保険治療と自費治療の違い

素材によって保険の適用範囲が異なります

保険診療は生活上のリスクによる不便を予め防うとする、国が行っている制度です。したがって、保険が負担する治療は、生活に支障のない健康維持を基準としております。治療内容により費用が決められているため、どこの歯科医院に行ってもほぼ同じ治療費で治療を受ける事ができます。

しかし、高度な治療方法や材質によっては「生活に支障のない健康維持」とはみなされず保険が適用されません。

失った歯を取り戻す、歯を美しくする、定期メンテナンスでお口の健康を維持するなどの治療内容が幅広いものでは、特に保険が適用されない場合が多いです。

より良い治療の選択は歯科医院と患者さんとの緻密なコミュニケーションにより決められます。お口の中の状況を的確に伝え、患者さんのご希望を理解して決定し、治療計画を立てて進めます。何なりとご相談ください。