連携

先週父が倒れ緊急入院。すっ飛んで行ったものの予断を許さぬ状況に覚悟決めて待つこと

一昼夜。幸い皆様のご尽力で意識は戻ったものの何せ高齢で教科書通りにはいかず、

先生方もチーム組んでのご対応。昼夜関わらずの検討とご診療、摂食嚥下のチーム・リハ

ビリのチーム皆さま総出で、感謝感謝。おかげさまでかなり混乱しているものの

会話が戻りました。と言ってもかなりの行き違いも波もありまだまだ不安定です。ですが

歯科医・歯科衛生士・言語療法士の方々のみごとな手際よさと豊富な知識。日々患者さん

と向き合って急性期乗り越えてすぐ口腔ケアと義歯への取り組みやって下さり、本当に感

激しました。ここでは医科も歯科も互いに尊重しあい、本来の連携をしています。父が今

後どのような経過たどるかまだわかりませんが、生きること=食べることととらえて頂い

ていることに、心から感謝しつつ、回復を待ちたいと思います。まだまだの状況ですが、

医科と歯科が連携して居る様をまじかに見て、よい関係になって来たなあ!と心から喜び

ました。このような状況が全国各地に広まり、恩恵うける患者さんが増えることを願って

いますし、微力ながら私達も伝えていきたいと思います。皆さま有難うございます。