有名な羊羹の老舗が、「やわらか羊羹・ゆるるか」を発売しました。パンフレットを見ると小さな水羊羹かな?の風情。羊羹の楽しみが増えました!とパンフレットにあり、水羊羹なら水羊羹と言えば良いのに「やわらか羊羹」ってどういう意味かしら・・益々興味津々でした。

今高齢者は元より、飲み込み難さ、飲み込む事故、いわゆるえん下障害が注目されるので、老舗が、口火を切ったのでしょうか。試したいと買いに行ったら、限られたお店だけとの事で取り寄せてみました。

果たして、かわいい小さめな大きさ、頂いて見ると水羊羹とはちがう、やわらかな食感の羊羹とあり「ゆるるか」とともに、大切な方と豊かな時間を!とあります。

あらゆる世代の方が召し上がりやすいように、徹底してこだわったのは、ほどよくやわらかな食感と、餡の風味がしっかり感じられる羊羹らしい味わい、だけども少々お値段張ります!

青梅慶友病院とコラボで試作を重ね誕生したそうです。青梅慶友病院の大塚先生は、予て日本医大癒しの環境研究会で有意義な取り組みを伺い、そのお考えのすばらしさにビックリもし、今でこそ当たり前になった革新的な取り組みを早くからなさった先生です。その根底には「病気になったからといって、病人になる必要はなく、自分らしくしてらっしゃればよい!」と言う、医療の根底に人への愛と尊厳を持たれた方です。

敢えて「飲み込み難い方へ」と商品に唱わず、見た目もふつうと変わらぬデザインに、究極の思いやりを感じました。さすが老舗でらっしゃいます。お味は飲み込みが不自由な方へということを感じさせない、然り気無い気遣いの溢れた!いつもの羊羹らしい羊羹でした。97歳の義母に届けようと思います。体裁がふつうなのが有り難いし、そこに作りての並々ならぬ心意気を感じますね。

素晴らしいユニバーサルデザインフードに出会えました。大ぎょうにユニバーサルを唱ってないことが、ユニバーサルですね。