むし歯予防_スマホ用

むし歯は早期発見が大切です

むし歯治療生涯にわたり、美味しく食事をいただく為には、口腔内の環境を良くする事が大事です。

むし歯がある場合はまずむし歯治療をすることが第一歩になります。

むし歯になる原因は主に3つの要素があります。

細菌(ミュータンス菌)、糖分、歯の質、この3つの要素が重なり時間の経過とともにむし歯になっていきます。

3つの要素をそれぞれ説明します。

1:細菌(ミュータンス菌)

ミュータンス菌は、元々人の口の中には存在しません。

出産後の赤ちゃんの口にミュータンス菌はいないのです。

両親が使ったスプーンやお箸に付着した唾液などから感染し、そのまま口の中に住み着いてしまいます。

ミュータンス菌は歯の表面に府訳して糖分(糖質)から歯の成分であるカルシウムやリンを溶かしてしまう酸を出します。

したがって、子供のむし歯を減らすにはまず両親や子供の周囲の大人が自らのミュータンス菌を減らすための努力(生活習慣の改善や予防治療、ホームケアなど)が大変重要です。

 

2:糖分(糖質)

ミュータンス菌はそれだけでは酸を作る事は出来ません。

糖分(糖質)があって初めて酸を作り出す事が出来ます。

したがって、ミュータンス菌だけではなく糖分(糖質)の摂取にも気を付ける必要があります。

例えば、ジュースやお菓子、スイーツなど日常的に口にするものでも大量の糖分(糖質)で作られているものがたくさんあります。

日常的に糖分(糖質)を摂取するという事は常に酸を作り続けているという事ですので、むし歯になりやすくなってしまいます。

歯磨きだけでなく、食事や間食などの生活習慣こそがむし歯予防に大切です。

3:歯の質(お口の中の環境も)

もちろん個人差はありますが、歯のエナメル質や象牙質の状況、唾液の量などによってもむし歯へのなりやすさが変わります。

例えば、子供の歯は乳歯から永久歯に生え変わるとき、歯が形成される時にエナメル質が不足している状態になる事があります。

その時はむし歯になりやすいので要注意です。

強く丈夫な歯はタンパク質やカルシウム、リン、それからビタミンなどの栄養が必要です。

むし歯の進行について

初期むし歯(CO)

穴はまだ開いていない状態で、表面が白く濁ったり茶色っぽい色になり艶が無くなります。

【症状】

痛いなどの間隔はまだありません。

初期段階のむし歯は「再石灰化」によって自然に元の健康な歯に戻す事が出来ます。

再石灰化を促進する「フッ素」を塗布したり配合の歯磨きを使用する事で、むし歯の進行を食い止めることが出来ます。

エナメル質のむし歯(C1)

歯の表面(エナメル質)の狭い範囲にむし歯の穴ができている状態。

【症状】

痛みなどの自覚症状はない。

象牙質まで進んだむし歯(C2)

むし歯が歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態。

歯の内部にまでむし歯が進行し、象牙質まで進んでしまった状態

【症状】

冷たい飲み物を飲んだ時などにしみるような痛みを感じる。

神経まで進んだむし歯(C3)

神経(歯髄)までむし歯が進んでいる状態。

痛みが強いが穴はそれほど大きくない可能性がある。

【症状】

激しい痛みがある。