胃がん・乳がんより死亡率の高いがんがあります

ここ数日FBでアクセスの多いニュースです。
2013年の国立がんセンターのデーターによりますが、胃がん・乳がんより死亡率の高いがん→口腔がんが増えているというものです。このことは私共歯科医院でも気づいている最近のうれしくない傾向かと思います。

病名の認知度が低いのと、毎日口の中は何かと見るにもかかわらず発見の遅れが言われています。
口の中のがんは、早期に発見すれば対応もそれぞれ出来ますが、なかなかに発見が遅れることが多く、治療した後も日常生活に支障きたす場合が多いのです。

定期的に歯科医院でメンテナンス受けてる方は、早期発見のチャンスも多いかと思います。歯科医師や歯科衛生士でも口腔がんの知識がないと見逃す恐れもありますので、もし
1週間くらいしても直らない口内炎、いつまでも直らないベロや口の中の傷などある方は、一度口腔がんに詳しい歯科医をお尋ねください。
少しでも早い対応が望まれます。
口腔がんの専門医に聞くと、やはり最近若い方の罹患が増えている傾向があり案じてるとのことでした。

お口の中を清潔にするのはもちろん、定期的な歯科医院でのメンテナンスで、微小な変化に気づくようにすること、時間をおかずに専門医に診てもらうことも大事かもしれません。躊躇せず、何か気になっている方は専門医を受診ください。

不安になるとつい自分で「大丈夫だよなぁ」と慰めがちですが、案ずるより・・少しでも早く!専門医受診です。ご心配な方は受診ください。
お口の中のがんは、早期対応が決め手です。早期受診があなたを守ります。