どなたも感動した行方不明の幼児が見つかった嬉しいニュース。
小さい子が三日近くも一人ぼっちで山で迷い、無事だった驚きとともに、助けた尾畠春夫と言うオジサンに注目です。

赤いねじり鉢巻きも堂に言ったその日焼けした姿。
きっぱりボランティアだからと、お風呂も食事の提供も傘もお断りになる毅然とした信念。いやはや!ビックリ仰天のキッパリさ。
尾畠さんのなされたことで、昨今の不祥事続きの政財界や巷のゴタゴタがあきれるくらい、ますます、ちっちゃく・くだらなく思えるから不思議。
サーッと滝の水流の空気が流れるように、尾畠さん風が私達に清涼な空気を
届けてくれました。そして「大切なこと」に気づかせて下さった。

どこかの放送で、「この尾畠さんみて、自分は何やってたんだろうと思いますよ」とコメントした人がいたけれど・・。又同じ年だからと、麻生大臣と例の山根氏を引き合いに出していた、おちゃらかしの番組もあったけれど、そういうことが吹っ飛ぶくらいこのねじり鉢巻き尾畠さんはすごい!
よく言われることだけれど、学歴・お金その他もろもろ大事と言われることはた~くさんあれど、この尾畠さんの登場ですべからく吹っ飛びましたね。

経験に根づいた、そして感謝して感謝して日々過ごされてる中からのそのおっしゃること一つ一つが「痛快」で、久しぶり気持ちよく「こういう方がおられるんだ」と心に響きました。

聞けば、あちこちの被災地ですでにご活躍な上、尾畠さんの存在自体が皆様の励みや癒しになられていると、昨日今日のことではない、とニュースは伝えています。
あの真っ赤なねじり鉢巻きで、あの力強い声で支援いただいたら元気百倍。こういう方に国民栄誉賞が届くといいなぁ。固辞されるに決まっているけれど・・。
気持ちいいくらい一本筋の通った尾畠さん。
この夏、いろんな事を振り返るチャンスをいただきました。