歯の数は健康の指標(新聞の見出しより)

8020運動は80歳になった時、もともと28本ある歯を20本残すことを目標に25

年前に始まり当初7%の達成率が、2011年の最新調査で38%に上昇したそうです

20本あれば、たいていの物を食べることができます。よく噛んで食べれば健康な状態が

続きます。ここ20年で「歯の数が多いと長生き」「健康寿命が伸びる」という研究成果

が発表され、その中には沖縄宮古島の住民15年追跡調査したところ、機能する歯が10

本以上ある80〜89歳の生存率は、歯が10本以下に比べ男性は2倍以上、女性は.

1・5倍高かった。要するに歯を失うことは命をちじめることになりかねないという調査

結果です。何より歯が残っていれば、大きなお口開けて笑ったり、しゃべったり、歌った

りできます。無茶な食べ方さえしなければ、おせんべいもお漬物も食べられます。その方

のお口の状況にあったご自分でのお手入れ、歯科医院での定期メンテナンス。これを当た

リ前の習慣にしましょう。いつまでも、食べたいと思うものをなるべく自分で食べていた

いものです。出来ればどなたかと・・。実践する意味ありますよ。がんばりましょう。