輝くバラのお話‥

天皇陛下ご退位を控え、天皇皇后両陛下の記事をあちこちで拝見致します。中でも民間初の皇后となられた美智子様の記事には、なるべくしておなりになった・・と多くの示唆に富んだ記事があります。

中でも、皇后様のお母様・富美子さまの弟にあたられる副島様のお話しにいたく感動いたしました。

お小さい時の美智子様がこのようにおっしゃったんだそうです。
「おじさま、陽にあったっているバラってすごくきれいね。でも、日陰になっているバラもあるからよけいきれいに輝いて見えるのね」と。

影になっているものにまで目を向けられる洞察力がすばらしい。輝くバラは日陰のバラがあってこそのものと、幼少時から認識されていらした・・と。

誰かが輝くためには誰かが支える必要がある。だが、支える人が輝かなくては、輝くはずの人も輝かない・・と副島さんは付け加えながら、美智子様の慈悲に満ちた深い心を、お小さい時からお持ちでらしたとしめくっておられました。

いつかこのブログに書きましたが、出先でお見かけした皇后美智子様のお車が目の前を通過なさる時のお姿。ソファの背に寄りかからず背筋お伸ばしになって、前かがみになりながら我々沿道にいるものに微笑むそのお姿に、一瞬の事でしたが感動いたしました。

お小さいころのバラのエピソードを伺って、その感動はあらためて心に染み入るのでした。とてもとても及ぶものではありませんが、このエピソードを心にとめ、私もそのように、周囲の人へ感謝をもって過ごしたいと思います。