災害救助犬によせて

この夏、歯科助手として中央歯科に入社しました清水です。毎日新鮮な気持ちで先生は

じめスタッフの皆さんに、とてもよく教えていただいております。覚えること満載ですが

少しでも早くお役に立てるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。

先日広島の土砂災害に、早速医院よりお見舞いの気持ちを載せさせていただいたとの事

ですが、新人ですが私もお見舞いの気持をこめて書かせていただきます。

以前、災害救助犬を育成するボランティアで勉強させて頂いた事があります。今回私が

お世話になったチームも実際に現地に行き、救助、捜索活動を行ったそうです。災害現場

では瓦礫や土砂で脚を怪我する犬達がいたそうでが、それでも頑張ったと聞きました。

やはり危険を伴う現場なんだなと思う反面、そんな中でも黙って救助活動する人々、災害

救助犬がいてその活躍の意義をしりました。自分をみれば、幸せなことに何事もないよう

にいつも通りに過ごせ、日常の大切さ・有難さを改めて実感します。今自分に出来る最大

現の事をやっていこうと思います。よろしくお願いいたします。 清水美緒