何気にただ好き!と思って折に触れ楽しんできたルコントのケーキ。50年たったらしい。

もうムッシュー・ルコントは居ないけど、奥さまの靖子さまはご健在と聞く。そうかぁ50年。時効だからいいけど、女子高の時一度食べたルコントのケーキの美味しさに驚き、六本木のお店に頼み込んでアルバイトさせて頂いた。小さなお店の奥ではムッシュー・ルコントが狭そうな中で実に魅力的なケーキを次々作られ、他では見たことないものばかりでした。

特にスーリーと言うネズミの形のシューや、フレッシュなベリー等を使ったタルトレットはホントに頬っぺたが落ちそう!洋酒がたっぷりのフルーツケーキは真似して、ドライフルーツを大量にブランデーに漬け込み、かなりハマってずいぶん焼いたものです。とてもプロの味には遠くとも、大量のフルーツをまんべんなく全体に散るように焼くには、苦労したものです。結婚してからも何度も何度も焼きました。あのまんまるなルコントさんのあったかい声、美味しいから味見てごらん!と作りながら随分いい思いをさせて下さいました。

あの頃ロールスロイスに乗った夏木陽介さんがフラッとケーキを買いに見えたことがあり、あまりのカッコよさにポカン状態だったこともありました。今回50年記念と言うことで、かわいい缶入りのフルーツケーキ。イラストの先頭がムッシュー・ルコントとのことです。このバイトがきっかけになって、大学時代夜間の製菓学校に行ったり、アメリカンケーキを習ったり、その後のフランス家庭料理・マダム・バラッツに繋がりました。ベロ(舌)が覚えた味は貴重なものですね。