娘達からも感謝しております

昨日ご来院の奥様。もう何年のおつきあいになるでしょうか?この方は昭和8年生まれ

ご主人様は昭和6年生まれ。お二人そろって2病息災?ですが、お元気になされて

きちんとお口のケアに通われています。それにしてもご主人様いつもおしゃれでらっしゃ

いますね?と申し上げると、若いころは洋服の仕事してたので着るものにはうるさいんで

すよ、とのこと。納得!いつもこぎれいにされ、帽子もかぶってこられ脊柱管狭窄症が

あるとはいえ、いつも穏やかになさっておいしく召しあがっているようです。そうそう

中央歯科さん・院長先生にお礼を申し上げねば・・とおっしゃるので、何のことかとお聞き

すると、この夏娘達がお盆で帰りました時、”あれほど、多いときは2箱吸っていた

タバコ。お父さんよくやめてくれたね。歯医者さんのおかげだね”というんですよ。本当

にこうして食事もとれてまあまあ暮らせるのも、あの時禁煙させてくださったから。あり

がとうございましたと深々と頭を下げられました。かえって恐縮しました。HPの禁煙コ

ーナーにも書きましたが、当時の禁煙サポートは、「支援」とは程遠く、「指導」そのも

の。禁煙させてあげたいという未熟なサポートで、ずいぶん失礼もあったかと思います。

でもご理解くださって禁煙成功された。歯もたくさん残って、お孫さんに「おじいちゃん

臭ーい」といわれることなく、おいしく召し上がって、元来のおしゃれな方がお歳召して

もきれいなされている。娘さんたちに喜ばれ歓迎されている。このことだけでも禁煙

支援していてよかったなあと思ったことでした。つたない支援を受け止め、お元気に

していてくださりこちらこそ感謝です。これからもお元気な毎日をお送りいただけるよう

にご一緒にまいりましょう。