたいと思ったのですが、その前の「島へ」に心揺さぶられそのあとに「翼」を聴いていると、丁度久しぶりの強い風が、ベランダの、葉の落ちた紫陽花の細い枝を揺らしていました。よく見ると、その葉の落ちた柏葉紫陽花の枝に、小さなプツンとした膨らみもあり、冬を越して又蕾をつけてくれるのだろうなぁとかすかな楽しみを持ちました・・。

島へ (井澤満・詞 1983年TVドラマ「島へ」(富岡多恵子・原作))

見知らぬ人よ あなたはどこにいるのですか
めぐりあいを信じていますか
ガラスの廻転扉をひとつまわったら
あなたの胸にぶつかるでしょうか
都会の海に漂い
島をさがしつづけています

さすらうひとよ あなたは歩きつづけますか
繋ぐ掌と掌もとめていますか
心の水平線さえいつか見つけたら
あなたとわたし出逢えるでしょうか
結ばれる睡る緑の
島をさがしつづけています

 

翼  (武満徹・詞 1992年 恩地日出夫 演劇「ウイング」)

風よ 雲よ 陽光よ
夢をはこぶ翼
遥かなる空に描く
「希望」と言う字を
ひとは夢み 旅して
いつか空を飛ぶ
風よ 雲よ 陽光よ
夢をはこぶ翼
遥かなる空に描く
「自由」という字を