避難訓練に参加しました。
避難梯子新しくなった時、業者さんが「果たして咄嗟の時降りられますかネェ、梯子揺れますから落ち着いて降りてくださいよ!」と言われ戦いていました。

台風被害を連日目の当たりにし危機感募った中、参加者多数!
中でも体験出来る所は行列でした。避難梯子は管理センターの方が上からも下からも声かけて下さり、実際にやってみると大変でした。今言ってくださったのに、鵜呑みにして我流でやる人続出!で、「ハイ、やり直~し」と。最初は両手でつかみ、万歳したまま足を下していく・・と丁寧に教えて下さり、誰もが「見るのとやるのは違うわねぇ~」と。

その他、”階段を下ろす”ストレッチャーみたいなものを体験。下ろす方も緊張しますが、そのブレーキの利きの凄さに感動してました。けが人役の方は首が浮いちゃってキツい!と仰ったので、とっさに持ってたタオル丸めて首の後ろに当てたら「グー!」と言われ、”経験してみないと何もわからない!と言うことがわかった”貴重な日となりました。

子供達はカッコいいはしご車に夢中でした。被災地はまだまだ大変な状況です。おからだ案じながら毎日毎日お祈りしております。

後日談・避難梯子のお世話くださった方に翌日行き会い、お礼を申し上げたら「子供さんは素直で、言った通りやってくれるけれど、”大人は言うこと聞きませんから”ねぇ~」に互いに笑いました。訓練だから笑っていられます。聴く耳持たねばと反省しました。