今の状況踏まえ、こんな提言をされました。

 

     先ず、命に向きあおう!  中村桂子さん

 

思いがけずつけたテレビで、科学者である中村桂子さんがこのように
発言されていました。

「人間は生き物であり、自然の中にある」この「当たり前」の
原点から、東日本の震災を経験したのに我々は再生できているか。
科学者が一個の人間であることによって出来ることがあるのでは
ないか・・と。

科学者が人間であること(岩波新書)という本を書かれているそうです。
探してみようと思います。