三陸沖地震から時間経ってもまだまだご不自由な方々も多い中、天皇皇后両陛下はいつも心寄せられておられると、テレビで拝見しました。海沿いにあって以前宿泊なされたホテルが全壊し、当時の社長さんも亡くなりましたが、生前ホテル玄関脇に咲いていた「はまぎく」の種を陛下に差し上げてあったそうです。

両陛下はその種を御所に植えて”はまぎく”を愛でておられ、その事を知ったホテルの現社長さんが、再びの両陛下のご行啓に新しく建て直したホテルでお迎えでき、ホテル名を三陸花ホテル「はまぎく」と命名したことを皇后様が気づかれお声かけて下さったと、感激してらっしゃいました。この5年が報われた思いです・・と。皇后さまは「ご無事でよかった。よく助かって下さいましたね」とお言葉を下さったそうです。

お歳召されても両陛下のご記憶力、相手へのお心配りは素晴らしいものと感動致します。偶々いつもの花屋を通りががったら、小さな”ハマギク”の鉢があり、両陛下のお優しいお気持ちにあやかりたく求めました。震災を忘れず被災地に心寄せ、今の自分に感謝する。
毎朝ベランダの”ハマギク”を眺め両陛下のように、他者に心寄せられるよう有りたいと思います。

2016/10/26  8:06