安全快適設備

CT(歯科用3次元的画像診断装置)

CT(歯科用3次元的画像診断装置) 当院ではCT(歯科用3次元的画像診断装置)を設置し、従来のレントゲン写真では診断できないような細かい顎骨の診断ができるようになりました。

全国で約6万7千件ある歯科医院の中、CTが設置されている医院は3%程度です。数少ないCT設置医院になった大きな理由は、歯科診療全般に患者さんへの安全性が増すからです。CTは正確な顎骨の診断が行えるためインプラント治療を安全に行えることはもちろんのこと、歯周病や歯科診療全般にとても有効です。当院の歯科用CT、ガリレオス(コンパクト)は従来の医科様CTと比較して放射線が70分の1と少ないため、患者さんにとってより安全、安心な装置に改良されています。

CT(歯科用3次元的画像診断装置) また、CTもレントゲンもどちらも放射線を照射し、その放射線量によって色のコントラストをつけ画像化する原理は同じですが、レントゲンはお口の中を1方向から放射線を照射して平面で表現するいわゆる「影絵」のようなものです。

それに比べCTは一方向の放射線量を減らして多方向から照射することで、お口の中や顎を立体的に表現できる装置です。このことにより、当院では、今まで以上に正確な診断ができ、さらに安全な治療を患者さんに提供できるようになりました。

ミーレ ジェットウォッシャー – 洗浄/除菌システム

ミーレ ジェットウォッシャー - 洗浄/除菌システム 機械が自動的に洗浄を行うので、優れた洗浄効果を得る事ができるだけでなく、洗浄効果を高い精度で標準化する事が可能になります。この度、当院に導入したヨーロッパ最高基準のクラスBオートクレーブ「リサ」と組み合わせる事で、優れた洗浄・滅菌システムを確立いたしました。来院していただく皆様にいつも最高精度の衛生管理、安全管理を当院はお約束しております。

リサ – 小型滅菌器

リサ - 小型滅菌器 小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。今までの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格(EN285)に準じ、歯科で使用できるようコンパクトにしたクラスBオートクレーブがこのリサです。より高いレベルの滅菌が可能になりました。

衛生管理と安全への取り組み

口腔外バキューム

口腔外バキューム 治療時にでる浮遊物を吸引し、診療中の衛生管理に効果を発揮します。

AED

AED 万が一の時の為に当院ではAEDを完備しております。