夜遅くに届いた茶色の洒落たパッケージ。何かしら?と見ると、あのメゾン・ド・ショコラの文字が。ワァ~素!と開ければ、小さな深紅の八センチ程の箱とシックな雪の柄の瓶がフィルムで固定されて。

友人の気遣いが包装に反映されてるようで、チョコレート頂く前に感激しました。さすがパリのお店。箱を開けた時から感激させられ、味わう前からドキドキしました。有名なオランジェット抜群の美味しさです。

箱を開けた時からがチョコの始まりなんでしょうね。