悪口で肌はボロボロ、血流はドロドロに!

受診何年待ちの順天堂の小林弘幸先生50歳を過ぎてつくづく思われたそうですが、

”見ざる、聞かざる、言わざる”が最も人生を平穏にする生き方だそうです。

これには医学的根拠があって、この世にあふれる情報は楽しいものばかりではなく

見てしまう・悪口や自慢話を聞いてしまう・余計なことを言ってしまうからトラブルになる

こうした不快な刺激が、いずれも交換神経を刺激し、心身を闘争状態にする為、

気づかぬうちに怒りっぽくなって、自分にも周囲にも悪影響を与えかねないそうです。

交感神経の暴走は、ストレスホルモンの分泌量を増加させ、前身の血管を収縮させて

血圧が上昇。酸素を運ぶ赤血球が破壊されやすくなり、脳をはじめ前身の細胞が酸素不足

になって仕事の能率も下がるようです。酸素不足と血流悪化は、肌の張りや血色にも影響

し、腸内環境も悪化。怒ったり不快な気持ちになるほどに、健康とも美しさとも、かけは

なれていくようです。なので女性が集まって噂話や詮索が始まったら、にっこり笑って

「秘するが花」になりましょうと言っておられます。それだけで副交感神経を刺激してス

トレスホルモンが低下するようです。

理屈はわかりましたが、はたしてできるでしょうか?なにしろ女性が集まれば「ねぇねぇ

知ってる?・・あの・・」となりますからね。うわさ話は女性の特許。好きですから・・(笑)

男性だって、会社帰りに飲めばつい出ますよね!?愚痴やうわさ話・・。

「秘するが花」難しいけれど、トライする価値あるかもしれません。学術的に裏付けある

のですからね。でもそうはいってもねえ・・。

”見ざる・聞かざる・言わざる” ワーッ、かえってストレスかも(笑)  emi