台風到来の合間をぬって父のお墓参りに。

こまごま隙間など、きれいに掃除してお花を供えお線香上げ帰ろうと見ると、紫式部の実が風にゆれ少し色づいていました。
よく見るとその根元に彼岸花が今にも咲きそうに。

目をこらすと赤と白の彼岸花が咲くばかりでした。97歳で人生終えた、父への拍手のように思えました。
お花好きだった父も喜ぶことでしょう。