帰宅してから夕飯の支度は結構キツイ時があります。大体は下ごしらえしたりしておきますが、疲れきって、時により一休みしてからヨイショ!みたいな時もあります。
お子さんいるパートさんなら大変さはひとしおでしょう。
そんなで帰りに駅の焼鳥やさんで、好物の鶏皮の塩と何本かを買い、まずつまんでから夕食の用意しようと思いつきました。

丁度お年寄りがレバーと何本か買いにみえ、「串から外してくれますか?悪いですねぇ」とおっしゃったのです。店員さんは嫌な顔せず、一串一串外して各々混じらないようにパックに入れて差し上げていました。「ありがとね。これで食べられます」嬉しそうなお年寄り。双方に拍手!でした。

年取ってもお肉!年取ったらお肉を!とマスコミ含め最近とみに言われております。筋肉が大切だからです。最近よく聞く「フレイル予防」。
その点「焼鳥」は格好の栄養源で賢い選択だと思いました。小さい塊だし馴染みの味だし比較的柔らかで、貴重なたんぱく源ですね。
診療の中でも、特に高齢者に栄養のトピックスは差し上げていますが、手軽な「焼鳥」は是非皆さんにお勧めしようと思いました。
ちなみに私の父96歳もお肉は大好き。量は沢山でなくとも「お肉食べてる」感が大事なようです。

焼鳥屋さんの店頭での気遣いが、地域のお年寄りを支えているんだなぁと、私達も出来ることはしたい・・と思いました。但しご本人ができることはやって頂くスタンスで、あくまでも支援の域を越えないように、「お大事に症候群」にしないようにと心がけていきたいと思いました。