かぶせもの(クラウン)

セレック 前歯、臼歯部

セレックは金属を使用しませんので、近年話題となっている金属アレルギーの問題や、金属を入れたことによる歯ぐきの黒ずみも心配ありません。
セレック表面は滑らかで舌触りが良く、プラークが付きにくいので、また虫歯になるという可能性は低いという特徴もあります。
また、セレックで使用するセラミックのブロックは工場で規格生産されていますので精度の高い高品質なものです。

オールセラミックス(インセラム)前歯部

セラミックの高い透明感と天然歯に近い色を出せます。 表面が滑らかなので着色、汚れが着きにくく、ほとんど変色はしません。

オールセラミックス(ジルコニア)臼歯部

セラミックはかたいけれど割れやすいという欠点を解決して透明感あって強度がある材質です。

メタルボンド 旧来 歯質削除が少ない

金属の中身にセラミックを張りつけたもの。 中身に金属があるのでオールセラミックに比べると透明感が劣る。 しかし歯を削る量を少なくして出来る事は利点です。


材料選択について

歯の欠けている場所、残っている歯の状態、かみ合わせの力、その方の年齢、生活習慣などで材料の強度、見た目を考えて最適な選択をいたします。すべて治療前に納得のいくまでご説明を差し上げてから治療を開始します。