プロフェッショナル

お知らせしたように、昨夜NHKプロフェッショナルに私どもオーラルフィ

ジシアンを率いる熊谷崇先生が初登場されました。1989年発会早々「短

針は使わない」と宣言したように、スプーンエキスカという器具で慎重に対

応され、”数ミリの削り方の差で歯の寿命が違う”と大事なメッセージをおっ

ゃいました。いつも熊谷先生は理想の形を追求し、手綱緩める妥協はなさい

ません。常に正攻法でブレずに王道を行かれます。最初にお会いした時か

変わらずに更に極めるのも、エンドユーザーである患者さに恩恵もたらす

く歯科医療を提供したいという思いにほかなりません。今までこのような

診療をご存じなかった方も「自分のお口の中と歯を知り、患者さん自ら考え

るようになられると、うそのようにお口の中も変わっていきます」。その為

には私どもが初診時、又折に触れ患者さんのお口の中の資料をそろえて提示

し、患者さんにご自分の口の中に関心持っていただき、共同作業でお口の健

康を守って行くことが肝心です。患者さんだけでも、歯科医院側だけでも駄

です。最後に熊谷先生は”ライセンス(免許)持った者の責任”をおっしゃ

ました。常に前進なさっている熊谷先生の空気に触れると、”プロ”の意味

を痛感し考えます。一度とったらチェックも何もなく通ってしまう国家資格

だからこそ、互いに学びあい検証しあい一歩でも二歩でも前進している

必要です。学ぶことをやめるときは仕事を辞める時と心得ます。大切な患者

さんのお口を診させていただくのですから、プロもその位の覚悟が要りま

す。と同時に患者さんにも権利と同時に義務と言っては恐縮ですが、生

じることをお伝えして、互いに健康維持のパートナーとなれれば嬉しいこと

ですご自分で口の中をコントロールできる、意識の高い患者さんが増えて

くださるように私どものも努力し、プロとして信頼頂くに足る町医者であり

たいと思います。