何とも忙しいこのところなのに、つい気になって又ページをめくってしまうこの本。若い頃病院で仕事をしていた昔、外来で石牟礼道子さんをお見かけし(個人情報だが時効とご容赦いただくとして)すごい方らしい・・としか認識していなかった自分が恥ずかしい。

今コロナ激増の中読む時間もないのに、パラパラめくってしまう。何かに救いを求める自分がいる。自然への畏怖・畏敬の念を思い起こすことの大切さをあらためて自覚させられる。

どれだけ科学が進歩しても、人間は何かに生かされていると言う感覚をもったらよいのだろうか?

まだまだ読み解くのに教養も何も足らない自分がもどかしい・・。