あるブランドからのDM。表は何てことない白い封筒。
開けたらきれいなピンクの無地に新しいバックのご紹介。今さらバック・・と思いきや革でなく、ジーンズ生地。

なかなかかわいいじゃない?と封筒の内側見れば”プチローズ”がたーくさん!ピンクが品のいい色でかわいい可愛い。いくつになってもこう言うの女子は好き!って思いました。かつて磁器上絵付けしてた時も、どれ程たくさんの”プチローズ”を描いた事でしょう。懐かしい・・。

真っ白な封筒の内側にバラを散りばめたその心憎い演出に、新しいバックを見に出かけたくなりました。見えないところに凝るのはまさに日本文化の特筆すべきところ。羽織の裏地とかね・・。奥ゆかしいというかぁ。この洋物でもこんな細工があると、いくつになってもオーソドックスな可愛いいものにグッときますね。