はじめての方へ

本日はどうなさいましたか?

皆さま大なり小なりお困りのことがおありと思います。

その際、歯科受診にあたって、患者さんの安全のためにいくつかお伺いしますがご協力をお願いいたします。

急な痛みでお困りの方やどのように相談したらいいかわからない方がいらっしゃいましたら、お電話ください。よくお話しを伺いお口の中を精査して、当院で出来ることをご提案させて頂きます。

当院の考え方

DSC_7344

中央歯科クリニックは、「予防歯科」といういわゆる予防を別建てに考えてはおらず、予防することは、すべての治療のベースになるものだと考えております。
ですので、お口の中が良い状態(清潔な状態)になっていない場合、緊急(救急)を除き、治療だけを優先して進めることはありません。

その場限りの治療は意味がないからです。

ご理解いただければ幸いです。HPを詳しくお読みください。

ご来院の前に

こんな事でお悩みの方もお電話ください

  • 痛みがある
  • 詰め物が取れた
  • 仮歯がとれた(壊れた)
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが腫れている
  • 入れ歯が壊れた
  • 入れ歯を失くした
  • 飲み込みにくい
  • むせる
  • 口が乾く
  • 口が臭いといわれた
  • 口の中がべとつく
  • お口の中にできものがある
  • 入院手術をするので口の中をきれいにしてほしい
  • ガン治療中で口の中がさっぱりしない食べにくいなどなど
  • しばらく歯科受診していないので、見てほしい
  • 定期検診が滞っている
  • 引っ越してきて今までのようにメンテナンス受けたい等

お電話下さるときは

048-464-2707

日曜、月曜、祝日休診です

朝9時から19時までお電話通じます(土曜は5時まで)

お電話でお伺いする事

  • お名前
  • お電話番号(携帯番号)
  • 主訴(一番気になること)

その場でご予約をお取りいたします

2016043012190000.jpg

当院の予約の空き状況を調べて、初診の方は十分なお時間でご案内します。

患者さんのご無理のないところで、確実にいらっしゃれるお日にちで、予約をお取りください。

初診の予約は、当院のMTMに沿って拝見し、今後どのように進めていくかお口の中の情報を取らせていただきご説明します。

できるだけご変更のないように予約をお取りください。

(緊急の状況の場合はこの限りではありません、おっしゃってください)

ご来院時にご用意ください

お口の中に関するものをお持ちください

例えば…

  • とれたもの
  • 壊れたもの
  • バイトプレート
  • 義歯(入れ歯)など

今お使いのものは、すべてお持ちください。

ご病気やお体に関係する情報もお持ちください

  • 健康保険証(現在有効なもの)
  • 服薬のあるかたは、お薬情報(薬手帳)や説明のプリントなど
  • 治療中の方は主治医からのご注意事項など

関連するものはすべてお持ちください。

お薬手帳のない方は、お薬をお持ちくだされば拝見して参考にいたします。

当院院長は、口腔外科医です

開業後10年は出身大学の口腔外科医局勤務を兼務しておりました

DSC_7347

したがって、口の中を拝見する際に、全身との関連性なくしてはあり得ませんので、歯科以外の受診があればその治療状況、患者さんの身体状況、のんでいるお薬など詳しく伺いますが、口の中が全身と関連していること、治療中の病気等があれば、そちらに配慮して歯科治療を進めなければならないこと。ひいてはできるだけ小さな処置をしたいと考えていますのでご理解ください。

そうした上で歯科治療がより良い効果を生み、メンテナンス続ける患者さんのご努力に感謝しながら、皆様の生涯にわたるお口の機能維持のために、安全・安心を確保して歯科治療を進めたいと考えております。

このコンセプトをご理解いただければ幸いです。

口の中を見せるという行為は、とても恥ずかしく緊張なさるものです。今まで何かイヤな思いがあればなおさらです。
皆様のお気持ち考え、皆様方がご自分のお口の実情を知ってご理解いただけることに努め、会話を大切に診療をすすめていきたいと考えております。

無駄な事をせず必要最小限の治療を進めるには、ご納得いただけるようにこちらも努めたいと思います。

お悩みなっていないで、まずお電話ください。