以前にもここに載せた本田のジェット機!
「ホンダジェット」の本は待合室でも、よく読まれています。

友人からそのジェット機の番組やってたわよ・・と教えてくれました。
アメリカの愛用者(愛機?者)が言うには、800キロ離れた孫とサッカーやるために
ジェットで行き、ランチして帰ってくるとか・・?アメリカってすごいんですね。
その方によると、ゴルフバッグが5個も入るし、トイレはすばらしく快適だし、ホンダのは気配りがすばらしい・・と言ったそうな。

その機体の美しさは有名ですが、藤野社長によると、なんとなんと「ハワイで見た、フェラガモのハイヒールが美しく、それ見てぐっときてデザインした」と。その夢中になるご主人に感化されて奥様が操縦の免許を取られたとのこと。夫唱婦随すばらしいご夫婦ですね。

1993年に本田宗一郎が引退する時、「飛行機やってる」こと言っちゃダメ!と上司から藤野さんはくぎ刺されたそうです。なぜならそれ言ったら「オヤジ」(本田宗一郎)さんは引退をやめてしまうから・・と。それほどジェット機は創業者本田宗一郎の夢の夢!!
でした。

2005年アメリカに初出展。2015年にジェット機が販売になった時には、本田宗一郎社長の遺影に、ジェット機の模型を飾った藤野さんです。

本田宗一郎さんは
「成功とは99%の失敗に支えられた1%である」とあきらめないことをいつも言っていらしたとか!
男のロマンを感じるいいお話でした。