9月18日インド政府は、電子タバコの生産・販売・輸入を全面禁止と決定。潜在的巨大市場であるインドのこの決定は、世界中にあっという間に伝わりました!

インドでは約1億600万人の喫煙者(中国に次ぐ)がいると言われており、総人口13億人の内、毎年900万人がタバコが原因と思われる病気で死亡しているとの事。
電子タバコが、若者や子供に広がる懸念があることから、インド政府は全面禁止に踏み切ったということです。

ただし使用は禁止せず、重い罰金と禁固刑が科せられるとか。

先日WHOも電子タバコも「タバコである」との見解と忠告を発表したばかり。

日本でもこれならいいでしょ?とばかり、電子タバコを街中で吸う人を見かける昨今。
「ダメダメ」でなく、吸ってる本人の健康被害が大きいことを声を大にして言いたい。

副流煙(受動喫煙)の被害も、幼児や子供を抱える親御さんから、健康被害の理解が広まっている昨今。吸う人にも吸わない人にも健康被害のあるタバコ。正しく理解して、減煙、そして禁煙に繋がっていけばと願います。

当院では1998年より、禁煙支援・受動喫煙防止に則って、診療しております。
喫煙は、歯を失う一番のリスクです。タバコは口から吸いますからね!
受動喫煙でも同じです。

「タバコを吸うとリラックスする」は、知らないうちの呪縛です。
タバコ臭のない、気持ちのいい空気をぜひ味わってください。きっとタバコと縁が切れる事間違いなしです。スタッフ全員で応援しております。

出来ますとも、禁煙!!