(新聞の写真曖昧ですみません)出先で見た新聞。
「ゆるい怪獣・酒のお供に」とあり、何やら見たことある物体が。

アメフラシと言えばウミウシの仲間で磯でみたことあり。いわゆる軟体動物でちょっと苦手。でも日本海に浮かぶ隠岐諸島、特に島根県隠岐の島町では、究極の珍味だそう。産卵期に取り内臓取って湯がき冷凍したものを通年使うそうで、醤油煮が一般的。貝や魚肉とも違うサクサクの食感がたまらないとありました。

海鼠もそうですが、最初に食べた人は勇気ありますね。このアメフラシ。地元では「ベコ」と呼びワイワイ賑やかな話もアテとなってお酒が進むそうです。体長10センチ程ですが、春先は20センチ級が海辺に連なって簡単に取れるそうで、のたり動く姿が怪獣のゆるキャラのようでかわいいとありました。未々地方地方で知らないことが沢山あるなぁと実感した記事でした。