航空業界のグランドスタッフのサービスを競うコンクール?があるようで、
JALにはこの資格持ったサービスアドバイザーが100人いらっしゃるそうです。この方々は、アルメリアのバッジをお持ちで、アルメリアの花ことばは「おもてなし」だとか。

ところでこの記事の中に、当たり前と言えば当たり前ですが、忘れていた良いことが書いてありました。

・お洒落と身だしなみは違う(仕事場での話です)

 お洒落は自分の為、身だしなみはお客様の為。したがって統一されている美しさ。髪型もお化粧も制服の着方も、きれいに統一されて独特の雰囲気を醸し出すものと。

・小さい「っ」を使わないこと

 つい普段使ってしまう言葉 あっち→あちら

              こっち→こちら これだけでも随分と丁寧に
                      聞こえますね。

何気にしゃべっている言葉が、友達同士ならどうってことなくとも、美しい佇まいの接客の方から、この友達言葉を言われたら・・。
記事を見て「ハッ」としました。

最近テレビでは、とってもうるさく聞こえるしゃべり方をする人が多くなり、眉しかめることも多いですが、たまにきれいな日本語を話す方が出られると、思わず見入ってしまい、きれいな方だなぁと思います。
JALだけでなく、私達でもできることは実践してみたいと思います。