町医者

昨日もたくさんのメンテナンスの方、この蒸し暑い中をご来院下さいました。「アー!

スッキリした!やっぱり来ると違いますね。すぐお昼食べたくなくなるもの。きれいにな

って汚したくなくなって」と次の予約とられ、ホームケアのもの買われてお帰りです。

昨日待ちに待った患者さんが見えました。昨日の予約を取っていたのに、春の初めお電話

あり「6月の予約キャンセルします。思いがけずガンが見つかって。その日まで生きてな

いと思う」と切羽詰まったお電話でした。ゆっくりとご事情伺い、お気持ち伺ったところ

不安で不安で家族中で困ってしまい、パート先も早速に退職届出してしまった。なのでも

う歯医者さんにケアもいけない。迷惑かけるの嫌だからキャンセルとおっしゃっていまし

た。たまたま検診でみつかって幸運だったこと、いろいろ思い煩うこともあるけれどご家

族一体になって回復を望んでおられること、みんな待ってること、私達もご回復待ってケ

ア続けさせていただき、お食事をしっかり取って病気に打ち勝ってほしいことなどゆっく

りお伝えしました。

「元気になられてお口のケアしましょうよ」ともう一度申しますと、「わかりました。

予約そのままにして置いてください」と落ち着かれました。「そうですね。6月になった

ら、お具合伺うお電話差し上げるので、出られたら出て下さいね。お声聞きたいですから

・・」とお約束し「大丈夫、皆さんついていますよ」とエール送りました。お約束通り6月

初めお電話するとびっくりするほど元気な声で「手術成功して退院したの。お薬もなし、

ラッキーだって!」と明るいお声!そして昨日のご来院叶い、今日までの心の揺れを伺っ

て大変勉強になりました。すっかり元気を取り戻されていましたが、それでも大変でらし

たことに変わりはありません。でも今お元気になられた!人間の力ってすばらしいです

ね。支え支えられ、こうして30年ようやく町医者になってきた気がしました。生きてい

ればいろいろ起こりますよね。いいことばかりでなく。でも毎日の過ごす時間がある。こ

の前のブログの看護師さんの言葉のように、一人じゃないこと、必ず応援団がいること、

だからこそ人生いろいろあっても頑張れるんですよね。地域の皆様のお役に立ちたい・・と

毎日やっておりますが、逆に教えて頂くことばかりの毎日です。本当に支え支えられ、ま

だまだ町医者として登山の途中です。