2016/10/29 12:49久しぶりにスゴイ展覧会に行ってきました。オープニングにおよばれしていながら伺えずにいたので、気になっていました。最終日が近いと慌てて出かけました。光村印刷のギャラリーのそこは、静寂なのにたくさんのおもいが詰まっていて、一瞬戸惑いました。このような薄い白磁を見たこともなければ、ここにこうして造形としてあることが、テクスチャーが不思議なほど自然でピュアだったからです。すべてが白と墨色の黒の世界なのに、なんとあったかく人間的なのか・・。
アンケートに思わず「あなたどうしてますか?」と問われた気がした・・と書きました。

こだわりを持つ人々によって完成した黒田泰三作品を収めた本そのものが、日本そのものであると思いました。この無彩色と言っては失礼なほど微妙な色彩は、作り手の黒田さんと関わる人たちのこだわりと生きていることすべてが凝縮された結果です。赤や青の色はないのに、たくさんの色を内包しています。

先日あるデザイナー学院の授業風景をテレビで見ました。色鉛筆も絵具も紙すらも使わず、パソコンだけで絵をかきデザインする様子に、なぜか心は穏やかでありませんでした。色・形・材質・紙のにおい・手触り・・などなど。目や耳や手や・・感じるものすべてを研ぎ澄ましデザインして初めて、作り手の思いが伝わるのではないでしょうか?

今回黒田泰三さんの白磁とその造本に関わった過程をつぶさに拝見し、もの・おもいを大切になさったものづくりを見せて頂き、その感性とたたずまいに圧倒され、心豊かにしていただきました。こんな時間が持てたこと本当に幸せです。

2016/10/29 12:50