プラーク

プラークとは、歯の表面に見られる付着物のことで、以前から「歯垢」「歯苔」と呼ばれていましたがその後の研究により、プラークは歯の汚れと言うよりも細菌がパックされたものであることがわかりました。つまりプラークは虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊です。

プラーク1mgにはなんと10億個の細菌が存在すると言われ、爪ようじの先に見える程度のプラークを取ると、そこには数百億個の細菌がくっついていることになります。

プラークはバイオフィルムと同じ意味で使われますが、バイオフィルムはヌルヌルした始末の悪い多糖体です。

いつも患者さんにお話ししているのは、お風呂のぬめり・キッチンの排水溝のぬめりです。こすり落とさないと取れません。

口の中で形成されるバイオフィルムの特徴は、細菌同士が情報を伝達しながら生きて居る点です。

細菌同士の情報交換に使われているバイオフィルム内の細菌性ホルモンを「クオルモン」といいます、バイオフィルム内の細菌は多糖体で保護されている為、貪食細胞(注)・抗体・抗菌薬が効かず、歯科医院での器械的コントロールが重要です。

お口の中のバイオフィルムは歯そのものだけでなく、取り外しの入れ歯にももちろんつくので、洗浄剤にチヤポンと浸けるだけでなく、まずブラシで汚れを取ることが大切で、当院では細かにお一人お一人にご案内しています。

この菌は虫歯・歯周病の原因だけでなく、肺炎及び様々な病気の誘因になることがわかっており、お口の中のプラークコントロールは今まで以上に、医科からも注目され重要視されています。

(注)貪食細胞→真菌・細菌・死んだ細胞などを摂取し消化(分解・処理)する能力持つ細胞の総称で、どこにでも外敵が侵入したところへ走って捕える役目をもつ。好中球・マクロファージ・樹状細胞がある

プラークを放っておくと、どうなるの?

簡単に言えば、プラークを放っておくと、どんどん歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)が深くなります。洋服のポケットが大きければ物がたくさん入るように、歯周ポケットが深くなると、プラークがたまりやすくなり、この悪循環で更に歯周ポケットは深くなります

プラークを放っておくと、歯周ポケットが深くなる!

前回のお役立ち情報で、プラークの毒素のことをお話ししました。歯と接している部分の歯肉の細胞が、プラークの毒素によって破壊されると、歯と歯肉の間にすき間(歯周ポケット)ができます。歯肉の細胞は歯の根元の方に下がっていき、またたまったプラークにより細胞が破壊され、更に歯肉が根元の方に下がる、を繰り返しこの悪循環でポケットは深くなって行くのです。

①健康な歯肉

②プラークの付着

A歯肉溝滲出液の産生が盛んになる

A歯肉溝浸出液中の好中球がタンパク質分解酵素を放出

A付着上皮細胞間の結合装置の破壊↓A細胞間に亀裂が発生=歯周ポケットが深くなる

③上皮のダウングロース※ポケット底部でもこのAのサイクルは起きています

ダウングロース(down-growth)とは?

プラークが歯肉内部の結合組織内に侵入するのを防ぐ為、歯周ポケットの先端には必ず上皮細胞があります。上皮細胞は、プラークが増殖する外部環境と、血管を含む結合組織(つまり内部環境)の間の防波堤の役目をしており、細菌が血管のある結合組織内に侵入してしまうと増殖し全身に回って、菌血症や敗血症と言う深刻な状況に陥る危険性があります。そのようなわけで、プラークの侵入を食い止める為、歯周ポケットが出来るとその分だけ上皮は根尖側(歯の根元の方)へのび上皮細胞が細菌の侵入から生体を守るため、ダウングロースするのです。

歯科医院でのプラークコントロール(バイオフィルムの破壊と除去)をしないと上記のような「負の連鎖」が起きては繰り返し、ポケットは深くなるのです

プラークには2種類あります

「歯肉縁上プラーク」と「歯肉縁下プラーク」とはどう違うか?

この二つを理解するのに、歯肉の縁(歯と歯茎のきわ)の上か?下か?によります。

  • 歯肉の縁より歯冠側の歯の表面につくもの→歯肉縁上プラーク
  • 〃歯の根っこ側の歯周ポケットの歯根につくもの→歯肉縁下プラーク

どちらも同じものですが、生息している細菌と存在の仕方が違います。

歯肉縁上プラークは細菌の塊で、その中にはレンサ球菌、グラム陽性桿菌が多くみられます。歯肉縁下プラークは、歯周ポケット内でバイオフィルムを形成しています。この中には歯周病原菌と呼ばれる特別な菌が増殖し、この菌のいくつかが集毒素を出しながら歯周組織を破壊します。この縁下プラークに潜んでいる細菌が最も危険です。グラム陰性嫌気性球菌・桿菌・そしてスピロヘータは姿もわかりやすいゾッとする菌です。

歯肉縁下プラークを構成する歯周病菌1998年歯科での予防の会が設立された時、長い名前にびっくりでした。代表的なものは

  • Pg菌ポ?フィロモナス・ジンジバリス
  • Aa菌アグレガティバクター・アクチノマイセスコミタンス・・

どれも舌噛みそうな長い名前。当時紹介くださった大学の研究員の方とメーカーの研究室の方が、スラスラおっしゃるのを聞いて茫然としたものです。1998年当時は虫歯歯周病が感染症!の意識もまだまだでしたので・・。お口の汚れを位相差顕微鏡で見て、もぞもぞ動く菌に、「ヒャーッ、気持ち悪い!」とびっくりしたものです。今ではお口の菌が病気を引き起こすという認識も広まり、只今受付でも、お子さんの唾液検査のご予約頂いております。ご自分のなりやすさ(リスク)を知って勝利をみすえて対応するのが、今の歯科のかかり方です。患者さんお一人お一人お口の中は違うからです。