当院の基本セット

1998年、初めて予防の会が立ち上がり、入会しました(詳しくは当HPご覧ください)「本来虫歯も歯周病も稀な病気である」の言葉にびっくりして予防への取り組みが始まりました。バイオフィルムという細菌の汚れ・そのバイオフィルムの破壊と除去が命題でしたが、そのバイオフィルムたるものの正体を知らねばなりません。

初めての事びっくりすることだらけでしたが、全国から集まった700人の仲間を心強く思い勉強しました。学校検診で有名なC1・C2・・の前に、C0(要観察)という言葉も出てきて「脱灰と再石灰化」という認識を知りました。

フッ素の、世界に於ける認識日本の認識も把握しました。そして新聞紙上に「私達歯科予防の会に属す歯科医院では、探針は使いません」というアピールになりました。

かなりセンセーショナルだったせいか、あちこちからつつかれました。そんなことしたら、学校検診できないじゃないか・・とまで。

使わない理由は特にお子さん方にですが、臼歯の咬合面とっても柔かくデリケートなので

探針でつついてしまうと穴をあけるからです。

虫歯は細菌の感染症ですから、突っついて傷つけてはなりません。

ましてや早くに虫歯の治療と言わんばかりに、削ってはいけません。探針は必要な時に出します。

その代り当院では海外ではあたりまえの先のとがっていない器具を使っています。

このようなわけで、患者さんがお座りになってすぐ用意する当院の基本セット(もちろん滅菌済み)に探針は入っていません。

学校検診などで、探針使う先生がいらしたら、ちょっと気を付けましょう。虫歯の進行度は目で見るだけでなく当院ではレーザーで確認もして、慎重に処置を決めます、いつどういじるかでその歯の寿命は決まってしまいます。

くれぐれも、早めに処置することがいいとは限らないと思ってください。

早期発見早期「管理」です。何を管理するか?感染症を起こす原因菌の管理です。

虫歯も歯周病も細菌の感染症ですから、菌の管理・いうなればお口を清潔にすることです。

そのためにメンテナンスがあります。歯科医院の大事な本当の役割です。もちろん直す治療もしますが、きれいになったお口での処置のほうが小さくよい処置ができることは誰の目にも明らかです。探針の話から飛躍しましたがいじらないで済むお口の中にコントロールしておくことこそ、歯医者として誇らしい大事な仕事です。一本の歯も、一本の指と同じ大切さと考えています。

じり方・扱い方でかえって虫歯を作ってしまうということを覚えておいて下さい