インテリア

中央歯科クリニック インテリア1 2007年11月当院は2ヶ月弱の休診を経て、全面改装させて頂きました。 この地に移って20年、お座り頂くチェアも随分と疲れて、あちこちが皆様をお迎えするのにふさわしくなくなってきたこと、そしてなにより、これからの医療を、安心、安全、かつ的確に進めたいと思ったことがおおきな理由でした。

中央歯科クリニック インテリア2 開業来、学会、セミナー出席以外、一日も休んだ事がありませんでしたが、2ヶ月弱休診させて頂き、皆様には大変なご不自由とご迷惑をおかけしまして、あらためてお詫び申し上げます。

中央歯科クリニック インテリア1 11月6日改装後、初日、いらした患者さん方から、「あれ!中央歯科ですよね!」「えっ、ここ歯医者の中央歯科さんですよね」「あれ!と思ったけれど、先生がいる、中央歯科だ・・。」など、笑いとなんだか、旧知の友人が久しぶりにあったようなこんな会話がしばらく続きました。

中央歯科クリニック インテリア2 有難いと思いました。そして、皆さんから、すっかり変ったけれど、やっぱり中央歯科だとどなたからも仰って頂いたことが、なにより嬉しい事でした。 今回、北欧の木、素朴であって、あったかい・・そんな診療室にしたいと思い、スタート致しました。

中央歯科クリニック インテリア2 若い頃、青山近辺のスカンジナビアの家具店、湯川さるん、ついでにちかくにあったイタリアのものですが、アルフレックス、デンマークのDANSKの食器、ホーローの色のきれいな鍋に心躍らされたことを思いだし、いろいろあちこち、久しぶりに思い出をたどるように訪ねますと、折から北欧ブームで、IKEAもオープンでした。思えば30年前の湯川さるんが当時IKEAの代理店だったと思います。(美しいけれどとびきり高かったです。)

中央歯科クリニック インテリア2 とはいえ、医療機関ですから、もうひとつ大事な事は動きやすさと同時に、当院のようにメインテナンスの患者さんが多いので、清潔さ、気持ちよさ、快適さ、プライバシー・・。そこで、全個室と致しましたが、小さい空間が苦手な方もいると伺い、中が感じられる配慮も致しました。もともと我々日本人はふすまと障子の文化で育っております(えっ、古い!)気配を感じたり、察したり・・。そんな事って以外に大事じゃないでしょうか?

中央歯科クリニック インテリア1 そんなわけで、あいかわらずの素晴しい日当たりはそのまま。 さんざんお花屋さんと間違えられた花台こそありませんが、新装オープン祝いに頂いた蘭の鉢植えはまたしても次から次へと花をつけ、またみなさんにお褒め頂いております。

中央歯科クリニック インテリア1 お花が次々咲くのも皆さんがお声かけて下さるからですね。という訳で、中央歯科はきれいに、便利に、快適になりました。 これからも、変らずにいつづけること、そして常に変わり続けることをコンセプトに、気持ちのよいオフィスとして、皆様が当院をご利用下さるように努力し、ご健康維持にお役に立てれば幸いです。

中央歯科クリニック インテリア1 日本医大の癒しの環境研究会、日野原先生の癒しと安らぎのフォーラムなどで、患者さんを取り巻く環境の大切さ沢山学ばせていただきました。 少しでも皆様のご苦痛が癒え、お悩みが軽くなる、そして元気になる!そんな診療室でありたいと考えております。以前からご好評の季節の小物も、時々登場致します。お楽しみに!