クリニックブログ

COPD

先日12日にアップした「大きな新聞広告」というブログで、COPDでなくなった師匠が、肺気腫の管を鼻に入れながら高座に上がられた写真で、禁煙を呼びかけてらっしゃり、亡くなられてもなおこのように公共に訴えられ、ご立派なことだと拝察しブログに上げさせていただきました。その翌日には新聞に、樹木希林さんとこの師匠が、社会に向かって発信されること自体に、本当に大きな意味がある!という記事がありました。

先日はテレビで、COPDの特集しており、偶々見ることが出来ましたが、やはり今でも530万人の患者数があり、その中でCOPDの治療を受けているのはたった26万人!と。

まずは禁煙ですが、正直医療関係者の中にも、まだまだ喫煙者が居り、率先して啓蒙すべき立場の人達が出来ていない状況です。恥ずかしいことです。禁煙支援せずして「高血圧ですね、心臓の具合が悪いですね・・」と生活習慣に関わらず・踏み込まずして検査と投薬だけのドクターがいらっしゃるのも現実です。その医療関係者がご自分の健康管理せずして、喫煙していては説得力はありません。

例えば糖尿患者さんが、好き放題食べたり飲んだり、運動もしないでいて、糖尿の薬を出したところで意味はありません。

私達歯科医院も、ご自分で自分の口の手入れもしない方に、からだを考えない食生活の方に、いくら口酸っぱく言って、定期メンテナンスに来ていただいて汚れを取っても、それは気休めの一回限りの「掃除」でしかありません。患者さんご自身が日々のホームケアをなさり、生活習慣を見直される。その上で、プロのケア(細菌のコントロールは単なる掃除ではありません)を定期的に受けてこそです。なぜなら生活習慣の上で起こるのが、むし歯・歯周病だからです。喫煙習慣と似ています・・。

喫煙は、ND(ニコチン・ディペンダンス)ニコチン依存症と呼ばれます。ですので改善が可能です。早い対応が必要です。タバコの害に熟知し、禁煙・受動喫煙防止に力を入れている医療機関は未だまだ多くはありませんが、全国に結構居られます。きちんとサポートして下さる医療者を見つけて下さい。

COPDは呼吸が出来なくなる病気ですので、ともかく早い取り組みが大事です。喫煙してる方はもちろん、禁煙された方も是非一度検査を受けてください。できれば呼吸器内科か禁煙治療していますというクリニックを受診ください。

対応できることが沢山あります、改善できることも山ほどあります。要はアンテナ貼って現実をきちんと把握し、サポートするプロの医療者を見つけ、自分の生活習慣を見直す機会になさればよろしいようです。
今一度、生前日野原先生に頂いた言葉をご紹介します。成人病と言っていたのを「生活習慣病」に変更される先鞭切った方でした。

     習慣がつくる

     こころも

     からだも            日野原重明

男性の喫煙率3割切る!

厚労省は9月11日公表の2017年国民健康・栄養調査で、成人男性の喫煙率が初めて3割を切り、29・4%・女性は7・2%。成人全体では17・7%で過去最低になったと報じました。タバコやめるのは大変ですのに、喫煙者にご理解が広まってきたこと、そして禁煙する方が増えてきたこと本当にすばらしいと思います。

当院でも、当初は歯周病に取り組む上で始めた禁煙支援でしたが、それだけではない!と内科的歯科医院(オーラルフィジシアン)の活動通して、歯科医院だからこそ言えること、お伝えしなければならないタバコによる健康被害(特に口腔内)と、ずっと禁煙支援続けて)おります。

今回の調査は20歳以上の男女6600人に「タバコを毎日吸っている」「時々吸う日がある」と答えた割合の算出です。男性では30代・40代が40%位と高く。女性では40歳代が12%と、50代が9%・30代が8%と続きます。若い喫煙者がまだまだ多いのは危惧されます。
喫煙者の内、タバコをやめたいと思う男性は26・1%。女性は39%だったそうです。

過去1カ月以内に受動喫煙の機会があったか?の質問には、飲食店が42・4%と最も多く、遊技場37・3%、路上31・7%。職場30・1%でいずれも3割を超えていたとのこと。
ご存じのように、”受動喫煙の方が更なるリスクがある”のです。飲食店や遊技場は行く人だけですが、路上や職場は空気は選べません。路上は幼児や妊婦さんもいます。空気は誰もが吸いますから、漂うたばこの煙に大きな健康被害があることを認識頂き、喫煙者は今少し気配りを願います。自分の身体も傷め他人にも被害を及ぼすのがタバコです。
禁煙支援している私達ですが、タバコを吸う方のからだを一番に心配しています。

対話する医療

「医療のAI化が進む現代では、患者さんとの対話がより重要になる」孫大輔先生と言う方の本から抜粋です。

2000年代に入ってから、医学教育にコミュニケーションが本格的に導入され、OSCEと言うロールプレー二ングによる実技試験も行われ、一定レベルに到達しないと進級できず、ようやくコミュニケション能力が重視される時代になりました。

こうしたコミュニケーション教育がなされる前と後の世代では、患者さんや医療スタッフへの接し方や基本的なマナーが明らかに違うと言う声が現場から数多く上がっていて、教育の効果が再認識されているようです。

元々日本の医学は実験医学を中心としてきたため、コミュニケーション教育はなく、もっと早くコミュニケーションを学んでいれば、患者さんにより的確に接することが出来たのに・・とこの孫先生でも思われているそうで、学んでいれば、患者さんが何を求めていて、どういう対応が適切なのかを考えられた・・と振り返られています。

今後の医療について、患者さんと医師の関係性がよりフラットに近づいて行くと述べておられます。両者の関係は、昔は医師が良いと考える治療法を一方的に伝えるパターナリスティック・モデルでしたが、その後、患者さんに情報を提供して、詳しく説明するインフォームド・モデルなどが提唱されてきました。今後は、患者さんと医師が対等の立場でお互いの考えを理解しあう形の、デリベラティブ・モデルが潮流となると仰っておられます。

かつて医師は地域コミュニケーションの中に溶け込み、病気を治すだけでなく患者さん一人一人と対話し、病気を抱えながらもより良く生きていくのを支えていましたが、医療の高度化とともに医師は病院に集約されていきました。

しかしこれからは先進医療をAIで行うような時代です。本来医師に求められていた「人が人を診る」部分が、改めて大事になってくると孫先生は述べておられ、人のつながりが健康に及ぼす影響・患者さんの立場から見た理想の医師像・共感力による治療効果などにも言及しています。

耳の老化は、抜け毛だった!?(イヤホン・ヘッドホンご注意)

T たかな→さかな
S しろじ→いちじ
K かとう→さとう
P パック→バック
H 拍手→握手
 
これらは左の言葉を言って、聞こえたのが右の言葉だそ
うで、年配者だけでなく若者にも起きてるそうです。
これらTSKPHは高音域が聞き取りにくいのだそうです

これがいわゆる耳の老化で、耳の奥の蝸牛と呼ばれるカタツムリみたいな
部分に生えた「毛」(0・005ミリ)が抜けるのだそうです。
➀長時間大きな音(80db以上)を聞いたり
②加齢によって抜けたりで、抜けると二度と生えてこないというのですから
大変です。だってこの毛が神経細胞につながってるというのですから。

基準になる80dbで見ると
ゲームセンター 88db
パチンコ    90db
飛行機     77db
掃除機ダイソン 82・4db
ピアノ     80~96db
イヤホン・ヘッドホン なんと!100db超える
これらに時間の長さも関係するようです。

このような現状に、耳鼻科医の先生方が、この10年で15歳から20歳で
イヤホン・ヘッドホンによる難聴が倍増していると警告をはじめました
WHOの発表では、世界中で11億人が該当するようです。

WHOでは たばこ問題・ワクチン対策に次いで、この耳を守る対策を新たに始めました。まずはミュージシャンにイヤホン使うことを推奨しており、
アメリカミネソタ州では。耳栓の配布を義務付け、ヨーロッパのコンサート会場では92db以上のコンサート会場では耳栓を配布し、スイスでは耳栓義務付けだそうです。低音域は体で感じ、高周波はの音はカットするみたいでした。音は最終的に脳で認知するとかで順応を導き出す方法があるとの事でした。

いずれにしても常にイヤホン・ヘッドホン使用は難聴の心配があるので、騒音(聴いてる方は騒音と思ってないかも?)聞いたら最低耳を48時間休ませることと提唱していました。

耳を守るには「サングラスと同じように、耳栓をうまく使って」とライブで有名なキュウソネコカミというグループも、ライブ用耳栓の使用を会場で促してるそうです。耳鼻科医は、新幹線・飛行機に乗る時も耳栓なさるそうです。もっと気軽に耳栓を使い、耳の「毛」を大切にして、難聴予防を訴えていました。電車に乗っても多くの方が、イヤホンとスマホですものね。
二度と生えてこない耳の奥の「毛」を大事にしましょうというより
傷まないように、難聴にならないように、耳を休ませましょう。      

食道の組織 一見正常でも・・・

喫煙・飲酒で遺伝子の異常増  こんな記事を先月新聞で目にしました。
国立がんセンターが確認したそうです。

食道がんのリスクを高める喫煙や飲酒をしている人は、食道の組織が正常にみえても遺伝子の細かい異常が起き始めているそうで、がんになるリスクを発症前に予測することにつながると期待されます。喫煙者やお酒を沢山飲む人はそうでない人に比べ、食道がん発症のリスクは5倍近く高いと報告されています。粘膜が正常でも、DNAの文字がひとつだけ変わる「点突然変異」や遺伝子のスイッチ役の異常が増えていることがわかったそうです。今回の検査を組み合わせれば、がんのリスクの高い人をより正確に見分けられるようになると期待されますと結んでいます。

いろいろわかってきましたが、いずれにしても喫煙はリスク以外の何物でもなく、飲酒も過ぎたるは及ばざるがごとしですね。

復活した「脳の力」・ジル脳科学者のお話

以前の放送を見逃し、しょげていたら偶々深夜に巡りあいました。NHKBSカフェの再放送「脳科学者再生の記録」です。遅い時間でしたがこれもセレンディピティ。ラッキーと見てしまいました。

インタビュアーは、あの中村桂子さん。こちらも科学者ですから相当スゴイ内容でした。でもとてもわかりやすく話されていて、ある意味、患者さん・そのご家族に光明ともいえる番組でした。

主人公ジルは、バリバリの脳科学者。彼女がある日脳卒中になったのです。そのジルが言うには、世話してくれるドクターやナースが
「どのような目で私を見るか?」
「どのような態度で接してくれるか?」
「適切に扱ってくれるか?」  →が患者にエネルギー(生きる力)を
                与えてくれた・・と言うのです。
                脳卒中患者は敏感ですよ!と。

番組見ていて「エーッ」て思いました。脳はわかってたんだと・・。

今現在日本では、自治医大などで、「脳には柔軟性があり、接続ポイントのシナップスが再構築される」という研究が進んでいるそうです。
即ち、脳の回路が作り直される=赤ちゃんと同じように脳卒中の患者さんの脳も再編成される=ダイナミックな修復が行われるということです。すごいことですね。朗報です。

闘病中もジルは、数学者である母が
「出来ないことはくよくよせず
 できることを伸ばそう」と積極的なサポートされたそうです。
著名な脳科学者が、パズルの意味も裏表もわからず、苦戦している画像が流されました。表に絵や色がついてる認識もなかったと。

巷では、脳卒中の患者さんは三年たつとリハビリは天井!?と言われるそうですが、この番組では「頑張る患者さんは三年たっても戻る!」と言ってました。その方の状況にもよるとは思われますが、希望が見えますね。

想像超えて六年目にジルは、一段飛ばしで階段が上がれるようになり
     八年目ついに日常生活に戻れたそうで、今ではステンドグラス
     作りにも励み、視覚的な、芸術性もかなり戻ったそうです

ジルの母は、脳卒中のカギは「意欲」だと伴走を続け、ジルとともに
・脳卒中のリハビリは最初の6か月が大事。
・脳の柔軟性と学習性を信じましょう。努力すれば生活の質は向上する!と
 笑いながら伝えています。

・五感を通して感じる情報を大切にすると、より情報が沢山入ってくるとの経験を経て、積極的に犬を連れて・森などの散歩をしているそうです。

自治医大での研究も、失った記憶や脳を取り戻す研究で、言葉を話すことができるようになる脳の柔軟性に、期待しているようです。

☆出来ないことはくよくよせず、できることを伸ばす

脳卒中から復活したジルからのドキュメンタリーは、ご自身が脳科学者だけに「明るく希望に満ちた」ものでした。

患者さんが、周りで世話するものが「どのような目で見て、どのような態度で接してくれるか・・」に敏感という話は、先日勉強した「ユマニテュード」に通ずるものがあり、「脳も復活するのだ」という深夜の再放送は大きなギフトでした。皆さんがご覧になれる時間の再々放送が望まれます。

認知症 歯周病で症状悪化 1月6日朝日新聞

脳の「ゴミ」増える!

国立長寿医療センター(愛知県大附市)、名古屋市立大学などの研究グループが解明したところ、歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状を悪化すると英専門誌の電子版に発表掲載された。

認知症の6割を占めるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因とされる。

名古屋市立大学(病態生理学)の道川教授によると、歯周病のマウスの脳内では、歯周病菌から出ている毒素や、免疫細胞が細菌を攻撃するために出すいろいろなたんぱく質(サイトカイン)が増えていた。それによって、アミロイドβが作られる量が増えたという。
道川教授は「歯周病の予防や治療で、アルツハイマー病の発症や進行の抑制につながる可能性がある」と話しています。

歯が痛む!? 狭心症の早期発見

年間20万人もいる狭心症の患者さん、心筋梗塞で死亡する方は4万人もいるそうです。

あえてこのブログでお伝えしようと思ったのは、胸の痛みはなく、歯が痛むという初期症状の為、見逃すこともあるというニュースでした。以前から
良く左の奥歯が痛むのがサイン・・と聞いたことはありましたが・・。

2007から2014の急性心筋梗塞から48時間以内に入院した1063人の内、78%は胸の痛みあったものの、なんと”22%の方は全く胸の痛みはなく”心筋梗塞起こされたようでした。

☆歯が痛くなる(関連通と呼びます)→狭心症・心筋梗塞のサインでもあり   
                  ます。

特に毎朝階段の上がり下りで、毎回奥歯が痛む
  散歩中、坂道で毎回背中が痛い      など運動時に起き、再現性
                      ある場合はサインかもです

これらは心臓の周辺にある何本かの神経が脊髄に集まって、刺激が別の神経に移るからで、感じ方を誤解するのです。

奥歯・喉・肩・腕・みぞおち・背中等、左側に多く症状が発生します。
このような関連痛を自覚したときは、油断せず狭心症のサインかも?と
ぜひ受診ください。

☆また症状を感じにくいタイプで「息苦しい」だけというのもあるそうで
 糖尿病の方や、高齢者に多いそうです。糖尿病の方は腎臓機能も落ちてる
 ことが多いのです。
 70歳以上の方・タバコを吸う方は年1回の心臓の検査をお勧めします。

冠攣縮性狭心症という、強い痛みや圧迫感顕著な狭心症もあります。
 これは安静時(深夜・寝てるとき・早朝に40%)に起きるそうで、強い痛みで目が覚めるほどで、寝ている間の突然死もこれだそうです。
喫煙者に多いとのことです。

突然死と言えば、子供の突然死も「受動喫煙のリスクが大きい」と言われています。タバコは吸う人ご自身にも、周りの方にも様々なリスクをもたらします。まず禁煙!です。
喫煙は狭心症・心筋梗塞だけでなくあらゆる病気の引き金となります。
「自分のからだは自分で守る」禁煙は必ずできる有効な予防です。


誤嚥性肺炎は脳に原因があった!

テレビに健康番組様々あるので、とても追いつきませんが、今日は「誤嚥性肺炎」でしたので、急いで帰ってみました。

専門家として登場は、東北大学の佐々木教授。
以前、脳血管障害と口腔ケアでしたか?セミナーでお話伺い、大変興味深かった先生。何しろ、高齢者にラーメン食べていただく時は「必ずコショウを振ってね。それが刺激になるのよ」と笑っちゃうようなことを仰ったので覚えていたのです。なるほど、当時まだ80台だった父に実践すると、コショウのにおいに「いいねェというと同時に、ハックション!」となって、刺激されるに違いないと思ったことでした(笑)。
それから時はながれ、すごい事実が判明したようです。

”サブスタンス P”という、正常に食べ物を飲み込んだり、咳したりできるように神経に働きかける、”神経伝達物質” がわかってきたようです。
サブスタンス=物質という意味 Pはペプチドで、11個のアミノ酸からなる神経ペプチド。感覚の伝達物質で、三叉神経や硬膜の血管にも分布するとか。なので炎症にも関係しています。
通常は、喉や気管の神経の中に蓄えられているが、これが低下すると嚥下や
咳の反射が鈍くなる。神経組織だけでなく、腸管にも分布するようで、血圧降下・唾液分泌・腸にも活性効果あるようです。

そして、この ”サブスタンスP” カプサイシンの唐辛子・黒コショウが増やす食材として注目あびてきました。

逆にサブスタンスPを作れない、無症候性脳梗塞(自覚症状のない)の方に、誤嚥性肺炎やせき込むといった症状がみられ、唐辛子のカプサイシン・黒コショウを食事に取り入れることで、随分改善がみられているという報告でした。
無症候性脳梗塞の20%の方が、このような努力で改善みられ。又高血圧のACE阻害剤がサブスタンスPの分解酵素も阻害するので、ACE阻害剤2年ほど服用の方が、不顕性肺炎を起こしていない・・というデーターも出てきており、高血圧予防が肺炎予防につながってるのでは?と注目されています。

唐辛子は嚥下の見方!!とばかり、蜂蜜の山田養蜂場が初の製品化に成功したようです。

何年も前に、「高齢者がラーメン食べるときに、コショウ入れてあげると
脳に刺激いっていいんですよ!」とおっしゃった佐々木先生が、研究を深められ、このように気軽に・手短に改善できる方法を発表なさるとは、なんだかうれしいニュースでした。唐辛子の刺激は強いですが、黒コショウは粒を買ってその都度グリグリして香り高いすり黒コショウが楽しめます。

この情報スタッフと共有し、患者さん方にお伝えしようと思います。ただ激辛はダメですね。胃に負担になるほどなさいませんように。
なんでも過ぎたるは及ばざるがごとし!です。

 

 

クラッカーサイン

ある雑誌に面白い記事がありました。
冬でなくとも口が乾いてる人が多く、幼児でなくとも口呼吸の人も多いというのです。

・唇が乾いてしょっちゅうリップクリームが離せない方・・

・茶渋・コーヒー・赤ワインなどで歯が着色しやすい方

・話していると、声がかすれる方

・口の中がいつもネバネバしている方

・おせんべいやクッキーが、飲み物なしでは食べにくい方

これらを「クラッカーサイン」と呼んで、いくつか当てはまる方は、一度自分がお口を閉じて「鼻呼吸」しているか?
何か食べる時に、何気に飲み物の助けを得て食べたり飲み込んだりしていないか?振り返ってみてください。きっと気づくことがあると思います。このことは案外重要で、虫歯・歯周病になりやすいだけでなく、今後 飲み込みにトラブル起こしてからだと大変です。

繰り返しになりますが、
・常に口は閉じて鼻で呼吸する
・よく噛んで唾液を出して”ごっくん”する。何か飲みもので流さないで食べる→水洗式咀嚼
「水洗式咀嚼」に慣れてしまうと噛まずにらくーに飲み込む癖がついちゃいますね。 

食事は楽しく・美味しく・口全体使って食べましょう。お口周りの筋肉をよく使うので、「美容」にもいいいことがわかってきました。よく噛むと美味しさ倍増です。

口は見られている!?

まだまだ寒いものの、陽射しは春めいて、桜の話題も飛び交うようになってきました。
あるメーカーさんのサイトに面白いデーターがありました。商品の販促狙ったものかもしれませんが、意外と真実かも?です。

「自分が思ってる以上に口は見られている」と題し、初対面で異性のどこを、最初にチェックしますか?との問いに,

目元 46・2%  口元と歯 43・2%  髪8・2%だったそうです。口元と歯は目元と同じくらい真っ先に目にはいるのですね。

口臭があるなんて論外ですが、当院に通う皆様のように、年に数回プロケア(メンテナンス)を受けられ、後はお家や職場で各々にあったホームケアを徹底されている素晴らしい習慣の方は、自信を持ってお仕事にプライベートに充実した時間をお過ごしと思います。明るい陽射しと共に、ツヤツヤの歯がお口元からこぼれる魅力的な方々が、ますます増えますように。
アメリカ大統領就任式を見ていて、つくづく歯がキレイだなぁ!と思いました。日本ももっともっとお
口元と歯に手間暇かけたらもっと素敵になりますね。だって肌のきめ細かさは世界一なんですから。歯も同じように綺麗にできるはず。いいえ綺麗にしないともったいないですね!

タバコからの脱却 (「毛細血管は」増やすが勝ち!根来秀行著より)

歯科で仕事をしていると、歯周病の管理に重点おいてやっていると、また禁煙支援していると、どうしても歯茎のことが気になります。歯茎はそう毛細血管の集まりです。なので「毛細血管」は増やすが勝ち!という本を見つけると、すぐ買ってしまいました。面白いおもしろい。東大からハーバード大・パリ大とご活躍の先生ですから、旬な情報引き出しいっぱいの根来教授本です。

さて本題 ”タバコからの脱却”です(この本の抗ストレス実習から引用紹介致します)

喫煙する人の多くは、心を鎮めるためにタバコを吸うようですが、言うまでもなく、健康にとっていいことは皆無です。喫煙によって体内でフリーラジカルがつくられますが、タバコ自体にもフリーラジカルが含まれていて、ダブルパンチで毛細血管を酸化させます。また、タバコに含まれる一酸化酸素は、血管の内皮細胞をダイレクトに傷つけ、動脈硬化を促進します。ニコチンは、交感神経を刺激して、血圧や心拍数を上げるだけでなく、血栓を増やします。タバコの本数が多く、喫煙期間が長いほど、動脈硬化のリスクも高まり、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、虚血性心疾患や脳卒中、呼吸器疾患や肺がんをはじめとするがんのリスクも高くなります。

タバコにお酒が加わるとさらに最悪です。タバコを吸うと肝臓のエネルギー源である血液の量が減り、仕事量が増します。そこにアルコールの代謝という仕事が加わると肝臓は更に酷使されることに。
日頃は禁煙してるのに「お酒の咳だけ一服」という人も多いようですが、お酒を飲みながらの喫煙によるダメージは、飲まないときの2倍以上に高まるのです。

喫煙は副流煙によって、周りの人の健康も脅かします。受動喫煙者は、心筋梗塞や狭心症で死亡する危険性が1・3~2・7倍にもなることがわかっています。また、親が喫煙者であると、その子供はタバコの煙に慣れ、将来喫煙者になる可能性が高くなるという報告もあります。
誰にとっても、タバコは百害あって一利なし!と心得て、スパッと禁煙を!がんばれ!

どうですか?
2001年から禁煙支援している当院ですが、近々受動喫煙防止法が国会にも上がるようです。健康被害を鑑み、働く方の健康維持という視点からも禁煙は必須と思われます。
し好品を国でとやかく言われたくない・・と言う声も聞かれますが、思った以上にご本人だけでなく、周りへの健康被害が明らかなのです。
当院で禁煙に成功された方が後で決まっていう言葉。「前行ってた店には、もう行かない。だって臭いんだもの・・」つい先日までご自分が吸っていた時には残念ながら気づかなかったのです。タバコをやめてしばらくすると、吸う方のタバコの臭いが鼻につくようになり、以前足しげく通っていた飲みに行くお店がどうも居心地悪く感じるようになるようです。そうなんです。吸ってると気がつかないのです。タバコ臭!!!

怖いのは臭いだけでなく、有害物質もまき散らしている・・と言う事実です。
どうぞ、空気の良いお店で、お酒もお料理も楽しんで下さい。きっともっと美味しく感じるはずです。レッツ・トライ! 応援団はいっぱいいます。早く健康取り戻して下さい。

それに、禁煙してタバコ吸わない方が Cool!ですよ。

妊娠中の歯のケア (子どもの虫歯予防につながる)

妊娠中の女性のからだは様々変化しますが、お口の中も例外でなく、むし歯や歯周病に成りやすい状態です。

妊娠なさると体内でエストラゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されるようになり、歯周病の原因菌が実は「女性ホルモンを好んで栄養とする」ので口の中で増えやすくなります。
そうして増えた歯周病菌が早産や低体重児出産につながるという報告もあります。又唾液が少なくなったり、つわりでご気分悪く歯ブラシできないなど、むし歯が出来やすくもなります。

お世話する周りの方のお口の中に虫歯菌があると、子どもの歯が生えてきた時、同じスプーン使ったり、哺乳瓶から、またスキンシップするうち、唾液を介して虫歯菌が移ることがあるので、妊婦さんだけでなく、お世話なさるご家族にもお口のケアが必要です。

ですので、妊婦さんのお口の状態をよくすることは、生まれてくるお子さんのむし歯予防にもつながるのです。第一子を出産後このことを知ったお母さん「上の子供の世話で歯みがきがおろそかになりそうだったが、妊娠中のはみがきの大切さをしって、意識してするようになったら、自分自身も気持ちいいし子供にうつさないで済むから合理的」とおっしゃるお母さんもおられます。

妊婦さんは口内環境や、レントゲン、薬の服用できないなど妊娠中はいろいろ制限があるので、治療には神経を使います。必要な治療は原則5~7か月の安定期に、十分な考慮の上なら診療受けることはできますが、お腹のお子さんが専一ですので、応急処置にとどまることも否めません。ですのでなおさら、妊娠を希望される方は、普段から定期メンテナンスを受け、お口の中をよい状態にしておくことが何より大切です。

随分前ブログにも登場いただきましたが、ご夫妻でメンテナンスに通われていたお二人から、妊娠希望であること。奥様に埋もれた親知らずがあって時々症状がでることの相談を受け、ご夫妻と良くお話しさせて頂きました。出産後はご実家の近くに住む予定で当地を離れることも伺い、奥様の親知らずを抜歯することに合意しました。難しい状況にあった親知らずも難なく処置でき、最小の抗生剤だけで炎症も程なく収まりました。何回か傷口の消毒をし、ケアを続けた数か月後 「ありがとうございました」とご懐妊の喜びの報告を頂き、それからご実家に帰られるまでご夫妻で定期メンテナンスを続け、すばらしいお口の習慣を身につけられて、引っ越されました。しばらくして可愛い男の子とのご家族写真が届き、元気そうでお役に立ってよかったと安堵いたしました。

ですので、今から妊娠をお望みの方は、ご夫婦でお口のチェックを受け、必要な虫歯は最小の処置をして治しておき、お手入れもしてホームケアの習慣を身につけてからでも、遅くはないなぁと感じています。

たったのむし歯のことでしょう? 
今痛くないし・・。
歯のことばっかりやってられませんよ!

こんな言葉を耳にした事もありますが、今、ご夫婦でお仕事しながら子育てする時代。
ご両親が傍にいてみてくださる方ばかりではありません。へたすると、まだまだお若いおじいちゃま・おばあちゃまはそれぞれお仕事している場合もあります。保育園に預けるったって、むし歯があってはみんなとご飯もおやつも頂けません。

歯は本当に大事。
歯の具合いが悪いと思う以上に治療に時間がかかり、何よりストレスです。
それよりお口の中をきれいにするために歯医者に通う! この方がお気持ちが楽です。

どうぞ、妊婦さんでお口のケアしてない方は、体調見て汚れを取りにいらして下さい。
歯周病菌の汚れは女性ホルモンを栄養にして、お口の中で増える一方し、虫歯菌もお子さんに移りますので、きれいにしておいてご損はないですよ。。

 

こどもにお話しする前に (親が病気になった時)

親が病気になった時、子供にどう説明しますか?

・こどもの視点から

  ・お父さん・お母さんはなぜ入院していて、いつおうちに帰れるの?
  ・ぼく・わたしが悪いことしたから病気になったの?
  ・今までどおり触ったり甘えてもいいの?
  ・ぼく・わたしはどうしたらいいの?

・子どもの気持ちに寄り添って

  ・なぜ入院していて、いつうちに帰れるのか?
      具体的なことをお話ししましょう。
       (例)*おなかの痛いところを治してくる
          *手術で悪いところを取ってくる・・などを聞くことにより
           こどもなりに心の準備ができます

  ・誰かが悪いわけではないこと
      特に幼児は、自分のせいで大切な人が病気になったと思いこむことが
      あります。患者さん自身を含め、誰も悪くないことをこどもに伝えること
      で、こうした思い込みや罪悪感を取り払うことが出来ます。

  ・病気のため痛いところ、苦しい時があること
      痛い・痛くない部分を示し、抱っこが無理な時は手を握る、そっと触るなど
      「今まで通りできること」も伝えると、こどもなりに工夫してスキンシップ
      をとれるようになります。

  ・手伝えることを具体的に子どもに伝えること
      こどもなりに、「お父さん・お母さんにしてあげられること」を一生懸命に
      考えています。小さなこと(物をとってもらう、片づけを手伝ってもらうな
      ど)でも、こどもができることを伝えてあげましょう。

*こどもに病気の話をするときに大切なことは、病気になった人の「気持ち」を伝えることです。

時には病気の話より、目の前でがんばってるお父さん・お母さんの思いを知ることの方が、子供の安心感につながることがあります。
病気の話をするときには、「あなたがいてくれるだけでうれしい」「学校や習い事でお友達と楽しく過ごしているのが何よりうれしい」と、必ず伝えて下さい。そうすることで、子どもは安心して、こどもらしい日常生活を送れるようになります。

お父さん・お母さんのケアの輪に子供もしっかり入れた上で、そのことをこどもに伝えましょう。そうすることで、こどもの自尊心や達成感、思いやりの心がより大きくなります。  以上、がんセンター よろず相談より引用

たまたま来院の患者さん(保育園の園長先生)とこのパンフレットについてお話ししました。実際親御さんが病気で入院・手術という家庭も少なからずあって、こどもたちへの対応には苦慮していますが、この内容はいいですね・・と一部お持ちになりました。いろいろな方々と連携しあい、知恵を出し合うことが必要ですね。少しでも子供の不安が払しょくできれば幸いです。

 

フレイルとサルコペニアについて(ダイジェスト)

フレイル

開業30年たつと、お通いの患者さん方も歳を重ねられながらメンテナンスに通われるようになりました。それでも2階にある当院にいらっしゃれるのですから、お元気でらっしゃいます。自宅でのお手入れもよろしく、定期メンテナンスも欠かさないのでお歳にしてはお元気な方ばかりです。お口の手入れが功を奏していると思われうれしいです。

           歳重ね丸くなるより固くなる
           診断は昔過労で今加齢
           デパ地下にあること知ったグルメ旅

                   全国老人福祉施設協議会の「還暦川柳」の収録作です

年齢とともに衰え行くのはいかんともしがたい状態、歳をとり、筋力や活力が低下した状態を「フレイル」というそうです。もろさ・はかなさ・弱さを意味するとか。いっとき言われた「脆弱化」をわかりやすくいったものでしょうか?それにしても悲しくなる言葉ばかりです・・。
日本老年医学会は「健康と病気の中間的な段階をフレイルと呼ぶ」ことにし、これをそのまま放っておくと、介護が必要になる状態で、「疲れやすくなる」「歩くのが遅くなる」「体重が減る」といった要件が三つ重なると認定されるそうです。ただ元に戻らないわけでなく、早めに気づいて栄養とったり、ストレッチなどの運動したりして回復も可能とのこと。フレイルという言葉によって予防意識が高まって、要介護のお年寄りが減ることを目指すというものの、広まりそうもないですねこの言葉。馴染みなさ過ぎ、いかにもお役所の発想かな・・。 英語のスペルからとったことはわかりますが・・。
ともかく予防に効果的なもののひとつはタンパク質ですが、お肉でなくとも美味しくよく噛めて食べられれば、よく吸収されからだは喜び元気でいられます。工夫と心の持ちようも大事ですね。いずれにしても、アンテナ広く高く張って、いいと思うことは積極的にやって行く、好奇心というか気持ちの若々しさを保つことではないでしょうか?
昔アルフォンス・デーケンさんに頂いた言葉「にもかかわらず笑う」と同じように「にもかかわらず、前を向いてあきらめない」気持ちを維持することでしょうか?人との接触もなくなると家に閉じこもりがちですので、隣近所で声かけあう、こんな些細なことが大事かもしれません。一番悲惨で悲しいことは「孤独」と感じることです。お声かけ合って、元気の交換しましょう。「いいお天気ですね」「昨日はスゴイ雨でしたね」「紫陽花がきれいですね」「新しいスーパーが出来ましたよ」「お足元気をつけて」「帽子よくお似合いですね」。ちょっとした一言が元気につながるかもしれませんね。

サルコぺニアってどんな病気

「サルコぺニア」 この言葉を最近よく聞くようになりました。高齢化が進む中で、要介護や寝たきりの要因として今もっとも注目されています。サルコぺニアとはギリシャ語で「肉」「筋肉」を表す sarco と「減少」「消失」を意味する peniaを組み合わせた「筋肉の減少」という意味だそうです。
広義のサルコぺニアは加齢によるものなので65歳以上の4〜5人に一人、80歳以上では2人に一人がサルコぺニアになっているという報告があるそうです。サルコぺニアは病気一歩手前の状態、結構深刻な健康問題とされ、寝たきりにつながるといわれます。
以前このブログで 「フレイル」(虚弱)という言葉をご紹介しました。今はどうにか日常生活を行えている、いわば”病気の一歩手前”の状態を言います。要介護状態へは、フレイルを経て進むことが多いと考えられています。このようにサルコぺニアになると体が動きにくくなり活動量が減ります。活動量が減ると食欲が低下し、低栄養となります。
低栄養とは健康な体を維持するために必要な栄養(エネルギーやたんぱく質)が不足している状態のこと。低栄養になるとサルコぺニアがさらに進行します。つまりサルコぺニアがサルコぺニアを加速させるという悪循環を引き起こしてしまうらしいのです。以前、ライフプランニングセンターの道場先生に、脆弱化のスパイラルと教えていただきました。そのことに似ています。
私事ですが、93歳で倒れ幸運にも復活した父が全くそのとうりです。関心持ってこのフレイルとサルコぺニア勉強しながらお伝えしていこうと思います。

サルコぺニア2

前回の続きです。 高齢化が進む中で、要介護や寝たきりの原因として今もっとも注目されている”サルコぺニア”は加齢などによる筋肉量減少で誰にでも起こりうる症状です。特に足の筋肉が減少するとちょっとした段差にもつまずき、転倒しやすくなります。
60歳代になると20歳の時と比べて一般的に腕の筋肉量は10〜15%。足の筋肉ん量は40%も落ちるそうです。サルコぺニアの人は」今はどうにか日常生活を行えている、いわば”病気の一歩手前”の状態なのです。この状態をフレイル(虚弱)と言います。この段階で、あるいはその前に筋肉トレーニングや栄養改善を行えば通常の生活に戻ることが可能になります。一般にはロコもの方が言葉としての認知度は高いのですが、ロコモの方はサルコぺニアになっている可能性が高いと考えられます。
又筋肉の減少というと、痩せた人を思い浮かべますが、サルコぺニア肥満も話題です。筋肉量の減少に加えて志望が蓄積してイル状態です。サルコぺニアに該当し、なお且つBMI25以上の人を指します。小太りといった感じですが、このサルコぺニア肥満になると、糖尿病のリスク19倍、女性は高血圧のリスク約2倍になるという報告があります。
ところがサルコぺニアはまだ「保険病名」として認められておらず、検査を行っている医療機関はほとんどありません。食事指導も低栄養を引き起こさないような「リハ栄養」という新たな考えの指導が必要です。

・筋肉量のチェックには
①握力計を使う
②横断歩道を青信号で渡り切れるかどうか
③指輪っかテスト(簡易な筋肉量テスト)があります。両手の親指と人差し指で、ふくらはぎのもっとも太い部分を囲みます。

指がくっつかない人  サルコぺニアの可能性低い
指がぴったりくっつく サルコぺニアの可能性あり
指が重なってしまう  サルコぺニアの可能性高い だそうです。やってみて下さい

・サルコぺニアの予防・改善 ①筋肉トレーニング・・と言ってもお家で出来そうです

・ハーフスクワット 椅子に座って123数え立ち上がって123ゆっくり元に戻る
・爪先立ち 腰巾に足を開き背筋伸ばして123でかかとをあげ、123で元に戻る
・ももあげ 椅子に座り背筋を伸ばし椅子の座面を両手でツ゚k差観123と片足の膝をゆっくりと引き上げる。123と声出しながら元に戻る

②筋肉の材料となるたんぱく質の摂取です。肉・魚・乳製品・大豆製品です
③禁煙です。 詳しいメカニズムはまだ完全ではありませんが。喫煙者はサルコぺニアに

なりやすいとという研究結果が多く報告されています いずれにしても生活の質を落とさないためにも「病気になる前の元気な状態に戻る」ため にも、過度の安静や低栄養は好ましくありません。この点の改善の為、管理栄養士の奮起 が望まれます。医師・歯科医師・看護師・管理栄養士・歯科衛生士・理学療法士・言語療法士等 皆さんとの連携が望まれるところです。

まだ自力で戻れる崖っぷち状態の悪循環 それがフレイル

寝たきりになりたい人なんていないと思います。そうなってしまう確率を、自力で下げる方法があることご存じですか?
frailtyこのコーナーで何度も取り上げているフレイル。ひとたびフレイルの状態になると図のようにどんどん衰えていく悪循環になり、容易なきっかけで取り返しのつかないことになります。
ブログで何度もご紹介済みですが図の真ん中にある言葉。サルコぺニア。「筋肉量がへって筋力か身体機能が落ちている状態」を指し”フレイルの中核を占める状態”です。悪循環を注意深く見て頂くと、活動度の低下と食欲・摂取量の低下があることに気づくでしょう。「運動しない・栄養的にも十分な食事をしない」ということだそうです。この循環は図の方向に回るだけでなく、ご本人の努力次第では逆方向にまわすことも十分可能だそうです。
と言うのはどんなに高齢であっても、適切に運動すれば筋肉は増え、筋力も上がるそうです。筋肉の材料、すなわち食事が欠乏しているとせっかくの運動が無駄どころか毒になる可能性もあるようです。お食事が大切です。
ここでいう「運動」とは?特別なものでなく誰でも使える運動メニューなのです。きわめてシンプル。毎日のウォーキングで、歩数を一か月に一割ずつ増やしていく、これだけでいいそうです。騙されたと思って、やってみてください。もし上限を決めなければ、一年後には今の約3倍歩いている計算になるそうです。下記のもう一つの表をご覧下さい。

※英語ではfrailty(フレイルティ)ですが、日本老年医学会では「フレイル」と 呼ぶことを提唱しています。

要介護の原因疾患 (上位5つ 平成25年国民生活基礎調査より)
1脳卒中   21・7%
2認知症   21・4%
3高齢による衰弱  12・6%
4転倒・骨折    10・9%
5関節疾患    6・8%→このうち3・4・5は「フレイル」から容易に移行します。

こんな言い方もなんですが、”手厚い介護は、助けてもらう瞬間は嬉しいが、虚弱の人が自立にもどるチャンスを奪い、虚弱や要介護の期間を長期化する。介護に頼り過ぎない生活を目指せば、ピンピンころり型で老いて行く可能性が高いという福祉からの見方もある事を付記致します。
よく言われる”お大事に症候群”かもしれません。理論的にはわかりますが、独居のお年寄りもいらっしゃるわけで、難しい問題を含すんでいますが、日常のちょっとしたことで、身体能力を維持可能だとわかってきたということです。やるかやらないか。少しでも早く気づくか放っておくかで、ずいぶん違ってくる事がわかってきたようなので、お伝えしました。(以下の図は順天堂医院院内ニュースより引用)

2015022013160000.jpg 2015022013070000.jpg

 

①オーラル・フレイルを予防して健康長寿を目指しましょう!

昨日届いた、日歯広報(所属する日本歯科医師会広報)に上記件名「オーラル・フレイル」の文字が。先日3月26日開催の理事会で新たな考えとして示された・・とあり本当にうれしくなりました。
当ブログでも、医科からの発信を受けて、今年初めから「フレイル」「サルコぺニア」について何度か書かせて頂きましたので、いずれ歯科でも動きがあると目論んでおりました

良かったぁ!
からだの健康寿命を言う時に、まずお口から!と思っていたので、これで医科との連携が少しでも進めば嬉しいですね。そしてもっと国民に向かってこのことが広く伝わるようにしないとなりません。その時になってから慌てても、なかなか難しいです。
今は小さい時、子供のころから「食べること」「からだを作る食の事」を伝えなければならないとつくづく思っているので、あちこちでこのような動き歓迎です。まず、歯科医院の多くが治療だけでなく、お口の役割をもっともっと伝えて、「いい人生につながるお口の大切さ」を担って行ければと思います。日歯のこの提言大賛成!

フレイル予防 歯の噛み合わせ大切

歯科医師会のオーラルフレイル提案もあり、心強くなってきました。当ブログでは、数回にわたりフレイル・サルコぺニアをお伝えしていますが、もう一度あらためて書きます。

高齢になり軽い病気やケガがきっかけとなって、急激に体力が衰え、介護が必要になったりします。要介護と健康の中間にある状態を、2014年に日本老年医学会の提言によれば、75歳以上の多くはこの状態にあるとしています。
加齢と共に筋力が衰えた状態を「サルコぺニア」とよび、これに認知機能障害やうつなどの心の問題、一人暮らし、経済的問題などが加わると「フレイルになりやすい」と言われます。日本には統一基準がまだないのですが、米国老年医学会の評価法「フレイル」と呼び

・一年で4キロ以上体重が減った
・疲れやすくなった
・握力の低下
・歩行速度が秒速1メートル未満
・身体の活動性の低下
の5つのうち3つに該当するとフレイルとしています

日本では国立長寿医療研究センターの調査解析によれば、熟睡感がなく目覚めの悪い人・奥歯で噛めない人・地域活動しない人はそうでない人に比べ、フレイルになりやすかったとのことです。
しかし適切な対策さえとれば健康な状態に戻る可能性はあり、寝たきりになるのを遅らせることを知ってほしいと伝えています。

そのほか大事なことは大きな大げさな運動でなくとも
・横になったままグーチョキパーと足の指を動かしたり
・背伸びをしたり
・家事や歯みがきの際、かかとをあげたり下したり・・
・三度の食事でタンパク質をしっかりとること     そして

★奥歯でしっかり噛めるようお口の中を整えておくことです
奥歯でかみ合わせが出来ないと、咀嚼に必要な筋肉が減っていってしまい、軟らかいもの・食べやすいものばかり食べていると、口の周りの筋肉が衰えて、本当に食べられなくなります。無理のない範囲で、シャキシャキ・サクサクと言った食感の生野菜なども召し上がると、意外と食欲出たり、楽しいものです。
手のひらを頬にあて、奥歯で噛み合わせ、頬の筋肉が動くかどうか、確かめて下さい。お口の周りの筋肉が働いてくれるかどうか、噛むだけでなくゴックンと飲み込む時にも筋肉が必要です。

高齢者の中には、びっくりするほどお元気な方もおられ、そのような方には、年配者が集まる場などで、指導役を任せる取組みも始まっているようです。助け助けられの意義を最大限生かすには、一人でも多くの方が新しい知識を持ち、気づき合うことだと思います。
誰もが迎える「老い」。みじめな思いが少しでもヘリ、生活の質が少しでも維持できて、「ありがとう・おかげさま が行き交う世の中」になるといいですね。理想かもしれませんが、やる意味はあるようです。ちょっとずつでも・・。

②オーラル・フレイルを予防して、健康長寿を目指しましょう(日本歯科医師会)

先日このブログで、日本歯科医師会のオーラルフレイルへの取り組みをご案内しました。さらにマスメディアなどを通じて、多くの国民に伝えていくことになったようです。

歯周病の治療や歯を失ったときの治療を受けるのはもちろんのこと、「滑舌の衰え」「食べこぼし」「わずかのむせ」「噛めない食品が増える」などのささいな口腔機能の低下を軽視しないことが大切です。このわずかな口の衰えは、身体の衰えと大きくかかわっています。
日本歯科医師会は、「8020運動」に加え、ここにオーラル・フレイルの予防という新たな考え方を示し、健康長寿をサポートしてまいります・・とあります。

これからもこのブログで、お口の中に定まらず、皆さんのおからだ全体にお役に立つ情報をご案内していきたいと思います。

今日は本当に春らしい暑いくらいの陽気となりました。まだ4月ですが、紫外線は相当強いようです。外に出るときには、サングラス・帽子などで予防いただき、いつでも取れる水分も携帯ください。
そうそう近所の内科の先生から伺ったことですが、「モーラステープ」というパップ剤張った方が、日光を浴びて湿疹出る方が散見されてるようです。日光疹の既往なくともご注意ください。

タバコをやめた瞬間に (こんなにいいことが増えます)

20分    血圧が下り始め、脈もゆったりに。
        手足の温度が正常にもどり、血流がよみがえる

8時間   血液中の一酸化酸素が正常になり、酸素濃度が上昇し正常になる

24時間  心臓発作を起こす可能性が少なくなる

48時間  食べ物の味が良くわかるようになり、においにも敏感となる

2週~3か月 血行が良くなり、肺機能が改善する。歩行が楽になる

1~9か月 咳や息切れが改善する

10年   肺がんにかかる危険率が喫煙者の十分の一になる
     (口腔がん・食道がんの危険率も低下する)

15年  心臓病にかかる危険率が吸ってない人とほぼ同じになる

            アメリカの肺がん協会データーより抜粋
            SGセンター薬剤師 中垣繁監修リーフレットより

瞬時にいいことがありますので、「いまさら~」と思わず、次の一本に火をつける前に
おいしいお茶(今は様々な種類のおいしいお茶がありますよ)やお水飲んで、ニコチンを
体から排出してください。そうこうしてるうちに、”脳の一日●●本分のニコチンがなくてもよくなり” 減煙から禁煙 と成功なさると思います。

決して吸ってる方の「意志が弱いのでタバコやめられない」ではありません。
脳がニコチンの量を記憶して依存してるだけです。
応援しますので頑張ってみてください。必ず禁煙できます!

雪原の白ウサギを探すようなもの(再掲載)

医療の世界では○○認定医が大流行ですが、「マンモによる乳がん読影認定医試験」というのがテレビで紹介されていました。芸能人の乳がんの告白などから、検査はしてても・・という風潮を踏まえ放送されたと思われます。よい番組でしたのでお知らせします。

マンモグラフィー検査は、検査自体が患者にはかなりつらいので、エコーで済ましてしまう人も多いようですが、エコーもマンモも両方必要だというのが大方の見方です。エコーはばらつきが多く、観るドクターの技量に左右されるので単独では判断できない。技術・知識・集中力がものをいうそうです。当院の院長も常日頃言っていますが、「画像は読影が命」と。正しく撮影されたものを慎重かつ精密な読影には相当な技量を要するものです

私事ですが、かの昔ある専門病院のドクターは、放射線専門医が読影し報告してきたものを、主治医がさらに拡大鏡を近づけてみて、今度は石灰化の小さな粒の間隔を図って記録判断くださいました。今の時代はずいぶん違うと思われますが、基本的に見る目があるのとないのでは雲泥の差です。

この日の番組で紹介されたこの認定医試験。合格率は60%だそうです。決められた時間に100枚だったでしょうか?マンモの読影を強いられみなさん真剣そのものでした。対象は医師と放射線技師です。私たち女性のために頑張っていただきたいですね。このような医療現場での研鑽の裏で、乳がん検診30%という低さも問題です。先生方も頑張ってくださってるんですから、積極的に乳がん検診受けたいものです。

ですので乳がん検診は、医師や技師の技量が勝負。発見できるドクター・発見できないドクターがいるとはっきり言っておりました。マンモグラフィーによる乳がんの読影は
「雪原の白ウサギを探すよう」とはこのようなことを指しているのですね。私たち患者側も医師の技量を見抜くくらいの患者でありたいものです。なんでも”お任せにしない”ことですね。大切な自分の身体。大切なそれぞれのパーツ。かけがえのないものです。賢い患者にならないと・・。

水洗式咀嚼!?  (岡山大学・小児歯科岡崎先生より)

今注目の、また唾液の話です。   

”唾液” 文字通り 口から垂れる液です

   ”よだれ”も 唾液が余って垂れるから ”余垂れ(よだれ)”というらしいです。

岡崎先生によれば
  以前は、子供が口を開けると唾液が沢山出てきて、防湿の為にラバーダムというものをつけた。それでも横から漏れ出すので、その下に排唾管挿入して治療した。ビショビショに唾液出る子供が多かったので、正直治療する方にしてみれば、唾液は厄介者だった。

ところが、最近の子供は、口を開けていても唾液(つば)がたまらない。おかげで治療はとても楽になったが、そうも言っていられない。どう考えてもこれはおかしい。どうして!?

一つに食生活の変化を上げておられ、特に

  常に水やお茶など飲み物を飲みながら食べている。流し込みながら食べているので
  これを”流し込み食べ” =水洗式咀嚼 と呼んでいるんですよ。唾液でなくなります

  昭和30年代まで、食事中にお茶飲むと「行儀悪い」と言われたものです。調べたら
  サザエさんの漫画にも、食卓に”湯のみ”は置かれておらず、お茶は食事が終わったら
  みんなで飲むものだったと記憶しています。
  今はファミレスでも、席につくとまず水を持ってきます。

  マウスの実験でも、水分の多いエサを与えると、耳下腺・顎下腺の発達が悪かったそ
  うです。
  同じことが、いま私達の子供たちに起こってるのではないだろうか?と案じてらっし
  ゃいます。

そういえば・・と自分でも小さい頃を思い出すと、いまよりもっともっと「よく噛みなさい」と言われるまでもなく、噛み応えの多い食事があったように記憶しています。おかげで、「良い食材を味で覚えたせいか?」今どこへ行っても、何を食べても美味しく味わえ
お店の方とも食材談義も事欠きませんし、友人同士で食事をしても、豊かな食材で育った幸せは何事にも代えがたい・・と親に感謝するばかりです。

お仕事もつお母さんも増えてきて大変だと思いますが、食事の経験は生活習慣として、大きく響きます。
どうかこの岡崎先生のご指摘に耳を傾け、親御さんもご一緒になさって下さい。お母さん方もお若くても、どんどん唾液は減ります。お子さんとご一緒に、お食事時の水分の取り方をちょっと工夫されて、唾液が出るように思い切ってトライしてみましょう。お水・お茶などをお供にせずとも、良く噛めば必ず唾液は出ます。やらなければ出ません。唾液でなくなるばかりでなく、飲み込み困難になります。

唾液が少ないと虫歯も俄然増えます。
知らないでいて不自由になるのは、もったいないですね。

 

 

 

 

 

サルのむし歯に思う

allある動物園のリス猿(小さいですね)の右目の下が、プクンと腫れて見るからに痛そう!獣医さんが診たところ虫歯が進んでいて、歯の根のところを切開して腫れは引いたそうです。最近お客様からお菓子の投げ入れがあり、ついサルたちも口にしてしまうようです。 人間もサルも一度甘いものを口にしてしまうと、美味しいものに目がなくなっちゃいますものね。

本来サルは、自然の食べ物をよく噛んで食べ、唾液を出して洗い流しているとのこと。今人間に言われていることと同じですね。 日光の猿軍団も人間のものを頻繁に食べるようになって、同じように虫歯に悩まされているとか・・・。 本来野生動物は”飢えとの戦いなんです” と解説された言葉が、人間にも同じだなぁと つくづく感じいったことでした。

人間の方は ”いつでもどこでも何でも手に入るようになり” お腹すいたらちょっと食べしてるうちに、きちんと食事をとらない子ども達も増えてきているようで、 ”好きなものだけドカ食いするなど”「飽食の栄養失調」と言われて久しい人間への警鐘と似たところがあります。

20年も前の話ですが大阪の片山恒夫先生から教えられて手にした「食生活と身体の退化」未開人の食事と近代食・その影響の比較研究 W,A, Priceには、開発が進みそれに伴って持ち込まれる先進国のし好品(砂糖の入ったお菓子など)で、原住民の歯が虫歯になって行く過程が示されていました。その本の強烈な内容を思い出しました。

習慣は人がつくる 心もからだも (日野原重明)

あなたのからだは、あなたの食べたもので出来ている

まさに私達は、口にするものによって大きな影響を受けています。食べるものによって 病気がつくられてしまうことを心しなくてはなりませんね。 (下記の写真は 上記にご案内したプライスの赤本
表紙と、開発が進むことにより原住民に増えた虫歯の画像です)


2016/ 4/ 8 16:21 2016/ 4/ 8 16:21

鼻水だけでも医者に行く? (細谷亮太さんのお話しより)

元聖路加国際病院・小児科部長の細谷亮太先生は、子どもに対する姿勢とお気持ちの大きさに圧倒され、又ごくごく自然に子供をとらえて、丈夫な子供に育ってほしいというお気持ちにあふれていらっしゃるので、ついお書きになったものに目がいってしまいます。

この新聞記事も ★「食う寝る遊ぶ」が出来れば平気★ と副題がついています。そして

健康とは、何でしょうか?私が子供の頃、日本はまだ貧しく子供はみんな、鼻水を垂らして遊んでいましたが、今のお父さん、お母さんの中には、「鼻水が出たら医者に診てもらわないといけない」と、子どもを病院に連れてくる人がいます。
でも、”食う、寝る、遊ぶが出来ていたら人間は大丈夫です”。食欲がちゃんとあり、すやすや寝られて、機嫌よく遊び、熱もなければ、病気ではないんですよ。

小児科の外来は、危ない場所です。インフルエンザの子供や、水疱瘡の子供がいる可能性もあったり、お父さんお母さんの安心のためだけに、危ない場所にこどもを連れて行くのはやめておいた方が良いのです。ただし子供が幼いうちは特に、小児科の専門医をかかりつけにして置き、いろいろ相談できる関係つくりをしておくと安心です。医者を次々と変える「ドクター―ショッピング」はお勧めできないので、お医者さんが医学的なことはもちろん親よりよく知ってるわけですが、よい関係をつくって、子どもの症状の急変に相談できるようにしておくことが大切です。医者の判断だけに限らず、「どうもおかしい」「ただ事じゃない」と気づけることが、とても大切です。
と上手なかかり方を提案していました。

大事に至ったらどうしようと親だったら思うのは当然ですが、この細谷さんのお話し伺うと,本来人間って強いものなんですね。ただし「食う・寝る・遊ぶ」が出来てれば平気と
いう細谷先生の言葉を頭に置いて・・ですが。
子供を思えばこその細谷先生のお考え、参考になればとご紹介いたしました。

 

 

 

朝食抜くと脳出血のリスク3割増

朝食を抜くことが多い人は、毎日食べる人に比べて脳出血のリスクが3割以上高まるとの調査結果を、国立がんセターなどの研究チームが発表した。(2月5日付け新聞)
8県の男女約8万人(45歳から74歳)を平均で13年間追跡した。その間、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)を発症した3772人と、虚血性心疾患(心筋梗塞・急性心臓死)を発症した870人について、朝食との関連を調べた結果、

「朝食を週に0~2回」は脳出血を起こすリスクが1・36倍・脳卒中全体では1・18倍高かった。心疾患では優位差は見られなかった。

チームによると、朝食を抜くと空腹によるストレスなどで、血圧が上がることが知られている。高血圧は脳出血の大きな要因で、中でも早朝の血圧上昇がリスクを高めるという。解析した阪大・公衆衛生教授・磯博康さんは「そうした背景が脳卒中を引き起こす原因につながってる可能性がある」と指摘しています。

当院でも朝食抜きの方に伺うと、夜遅いので食べないとか、朝食べると電車に乗って気持ち悪い!?とかいろいろおっしゃいますが、朝起きてネバネバのお口を手入れ後、ヨーグルトにバナナでも、スープにパンでもいいので、何かしら召し上がって体にエンジンかけてくださいと申し上げています。朝食抜くと、糖尿病のリスクも上がるので是非召し上がってと、唾液検査などしながらお話しします。食事することは、その方の体を作ることですが、歯科的に言うとお口の掃除と言っては何ですが→噛む(咀嚼する)ことは、脳にも歯にも歯茎にも、さらに申し上げれば、「心」にも大切なのです。

ですから、病気を呼ばないために、朝起きたら、カーテン開けて部屋に光を取り込み、
脳を起こして、朝ごはん召し上がってください。少しづつ召し上がってみるうちに、その方の朝ごはんスタイルができて、一日がスタートするようになることを祈っています。

乳ガン専門医から

年一回指定された乳ガンの精密検査と診察に行ってきました。検査なのに行くまで気の重いことと言ったら!それでも都内に住んでいる35の時から、良い先生に恵まれつつ今日まで来ました。

芸能人や有名人の乳がん報道に外来は沢山の患者さんでした。幸い私は今回もパスでしたが、主治医である女医先生と骨粗鬆症の薬の話などしながら、当院の取り組みHPに情報載せたことを、連携有りがたいわぁ!と仰って下さり、添付の図も使って宜しいと下さいました。

私も初めて知りましたが「炎症性乳ガン」と言うもので、突然同心円描いたように赤くなり、皮膚は夏ミカンのようになるそうで片方だけだそうです。こんな時は直ぐ受診してほしい、放って置かずにね。是非そちらのHPで広めて下さればとラフスケッチ下さいました。

ガン検診は行くまで気が重いけれど、後で後悔は残念なので、毎日のお風呂上がりの自己チェックと専門医による定期検診受けましょう。丁度blogに”雪原で白兎を探すようなもの”というマンモやエコーの読影の難しさを書かせていただいた直後だけに、女医さんの
きっぱりした言葉はとても有り難く思いました。早ければやれること沢山あるのよ!の助言には女性の大切な乳房失わせたくないと言うあったかいお気持ちを感じました。

皆さんも乳ガン検診受けましょう。今は女医さんも沢山おられます。乳がん検診怖いより、受けないでいるほうが怖いです。案ずるより産むが易し。ぜひ受けましょう。

 

2016/ 2/ 9 15:45

 

美しい死

資料整理していたら、大事なコピーが見つかりました。当時いつもバックにしのばせていたのですが、歯科予防の集まり・熊谷崇先生(日吉歯科診療所)主催の会に出向いた折、熊谷先生がこの同じ記事をスクリーンに大写しにされ、同じ思いでいらしたことが嬉しかったのを覚えています。今でも十分通ずる良い記事なので、ご紹介いたします。

「美しい死であったと感じました」ガンでなくなった先輩学者の病理解剖に立ち会ったとき感想を求められ、思わず口をついて出た言葉だったという。「なぜ美しいと表現したのか。自問自答しました」こんな切りだしで始まった森亘日本医学会長(元東大学長)の話は味わいがあった。先日、東京で催された日本医師会創立50周年記念大会での「美しい死。品位ある医療の、一つの結果」と題する特別講演である。


森さんは病理学が専門。「優に千を超える」解剖の体験をもとに「必要にして十分な治療を施された遺体には、それらが見事に反映し、それなりの美しさが感じられる」という。
なぜか。「その疾患の結末としてべく起こるべくして起こった変化の集まりであり、大きな修飾は感じられない」からで、「節度ある医療であり、品位ある医療である」。
逆に「脳死状態に陥った後も長く心拍動、呼吸を保ち、脳や脊髄が融解しつくすまでに至った患者の病理解剖所見は、美しいとは映らない」とも。
「節度ある医療は、知識、教養、品位を併せ持った医師によって初めて下しうる。今日の医師にはこうした高度の素質が求められる」と訴えた。

さらに、言外に一部医師の過剰診療を批判して、「医師に与えられている大きな裁量権は、良識を欠く行使の下に置かれるならば、やがて取り上げられてしまう」と警告した。講演は、制度改革や医療界を心配する心情にあふれ、「医師には、医学的力量とともに人間的教養と品位が求められている。このことを、ぜひ後輩たちにおしえてほしい」と結ばれた。演壇を降りた森さんに「感銘を受けました」という声が寄せられていた。 
          朝日新聞 「窓」論説委員室から 平成9年11月7日号

18年経った今でも、心突き動かされる文章です。
そして、熊谷崇先生が新しい歯科の会を立ち上げた時「本来虫歯・歯周病は稀な病気である」とおっしゃったこと。事が起こってから修復処置をするのが歯科ではなく、そうならない為にお口の中のバイオフィルム(原因菌の汚れ)の破壊と除去=取り除いてよい状態にすること が大事であると予防の会を立ち上げたコンセプトに通ずるものがあって、歯科としての新しい取り組みの必要性と共に、なおのこと森先生のお話しに感銘を覚え共感したことでした。古い記事ではございますが、紹介させていただきました。こうして時間が経っても読むたびに、心に重く響き新たな気持ちにさせて頂けます。

 

スメハラ

先日日吉歯科の熊谷先生先生の研修に行ってきましたが、まだまだ会合などに行くと「何とも言えない口臭?タバコ臭?ひどいんだよね。よく本人平気でいられるよ・・」と憤慨してらっしゃいました。私達も実際電車に乗ったりして、お隣の男性が”あくび”でもしようものなら、「ウッ」と息止めることがあります。独特の口臭。歯科のメンテナンス受けてるの?と聞きたくなります。

若い方でも顔や髪形に時間とお金かけてるのに、口開くと「エッ」という方も散見します。最近ではこのような、まわりに迷惑かけるようなにおいを発することを「スメハラ」
「スメルハラスメント」というそうです。

定年退職されたお父さんが家にいるようになると、口臭ひどくてイヤだから外出するの・・とおっしゃる奥方の理由は別(単なる言い訳)だと思いますけれど・・。いずれにしても口臭などないように、ホームケアと歯科医院で定期的に受けるプロケアが必須です。スメハラと書いてるだけで臭ってくるようで、筆を止めます!

喫煙者の方は口臭だけでなく、歯を失う速度がすごいのですから、タバコ臭含めた口臭だけでなく、健康損なう最大リスクのタバコから早く逃げ出しましょう。当院は禁煙支援診療室です。ご相談ください。

 

日吉歯科に行ってきました

お正月松開けて間もなく、早朝の飛行機で山形県酒田市の日吉歯科に研修に行ってきました。何年か前、冬出向いたときは大荒れのお天気で、羽田にひっ返すかも?と言われ随分遅れて到着したこともありました。 今回は順調な離着陸で、全国から50人程が集まり、朝8時半から熊谷先生の研修受けてきました。いつも時代の先を読み、どうしたら皆様の口腔の健康に役立つ歯科医療になるか。常に考えて私達を導き励ましお力貸して下さって、頭が下がる思いです。日吉歯科のスタッフさんも全面協力体制で感謝するばかり。私達も日々精進し、患者さんに利益をもたらす本来の歯科と言うものを、手綱緩めずに実行して参りたいと心に誓いました。毎日が学び。皆様の口腔のお役にたつべく頑張ります。 hiyoshi_001 hiyoshi_002 hiyoshi_003

なんでもっと早く言ってくれなかったの!

長年メンテナンスにお通いの方が、「母が亡くなりました。長いことありがとうございました」と。86になられたお母様は、ご主人を見送って7年。しばらくはメンテナンスにおいでになっていたものの、家に閉じこもりがちになってましたが、ご長女はじめお子さんお孫さんのお力で静かに暮してらしたようです。

連れ合いのご主人は、たばこに起因する病気で、7年前他臓器に転移して亡くなりました。最後のご来院の折、もう病気も告知されておりましたが「なんでもっと早くタバコのこと言ってくれなかったの!」とおっしゃられたことを昨日のことのように思い出しました。 最初の肺の病気が見つかる前から歯茎の状態が良くなく、たばこの害が懸念されたので申し上げましたが、こちらの力不足もあり聞く耳を持って頂けませんでした。肺の病気が見つかった時も、依存が強く受診終わってドアを出てすぐ、タバコに火をつける有様でしたので、ND(ニコチン・ディペンダンス)だったと思われますが、当時歯科医院でたばこの害を言うところは極めてまれでしたので、自分の勉強不足もあってそれ以上進みませんでした。

今日その奥様の急逝を聞き、胸膜炎と伺って「水が溜まって苦しかったのではないですか?」とお聞きしましたが、「我慢してたようです」とおっしゃるお身内に、ただお悔やみ申し上げるだけでした。

たばこの害は全身です。肺や胃だけでなくあらゆる病気の原因です。今お口の中の細菌が全身の病気に悪さすると言われますが、タバコは口から吸うのですから、一番の被害はお口の中なのです。これからも当院は禁煙支援をすすめ、近所の内科医院さんも引き続き協力連携下っています。長く通われた高齢者の急逝の報に、連れ合いの亡き患者さんの声を思い出しましたので書かせていただきました。

28日カンブリア宮殿で熊谷崇先生が話されると思いますが、今歯科は、皆さまの「生涯にわたる健康支援」が使命と感じています。
ですので「禁煙の必要性」も、「歯を失わないための歯科受診」も、早く!広く!伝えなけれならないことと痛感しています。

日吉歯科診療所・熊谷崇先生カンブリア宮殿に初登場されます

当院所属する、オーラルフィジシアンの代表・熊谷崇先生が、1月28日カンブリア宮殿に登場されます。昨年10月のプロフェッショナルでは大きな反響があり、先日再放送なりました。

痛 くなってから、詰め物取れてからなど、ことが起こってからの歯科受診でなく、そうならない為の、お口の中を、歯を歯茎を守るための歯科受診が本来の歯医者 の利用の仕方と言うことを再度お知らせなさるようです。口の中の細菌が悪さして身体の病気を引き起こしていることが明らかな昨今、今一度、私達歯科の現場 からのメッセージをお聞きになってください。歯科の本来の役割を知って頂き、熊谷先生の診療室からのレポートが皆様の全身の健康維持にお役に立てれば何よ りと思います。遅い時間ですが、是非ご覧ください。

2016/ 1/10  8:34

2016/ 1/10 8:34

ミカンを食べる・・この単純な行為!

お正月、地方の老健にいる義母を訪ねました。お正月らしい玄関入ると、いつもお世話になっている職員のお迎えの笑顔がいつもながら有難く思えました。お正月といえども、職員の方々大変なお仕事だと思います。義母は昼食中で「今日もごちそうなのよ」と嬉しそうでした。終わるまで部屋でまちますよ・・と日当たりのよい個室で待っていました。

好物をいろいろ持っていったので、それぞれ開けては大喜びし、きれいな包装紙もきちんとたたんで取っておく・・と嬉しそうで、義父の遺影にお供えするにも、どのお菓子にしようかと悩んでいる様子も微笑ましく、有難く思って眺めていました。

義母は無類の柑橘類好きで特におみかんに目がありません。手の平が黄色くなるほど食べるの・・と笑っています。日本の冬と言ったら炬燵とミカンですよね。
昨今炬燵と言うのも珍しいでしょうか?

さて、義母がミカン食べるのを見て、「ミカンをたべる」と言う行為そのものがスゴイ
口の動きなんだとつくづく見入ってしまいました。

おもての皮をむき、房を取り、白い筋のようなのを取ってひと房を持って口に運ぶ、口に入れたら上下の歯を合わせ、中味を口に入れ唇でしごいて房だけを出す。この行為が出来て初めてミカンが頂けるんですね。素晴らしい口の動きです!

90歳になる義母の口元をみて、ミカン食べられるのって,スゴイことなんだ!と痛感しました。ナイフを使わず気軽にいただける日本のミカン。それにもまして「歯があってこそ」頂けるミカン。「甘いわねえ」と次々とミカンを口に運ぶ義母をみて、召し上がれて喜んで下さってよかったぁ!と思ったことでした。私達が帰った後もきっと召し上がっているに違いない。手の平が黄色くなるまで・・と帰りの車の中でなんだか嬉しい私達でした。好きなものが食べられるのって、一番の幸せではないでしょうか?「極楽極楽」と言って見送ってくれた義母に手を振りながら、「食べられてこその今の健康」とお世話下さる方々に感謝するばかりです。

唾液が出るようになってきました

先ほどメンテナンス終わられた患者さん。三年前舌癌と診断され手術を受けられました。メンテナンス担当の歯科衛生士が、粘膜の微変に気づき、院長と慎重に対応した結果でした。

オペ直前もオペ後も、耳鼻科の主治医先生が口の中のフォロー無しなので、当院で
慎重かつ念入りにフォローしてきました。とはいえオペなさったのは大学病院ですので
あくまでも出来る範囲ですが・・。耳鼻科と歯科との連携の難しさは今も昔も変わりません。これでは患者さんが気の毒です。途中もどかしいと思うところもありましたが、主治医にもよるのでしょう・・。この患者さんの主治医先生は、「オペしたところだけにしか関心のない方」のようで当院がしっかりサポートしようとスタッフで話してここまで来ました。

オペ後は沁みたり違和感多く、通常の洗浄もスケーリングも難しく、ただただお話し伺って寄り添い、少しでも口から召し上がれるように、「出来ることしか出来ない」日々でした。その中で再発・転移におびえる心落ち着かない日々もありましたが、それでもいらしてお話し下さる患者さんに、こちらは多くを学ばせていただきました。良かれと思う衛生士の処置が受け入れて下さらなかったり、ご不満をおっしゃる日もありましたが、それもこれも”ガンになった”という事実と悲しい孤独な思いが、十分にサポートされていなかったからと、今思えば理解できますが、その時には、患者さんの心の思いが十分に理解できていませんでした。臨床心理的に言えば、「怒り」に近い感情がおありだったと思います

今日メンテナンス終わって、随分晴れやかなお顔でしたので、お声掛けしたところ
「唾液が出るようになったの!」と何度も何度もおっしゃるのです。「あのね、お口の中こうしてきれいにして頂き、食事もだんだんよく噛める食事に戻ってきて、そうするとね唾液って出てくれるのね!」とおっしゃいました。

「唾液が出るとね、よく噛むでしょ。味もわかるようになってきて、口の中もさっぱりするのよ」と教科書に書いてある”唾液”の効能をぜーんぶ言って下さいました。
私もこれを聞いて、嬉しかったです。

三年経ったのねえ・・とおっしゃる患者さんに、「よかったわあ、よく頑張られましたもの」と申しあげて喜び合いました。当院の力は微々たるもので、全て患者さんが現状をぶつけて下さり、教えて下さった結果です。
そして何より、普段寡黙なご主人が良くなさって、そばにいらした結果です。奥様と別に「どうしたらいいでしょう・・」と食事や、ご本人の心の不安について相談に見えたこともありました。そのご主人のお気持ちに感じ入って、何度かお悩みを聞くだけでしたが
、ヒョンな一言やアドバイスをとても喜んでくださったこともありました。

今日メンテナンス終わられて、晴れやかなお顔で「唾液が出て来たの」とおっしゃって下さった患者さんの嬉しそうなお顔を励みに、これからも個々の状況に対応できるよう
スタッフ全員で学び、その方が日々おいしく召し上がれることが使命と認識して、精進してまいりたいと強く思いました。
ご自分で食べられていれば、力も希望も湧きますね。
患者さんに教えて頂きながら、得たことはまた他の患者さんにもつなげて、お役にたてれば幸いです。共に頑張りましょう。、

Q 摂食嚥下障害に気づくためには、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?

本日配達の1月15日号週刊朝日に良い記事がありましたので、ご紹介いたします。
お答えは、日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック院長 菊谷武先生。
昨年スタッフともども、MCI 認知症のの講座で勉強させて頂いた菊谷先生です。

A 注意点は主に食事時間が長くなっていないか?体重が減っていないかです。毎日
顔を合わせているご家族には、これらの変化を見過ごしがちです。
高齢者の場合、インフルエンザや肺炎・骨折・一過性の脳梗塞・歯の不具合といった
直接は摂食嚥下障害につながらないような不調が重なり、本人も気づかないうちに摂食嚥下機能が低下することがあります。
すると、食べられなくなり、全身の状態も衰え、摂食嚥下機能がさらに低下するという
負のスパイラルに陥っていきます。食事時間や体重の変化などを注視し、早めにリハビリを始めましょう。(菊谷歯科医師)

今のように摂食嚥下が注目される前、聖隷三方ヶ原病院の藤島先生でしたか?飲み込みにくい患者さんには、お食事前に簡単な準備運動するといいですよ!と教えて頂いたことがあります

それはお食事前に

  ・肩を上げ下げして、今から「ゴックン」しますよ!を知らせる

  ・お口を大きくパクパクして食べ物がお口に入る準備をする

                  ★お口やお顔周りの筋肉に信号を送るんですね。

それと同時に、呼吸と嚥下(飲み込むこと)の訓練として、お茶(又はお茶ぜりー)を
口に含んでゴックンしたら、「ハッ」と咳するように息を吐く。
                 →こうして実際の「食べる行為」につなげます。

もう一つ大事なのは、姿勢です。
車いすの方も含めて、足がブラブラで食べぬように、ピアノの”足台”みたいなのに足をつけて召し上がると、姿勢が良くなります。又背中にビーズクッション(又は丸めたタオル)あてるだけでも姿勢が整います。

口から食べることが何より幸せなことです。
あきらめずに「安全に」トライください。

 

介護を学ぶ 米寿の挑戦!(朝日新聞より)

あんまりびっくりしたので!ご存知かと思いますがご紹介します。
川崎市在住の88歳の女性が、介護資格を取得のニュース。約一か月間講座に通い合格なさったそうです。これから介護の現場で働くおつもりとのことです。

講義でも一番熱心にメモを取り、笑いをおとりになるジョークもおっしゃって、受講生たちの飲み会にもご参加とか・・。授業は皆勤だったそうです。糖尿病や心臓病の持病があるので、「勉強しておけば、介護される時に、”相手も楽なはず”」と思い立ってのことだそうです。この発想がまず、スゴーイ。

一緒に学ぶ同級生の若者?も 「高齢者のリアルな体験が聞けて、とても勉強になる」「88歳でも介護サービスを提供する側になれるということに気が付いた」と。

75年ぶりの学校は「教わることをなかなか覚えられないのは困るけれど、新しいことを知ることができて面白い」と88歳の弁。今後は、実際に介護施設で働くことを考えているとのことです。ご本人は「タオルをたたむことくらいしかできない」と控えにおっしゃっているようですが、先生側は「食事の介助や慶弔ボランティアも十分お出来になる」と太鼓判のようで、厚労省の担当者も「聞いたことがない」と驚いているようです。

104歳になられた日野原先生も常に仰っておられるのは、「常に何事にも興味をもち、新しいことを創めていれば若々しくいられる」をこの方は実践され、元気と勇気をいただけるすばらしい記事でした。シーツ交換の手早さには周りがびっくりしたようです。
新聞に載った写真には、介護される側でなくサービス提供側の88歳を取り囲む若い人達の尊敬を持った笑顔がたくさん写っておりました。お仲間にも励みになるんですね。
後に続くお元気な高齢者に「エール」になったんではないでしょうか。ぐだぐだ言ってられないなぁと私も大いに刺激いただきました。ありがとうございます。

子どものサプリ慎重に (朝日新聞19日付記事より)

当院の一階は内科さんです。12月初めご近所や小児の患者さん・保育関係の方から「新しいタイプのノロ」のことを耳にするようになりました。
とある日の朝、一階の内科さんに小学生低学年と思われる男の子が母親に連れられて医院に入るところでした。オヤっと見ると、手に見慣れた赤い小瓶、R1ヨーグルト。今評判のヨーグルト私も愛用しています。サプリとは違いますがR1ヨーグルトは絶大な人気です。でも受診途中に歩きながら飲まなくてもねぇ・・。

いわゆる子供向けのッサプリが随分と売られているけれど、子供に対する安全性や有効性が確認されてはおらず、専門家は慎重にと19日付の新聞では警鐘ならしています。2013年の厚労省のネット調査によると、1歳から6歳の乳幼児を持つ母親2063人の内、165人(8%)が子供にサプリを与えたことがあると。
その理由は「食事だけでは栄養が足りないから」「好き嫌いが目立ち始めた」などだったようです。

一方国立健康・栄養研究所によると、子供向けサプリのほとんどは子供への安全性や有効性を確かめる製品試験は行っておらず、科学的根拠が確認されていない。一般的にサプリは成分を過剰摂取しやすく、健康被害のリスクもあると書かれていてお知らせしたいと思いました。

同研究所の情報センター長は「幼少期から足りないものはサプリで補う・・と安易に与えると、大人になっても適切な食習慣が身につかない。必要な栄養素を取るには、いろいろな食材を食べることに尽きる」と。それはわかってるんですよね。でも好き嫌いの多い子どもが多い、お母さんは仕事もって忙しい・・と言う現実もあります・・。

又栄養士協会の方は 「まずは、何故食べないのか原因を知ってほしい。時間をおいたり味付けを変えたり工夫して、食の楽しみを教えていく事が大事」と言っていられます。
そうは言ってもお母さんも仕事してたりの昨今なかなか大変ですよね。ですがCMで流れているように「あなたの身体は今日食べたもので出来ている」の通りです。学校でも給食の方や、地域の方の協力で、子供たちに様々な食材を食べてもらおうと、協力が始まっています。

まず大切なことは、お父さんお母さんが「美味しいね」と、子供たちを巻き込んでおいしそうに食べることかな。手の込んだお料理でなくとも、ジャガイモ茹でただけでもバターのせたり、お塩振っただけでも美味しい。忙しければジャガイモ安い時に皮付きのまま茹でて冷蔵庫に入れておけば、すぐチンして、あるいは切ってフライパンで焼くだけ、トースターで焼くだけでもいい。ツナ缶開けてのせて食べてもいいいし。
そのままつぶして、ベーコンネギなどくわえて”おやき”にもなるし・・。

人参嫌いのお子さんが沖縄に家族旅行に行って「人参のシリシリ」という炒め物を作るようになった。5歳のお子さんがバクバク食べるようになって、もう何度も作るようになった・・とひょっとしたきっかけでたべれるようになった嬉しいいきさつを新聞で読みました。つい頼りたくなるサプリですが、お子さんにはくれぐれも慎重に。働くお父さん・お母さんの社会のサポートは、食事のことから取り掛かるといいのかもしれませんね。
各地で「子供食堂」の動きが活発になっていることは喜ばしく、お母さん方にどれほど強力な応援団でしょう。

当院でも小児の患者さんの親御さんには、お食事の材料を出来るだけかじって味わうように調理していただく事。食べやすく食べやすくしないでも「美味しい」と子供たちが感じるように頑張って下さい、応援してますよ・・とお話ししています。ちょっとの手間ですがあとは楽になりますよ。

またまた あいうべー体操!

当院で随分前からご案内している、「あいうべー体操」
今日もあるテレビで、男性のドクターがこの季節のウイルス退治にちなんで、推奨してました。そうか!ウイルス退治にもいいんだ!と納得。

ご存じのように大きくお口を動かして、「あ・い・う・べー」と目まで大きく開けて顔面の体操です。これやると随分唾液(唾)がでて、お口の環境整えるのによいので患者さんにお勧めしていました。もう何年前からかしら・・。結局唾液出るので、この季節のウイルス退治にいいということですね。

その上大きくお顔の筋肉動かしますので、いろんな!表情しますからお顔もほぐれて、笑顔が豊かになるように思います。疲れてる一年の終わり。「あいうべ―体操」して、にこやかに師走を乗り切りましょう。寒さもヤなことも、顔で笑って心で泣いて。笑ってるうちにヤなこともどこかへ行っちゃいますよ。You  Look Great!

NHK総合診療科

先日の放送は、歯科の当院にも大変参考になる内容でした。

最終診断は「膿胸」だったのですが、患者さんの主訴がウエストよりの背中の激痛でしたから、まさかこのような診断名とは思いませんでした。それでも指導医の救急医は、運ばれて10分で診断ついていたとのこと!さすがです。

その上救急車で運ばれてストレッチャーから、ベッドに移す際の患者さんの様子をつぶさに見ており、その時に大きなヒントがあったようです。再現ビデオの隅々から、診断に結びつく細かなヒントをたくさん得ており、その救急医としての緻密さに驚きました。その場の研修医にも大きな刺激と勉強になったようです。

膿胸と一緒に感染性心内膜炎の病名が出ましたが、どちらも「お口の中の細菌」が少なからず影響しています。このことが放送で伝わっただけでも大きな意味のある番組でした。

歯ブラシしないことがすべてというわけではありません。喫煙もこの患者さんには大きなリスクファクターです。しかしながら、いま口の中の細菌が多くの炎症性疾患とかかわっていることがわかっています。口の中の細菌が肺炎に大きく関与していることは自明の事実。口の中の細菌だけが原因ではありませんが、この番組でお口の中をきれいにすることの意味を、一人でも多くの方が気づいてくださって、毎日のケアと歯科医院でのプロのケアの重要性をご理解いただければ嬉しいです。

再び日吉歯科診療所

年末調整の書類を揃え、さて休もうかと歯ブラシを手に取った瞬間、「稀代の歯科医、山形県酒田市の熊谷崇・・」と消そうと思ったテレビからの声。
「エッなに?」と歯ブラシくわえたままテレビの前へ。昨年10月放映された「プロフェッショナル」の再放送でした。アップになった熊谷先生のお顔見たら、寝るわけにもいかず(笑)と言うより、見なきゃ!と歯ブラシ置いて、本気で再放送を見ました。

「この歯だったら30年ビクともしませんよ!」と画面いっぱいにおっしゃる潔さ。
定期メンテナンスしてたのに、虫歯出来てしまい、「悔しい!」という担当歯科衛生士に
「冗談じゃないよ。悔しいのは患者さんでしょ」と言いきる熊谷先生。通院15年のデータを振り返り、口の中の汚れが随分ついていたことを正直に指摘しなかった歯科衛生士を窘め、患者さんにも普段の手入れが少々おろそかだったことを明らかにした上で、自分達が至らなかったことを謝ったのでした。患者さんもフロスをさぼったこと、ホームケアが手抜きであったと反省なさりながら、この曖昧にしない日吉歯科の姿勢に、もう一度ご自分のお口の健康は、人任せにせず自分でもやれることはやらないとと確認されたようでした。

このような患者さんとの関係を結ぶまでには、ありとあらゆる努力が要ります。
それは、病気(疾病)虫歯・歯周病の成り立ちをはっきり患者さんにお示しすることです。その上で患者さんご自身のお口のデーター(資料)をとってご自身に知って考えて頂き、つまり意識を変えて頂くことにより、患者さんご自身が気づかれて、”痛くなってから通う歯医者”でなく、「痛くならないようにお口の中を守る歯医者」への定期メンテナンスを習慣になさるようになります。

これを伝え実行に移すのが 「免許(ライセンス)を持つもの責任」と熊谷先生は言いきられます。

医療者として、本当のことを知らされていない患者さんの意向に沿いたい気持ちもわかるが、エンドポイントは患者の利益だよ!とおっしゃる熊谷先生を師として、歯科医療の公益性を重んじてブレずに進みたいと思います。お子さんたちがフロスすると気持ちいい!と言うことが普通になるように。口臭なんてなくして大きな口でしっかりしゃべって
ニコニコ顔でお過ごしいただきたいものです。
夜でなく誰もがごらんになれる時間に、又の再放送を願います。

 

H27/10月3~4日のチームミーティングに参加して

爽やかな10月とはいえ、遠く山形酒田の地に、全国からかくもたくさんの歯科医療従事者が集合する。酒田市のタクシーはぜーんぶ庄内空港と東北公益大学の往復に取られてしまうのではないか?と思うくらいの大人数の大移動です。空港で予約した医院の名前をかざす運転手さんの風景は、やもすれば昔の温泉地?でしょうか。

オーラルフィジシアン・チームミーティングもこれで何年になるでしょう。朝4時の自宅近くの羽田行きバスに乗り、朝六時過ぎのヒコーキに乗っていざ酒田へ。9時の開始には全国各地からドクター・歯科衛生士・コデンタルがこんなにたくさん集まるなんて・・!
昨年10月・NHKプロフェッショナルに満を持して登場された、歯科医師 熊谷崇先生んのコンセプトに共感し、歯科医療の改革を目指す我々の集合です。もう10年以上のお付き合いになる先生方、最近ご一緒するようになった先生方。どの方もここに来る労をこぼす人などいません。それよりここに来なければ得られない情報以上に、おなじものを志す仲間との「変わらぬ強い絆」を又結びに来るのかもしれません。
来るたび、会うたびに強くなるその絆は、いつも患者さんへの”まなざし”。緊急になってから、困ってから、何かあってからの従来の歯科受診でなく、患者さんのお口の健康、症状なくとも進んでいる歯周病含め、削ることはすぐ必要なくとも初期虫歯などないか?手を下す前に、守れることがたくさんあることをお伝えして、患者さんご本人に気づいていただき、ご自身の健康は自分で守れることを理解頂けるようにし、患者さんと共に
問題解決に向かうのが今の歯科医療です。

今回アメリカの先生から、あらためて患者さんご本人が参加して初めて、歯科医療が成り立つという基本的なことが再確認出来、そのために医療者に必要なスキル以外の、大切な
要素や知識があらためてわかりました。病気を見ずして人を診よ・・と言われて久しいですが、私達歯科医療従事者の人間も問われていることを痛感しました。

名だたる研究者や臨床医に混じって、今回初めて歯科大学生が発表されました。聞けば
一般職を経験された後、思うところあって人生を考えてらっしゃる時に、熊谷崇先生の
歯科医療のイノベーションを知り、歯科大学に編入された方でした。発表内容にも心打つものがありましたが、この世界しか知らない私達にとって、ビジネス社会を経験された後、歯科医師を目指してらっしゃるその孤高な、崇高な思いを伺って感動しました。発表後称える表彰があるのですが、その場も遠慮されたようで、とても謙虚でわきまえた方だなぁと思いました。このようなことは以前でしたら、大学の医局で先輩方が教えたものですが、医局というものが随分と緩やかな雰囲気?になった昨今、このような”礼儀”や”たしなみ”というものを教える人が少なくなったのはとても残念なことです。このことは、インプラントの第一人者・小宮山先生がご発表の中で、強くおっしゃったことに等しく、医療者としての「立ち位置」と言えることかと思います。

すべての発表者から得るものは大きいものがありましたが、とりわけ小宮山先生が、歯科医療従事者としての「たしなみ」をきちんとおっしゃったことは、何より気持ちの良いものでした。ドクターである前に人としてあるべき姿。スタンダードのステキさを存分に伝えて下さって、今だからこそとても新鮮でした。

どんなに新しい情報や新しい器械揃えても、基本がきちんとできていないことには、いかんともしがたい。それは、たった一枚の情報提供の用紙を書くことから、医科の先生にお伺い立てる時に、同程度の知識を持ち合わせているか・・にまで及ぶものでした。刺激たっぷりの2日間でしたが、あとでレポート読めばわかるでなく、あの場で同じ志の仲間と時間と感動を共有することが、患者さんに正確に意義あるものとして伝わる原動力と思いながら帰ってきました。疲れましたがこの心地よい疲労感は、必ずや患者さんに伝わる「大きな力」になると信じています。スタッフの感想文が何よりそれを物語っています。皆様に還元できるように、医院全体で前に進みます。   院長 奥富史郎

再び ユマニテュード

随分前に、フランス人イブさんの新しいケア?の形、ユマニテュードご紹介しました。その後日本全国で大きなうねりが出来、イブさんも看護士さん・介護職さんへの講習会を頻繁に開かれているようです。フランス滞在長かった人に言わせると「あたりまえのこと言ってるだけよ」とおっしゃいますが、文化の違いもあって日本ではなかなか難しいのでやれていないだけだと思います。

この度NHKで三夜連続「認知症」の番組があり、中盤にイブさんが出演され「ユマニテュード」の実践をされました。
イブさん言う「ユマニテュード」とは①見つめる ②話しかける ③触れる
この三つにつきます。
それならやっています・・と言いたいところですが、頑なになられたり、抑制が効かなかったり・・の方々に、イブさんがこの三つをなさっただけで、ヘルパーさんが
「ウッソー!」と涙出すほど、患者さんが変わられるのです。私も初めてみた時同じように「ウッソー」と思いましたが、よくよくイブさん見ると、①見つめる②話しかける③触れる、が本質的に全く違うと気づきました。

イブさんはまず、”相手を人間として接すること” ”認知出来なくとも、生きる喜びは忘れていないと尊敬していること” これに尽きると感じました。
認知症が進んでも、様々な能力が隠れていることを認め、誰か?はわからなくとも”感情はわかる”と認め、ひたすら見つめる目は強くなく優しく、話しかける言葉には深い愛情あふれ、触れる手は柔かく優しく。

現場でベッド上の患者さんの体位を変えるヘルパーさんが、黙って患者さんを動かそうとしているのでNON!と。「ハーイ、こちら向きましょうね。そうそう、痛くないですか?ゆっくりでいいですよ」と話しかけながらなさることをすすめていました。
そういえば、最近赤ちゃんのおむつを替える際に”一言も言わず” 極端な例がスマホ片手におむつ替える人もあると聞いたことがあります。こちらも一緒で、黙っておむつ変えるのでなく「冷たかったね」とか「気持ち悪かったね」とか言いながら赤ちゃんの目を見ながら話しかけながらがコミュニケーションのスタートです・・と小児科の先生方もおっしゃっておられます。

まぁ日本では、他人とハグする習慣もないし、ハグしたりしたら照れますし、文化習慣の違いとはいえ、イブさんが日本語もお出来にならないのに、見つめたり、さすったり、フランス語で話しかけただけで、高齢者や患者さんがニコッと笑ったり、おだやかになる様子には、本当に驚かされます。まさに魔法のよう!

  ☆深い思いやりを持ってすれば、介護者そのものが「薬になる」
このイブさんの言葉に大いに納得し勇気づけられて、出来ない理由を探さず、出来るほうに向かいたいと思ったことでした。

本を読む学生の患者さん

当たり前と思うようですが、最近待合室でスマホをする方はあっても、若い方で持参の本を読む方はかなり珍しいです。今日の男子学生さんは、予約の時間よりかなり早く見えて「待ちますから・・」と。カバンから出した本を熱心に読んでいます。他の患者さんがご覧になった本をかたずけに行った折「何の本をお読みになってるんですか?」とお聞きすると、照れたように差し出されました。”マッキンゼーの・・” 何やら面白そう。大学に入り授業も面白くこの本はホント面白いんですよ・・とのこと。

中に日本の外交は云々書いてあったので、実はね”日本の医療もそうなのよ。なので私達オーラルフィジシアン”というグループ(熊谷崇・日吉歯科)に属して、患者さんに利益になる歯科医療を勧めたいと思っているの・・と、ちょっと唐突と思いましたが、本の内容にひっかけて話してみました。興味持って下さったので、日本の健康保険が疾病保険と言って、病気を治す為の保険で、予防する保険でない事。その為に削らなくてもいい歯を削ったり、いじらなくてもいい歯を早めにいじったりする医療が後を絶たないこと。そうでなくするために、当院では皆さまにお口の中の資料取りをしてご説明し、ご自身に理解いただいて、どうしたらお口の中をよい状況にできるか?ご一緒に考えて頂き、診療進めていきたいのですと。スタッフも技術もスキルップの勉強もしますが、機会あるごとに、国内外のドクターの講義を聞いて新しい情報なり、今海外ではどのように考え対応されているのかなど、・・外も知って情報収集に努め、見極めて患者さん方に良かれと思うことを提供したいと考えていますと話しました。

学生さんってこんなにわかってくれるんだ!と、真剣に聞いて下さる目を見て、若いって真綿のように吸収早いなぁと感じました。だからこそ、正確で裏付けのある情報を提供したいと思います。

話し終って又、大事そうにページをめくる学生さん。”紙の本”を持ち歩く様子をなんだか嬉しく思いました。スマホやタブレットで本は読めますが、やはり私は紙の本で読みたい。本は紙質・意匠・文字の様子など小さい総合芸術です。本は世界を広げてくれます。
今日は久しぶりに、楽しみな学生さんに会えてうれしいひとときでした。

 

 

 

 

 

 

朝霞地区三師会( 医師会・歯科医師会・薬剤師会 ) で、ピクトグラムシールが出来ました

最近お馴染みになりましたお薬手帳ですが、朝霞発祥!ってご存じでしたか?私達もこの度初めて知りました。この手帳は受診の際情報を共有し、お薬が重複して処方されるのを防ぎ、またお薬同士相性の悪い薬が処方されるのを防ぐ意味があります。また、薬により心配される副作用を軽減したり、のんでいる薬により控えた方が良い医療処置に目を光らせる意味もあります。何れにしても、患者さんご自身に飲んでいる薬への関心を高め、医師とのやり取りがズムーズに行くような情報提供、ある意味カルテ開示にもなり、安心安全に医療を進める上で、とても良いピクトグラムシールです。当地区の薬剤師さんのご尽力により出来上がったものです。全国に広まるといいなぁと願い紹介させて頂きます。患者さんのご子息で薬剤師さんがたまたま携わっており、資料とシールお持ち下さいました。皆さんのお役に立てれば幸いです。(HPトップページ左端に、BP剤のボタンもありますので、そちらもご覧ください)

2015/11/13 15:48

認知症予防にガム!

高齢者が増えていることは周知の事実ですが、このところテレビ・雑誌・果てはスーパーの食品の案内にまで、”認知症予防に・・オイル”とか花盛りです。

そんな中、私たちにも身近な「ガム」も!有効!
朝起きてまず、カーテン開けて、陽の光を浴びたら、「ガムを噛んで咀嚼して脳を起こす」事が有用だそうです。当院でもキシリトールガムは皆さんにご愛用頂いておりますが、虫歯予防だけでなく「認知症予防にも有効」ということですから、あらためてご案内しようと思います。当院のガムは、入れ歯にもくっつきませんし、仮歯(Tek)の方には要注意ですが、唾液を促進するためにも、うまーく患者さんに合わせてご利用いただけるように、ご案内したいと思います。

いずれにしても、噛むこと!(咀嚼)がいかに大切かということですね。

トイレのあと、手を洗わない人 15・4%!

 11月も半ば近く、この辺ではインフルエンザの前に、幼児にかなり溶連菌など出てきました。当院では以前から受診前に石鹸による手洗いをお願いしており、お済みになってから呼びするようにしております。「今家出るときに歯は磨いてきましたよ!」とおっしゃる方にも、恐縮ですがお願いします・・と受付でお願いして、うがい手洗いしていただき
今ではすっかり習慣化しました。

このうがい手洗いの習慣が、転じて歯ブラシ・デンタルフロスへの習慣につながっていると思います。良いことは、きちんと意味を伝えて続けていただこうと思っています。

ところが昨日のテレビによると、なんとトイレのあと手を洗わない人が 15・4%!!

今朝の番組でも、その場のネットの投票で下記のようでした。
  ・石鹸で洗う人     6099
  ・水で流すだけの人  20912
  ・洗わない時もある人  9447
  ・洗わない人      1685

ちなみに、どうせ洗うなら、石鹸で手のひら指の間を洗わなければ意味がないそうです。
トイレ後に手を洗わないなんて、いくらおしゃれしてたりしても幻滅ですね。もしその方が家庭や。お店でお料理する方だったら・・。ぞっとします。

今トイレ後流すのも、蓋しめて流さないと、周りに飛び散ることも証明され伝えられています。周りにもずいぶん飛び散ってるんですよね。

日本では抗生剤の多用により、感染症にお薬が効かなくなってきたと指摘されています。まんべんなく栄養取って、軽い運動して免疫高めても、どんどん強くなる感染症の原因菌から身を守るのは大変です。せめて、トイレの後は石鹸でよく手を洗い、ハンカチやタオルでなく、使い捨てのペーパーで手をふく。この位は習慣としたいものです。

 

過剰歯がみつかった

最近鼻水の治療などで、耳鼻科受診の際、上の前歯あたりとかに過剰歯が指摘され、隠れた状態なので、手術が必要といわれる方があります。どんなものなのでしょうか?

過剰歯とは、本来の数よりも多く歯ができてしまった状態を言います。乳歯から永久歯に生え変わる時期に、歯のもとが正常より多く作られるのが原因です。上の前歯の真ん中あたりが多く、正常な歯と同じように、歯の先が口の中に出てくる方を向いた場合と、逆向き(上の歯が鼻の方に向かう場合)があります。複数本の場合もあります。お子さんの100人に一人位はあります。予防はできません。過剰歯によって、永久歯が生えるのを妨げることや、歯並びを悪くすることがあります。

過剰歯の向きが正常ならば、歯茎の外に出てきてから抜歯します。逆向きでは、過剰歯が歯茎の内部の骨の中にとどまっていたり、鼻の方に向かって動いたりするので、CT画像などで、その位置や形態を確認して手術します。過剰歯の抜歯は健康保険が適用されます。ただし過剰歯に伴う歯並びの乱れの治療は保険外です。

この抜歯は、周りの正常な歯の成長に影響が出ないように、歯の根が十分成長した9歳から10歳ごろが一般的と言われています。個人差がありますので、小児歯科や口腔外科でご相談ください。

骨と免疫・歯周病との関連

「骨免疫学」と言う新しい分野の研究が進んでいるらしいです。朝日新聞によると
「体を支える骨と、病原体から体を守る免疫は全く違う分野と考えられてきた。だが、免疫系は骨代謝に影響を加え、骨の細胞は免疫系の維持に関わることがわかってきた」そうです。
免疫系の骨への影響としてわかりやすいのが、免疫の以上で関節が腫れたり変形したりする関節リュウマチや、細菌感染による炎症が原因で歯を支える骨が溶ける歯周病です。一方骨の中にある骨髄では免疫細胞のもとになる造血幹細胞がつくられる。維持には骨芽細胞が関わっているということです。

当院でも1998年から歯周病が心臓病・糖尿病と関連とお話しし、最近では骨粗鬆症との関連もお伝えしてきておりますが、歯周病菌は炎症性の全身疾患と密接な関係にあるということが明らかなようです。

歯科衛生士という仕事

先日、10月3~4日酒田における、オーラルフィジシアン・チームミーティングで、アメリカ・オマハの宮本先生からお話あったように、歯科衛生士という意義あるお仕事が

アメリカではなりたい職業の5位に対し
日本では 125位と大きく差のあることがわかりました。
これは歯科医師も似たような評価になっています。

なぜなんだろうと・・という論議もここ何年もされてきましたが、相変わらず歯科衛生士という専門職が、アシスタント業務しかしていない実情があります。
また歯科衛生士のプロとしての仕事が明確になっていない。医院ごとに理解が違い、仕事内容に大きな差があることがわかっています。ですので、専門学校を卒業しても、現場で要求される仕事が大きく違う場合があり、離職者も多いのです。

今月号の女性自身(10月27日号)にこれから儲かる仕事・消える仕事という特集があり、その中で、「最近15年間で増えた仕事」のリストに歯科衛生士が載っていますが、なんと18位で、1位の介護職員の25分の1しか増えていません。現場の歯科衛生士さんからも発信して、就業する歯科衛生士が増え、大変でしょうが人々の健康に大きく貢献するしかありません!消える仕事でなく増えた仕事にランキングで何よりですが、この数字は何とかしなくてはなりません。

毎年歯科衛生士学校卒業生いるのに、現場でプロとして活躍し、継続できてる方は少ないのが現状です。
いずれにしても、歯科衛生士という意義のある、人々のお口の健康だけでなく全身の
健康に大きく寄与する歯科衛生士の貢献と魅力を伝え、一人でも多くの歯科衛生士が、
役に立つ仕事であることを実感下さり、喜びを持って毎日が充実することを願っています。

急ぎのお知らせです。NHKがん予防 ③禁煙 再放送されます

20年来当院では、虫歯・歯周病を予防する観点から、禁煙支援をしております。(詳細はHPのトピックスご覧ください)

今週から、がん予防5つのポイントとして、国立がんセンターの津金先生が、テーマごとにお話しされております。昨夕は「たばこ」についてでした。たばこの害は伝えられて久しいですが、まだまだ公共の場での喫煙所・交通機関での放送で「おタバコ」というなどその健康被害には及び腰です。津金先生のお話はとても穏やかに尚且つきちんと害を伝えるもので、日々たくさんのがん患者さんを診てらっしゃると、また救えない患者さんを
目の当たりにしてらっしゃると、「たばこ」の害を真摯にお伝えにならざるを得ないのだなぁと思いました。昨夜の放送には、一般のレストランのオーナーさんも出られ、なんと「お店を禁煙に踏み切った!」というものでした。ファミレスでも分煙にしかできてないのに、すごいことだなあとみていると・・

「禁煙にしたら、お客さんがた減りして、店が立ちゆかなくなる」と心配しましたが、思い切って ”禁煙” にしてみたら、「空気のいいところでおいしいお食事いただけてうれしい」とか 「気持ちよくお食事できるようになりました」とか・・反響があって、心強く思い、禁煙に踏み切って本当によかった・・と、お店のあちこちに、禁煙を啓もうするポスターとか資料をお配りしているとのことでした。

このように、禁煙になさったことでお店の評判も上がって、お客さんがかえって増えたとか・・。医療機関でもなかなかできないことですのに。このレストランは立派だと思いました。

この昨日の放送が、★10月20日㈫・13時35分より再放送になります。ご家族に喫煙者のいる方、ご自身がたばこやめられなくて困ってる方、皆さまぜひご覧ください。
当院でも禁煙成功者たくさんおられ、ご自分の体への意識が大きく変わられ、何より
禁煙とともに「よいことが増える」ようです。

吸ってる方の意志が弱いのではなく!ニコチンの依存だけです。みなさんやめたいのです。当院でお口の中を見ながら、禁煙支援させていただければと思います。

口臭!

今虫歯と歯周病の原因が、丁度インターネットに載っています。大体あっていると思いますが、食後に歯ブラシはまだしも、今時「楊枝で」はないかなぁ!?

それより、フロスや歯間ブラシ(サイズ選択気をつけて下さいね)を歯ブラシの補助として使ったらいかがでしょうか?いずれにしても、ゆめゆめ食後歩きながらの楊枝くわえては頂けません。歯ブラシ・フロスも洗面所で致しましょう。

特にフロスは大事です!
当院では、口臭に特化したニュースレターもお配りしています。ご参考になさって下さい。

チームミーティング出席しました

昨年10月プロフェッショナルに登場した酒田市の熊谷崇先生率いる、オーラルフィジシアン・チームミーティングに出席してきました。朝一番のヒコーキで到着して最初の講演はアメリカのドクターによる、パンキーフィロソフィでした。2日に渡り盛り沢山な学びで、未だ未だ勉強不足を痛感しながらも、学ぶ仲間が全国にこれだけ居るかと思うとファイトも湧きます。かれこれ20年近く一緒に学ぶ先生方やスタッフさんにも会えて、仲間の居る有難さと心強さを痛感しました。帰ったら早速日々の臨床に還元しようと思います。夜は思いがけず、中山先生も加わって、酒田のお酒・お魚やお野菜堪能しながらさらに論議が続きました。お口の中をきれいに整えて、健康に長生きしようと言う取り組みには、先ず歯科医院で定期メンテナンス続けること。その意義をブレずにお伝えして行こうと決意も新たにしました。患者さんに更にご理解深めて、ご自身の事としてお続けになられるように、伴走したいと思います。

 

私にとって、初めてのチームミーティング。期待と緊張の中、出発しました。一つの会場では、入りきらない人数が集まっており驚きました。内容はと言うと非常に興味深く、今一度日々の臨床を見直す、とても良い機会となり勉強になりました。これらのことをしっかり自分のものにすることで、日々の臨床に還元し患者様にお伝えできれることが一つでも増えればと思っておりますので、今後もよろしくお願い致します。                                                                                                                                   鎌田俊彦

今年で3回目のチームミーティングになります。貴重な話がたくさん聞け、新たに挑戦してみたいこと、改善点を発見できました。新たに始めるのは勇気がいりますが、1歩ずつ前に進んでいこうと思います。                                                    神子島靖子

今年はお天気にも恵まれ会場にも入りきれず別会場が用意されるほどの大盛況の勉強会となりました。海外の先生のお話は難しい所もあり、私にはついていくのが精いっぱいの場面もありましたが、自分の中で咀嚼し患者さんにもわかりやすくお伝えできるように、この2日間学んだことを活かしていきたいと思っております。                                        小室恵

 

2015/10/ 3  6:14

2015/10/ 3 12:05

2015/10/ 4 10:33

2015/10/ 4 12:48

2015/10/ 3 19:20

2015/10/ 3 19:21

 

 

お年寄りの皮膚・・(スキンテア)

先ほどいらした患者さんのお父上、86歳で介護状態のようですが、ちょっとしたことで、腕の皮膚に擦過傷・・とのこと。前にこちらのブログに書いた「スキンテア」のことを読んでいただいていたので、絆創膏やテープ類、バンドエイドとか気をつけないと、皮膚はがしちゃうんですよね!と理解されていました。 着替えなどで皮膚が粉吹いてるようで・・と仰るので、看護士さんなどに聞いてみて、”ベビーオイル”をそおっと、塗ってあげてはいかがでしょうか?と申しあげました。私の父も以前から、そうしています。踵もおかげ様でツルツルですし、食事がとれて栄養状態がいいかどうかにもよりますが、
これから寒くなると余計皮膚が乾燥しますので、ベビーオイルはいいと思います。先日量販店見たら、無香料で比較的お安く、使えると思いました。

体重がすごく減ってるということなので、褥瘡もできやすくなってくるのではないでしょうか?当院では、外科処置終わった患者さんに、「微量元素」の入ったゼリーをご利用頂いていますが、これも褥瘡予防に有効です。お口からまんべんなく栄養が採れればいうことないのですが、なかなか難しい方には、このようなサプリなど有効と思います。

話それましたが、ご高齢者の皮膚は本当にもろく・薄いので、大事に扱って差し上げて下さい。又普段から清潔にして、皮膚の保護の為に潤いのオイルやクリーム利用も、一考かと思います。ご高齢者こそきれいにして差し上げたいですね。

レジオネラ菌

先日テレビで、消化器の先生が面白い事!?話されていました。清潔好きの日本人にとって大事な「お風呂」です。疲れていてもお風呂入って湯船につかると 「ああ~いい気持ち」となりますが、そのお風呂が不潔!と言うのです・・。
お風呂も機能的になって、追い炊き機能付きがほとんど。毎回湯船のお風呂の水を入れ直しているご家庭ばかりではないのではないでしょうか? その先生おっしゃるには

・お風呂は追い炊きしない

・ぬめり(バイオフィルム)がレジオネラ菌のエサになる

・お釜洗浄は月一回は必ずやる

これを頭に入れておかないと、お風呂のお湯は不潔なんだそうです。

ついでに言えば
お風呂で歯ブラシする方も多いようですが、湯気で歯ブラシの先に、レジオネラ菌がくっついている可能性もあるので、お風呂場に歯ブラシを置きっぱなしにしないでくださいとのこと。

消化器の先生なので、手術後とか、怪我でおなかに傷のある方は、特に気をつけてほしいと言ってました。

お風呂と言えば、清潔というイメージしかない私は、びっくりでした。
知らない事っていっぱいありますね。

フッ化物を家族ぐるみで有効に

当院では1998年、日本で初めて歯科予防の研究会が出来て活動はじめた時から、フッ化物= フッ素のきちんと入った歯磨き粉を皆さんに使っていただいています。大人は950ppmf・子供は500ppmfです。乳幼児は状況によりご案内しています。基本は
ごぶごぶぺっ!が出来るようになったらです。

日本では大人のフッ化物の応用例は決して多くありません。それはフッ化物応用がまず子供を対象にスタートした歴史があるからです。

歯科医の中にも「子供には有効だが、成人には歯も成熟して効果的でない」と言う考えの方もいます。しかしそうでしょうか?高齢化社会になり、齲蝕(虫歯)のリスク部位(なりやすい部分)も変化し、又歯周病治療により歯が残るようになってきたので、歯の根元が露出し、この部分の齲蝕(虫歯)の増加など、環境が大きく変わってきました。

ですので、乳幼児期・学齢期・成人期・高齢期と言う風に、ライフステージを4つに分けて、そのすべてで、「セルフケア」と「プロのケア」の両方でフッ化物を応用することが必須と考えられています。又広く普及していくべきと考えられます。

当院では、 ”からブラシ”と言って、何もつけずに水だけのブラシで汚れを取って頂き
(タフトブラシ・フロス・歯間ブラシ等も使用)その上で、フッ化物(フッ素が大人
950ppmf入った歯磨き粉)をブラシにつけて、ブラッシングしていただき、
「うがい一回だけにして下さい」とお願いしています。せっかくのフッ素の効果が
なくなるからです。こう書くと面倒のようですが、慣れれば簡単!”からブラシ”で汚れとれているので、フッ化物でコーティングしたようになります。

フッ化物(フッ素)は虫歯予防において、再石灰化への触媒(応援団と呼んでいます)です。どうぞ正しくうまく使って、大人になっても高齢になっても、ご自分の歯を守って下さい。

歯科と認知症

9月6日院長の母校で、緊急フォーラムとして開かれた「歯科と認知症」
この春、菊谷先生の講演をスタッフ全員で聴いていたので、すんなり入ってきました。その中でも、トピックスは

アルツハイマー病の原因因子・老人斑(アミロイドベータ蛋白)と歯周病のPg菌が、ラットにおいて相関することがわかったということです。又歯があれば、特に奥歯がきちんとあればしっかり噛みますので、
転倒率が50%も減るというデーターも示されました。

認知障害になる前の初期認知症(MCI)の時に、兆しに気づいて有効な投薬や、トレーニングすることで進行を止められることもわかってきました。

噛むことの重要性。
歯を残し・維持するためには、歯周病が進まぬよう、歯科医院での定期管理が必須です。
ホームケアに加えて、このプロのケアを続けることが、お口の中をきれいにすることが
=認知症予防に直結するという貴重な学びの一日となりました。今後来院患者さんのご様子をよく見て、コミュニケーションとって、将来を見据えた対応していこうと思います。

ドライ・ボディ (ガッテンより)

水は筋肉に貯める! エッそうなんだ。ビックリ。この日の話題は脱水ですが、問題は筋肉でした。
筋肉は水分ためるタンクだそうです。成人で20リットル・筋肉落ちた80歳位では10リットルしか貯められないそうです。なるほど。ですので、筋肉量が多い人=熱を出す働きがうまくいく人=水分たっぷりの人 ということになります。

からだの60%は水分なのに蓄えられない人がいる。そうすると脳が委縮するので、1%の脱水で痛みを強く感じるんだそうです。寝たきりの方がからだを動かせない・動かさないので、あちこち痛みを強く感じるのも、こんなことも影響してるのかもしれませんね。

若くとも日本人の400~800万人がドライボディ予備軍だそうです。

当院のような歯科医院でも、夏場は特にお口の中がネバネバという方いらっしゃいます。
お口のケアが出来ていない場合もありますが、夏場はまず脱水を疑います。

・口の中がネバネバ
・脇の下が乾いてる
・皮膚をつまむと跡が残る
・便秘気味
・体重の急激な減少   これらは脱水症状です→水分・塩分取り十分な食事が必要です

このようにならないように、運動して筋肉つくり、水のタンクを大きくしておくことのようです。
十分な食事と言いましたが、一食抜くと、コップ3杯分脱水するそうです。

そして特に下半身。
下半身には筋肉の6割が集中しているそうですので、①速歩 ②スクワットが有効だそうで、この運動終わったら30分以内に牛乳一本飲むといいそうです。よさそうですが忘れそうですね・・。

まっ結論として、「筋肉鍛えれば、脱水にはならない」ガッテン!!

筋肉を強くしよう!

サルコぺニア!

こんな言葉がテレビや雑誌に頻繁に出てくるようになりました。このブログでも今年初めころから何回となく取り上げてきました。今まで言ってたことは、「骨を大事に」ばかり。その骨を守る筋肉がもっと大事とは言わなかったのです。筋肉は骨を守る大切な役目です。歳を取ってくると、ついあっさりした食事に偏りがちなうえ、お肉を食べない!という方もいて、転びやすい・息苦しい・・など、病気というより、日常生活が送れなくなるような、「フレイル」という状態におよぶので、何度か情報を載せていただいております。昨日は一歩進んだ話をやってましたので、かいつまんで書いてみます。

高齢社会になって、足元おぼつかない、杖をつく方、シルバーカー利用する方、街中でも目に付くようになってきました。歳を取ってくると、ついあっさりした食事に偏りがちなうえ、お肉を食べない!という方もいて、転びやすい・息苦しい・・など、病気というより、日常生活が送れなくなるような不自由が出始めます。その悪循環が 「脆弱化」です。日に日に弱っていくのです。当ブログでも、被災地の「お大事に症候群」などを引用して、筋肉が衰えていくことが歩けなくなることの”きっかけ”になることをお知らせしてきました。

サルコぺニアは、日常の動作が困難になり、感染おこしやすくなって病気になりやすくなり、避けたいことですが死亡率のアップにつながります。60代から懸念されますが、75歳くらいになると急激に増えるそうです。

・最近、歩くスピードが低下した(青信号のうちに横断歩道が渡れない・・)
・転びやすくなった
・手すりをつかまらないと会談が上がれない
・ペットボトルのキャップが開けにくい  などあったら要注意!と国立長寿医療センタ     ターの先生が、ご本人だけでなくご家族にも注意を促しておられます。

またBMI18・5以下。75歳以上で痩せてる方も要注意とのこと。
粗食の方は、たんぱく質がだいぶ不足してるので、お肉だけでなく粗食の方は、たんぱく質がだいぶ大豆たんぱくなども積極的にとってほしいそうです。

「サルコぺニア肥満」というのも最近懸念され、おなかが出てて、足の細い方だそうです
          太っていても筋肉が減少か、筋肉がない方だそうです

またダイエットが話題の若い女性にも、警鐘鳴らしておられ、やせ願望がこうじて、食事制限ばかりで運動しないため、筋肉量が減少し、ついでに骨量も減り、お年寄りと同じくらいのサルコぺニア状態になってる若い人もいるとのことです。ひどくなると生理も止まってしまうとか。

当ブログでも、発信しているように、食事は大事です。たとえ外食でも、お弁当の内容バランス見て選ぶ・ランチを決める、その際油もの・濃い味などでごはんでおなか一杯にせず、食物繊維やたんぱく質がとれるかどうかが問題です、

このままいくと日本は超高齢化。2020年のオリンピックは、あんな豪華なスタジオより、高齢者対応の車いすの移動手段とか、動く歩道などが必要ではと思ってしまいます。少しでも長く自分の足で立ち・歩けるように、今からでも遅くはありません。タンパク質十分にとって、適度な運動してゆっくりでも自分で歩いていたいものです。

サルコぺニアは、見逃されると「フレイル」というにっちもさっちもいかない状況になってきます。お口の中も響いてきて、噛めない・呑み込めない・・となったら本当に悲しいですし、自立できなくなります。

今晩のごはんから、これでタンパク質たりてるかな?とお食事ちょっと気を付けてみてください。そしてゆっくりしっかり噛みましょう。お茶などで流し込んでしまうと、かまずに済ませてしまいます。気を付けてください。
     転ばぬ先の杖 ならぬ転ばぬ先のタンパク質(筋肉)です

介護食 中村さんのお知恵

介護の現場で、おひとり分だけやわらかいご飯、という必要に迫られることがあります。以前当院では、2回ばかり真空調理の実習講座を開いたことがあり、大変好評でしたが、一膳分だけというわけにはいきません。

今回、尊敬する管理栄養士の中村郁子さんのご提案は、もっと簡単です。

★出来上がりにひと手間!の簡単やわらかご飯の作り方です。

①ご飯茶わんにご飯を盛り、水大匙1を振りかける

②ラップをかけ電子レンジで、1~2分温める

③レンジから出して一度ご飯をかき混ぜる

④再びラップをかけ、数分おいて蒸らす

これでお米からやわらかご飯を炊くよりもずっと簡単だということです

ぜひ、皆様もお試しください。

介護食は「介護を受ける人を支援する食事」であると同時に、「介護する人の心身を守り支える食事」であってほしいと中村郁子在宅訪問管理栄養士の言葉は、とても励みになります。私もやってみたら、とてもうまい具合になりました。ただ、薄いお茶碗ですと器が熱-くなるので、ご年配の方にはお気をつけて。あっちっち・・です。やわらかご飯はとってもいい具合です。お試しください。

介護食はもっと楽になる・・

愛読雑誌 「栄養と料理」9月号の特集です。

大したことしていない実家の介護ですが、いつも素朴であたたかい中村育子(在宅栄養管理学会会長)さんの記事を拝読すると、肩の力が抜けます。「誰でもある日突然介護者になる」。本来楽しいはずの食事が、苦痛になってしまっては「栄養」「健康」どころではありません・・。頑張りすぎず、介護の味方、市販品を活用してみてくださいとのこと。女優・安藤和津さんの「全力投球は危険。両方が少しづつ我慢するのがいいわね」8年間の介護生活経ての言葉が身に沁みます。

そういえば最近コンビニもかわってきました。時々覗いて、オヤッと思う品があると買ってみることにしています。クタクタになった先日、「豚汁」買ってみました。程よいお味で、残っていたネギの小口切りを足し、冷やご飯入れて食べたらおいしかったこと。卵を落とせば完璧だったと、いいもの見つけて大喜びしました。コンビニも時々覗けば、利用できるものが沢山出てきました。手作りにこだわらず、共倒れしないように利用したいものです

医療の本質は・・

今はお休みだが、少し前まであるテレビ局で「ジェネラルドクター(総合診療医)」と言うのをやっていた。視聴率も高く、あらゆる方面から、病気を見るのではなく、病気を持った人を理解して診断しようと言う”当たり前と言えば当たり前”だが、知識だけでなくその背景も読み取ってと言うドクター達の取り組みに、感動しながら安堵したものです。このような総合診療医を育てる整備が進められています。

ある放送で、高齢化率の高い山村で、老老介護・独居老人が多い地方で、90歳にならんと言う一人暮らしの女性が、ニトロを飲みながら畑仕事を止めない。往診にいったドクターが入院を勧めても頑として受け付けない。

「入院したら、命と同じくらい、もしかすると命より大事に思ってる畑が枯れてしまう。そのお婆さんにとって生きることとは、畑でとった作物食べて、近所で物々交換しながらその土地で暮らしていくことなんですね」と往診する総合診療医の言葉。

病気やケガを克服したり、治したりすることが本質ではない。医療の背景には、常にその人の生活があり、その生活の質を高めることが医療の本質と気づかされたとその総合診療医は言っています。今後急速に高齢化が進む大都会でも、このように高齢者を支えるのは地域の力。そのためにも総合診療医の育成は欠かせないとおっしゃっておられます。そのために必要な、患者の声に耳を傾けるきめ細やかな診察、ち密で論理的な思考による診断方法などを学生や研修医に伝える日々だそうです。

技術も知識も大切ですけれど、医療の本質は患者主体の診療であり、患者さんを幸福にすることにあるという、ジェネラルなフィロソフィーだということを、強く伝えたいという総合診療医の言葉は大変い意義深いものとして心に残りました。

ギュウギュウ型かパンパン型か

「血圧の薬飲んでるのに、うまく血圧が下らないというご相談が良くあり、薬の種類を変えたら下がった」という例も多いようです。同じ高血圧と言っても、ギュウギュウ型と
パンパン型、両方の混合型があります。

ギュウギュウ型は血管が収縮して狭くなり、血圧が高くなるタイプ。例えて言えば、水まきのホースをぎゅっと絞ると水が勢いよく飛び出る感じとのこと。

パンパン型は血管内の水の量が増えて血管の内側から加わる圧力が増すタイプ。風船に水が一杯入ってふくれ、内側が強く圧迫されるような状態を言うようです。

ギュウギュウ型の原因として、アンジオテンシンⅡと言う血管を収縮させる物質の働きが言われます。ですのでこの拮抗薬(ARB)がこの働きを打ち消すので、血管を収縮しにくくすることで血圧を下げます。

パンパン型は、塩分を摂りすぎた血液を水で薄めようとしていると考えられ、減塩が効果的です。薬を使うなら、余分な塩分や水分を体外に出すような利尿剤の服用担います。

日本人の高齢者にはパンパン型が多く見られ、若い時にギュウギュウ型だったのが、年齢と共にパンパン型になったり、両方の混合型ということもあります。

この他カルシウム拮抗薬もよく使われ、血管壁にある平滑筋の細胞によく効き、血管を広げて血圧下げるようです。ギュウギュウ型・パンパン型両方に対応します。

血圧を昼夜持続的にきちんと下げることが重要。自分の高血圧はどのタイプかを知って薬の選択は医師とよく相談することが必要なようです。お薬飲んでいても効果がないなら、まんじりと服用せず、医師とご相談が肝心ですね。

「長時間座りっぱなし」生活で寿命がちじむ

最近スウェーデンのウプサラ大学から、面白い研究結果が発表されたそうです。それは運動量を増やすより、座位・つまり座っている時間を短くできるかどうかが、老化を遅らせるカギになりそうだというものです。

同大学では普段座りっぱなしの肥満の高齢者101人を対象に、運動するよう積極的に介入した群と、そうでない群に分け、6か月間記録。その後採血して、老化に関与する「テロメア」の長さを測定した。運動時間の増加はテロメアを長くするどころか、短くし、一方で両方の郡に共通して、座位時間が短くなるとテロメアが長くなる。すなわち老化を遅らせることがわかりました。

座りっぱなしの生活は、喫煙やお酒の飲みすぎと同様、糖尿病やがん・心血管系疾患を引き起こす原因になるとしています。ほかにも座りっぱなしでテレビを1時間見ると、寿命が22分ちじむという説もあるそうです。思う以上に座りっぱなしって、不健康な生活習慣なんですね。その原因の一つは筋肉の収縮です。血流が滞り、内臓・ぜんしんの組織の働きも悪くなります。

座ってる時間の間に、短い休憩を入れることで、ウエストがダウンしたり、脂質代謝がよくなるという報告もあるので、30分に1回くらいは「立ち上がり体操」を取り入れましょう。その際、ちょっとしたストレッチをすれば、全身の血流アップ。お試しください。

熱中症対策

熱中症で救急搬送される方が後を絶ちません。これだけテレビや新聞地域で呼びかけても、熱中症になってしまうのです。ほとんどの方が口にするのは「ちゃんと取ってますよ水分!」

人の身体は6割が水分・50キロの方なら30キロは水です。この量は体内で厳密にコントロールされてますが、想定外の高温だったり、水分摂取が少ないと脱水になります。
体重の約2~4%の脱水で、激しい口の乾きや倦怠感・頭痛が。5%以上の脱水で脱力・吐き気などが現れるそうです。体重の5%と言うと50キロの人で2・5キロ(2・5リットル)です。

熱中症で運ばれた方に、どのくらい飲んでるか?聞くと大体「スポーツ飲料をチョコチョコのんでペットボトル一本くらい・・」という方が多いようです。足りませんね。ですので救急外来で2~3リットルの輸液を点滴し、症状軽快した場合は1ℓで中止し、「涼しい部屋で、おしっこ出る程度に水分とって」と帰宅させるようです。

では何をとればいいのでしょうか?
熱中症の脱水原因は汗です。汗には、塩分・カリウムと言った電解質も含まれるので。水分にナトリウム・カリウム・塩素も補給できるといいので、スポーツ飲料となります。最近は電解質濃度の濃い「経口補水液」も販売されています(決して味はよくありませんが先日あるメーカーから、結構飲みやすいものが新発売となりました)

このような補助食品の助けも借りながら、基本的には食事です。暑い日ほど、朝食にお味噌汁・スープなど我が家は取るようにしています。そしてご飯からもとれますが、あえて、お雑炊やお粥なども作って、水分を積極的にとっています。更に色のきれいな野菜・果物・海藻などからカリウムも積極的にとるようにしています。

お茶やコーヒー類・一部の栄養ドリンクはカフェインが含まれているので、利尿作用が出てかえって脱水することがあります。ビールも同様です!まずビールは美味しいですけれどね

おトイレが忙しいですが、出た分補充しましょう。
当院では、来院されると、美味しいお水の摂取と「岩塩(今年はパタゴニア)」を差し上げてなめて頂いています。海外の岩塩ってそれぞれお味が違ってとても美味しんですね。

PS スポーツ飲料には相当の砂糖が含まれています。飲みっぱなしは虫歯になりやすいので十分注意ください。蛇足ですが、スポーツ飲料は自宅でつくれます。1リットルの
水に3グラムの塩・20グラムの砂糖です。冷蔵庫でも一日しか保存できません。

 

世六把野

ある医師のことばに・・

ある整形外科医の言葉 「安静は治療として成立しない」

うーん、なるほど。では、どうすべきか?何をすべきか・・?

94歳の父を見ていて本当に実感するも、なかなか同意・共感・納得してもらうのは

難しい。誰に?

患者さんより、医療従事者かも・・?

虫歯も同じ。早期発見早期治療が後を絶たない。

治療も出来るだけ小さく(MI)が主流なのに、乱暴に大きく削る。

大きく削る方が技術はいらない。

歯一本も指一本と同じなのに。

暑い中、ご自分の歯を、お口の機能を残そうとメンテナンスに来院される人々の

人としての人生に、なんとかお役に立ちたいと思う八月の猛暑です。

医療技術の進歩!

両手移植 子供で初! (アメリカの病院)8月3日の記事より

くちびる突き出して「イエ―イ」と言わんばかりの男の子の写真!

アメリカペンシルべニア州のフィラデルフィア子ども病院で、病気で両手を失った男児(8歳)に別の子どもの両手を移植する手術に成功したそうです。大人では成功例があるものの、難易度高い子どもでは初めてとのことです。

ボルティモアに住むザイオン君は2歳の時、思い敗血症にかかり、両手と両足の膝から下を切断する手術を受け、義足をはめて自力で歩けるようになったが、両手は手首から先がないまま生活してらしたそうです。さぞや大変だったことでしょう。

手術の準備が整って、ドナーを探すネットワークに登録。3か月後に血液型・肌の色・性別などが一致するドナーが見つかり、手術は10時間半に及び、約40人の医師とスタッフが参加したそうです。手首の骨や血管・神経などを一つ一つ丁寧につなぎあわせたところ、2週間後には、やわらかい物をつかめるようになったそうです。ブラボーです!
リハビリ続け、数週間で他院できる見通しとのこと。
良い経過をたどり、ザイオン君の未来が明るく進むことを心からお祈りします。
ドナーのお気持ちが生きるとよろしいですね。こちらも祈ります。

添えられた写真のザイオン君の表情がとても良くて、思わず拍手!

「暮らしの保健室」の試み

開業30年を超すと、定期メンテナンスに通われる方々も、順繰りにお歳を召され家族環境も変ってきます。独居の方も多くなってきました。イザッという時より、そうなる前のご不安とかどうしているんだろう?と思っていたら、新宿区の戸山ハイツで試みが始まっていました。

高度成長期の末期に建てられた広大な敷地の一角に「くらしの保健室」が出来、地域コミュニティで「おひとりさま」の生活を支えるボランティア施設だそうです。

当院でも時々ありますが、病院で検査数値の説明受けたがよくわからない。医師には聞けず、帰る道すがら不安になって立ちより、看護士・薬剤師等の経験積んだ専門スタッフが対応され安心して帰宅。ちょっと具合悪かったり悩みや心配がある時に、また何もなくともだれかと話したい時に気楽に立ち寄れる。一人暮らしの悩み事を聞いてもらい、気が軽くなって帰っていくことが出来る。そう学校の保健室のような存在。

訪問看護が必要になるよりももっと前の段階で、予防的なことも含め一人暮らしの高齢者や在宅で療養する人たちが、小さな悩みを解決できる仕組みを、長く訪問看護に携わる看護師の方が開設しました。訪問看護ステーションとしての依頼も受けるようです。独居の高齢者や在宅の方は一人で思い悩んでいるうちに、状況が悪くなって行く悪循環に陥りがち。しかしじっくりお話しを聞くだけで解決することが案外多いとのことです。

特に自立してそれまで一人で頑張ってきた人ほど、助けを求める事に躊躇し、高齢になって体力落ちてきた時にひきこもってしがいがちとの事。いつも外の世界とつながっていることはとても重要なんですね。外に出るためには、誰かの手助けが必要。近所の人でも良くいく八百屋さんでもいい。そういう人たちとのつながりを大切にして、外に出るきっかけを持ってほしいと、開設者はおっしゃっています。誰もが安心して暮らすために必要なシステムとして、全国で自発的な広がりがあるようです。
毎週木曜には200円で提供される昼食会もあるとか。すばらしい取り組みです。

オリンピックと禁煙

どうなるんだろう2020年の東京オリンピック。
というのは、禁煙にするかどうかです・・。

曖昧な国日本の最たるもので、禁煙にはなりません。
昨今のオリンピックで、公共の場が禁煙にならずに分煙だったのは、北京だけです。

舛添東京都知事は提言するも、却下されたとのこと。業界が反対したそうです。

健康健康と言いながら、オリンピックと言う世界中にアピールできるいいチャンスに
禁煙できないなんて。恥ずかしい・・。

国立競技場の再考と同じように、タバコOKももう一度見直しにならないかしら・・。
先進国と言ってこんなの日本だけですもの。

こんなに健康被害がわかっていて、何故なんでしょう。
タバコOKなら灰皿とかも必要になるし、だいいちアスリートの祭典なのに空気が
たばこ臭いなんてカッコ悪いです。今はベランダでの喫煙だって、控える時代なのにね。

 

喫煙者 糖尿病リスク高い(国立国際医療研究センターet al)

☆しかし 禁煙10年以上で「解消」!!

タバコを吸ってると、糖尿病にかかるリスクが高まる一方、禁煙を10年以上続ければリスクは吸わない人と変わらなくなる。国立国際医療研究センターなどのグループが、そんな報告をまとめ、22日付けの米科学雑誌で報告する。禁煙による糖尿病の予防効果を大規模調査で確認したのは珍しいとのことです。

関東などに本社のある八つの企業に勤める男女やく5万4000人について、喫煙状況を含む健診データーを提供してもらい、その後を4年間ほど追跡した。この間に約2400人が、生活習慣も原因とされる2型糖尿病を発症していた。

糖尿病の発症にかかわる他の要因が影響しないようにして、解析したところ、たばこを吸う人では吸わない人に比べ、一日に11~20本の人で36%
                21本以上の人では50%
2型糖尿病にかかるリスクが高かった。

こうしたリスクは、禁煙をしても期間が5年未満だと変化はみられなかったが、10年以上禁煙した人では、もともと吸わない人とほぼ同じだった。

たばこの煙のせいで、血中の塔を処理するインスリンが効きにくくなったり、インスリンを作る細胞の機能が落ちたりすることが考えられている。

こういわれてみれば、当院のメンテナンス患者さんの中に、ほとんどの方は禁煙なさったが、まだまだタバコのご縁きれない方に糖尿の兆しはみられます。一時期有名になった、メタボという言葉も、つまるところ、死の四重奏といわれる疾病のもとには、タバコというリスクがある方が多い。糖尿との因果関係が出てきた今回のデーターは、とても貴重です。

最近いらした患者さんで、虫歯も歯周病もずいぶん進んでいて、いつ禁煙支援はじめようか?悩んでいて、先日帰り際、ドクターが診療中に、会話のきっかけ作っておいてくださったので「タバコ吸うの、1日のうちのいつごろですか?」と伺ったところ、「丁度糖尿病の主治医から、保険で治療できるから、禁煙始めましょうか・・」といわれましたとのこと。すわっチャンスと、当院の禁煙パンフレットをお渡しして、夏は禁煙のチャンスですと話しました。エーッなんで?と聞かれたので、次回続きをお話しするので、当院でも禁煙支援始めます。ご一緒にやっていきましょうと話したら、ニコッとされたので、これはいける!大丈夫!と確信しました。禁煙は ”今でしょ!”

「むせる」を見逃さない(歯科外来で出来る摂食嚥下障害の予防)

通院できる患者さんであっても、治療中に「むせる」方を見かけることがままあります。これは70歳前後の男性に多く見られ、それは男性の喉頭の特徴によるもので、女性には少ないようですが、たまに女性の方でもいらっしゃいます。

いずれにしても、むせるということはその後、プラークが原因の肺炎にかかりやすくなるという重篤な状態になりやすいので、早いうちからの予防が大切です。

しかし現実には、飲み干しやすい「軟食」への切り替えが優先されがちで、それは楽に食べられて栄養が採れるようにとの配慮からですが、ベビーフードのような介護食や流動食を続けると、咀嚼により分泌される刺激性唾液の量が減少し、食物の咽頭への送りこみがますます弱まります。かつてはチューブに入っていた宇宙食も、最近は咀嚼するタイプに変ったそうです。「噛まないといけない」のです。噛まないと効果的に栄養分が吸収されません。ところが介護食の多くは、咀嚼不要な軟食で、栄養吸収上問題が生じます。

「むせる」と言う兆候が見られた段階で、きちんと飲みこめる状態に戻しておかないと、咀嚼や嚥下が出来なくなり、口の機能の廃用化が進みます。例えば足の筋肉や腹筋、背筋など、特に強い力を出せる筋肉は2週間使わないと30%機能が落ちる。歯の臼歯で噛み合わせられる咬合力は体重程度と言われますが、2週間軟らかい食事ばかりで噛んでいないと、やはり噛む力・咬合力は30%落ちるそうです。

その上むせるので、多くの高齢者は水分摂取を減らします。のどの渇きを感じにくくなりエアコンでどんどんお口の中は乾燥します。唾液による自浄作用も落ち、舌カンジタの発症も見られるようになります。水分控えるものだから、膀胱もどんどん縮み、少しの尿で尿意を催すなどの悪循環になるのです。

歯科医院への通院が可能な、要支援1・2くらいの時にこそ、「介護予防」と同じ認識で「摂食・嚥下障害の予防」を行う必要性を強く感じております。先日の認知症の研修会をきっかけに9月には更に学んでまいります。避けて通れない・また知っていれば未然に防ぐ、お役に立てる方法があるはずですので。

 

 

 

 

 

 

緊急速報! 脳梗塞の兆候!

 大暑を過ぎ、耐え難い暑さの日々が続いています。皆さまお障りありませんか?
昨年もブログにあげさせていただきましたが、この時期特に重要ですので、再度
アップ致します。

F face   お顔、特に口の周りのゆがみ

A arm   両手水平にあげると、どちらかが下がる

S speech   ろれつが回らない

T time     急いで救急車呼んで下さい(発作おきた時間メモっておく)

     発作起きて4時間半以内なら、血液溶かすお薬が使えます

今朝方、OS1を買おうとお店によったら、新しくタケダから同じようなペットボトルで
少しはまし!?な味のが新発売してました。試しに買いました。今夜から台風も来ています。気圧の変化は、心疾患・脳梗塞起こしやすいので、脱水もですがご自身もご家族も
十分ご注意ください。
とにかく、早く気づいて119番!

歯みがき注意して下さい (くわえた子ども転んでけが)

子供の歯磨き中の事故が後を絶たないようです。東京消防庁によると、歯ブラシを加えたまま転んで口の中をけがしたり、のどの奥に刺さって入院したりする事故が年に40件前後起きている。「歯ブラシを口に入れたまま歩いたり、走ったりさせないで」と保護者に呼びかけています。東京消防庁の管内だけでも、2010年から2014年の5年間で
5歳以下の子供計207人が歯ブラシによる事故で救急搬送された。年齢別では1~2歳が全体の8割を占める。
事故の要因では、歩いたり走ったりして転倒 64・3%
        人や物とぶつかる 9・2%
        踏み台などから転落 6・8%で8割以上が軽傷だが重症の子供もいた

まずは親が目を離さないことを心がけて事故を防いで下さいと、11日の新聞にありました。昨今虫歯の意識もかわって、小さいうちから歯みがきの習慣が広まりとてもいいことなのですが、いくら子供用でも、歯ブラスの柄は長く、何かの拍子でのどをさしてしまう
十分な長さがありますから危険です、必ず保護者が見てあげて下さいね。出来るようになってくると一人でやりたがるのが子供です。その気持ちを大事にしながら、安全第一で参りましょう。なんでもそうですが、一度痛い・こわい思いすると、良い習慣もなかなか続きませんので・・。当院でも小さいお子さんのメンテナンスの時に、再度お話ししようと思っています。無理強いしないこと・安全であることが必須です。

おへそのゴマ、取ってもいいの?

イヤーッびっくりしました。
おへその汚れも、長年放置されたままだと、あかが石のようになって「臍石」と呼ばれるとか。日頃、お口の中の軟らかい汚れ・バイオフィルムを放っておくと、硬い歯石となり・・と説明してる身として、びっくりでした。

小さい頃、「おへそのゴミ取るとお腹痛くなるよ」と言われませんでしたか?でも時々気になって、おへその穴じっと見たりして・・。

そもそもおへそのゴマ?とは?→おへその皮膚から落ちてくる角質に、皮脂などの油分が一緒になり、あかとなってたまったもの」だそうです。汚れもついて黒っぽくなるので、ゴマと呼ばれるらしく・・。

つい取りたくなりますが、ちょっと待って下さい。お臍は腹膜に接していて、腹膜の下には腸があるので、あまりいじくると腸を刺激しておなかが痛くなるんだそうです。細菌が繁殖することでにおいの原因にもなるので、普段は入浴の際、石鹸を泡立てて、泡で優しく手洗いで十分だそうです。

それでも気になってお掃除したいという方は、おへその穴にオリーブ油を垂らし、少しおいてから綿棒をうまく使うといいようですが、数か月に一度でいいのではないかと皮膚科の先生はおっしゃって居ます。綿棒でいじりすぎると、お臍の下腹膜に炎症起こし腹膜炎になったら大変です。やりすぎないでくださいね。

いやはや臍石なんて!歯石のように人間の体には、石らしきものが沢山あるんですね。

 

かわっていく教育

学校教育の見直しが言われています。

スマップの歌を尊ばれる割には「一人一人が突出しない平均」を求めるあまり、
没個性のちじこまった子供が増えてきたように思います。それぞれが違ってそれがいいと言われながら、目立つといじめられる。おかしいですよね・・。キャリーぱみゅぱみゅのデザイナーさんも小さい頃そんな風で、随分苦しんだ。今では誰にも真似できない独自のスタイルが人気を集めています。あちこちの高校・大学からもいろいろな取り組みが始まっています。先日新聞に大学6校の方針・展望が載っていました、その中で中央大の
この言葉が目に留まりました。

想像的な批判精神を持った人材

・「3つのD]を実現できるグローバル人材の育成
    ・Diversity 多様なあり方を相互に尊重し合う力
    ・Dialogue 対話を通じて共通の理解や合意を形成する力
    ・Dignity  明確な倫理観を持ち、人間としての品位を備えること

法曹界・会計士界にスペシャリストを輩出した大学だからかもしれませんが
この3つのDには共感するところが大きいです。
テレビでは和風総本家のような、地味ですが傑出した職人さんを特集し人気を集め世界からも注目されています。卒業した大学が問題でなく、何が出来るか何をどうするか・・が重要になる時代が来ているようです。

口から食育を考える 

 

 

2015053112370000.jpg

2015/ 7/ 1 18:13

 

 

 

 

 

 

 

 

Hpでご案内しました、表記フォーラムに行ってまいりました。はたしてどれほどの方が見えるのだろうと、市ヶ谷の駅下りると、チラシ片手に三々五々。その人たちの流れに沿って会場に着くと大入り満員。びっくりしました。私の席の周りは殆ど、歯科衛生士さん。お仲間と一緒の方が多く、栄養士さんもたくさん見えていました。その他歯科の先生方も、結構著名な方もパラパラ。遠くから見えて積極的に質問されている方もあり、「子供の食の問題」がいかに皆さんの関心事であるかがわかりました。

よく噛めないから噛まないのか、噛まないからよく噛めないのか。いずれにしても歯科と食の問題は切っても切れない関係。その上お母様方が仕事をする時代ですから、多くを担う女性の問題にも関わって、一筋縄ではいきません。育児中のお母さん方の悩みは10年前から変っていないという発言も会場からありました。忙しい朝、出勤するお母さん。朝ごはん・お弁当と忙しさは半端ではありません。大変ですよね。又以前にもまして、アレルギーのお子さんも増え、給食の現場でも皆さんいろいろご工夫があるようでした。

今回、本当にびっくりしたのは、今高齢者の現場で問題になっている「摂食嚥下」の問題が子供たちに起こっているということでした。食べられない飲み込めないということが子供に起こっていると!

小児科の先生からは「いつまでも母乳飲ませていいよ」と言う風潮の中、5~6か月は母乳・その後離乳を勧めてはいるが、欲しがれば1・5歳までは離乳食と併用しながらいいんじゃないか。でも1・5歳には卒乳できればとの発言もありました。母乳は早くやめすぎると低カルシウム欠乏症などの弊害もあるそうです。

摂食指導を担う先生方からは下記の提言がありました。

・「子供の食の問題」はあらゆる家庭・社会において重要なテーマと認識する

・その中でも、特別な練習をしないと栄養が取れない子供たちがいるということを社会が認識すること

・子供の「心」「栄養」「機能(食べ方)」を育むためには、養育者から子供への支援、そして社会から養育者への支援がカギとなる

以上のことに社会全体として、注目し関わっていくことが大事だとわかりました。折りしも政府が提案した働くお母さんへの提案に、意見が殺到しています。「キャラ弁」などが過熱している実情など、いい悪いでなく、もっと「子供のからだを育てる」ということと働くお母さん達が無理なく続けられる応援と言うことを考えると、スタンダードなことをしっかりサポートする仕組みができないと、大変なのかもしれません。単純に「食べることの意味」そして「食べることに興味・関心ある子どもを育てること」ここに立ち返り歯科として、「栄養のことはわからない」でなく、食器としての歯の意味をきちんとお伝えできるように更なる勉強とその分野の専門家との連携が必要!とつくづく感じて会場を後にしました。
添付の冊子はこの一月の報告書で、保護者から寄せられた子供の食の不安などがたくさん載っていて、スタッフ全員で読みまわしています。来院の小児の患者さんのお口が食器として機能する様に、歯科としても応援と言うより歯科だからこそわかる提案をしていきたいと思った一日でした。それにしても休日にこれだけの方が熱心に学んで。このような仲間に刺激されて、当院も常に現状把握して診療に臨みたいと思います。

院内デモ(いつも良い状態で)

毎日使うタービン、コントラなど、先生方に安全安心に診療していただく為、バックヤードでの手入れは必須です。解っていてもイイやイイやになりがち。今日もお忙しい中いつも教えて頂くエキスパートに来ていただきました「よく手入れしてますよ!」と誉めて頂きスタッフも安堵しましたが、随分知らなかったこともあり、やはりデモ頂いて確認でき良かったと思います。医療職で大事なのは、”そうに違いない” ”間違いない” ”これでいいよね”と言う一種の”慢心”と”なぁなぁ”です。スタッフ全員で確認しながら、仕事の精度を上げていきたいと思います。思いがけず器械の不具合も見つかり、本当に来て頂いてよかったと思いました。いつもながらですが、理由と必要性を説明して「やるべきこと」を教えて頂けるので、また質問にも丁寧に答えて下さるので納得して、安心して日常の診療に臨めます。ご指導いつもありがとうございます。大変勉強になりました。

 2015052713090000.jpg 2015052713050000.jpg 2015052713060000.jpg 2015052713230000.jpg 2015052713250001.jpg

 

 

生活不活発病!?

東北大地震の被災地で活躍される、大川医師のレポートをたまたまテレビでみました。地震直後から、体育館などに避難された年配者が、動くこともままならず、制約された環境の中で、必死に命をつないでいらっしゃる様子が放映され、弱っていく高齢者に医療から十分な手も差し伸べられず、さりとて何をどうして・・と言う状況の中、「お大事に症候群」という言葉まで生まれ、当時ブログにも載せさせていただきました。

震災から3年以上たった今でも仮設にお住いの方もあり、お出かけや移動もままならぬ方もあって、つい出かけなくなってしまう、面倒に、億劫になられて座ったままじーっとしてることが多い方も増えてきてるようです。これは大変・勿体ないことだと大川医師は立ち上がられました。動かないでいると介護を増やすと。骨や筋肉が急速に衰えると!

寝たきり・座りっぱなしを何とかしたいと。そこで、することがなくなった方は、充実して活発でなくなると心配し、「生活不活発病」と名付けて活動はじめられたそうです。

かといって、体を動かす=トレーニングする ではない
「目的を持っていただくこと」だと。
そこで、家から出かけること=目的は何か?

「何のためなら、移動しようと思うか?」ということに絞って考えられました

・お口の達者な方には→会話・笑うなど友人を訪ねることを目的としたらどうか?

これまでの常識にとらわれないアプローチすれば、心身ともに社会参加できるように
なるのではないか。生活不活発病の解決には、最初から”社会参加”をめざすようにしようと思われた大川先生。女性ならでは細かい心遣いもおありになり、素晴らしい発想です。

たとえば、歩けないというおばあさんには、「杖は不安定なので、シルバーカーはどうですか?」と聞くと、それならいけるかもしれない・・と。そう言ったらすぐ実行の大川先生は、シルバーカーを押して歩くおばあさんと、”お姉さんのところへ行く”という目的を決めて同伴してでかけます。緩やかな坂道を一歩一歩登るおばあさんに、休みましょうか?と聞くと、「もう少し頑張ってみる」とおばあさん。お姉さんに会いたい一心なんでしょう。休み休みの坂道も、大川先生が話しながらですので、知らないうちに上りきって、お姉さん宅に着いたときのその嬉しそうなお顔。「あれっよくこれたねえ」のお姉さんの言葉に頑張った甲斐あったというものです。

しばらく歩いたことなくて、歩けないという時は仕方ないけれど「大丈夫やってみましょう」の大川先生の声に、休み休み歩けた喜び、お姉さんに会えたうれしさが自信となって、歩くことに積極的になれたようでした。同伴して歩く先生は途中で脈を確認しておられ、決して無理しないことも肝要とお見受けしました。

体力衰えた人の自信のなさが、生活不活発病になります。
早く 「不」をとって、活発にしてあげたい・・という大川先生の言葉は、お年寄りへの
同情でなく、親身な愛情満ちた医者として言葉と画面から大いに伝わりました。素晴らしい取り組みがあちこちで起こっていて、どんどん伝わるといいなあと思ったことでした。

 

 

MCI(軽度認知障害)のうちに見つければ予防できる!

認知症と診断される前段階で、以前に比べて認知機能が低下している状態をMCIと言います。MCIのうちに気づいて、脳に適切な刺激を与えるなどの対策をとれば、発症を予防できる可能性があるそうです。身近な「身だしなみ編」をお伝えします。

・着る服を選ぶのに、時間がかかるようになった

・昨日と同じ服を着ていても、気にならなくなった

・自分の姿を、あまり鏡で見なくなった

・アイロンがけが面倒になり、服のしわを気にしなくなった

・お化粧をしないで出かけることが増えた

・フケや寝癖、無精ひげなどを人から指摘されることが増えた

・アクセサリーをつけなくなった

・衣類のシミに気づかなくなった

・ハンカチなど探し回ることが増えた

・衣類のボタンを掛け違うことが増えた    あくまでもご注意事項です

このようなことが続くと、次第に他人の目が気にならなくなるそうで
お化粧したり服のコーディネートを考えたりと、脳を創造的に働かせ
神経細胞を活性化するといいようです。美容院に床屋さん、私どものような歯科医院で、スタッフや先生とお話したり、鏡を見て変化を実感したり、満足感を得ることも良い刺激です。いつも結んでいたネクタイの結ぶ手順がいきなりわからない!慣れた肉じゃが作る手順がわからない!なんてこともあるそうです。

脳の「慣れ」と「自動化」が一番いけないそうで、”嫌いなこと”でも「必要なこと」はあるので、「新しいことにチャレンジ」が大切なようです。要するに”脳をさぼらせない”ことですね。今からでもやってみましょう。

介護の現場から③

初めて父のところに男性の看護士さんが見えました。名札がドクターも看護士さんもSTさん・・もみな同じ色なので、よく見ないと区別がつきません。ドクターと思ったら、看護士さん。男性みてドクターと思う私の先入観でした。その方、挨拶されたものの、マスクにプラスチックのガードに眼鏡ですから、声が聞こえません。父のそばで何かおっしゃっているので、「すみませんが父94でこちら側耳遠いのです」と申しあげてもガード付きのマスクを外さないので、「マスクを取ってお話し頂けませんでしょうか?」と申しました。すると「お口のケアにきました」とのこと。何にも持っておらず、「?」と聞きますと、この4月に看護士になったばかりとのこと。どうなさるのか見ていても父の入れ歯外すことも難しそうなので、「私がやりましょう」と申し出て、「食後の手入れするので入れ歯を外しましょう・・」と父に言ってペーパータオㇽを口元に持っていき自分で外してもらい、キャッチしました。新人看護師さん「うわッ!」と。唾液含め食査がつき糸引き納豆みたいな入れ歯みて、びっくりしたみたいでした。「未だ駆け出しで授業でも口腔ケアの時間短く何にも知りません」・・と。偉そうにするわけも行かず、私がやることも正解でないかもしれませんが、汚れを取って患者さんのお口の中がきれいになって、お食事が美味しく感じられれば良いことなので、やってみますから見ていて下さいと言って、いつも父にしている流れを見て頂きました(ドキドキ・・)

その間、94歳でも自負もありますので沢山言葉かけをし、いくら娘と言っても、失礼にならぬような気づかいをしていつものように淡々と進めていきました。お口の清掃している間に、ちょっとの時間でも、入れ歯を清潔なやわらかいブラシあてて、洗浄剤につけます。その間ああだこうだ話乍ら、やわらかいスポンジブラシやはねブラシなど使ってお口の粘膜もそっとなでたりします。ベロもオエッとならない範囲で当てます。強引に舌ブラシあてるとかえって傷ついて嫌がります。配食されるお気遣いの野菜のおかずもなかなか味付けが合わないのか?積極的にとりませんので、口の掃除にはなりません。日ごろいろんなものを食べることが、お口の運動および掃除になっているわけです。

そんなこんなで、清潔になった入れ歯を、先日の菊谷先生の講座で学んだように、わざと
無造作にペーパータオルに載せて「どうぞ」と父に差し出すと、「ありがとう」と必ず上の入れ歯から口に納め下の入れ歯を入れて上下の噛み合わせを確認します。大したものです。「アーッさっぱりした」という父の言葉がご褒美です。実際看護士さんの現場で、このような手間かけていられないでしょうが、実際何分もかかりません。口の中を清潔に整えてあげることは、結局肺炎予防になり、摂食機能も落とさずに済むことが多いので、お口のケアは優先してやって頂くと、患者さんにも医療者側にもいいこと尽しなのです。

という訳で新人看護士さんはただ「ハーッ!」と感心しきりでしたが、この病院は別にSTのチームが回ってくれますので、総合力で助かっています。

そうは言っても、ちょっと目を離すと父を心配した母が、「アイスクリーム食べますか?
ヤクルト飲みますか?」となるので、それをダメというのでなく食事をきちんと取るにはチョコチョコ、「チョコとかヤクルトのませていると、ご飯食べなくなっちゃいますよ」ということを、世話したい側の気持ち損ねないように話すのも「技と気遣いがいります」

さりとて94だからもう好きなようにさせたらいいんじゃないの?という声も聞こえそうですが、どっこい片耳がほとんど聞こえない父にも、「気配はわかる」ということを念頭に置いて、「心無いことはしないようにしよう」と介助に通っています。人間は寿命迎えるまで人間であることを忘れないようにしたいと思います。

専門家の看護・介護・家族の看護と介護。見守り。
世話する側の「知と情の管理」
介護の現場は自分を問うことでもあります。
父を取り巻くすべての方から、学ぶことばかりの毎日です。有難いことです。

スキンテア 再び

父の介護中です。94という年齢の上、今回の入院で少々食欲も接触も落ちており、肌を毎日清潔にしボディオイルなどでケアしていても、皮膚は紙のように薄くなっています。
事情で服薬が出来ないので、肩の痛みにパップ剤で対応くれました。週末看護士さんも手薄なせいか、私に貼り直してほしい・・と。最近のパップ剤は大変薄くゴムのようで、裏紙もプラスチック材なのかはがすのもとても大変です。

それより94歳の父の肩に貼られた古いパップ剤を剥がすのに、”本当に神経遣いました”先日学んでブログにあげました「スキンテア」の話です。
父に聞けば、「歯がす時痛いんだよ」とのこと。そうでしょうそうでしょう。皮膚が一緒に剥がれそうですもの・・。なので少しずつそこしずつ剥がすほうに手を当てながら進めると、うまくいきました。「痛くないねェ」と父の言葉にホッとして・・。

これは張るのも、剥がすのも神経つかわないと、皮膚一緒に持ってっちゃうな!と感じました、繊細なこの作業、忙しい看護の現場でどうでしょうか?

高齢者の皮膚に対応したパップ剤が開発されることを切に願いました。塗るのもありますが、高齢者は経験値から、又好みで慣れ親しんだということも大事な用件ですので、違和感なくてなお且つ安全な商品があるといいですね。

ブログに書いておきながら、94歳の父の皮膚を見て、こんなにもうすーくデリケートになってることにあらためてびっくりし、注意しなければと自戒しました。皆さまも注意して、バンドエイドや絆創膏の取り外しなさって下さいね。

介護の現場から②

昨日の新聞からです。介護中のおばあちゃま。言語訓練中でこう尋ねられたそうです。知ってる鳥の名前教えて下さい。[ハイ、焼鳥!] いいですねぇ。このお答え。きっとこのおばあちゃまは皆の人気者になって、楽しくリハビリされ、ご回復なさる事でしょう。笑いは地球を救う!でした。今日も父、母とこんなスタンスで過ごせれたら幸いです。紫陽花がたっぷり咲いてきれいですね。

介護の現場で・・

先週父が救急で入院しました。94歳です。応急処置が功を奏して、意識も戻り会話も食事(それなりですが)も出来るようになってきましたが、思うようにはなりません。でもこの病院には「口腔ケアチーム」がいてくれて、昨年に引き続きとても良くして下さいます。私がいる時には、私が父の総義歯を洗い、お口の中をスポンジブラシでマッサージを兼ねて、汚れ取りしています。94歳でも父です。赤ちゃんではないので大人の父に話すように心がけています。昨日ちょうど昼食後に私が既に入れ歯を外して洗い、お口の中もきれいにした後、衛生士さんが見えました。ベロ(舌)の汚れが気になっていたのと、
食事微妙な味が、わからない・・と、父が言ったからです。それを伝えてあったので、衛生士さんが来てくれました。

「お口の中きれいにさせて下さいね」
「さっき娘がしてくれましたよ」
「アッそうでしたね。私はベロの汚れを見ましょうか?」
「もういいよ。やったんだから・・」とちょっとイラッの父。
「そうですか。でもね、ベロの上に汚れたまってカビみたいになっちゃうと、せっかくの
ご飯がまずくなっちゃうので、召し上がれないと大変でしょう?ご退院になれなくなっちゃうし。それにこれ私の仕事ですので、業務報告にあげないと叱られちゃうんですよ」
「そりゃ大変だ。あなた困るね。ハイハイ」とお口を開けて、ベロをベーッと出してくれる父なのでした。

衛生士さんのプロらしいうまい言葉かけと、父の目を見て、穏やかにあったかくお話し下さる姿勢に、思わず「プロ!」と叫びながらありがとうの気持ちでいっぱいになりました。
現場は困難なことがたくさんですが、このような方々に支えられています。感謝。

大人の歯みがき・みがき残し編

最近は随分ホームケアも進んで、年数回の歯科医院でのメンテナンスの他に、おうちや職場でのケアが当たり前になってきました。とてもすばらしいことです。

ただ、自分ではしっかり磨いているつもりでも、歯と歯茎の間など、実は約8割の方が磨き残しが多いというデーターが出てきました。特に歯みがきに自信ありという方に磨き残し多いという事らしく、過信してはいけないということでしょう。

2014 ライオン(株)が調べた、自分の歯みがきに関する自覚と歯垢
             (歯と歯茎の間の歯垢)付着状態の調査では

        やや磨けている     やや磨けていない   みがけていない
        歯垢付着スコア     歯垢付着スコア    歯垢付着スコア
        21%から60%     60%から80%    80%以上

自分の歯みがきに
”自信あり”の    19%       49%        32%    
自覚良好群

  (参考)
自覚不良群     20%       40%        40%

ということは、歯みがきに自信ありの自覚良好群の81%=約8割の方が実に磨き残しが
多いということになります。ですので、磨き残しやすいところを、定期メンテナンスの時にしっかり教えてもらい、より丁寧に注意してお手入れなさるように致しましょう。ホームケアとプロのケアの連携の必要は、ここにあります。磨き方が悪いのでなく、歯ブラシの届きにくいところが、磨き残しになりやすいのです。日本人の約半数に叢生(そうせい→歯が重なって生えてるところ)があります。歯垢の残りやすい部分こそ、しっかり意識して、フロスや部分磨きのブラシ等使ってケアしましょう。年齢によって、思わぬ体調の変化もあり、いつもと同じにケアしてても、結果が違うということがあります。お一人で悩まず、ご相談下さい。

歯の衛生習慣

昔6月4日は「虫歯予防デー」とされてましたが、現在は6月4日から10日が歯の衛生週間になりました。以前は6月4日になるとあちこちの動物園で、カバの口をアーンと開けて
歯ブラシする光景が一般的でした。

70年代、日本は虫歯の洪水で「333運動」3度の食事後3分以内に3分間歯を磨こうと学校で教わったと思います。その後の食生活は砂糖摂取が大きく増えるなどがらりと変わるものの、歯みがき習慣は根付かず、10歳以上55歳未満で、虫歯で処置した歯や、未処置の歯がある人は長く9割もいたという調査があります。しかし歯の衛生週間運動などの地道な取り組みに「歯磨きしない人」は87年調査以降1%に減ったそうです。いまでは子供のむし歯も平均1本となりました。

昭和の人気番組「8時だよ全員集合」の最後にカトちゃんが「宿題やったか?」「歯磨けよ」と言っってお茶の間で笑ったものです。効果があったのでしょうね。

最近では8020運動となり、80歳で20本の歯を残そうということですが、ここえきて平均寿命でなく、健康寿命=ご自分でご自分のことが出来る概念となり、ますます日々の生活重視ということで、「食べる」ということに主眼が置かれ、それには「お口の中が整っていること」が大事・・と意識が変わってまいりました。

毎日している歯みがき。されど歯みがき。
虫歯も歯周病も細菌の感染症。丁寧な歯みがきと定期的に歯科医院で歯科衛生士に汚れを取ってもらい、噛み合わせ、歯茎のチェック等をして、お口の機能が下がらないように
致しましょう。

歯みがきも身につくとやめられない習慣です。
ならば、時々専門家のチェックを受けて、変っていくご自分の体・お口の中に沿ったお手入れをして、有効なお口のお手入れをしましょう。使うブラシ・フッ素ペースト・デンタルフロス・歯間ブラシ・入れ歯のお手入れ、日々進化してますし、皆様のお体に合わせたケアに、充分お応えできる時代になりました。

やらなきゃ損そん!! 歯みがき・お口のお手入れです。
さて、きれいになったお口で、今日は何を美味しく頂きましょうか・・!

「第一大臼歯ケア」で認知症を予防する!

先日ブログに書きましたように認知症勉強会でも、お口のケアをして、特に噛む機能を確保するのが専一ということを学びました

今週号の女性雑誌にも”第一大臼歯ケアで認知症を予防する”の文字。一般紙にもこのような記事が載る時代です。歯が抜け始めたことが、認知症の原因の一つになっていた!?その意外な関係を握る歯は、40代で4人に1人が失っているという現実があります。丁寧な歯みがきとプロのケアを受けて、特に噛むための「要の歯」である「第一大臼歯」を死守することが、認知症予防の第一歩かもしれません。
残っている歯の本数が健康寿命と比例することは、よく知られるようになりました。

第一大臼歯を残すことが肝心要と言っても、既に失ってしまった方もあるでしょう。それでも義歯・ブリッジ・インプラントなどで噛むことを維持しましょう。噛むという行為は顎を開け閉めすることで、多くの筋肉が動き、血流がアップします。それにより血液をどんどん脳に送ります。実際、寝たきりの方に、入れ歯が整うと、話せたり・立ったり・歩けるようになったり認知症の予防に、噛むことが大きく影響することがわかっています。
ただ、先日も学んだように、初期認知症になられている方に、インプラントなど、ご自分でケア出来ない治療法を選択するのは、好ましくありません。

また40代以上になると歯周病で歯を失うケースが多いのに対し、第一大臼歯の4割ほどは「虫歯による」というデーターがあり、特にこの奥歯は既に金属が被さってる方も多く
金属入ったり、被さってると虫歯にならないと勘違いして、お手入れがおろそかになり再び虫歯にする方も多いです。加齢と共に歯の根元に虫歯ができやすくなり、歯みがきしていても、その方に効果的な歯みがきの仕方をご存じない方もおられて、次々と歯を失っていきます。

歯のお手入れは、トータルな健康管理の為と意識して、いつもやってる歯みがきだけど
「歯科衛生士に効果的な歯みがきの仕方。年齢・お口の中の状況に合わせた虫歯を予防するフッ素の使い方」などオンリーワンの方法を教えてもらって下さい。

元をただせばこの大切な奥歯は、子供のころ乳歯の後生えてきた奥歯です。ですので、当院ではお子さんの時から、乳歯の奥歯は生えかわるけれど、虫歯菌は次の歯にうつっていくことを話します。そして大人の奥歯が生えてきた時には、「一生使う歯であること。臼の役目でずーっと大事」かを話します。その為ホームケアとプロケアが必要で、又初期虫歯の状況でも、よく観察しレーザーで確認し、「早くに削り始めないこと」が肝心です。早くに削って金属かぶせ始めれば、歯の寿命は確実に短くなります。

歯はいつまでも元気でいるための、大切なパートナーです。
一本一本丁寧にお手入れして、治療の繰り返しにならぬように一歩進んだケアをしましょう。。

入れ歯でも定期的に来たほうがいいんですね。

”一年前、困りに困って見えた初めての患者さん。義歯が合わず何度受診しても
思うようにならず、悩まれていました。当院でもお役に立てるか不安でしたが、よくよくお話しを伺い、義歯を作り直すことになりました。初診終わった時受付で、「こんなに良く話を聞いて頂いたことは初めてでした」とおっしゃるのです。当院では普通のことなので特段のことを致した覚えもありません。ただ義歯を作るということは、アクセサリーを作るのではないので、その方のお気持ち・お暮らしぶり・生活習慣など含め折々に伺うことは、必要不可欠と思っています。言い方悪いですが、義歯というのは”リハビリテーション”です。

段階を追って、義歯作る準備しながら、回を重ねるごとに患者さんにも変化が見られ 「入れ歯でも、皆さん定期的に通われるんですね」と気づかれました。待合室で、入れ歯の定期チェックに見える方とご一緒したからです。はたして義歯が出来た日のお喜びようは半端でなく、お家でのお手入れも熱心に聞いて下さり、こんなことしたことなかった、ただ洗浄剤にチャポンじゃダメですねと。その後何回か調整に来て頂き、こんな風にするんですか?とびっくりされたので、召し上がって頂けるようにしないといけないこと。お家でのお口のお手入れ・入れ歯のお手入れ共に大事だということをお話しし、ご理解いただけてうれしかったです。その内、下の入れ歯も作って下さいとのことで、準備開始。ようやく暮れには上下で召し上がれるようになりました。その後残った数本の歯の維持の為お手入れを話しましたが、一回目のケアの日をお忘れになりました。するとお口の中に汚れがついたのを自覚なさって、「入れ歯の具合いいいからって、前の感覚になってこなくていいと思っちゃったけれど、やはり入れ歯の調整とチェックしてもらって、口の中きれいにしないとダメなんですね」と気づかれました。

長く当院にお通いでなく、「何かあったら歯科医院に行けばいい」と思ってらした患者さんに、そうでないことをお伝えするのはとても大変です。特に高齢になられるとなおのこと、習慣を変えるのは難儀なことです。根気よくお話しし、必要なこと・できることをご案内して、快適な日を少しでも多くして差し上げることが、私達の仕事です。

前回,衛生士が残った歯のお手入れを話したところ、「入れ歯は私にとって、ダイアモンドより大事」とおっしゃったとのこと。でも生活習慣には勝てないので、すぐ以前のお手入れしない生活に戻ってしまわれるのです。根気よくおつきあいすることが大事ですね。

”習慣がつくる 心もからだも” は日野原先生の名言です

ご存じなかったことを、出来ることにかえていただき、結果が出ること(お口の中・入れ歯がきれいに保てること)をお教えして、皆さまが快適に過ごせるように試行錯誤の毎日です。先ほど帰られた高齢者の女性。息子と同居なのでお肉も食べますよとのこと。元気にお過ごしいただけているお話し伺えるのは、嬉しいことです。

 

ホワイトニングと禁煙

先日ホワイトニングなさった男性。本日調整に見え、本当に健康的にきれいな歯になりました。ところが衛生士さんから、せっかくきれいにしたのに、未だ2~3本タバコ吸っちゃうんですって!と。そこで禁煙支援部隊・私の出番。

よく聞いてみると、当院にいらして「タバコの害」を聞いてから、気にはなっていて意識はしてると。それで十分・・と思って聞いていると、タバコ買ったけど、まっいいかなと
ストップも出来て、この一週間で2~3本で済んでます!とのこと。なーんだ毎日でなく
一週間でなのね。これならいけると思い、今の心持ちを伺うと、この方は禁煙成功すると確信しましたのでそれ以上は言わず、少し体重増えると思いますが、タバコ欲しがってた脳がチェンジしようと思い始めてるから、無理せずなさって下さいと、その頑張りを賞賛しました。途中でCOPDのことはしっかり話し、本数少なくとも、肺の組織がスカスカになることはちょこっと話しました。今度見えるまでに体重が増えると思いますが、健康取り戻すステップですので、必ず体重は戻りますので、充分にビタミンCも取って下さいと言い添えました。きっとこの方は禁煙成功なさると思います。行ったり来たりも仕方ないので、結果的に禁煙できればいいことです。ホワイトニングした、白い健康的な歯がその方の意思を表してるように私には思えて、必ず禁煙できると希望に思えました。

犬の歯周病

 休日に時たま見る「ペットの番組」
以前犬を飼っていた時は、当院でも「犬の歯ブラシ・犬フロス」を売っていました。大変好評で、当時の飼い主さんには「飼い犬の歯のお手入れの大切さ」伝わって、今頃高齢犬になったでしょうが、きっと感心持ってうまくお手入れしてくれていると思います。

さて、番組では、アメリカで犬の歯周病を勉強した先生が、かなりタイトなニュースをお話ししていました。3歳以上から特に発症が進むこと。あっという間に進むと話し、目安は「犬の口臭」と案内してました。”魚の腐った臭い” ”卵やきゃべつの腐った臭い”
わかりやすいなあ~と感心しました。犬は言えませんからね。
更に歯肉のヘリが赤いのは歯肉炎!と、私共が扱う各社の「タフトブラシ」をご案内していて、そのデモが丁寧極まりないこと。又感心してしまいました。

巷では、やたらと麻酔して一度で歯石取ったりするもんだから、麻酔のショック起こしたり、お口のなか血だらけにしたり、飼い主はオロオロするばかり。

犬に限らず動物は人間のように「あっち痛いこっち痛い・・」と言えないのですから、人間より予防重視です。うちで飼っていたダックスフンㇳのオスも、20年ほど前奥歯を磨き忘れていて炎症おこし、ある朝、片方の目がつぶれるほど顔がはれて、熊さんのようになり、本人(犬)も情けなさそう。獣医さんに飛び込み、機敏な獣医のご尽力で、感染起こすこともなく処置できたことを昨日のことのように思い出します。又その子供であるオス犬は、千葉の愛犬家にひきとれられましたが、若いうちに歯周病が進んでいたのか?「抜歯」と言われたそうですが、「一度に全部はダメですよ」と言っておいたのに、獣医さんの判断で一度に抜歯し、感染して亡くなりました。飼い主さんは悔やんでも悔やみきれないと嘆きましたが、あとの祭りでした。もう15年以上前の話です。

この番組ごらんになって、お一人でも多くの飼い主さんが、日ごろのワンちゃんのお口のお手入れやって下さればうれしいことです。何もつけずに空ブラシすれば、食べかすたくさん出てきてお水のボールにすっ飛んで行って、ゴブゴブお水飲みますから、うがいと同じ効果で、お水のボールが食べかすでいっぱいになるでしょう。

どうぞ、いつまでも愛しい愛犬の歯を守るために、今からでもお手入れしてみてください。おっかなびっくりでも大丈夫です。話しかけながらゆっくりなされば、お出来になります。大丈夫。

 

ドラゴンブレス!

今年は新年早々にニュースレター 「口臭」を作り皆さまにお配りしています。
先日差し上げたアメリカ人の患者さんに、口臭ってなんというのですか?とお聞きすると
そのまま「バッドブレス」でした。まぁわかりやすいこと!

今日はたまたま、フィンランドにお詳しい先生が、「口臭」について書いてらっしゃいましたが、やはりバッドブレスというものの、もっと強烈な口臭は ”ドラゴンブレス”ですって!!こりゃ強烈ですね。

海外では、挨拶は「ハグやキス」するので
挨拶や会話の時、口臭あると→同じお付き合いできない位に思う・大変気を遣うとのこと
口臭=「病気」という認識で、直す努力しないのはおかしいと考えるそうです。

日本のように口を手で覆ったり。はっきり言わないで遠慮する国とは、大きな違いです。
夫婦でも相手に口臭あっても、言わない文化があるのが、口臭を認識するのが遅くなってる要因です。口臭の原因には、口の乾きや寝不足・ストレス・水分不足などありますが
一番大きな原因は、お口の中の原因菌の除去が出来ていないのです。
気になる方は、紙コップに自分で息吐いて、すぐに鼻でにおいをかぎ、または家族や友人にかいでもらってみてください(頼むのも勇気要りますが)神経質になる必要はありませんが、強い口臭の陰に大きな病気が隠れていることもありますので、侮れません。

又、喫煙者はタバコ臭が強く、口臭あるにもかかわらずタバコ臭が隠してしまっているのでなお注意が必要です。重度の歯周病になっている可能性が大きいからです。
タバコはすべからく、病気をマスキング(隠して)しまうので、喫煙者は発見がおくれます。当院では、根気よくタバコをやめるメリットをお伝えし、少しでも早く病気のリスクを減らすようにお話ししています。

ドラゴンブレス!なんて言われたら、ショックですし、その方もお気の毒ですからね。

 

認知症3-3

5認知機能障害からくる摂食嚥下障害
  
  ・実行機能障害と見当識障害

6運動機能障害からくる摂食嚥下障害
  
  ・咀嚼様の運動を見極める

   ー舌と科学運動の一体化
  ・摂食拒否様の行動を見極める
   ー口腔周囲の原始反射(咬反射、指を吸われる、歯ブラシをかむ)

7地域包括ケアシステムの中で歯科が機能するために
  
  ・気づいて、つなげて、対応する

★認知症患者さんには、特有の「食べることの障害」があり、病名は同じ[摂食嚥下障害」であっても、原因によって、ステージによって実態は異なります。そして将来必ず通院できなくなります。口腔清掃も自分では出来なくなります。口腔の専門家として、正しい知識が必要です。患者さんの将来を見据えて、今どんな処置をすべきかの正しい見極めが必要欠くべからざるものになります。

大変充実した研修会でした。受講レポートに基づいて、院内ミーティングをし、日々の診療(来院されてから、お帰りになるまで)の中で、私達にできることは何か。この勉強を生かしていきたいと思います。昼休み持参したお弁当を階段教室で頂き、外に出れば芝桜が咲く庭園の大学でした。仲間と共に学び、青空の下「気持ちいいわねェ」と初夏の風に吹かれ、恙無い日常の幸せに感謝した一日でした。誰もがなる「老い」に向き合うことを怖がらず、正しい知識と患者さん方から教えて頂く沢山の事に支えられて、これからも皆様方の生活の維持に、お役に立ってまいりたいと思います。

2015042616350000.jpg 2015042613080000.jpg 2015042613120000.jpg 2015042617020000.jpg

 

認知症3-2

1認知症を知る

  ・どんな時に、何が起こるのか
  ・認知症は治癒しない病気
  ・残された時間を知る
  ・来るべき運動障害の発現に備える

2通院患者さんの認知症の始まりをとらえる
  
  ・外見・生活の変化をみる

  ・定期的に通う医院だからこそわかること
     -プラークコントロール、会計時、身だしなみ、アポイント
  ・かかりつけ歯科医だから家族に訊けること
     -「最近、こんなこと、多くありませんか?」

3歯科治療を受ける能力があるうちにやるべきこと
  
  ・口腔内環境の整備

  ・抜歯のタイミング
  ・義歯

4認知機能の低下と運動機能の低下
  
  ・認知症タイプによるちがい

  ・アルツハイマー型、レビー小体型、パーキンソン症候群
  ・咀嚼機能=咬合支持×運動能力 という見方
  ・認知症が進行しても保たれるもの

「表面ごとで、考えてもいなかったお話し・ご提案ばかりで不勉強を悟りました。
新聞雑誌に出ていることは他人ごとでなく、今現在、更に、この事が進行する真っ只中に
いらっしゃる方が多いことをしり、歯科医院だからこその気づきと学びが必要と感じ入った次第です」続く・・

ホワイトニング 男性のご希望も増えて参りました

風薫る5月。爽やかと言うより夏の暑さの毎日です。4月5月と新年度がスタートして、連休も終え、いざ腰据えて仕事に邁進!という時期なんでしょう。男性のホワイトニング。ご希望が増えて来ました。ビジネス上、ますますコミュニケーション、対面してのお仕事が重要視されているからだと思います。歯の、お口のお手入れが、身だしなみ、エチケットになって嬉しい限り。いい息してますか?なんて一昔前のコマーシャルです。きれいなお口を大きく開けて、話したり、笑ったり、召し上がったり。なんだか元気でいいですね。写真はホワイトニング中です。施術中、日当たりよいお椅子でまったりです。

 

2015051515040000.jpg

今始める歯科の為の認知症講座・受講してまいりました 3-1

いいお天気の日曜日。行楽日和の日。スタッフ全員で表記の勉強会に行ってまいりました。最初「?認知症?」と思いましたが、講演項目に
「定期的に通う歯科医院だからこそわかること」というのを見つけ出席を決めました」

朝早く待ち合わせして、わいわい医科歯科大学をめざし、新しくきれいになった大学構内のMDタワー鈴木章夫記念講堂は設備もすばらしく、びっくりでした。テレビや雑誌で引っ張りだこの日本歯科大学教授・口腔リハビリテーション多摩クリニック院長の
菊谷武先生は、院長の後輩の先生でもありますが、テレビで拝見してもとても親しみある紳士でいらっしゃるので、楽しみにしていました。実践に基づいたお話しはとても心を打ち、スタッフ全員自分の担当で思い当たることあるのか、うなづきながらの受講でした。
当院は定期メンテナンスの患者さんが多いですし、開業32年目ですので、長くお通いですと、それなりにおかわりになってくることもあり、菊谷先生のご講義から、私共も
わかっていなかったことも多く、又認知症のステージをきちんと理解していなかったこともあり、又それぞれのステージにおいて、召し上がれるお食事の理解も乏しかったと反省
致しました。又今すべきこと、しない方がいいこともわかって、「目からうろこ」でした。文頭に立ち返って「定期的に通う歯科医院だからこそわかること」だと痛感しました。受講後の食事会でも、「知らない事ばかりだった」「もっと摂食嚥下の勉強必要ですね」「介護食も勉強したい」・・さまざまな意見がでました。後日院内ミーティングをして更に勉強を進め、正しい知識を得て、積極的に患者さんに関わっていきたいと思います。虫歯・歯周病の予防と管理だけでなく、「患者さん=生活者」としての視点を更に持って、日々患者さんと向き合っていきたいと感じました。以下が講演項目です

☆今始める歯科の為の認知症講座 (患者さんと家族の為にできること)☆

 ・沢山の内容学びましたので、3回に分けて掲載させて頂きます。

 

想像力と手っ取り早い確認能力が必要です

今朝のニュースです。

高齢のご婦人から「119番」に電話あり、「火事?」と言ったらしいのですが、受けた消防庁の交換台は、「蜂(はち)」と聞き、「救急車要りますか?」と聞くと、「いらない」と答えて電話切れたので、消防車の出動なく、結果的に火事で焼死なさったとの報道でした。

先日、スタッフ全員で「認知症」の勉強会に伺い、初期・軽度の認知症もあれば、様々な進行度合いもあることを知りました。又、予備軍の症状でも馬鹿にしてはならない貴重な「兆し」があることも学びました。

このニュースを聞いて私はまず、「入れ歯外してる時間だったんだろうか?」と思いました。入れ歯の方は、寝るとき入れ歯を外して寝る方が多いので、とっさの時に「発語」にならない事もあります。もしくは、認知機能に何らかの症状がおありになって、詳しくお話しできなかったんだろうか?もしくは既に、火の手が回っていたのだろうか・・。いろいろ考えをめぐらし、いずれにしてもお気の毒なことでした。

「蜂(はち)?」と聞いた交換台も「火事ですか?刺す蜂ですか?」と聞きなおす確認のやりとりあってもしかるべきでした。残念ながら想像力と確認が不足していたと思わざるをえません。

当院の患者さんでも、年齢と共に「曖昧な表現」なさる方もあって、失礼ないように、違う方向からの聞き方なり、お尋ね方法をかえたりして、できるだけ、おっしゃりたい事を確認させて頂いたり、お訴えを聞いたりするようにしております。はては「この方はどのようなことを訴えたいのだろうか?」と想像力を働かせ、予診票・当院独自のPOSチャートの記入を再見してアプローチに努めます。いずれにしても、「いいや、いいや」にはしないようにと日々心がけています。また、ご高齢者や耳が多少遠い方は、聞こえてなくとも「うなずいたり」「はい」といったり・・なさることがままあります。このようなことも踏まえて、”鵜呑みにせず” スピーディな確認が必要と痛感させられるニュースでした。どのような状況であったか?事実はわかりませんが、受けた方がもう少し想像力もって「言い直したり、質問したりしてたら・・?」ご本人は受話器を持ってお電話したのに・・と思うと、残念でなりません。どうすべきであったか?今後に生かしていただきたい朝の悲しい残念なニュースでした。

お子さんの感性って スゴイなぁ (歯の日にちなんだ標語より)

毎月8日は「歯の日」だそうで、昨年の口の健康啓発標語コンクール受賞作品にはびっくり。お子さんの感性ってスゴイですね。この子供たちのきれいな歯をきれいなまま、育ってほしいと願います。

・僕の夢 リンゴがおやつの 80歳

・きれいな歯は 私の努力の 成績表

・よく噛むと 頭が良くなる 元気出る

・歯みがきは 病気予防の 第一歩

・スポーツで ここ一番は 歯の力

・自慢の歯 ぐっと噛みしめ ホームラン!!

・歯に感謝 いつものお礼を 歯磨きで

・きれいな歯 日々の努力が 実を結ぶ

・白い歯で 集合写真 ハイ ティーㇲ

・まぁーいいか その時 むし歯が始まるよ

・歯の五輪 金銀よりも 白一番

日々診療室でお伝えしたいことが、ぜーんぶ入っています。このように理解してくれている子どもたちが、もっともっと増えることを願います。今月勉強会有るので、出向きますが、このような子ども達の歯を守るには、お手入れだけでなく、食事・おやつの取り方が重要です。口を育てる食事、日本食の「口中調味」の特色を生かし、昔の三角食べを復活することが、結構重要です。地味なことですが、各地でこの取り組みが始まっています。

それにしてもこの標語の素晴らしいこと。子供たちの感性に脱帽です。

公開フォーラムのお知らせ

近年、さらに食の重要性が注目され、乳幼児から高齢者まで食育の重要性が叫ばれています。歯科の臨床現場では、まだ食に、問題抱える子供たちへの有効な支援策が十分とは言えず、この問題を総合的に診る為の専門的知識と技術が求められます。関連多職種(保育士・小児保健・発達心理士など歯科の関係者でなくとも)との連携の中で、この問題を国民共に考えるという目的で開かれます。

日時  平成27年 5月31日(㈰) 午後1時から午後4時5分

会場  市ヶ谷 日本歯科医師会館一階 大会議室

主催  日本歯科医学会 (HPご覧ください)

参加費 無料

申し込み方法 ご希望者は日本歯科医学会HPよりダウンロードしFAXかEメールで直接申し込みください、300人になり次第終了。03ー3262-9214

味覚力

 昨今言われる、若い方の食のことですが、先日興味深い番組をやっていました。
ご存じのように、味覚は 甘味・塩味・苦味・酸味・うま味の5つに代表されますが
これらに対する味覚力は「子供のころの食生活による」ものが大きいようです。

学習院大学の品川先生という方が、学生さんにこの5つの味覚について、25点満点で調査をしたところ7点~23点までに分散したようです。

23点の女子→おばあちゃん子で、地方出身。けんちん・ほうとうのようなたくさんの具
      材の祖母の料理で育った。好き嫌いなし

19点の女子→小さい頃から、メニューの数が多く、旬の野菜とかよく食べた

7点の男子→野菜は苦手。だって味が薄いか味しないでしょ!野菜いってとのこと。好き
     なものしか食べない。5歳までハワイで育ったので肉ばかり食べていた。
     最初からペッパーやマスタードをたくさんつけて食べていた。

この調査を総括して品川先生は、「味を判断する力のない子供は、同じものばかり食べたがるので、用意する人が出来るだけいろんなものを経験させないと、”うま味” ”苦味”などは知らずに大きくなるとのこと。

東北大の都築先生は「大人からでも味覚開発はできる」=ワインがいい例ですよ!と応援メッセージ。大人の方がうま味・苦味感じるようになる。小さい時に経験少なくとも、食わず嫌いもあるのでいろいろ食べさせてあげた方がいい。1週間で10品目以下では少ないが、1週間で30品目取れていればいいんじゃないでしょうか?とのことでした。

この番組から、お味噌汁・スープは本当に有効だと感じました。具だくさんにできるからです。特にお味噌汁は、けんちん汁とはいかないまでも、様々な野菜や肉類・キノコ類・海藻など入れられるので、汁椀一杯で優等生です。今一度見直してみたいと思いました。子供のころの食生活って、とっても大事なんですね。働くお母さん増えて朝も忙しさは、格別でしょうが、寝る前に野菜だけ出汁で煮ておけば、翌朝お味噌溶けばOK.お味噌汁は塩味濃くしなければ、スーパーな和食だと思いました。

実際あちこちの小学校で、このスーパー和食の取入れが始まっており、「ご飯・具だくさん味噌汁・もう一品」の和食給食で、残食が減ったそうです。家に帰っても 「ご飯・味噌汁におかずひとつ」が提案され、子供たちに「イライラしなくなった」「元気出た」
「集中できるようになった」という声も出始めているようです。朝食を食べなかったり
菓子パンにジュースだった子供も変わり始めたとか・・。嬉しいですね。

これに「いただきます」「ごちそうさま」を忘れずに教えてあげて、”食べ物が自分の為に作られていることを感じて育ってほしい”とある給食の担当先生は伝えています。

あちこちで。子供の食事・働くお母さんを応援する仕組みが始まっています。こうじゃなきゃいけないということはないけれど、子供・若い人だけでなく取り入れたくなる提案でした。

なんで入れ歯のお手入れ必要なの?

入れ歯には見えない汚れが付着しています。一見きれいに見えても、汚れを染めだしてみると!写真のようにビックリです。入れ歯のピンクの部分の素材が微生物が付きやすいと言うことの上、唾液(つば)による自浄作用の低下、さまざまなのんでるお薬による唾液そのものが出にくくなってるせいもあります。入れ歯にたまった汚れ、プラークは病原菌の温床になり、病気を起こす原因にもなります。食べたら外してブラシで目に見える汚れを取り、一日一回は洗浄剤て除菌をおすすめします。

    2015040211130000.jpg      2015040211140000.jpg

2015040211140001.jpg

いのち蝕む砂糖!?

歯科の仕事をしていると、どうしても砂糖についてお話しする機会も多く、そのほとんどは虫歯・歯周病との関連です。その際、これからの季節はもちろん、いつでも話題に上るのが、おやつよりも缶コーヒーや清涼飲料水などでした。学校医をやっていた中学校では学生自ら流行りの清涼飲料水に含まれる砂糖をはかり、角砂糖何個分かをポスターにしてくれたこともあります。

オフィイスで集中して仕事した後・営業の外回りから帰った後・長い会議の後などホッと一息つきたくて、缶コーヒーやペットボトルのジュース・炭酸飲料を一気に飲み干したりする方も多いようです。

一般的な缶コーヒーには、角砂糖3個分
コーラなどには、角砂糖10個分
スポーツドリンクには、角砂糖6~7個分 と言われます
ファーストフードのシェイク状のドリンクには、なんと角砂糖10個以上!20個近く。
砂糖には、栄養素はなく高カロリーで、コカイン同様の依存性があることも心配されます

WHOのガイドラインによると
成人・子供一日当たりの糖類は、全カロリーの5%未満にすべきとの見解。ジュースや缶コーヒー2本も飲めば。その日はもう糖類はオーバーです。砂糖にはカロリーあっても必要な栄養素はないので「空のカロリー」と呼ばれ、白米・アルコール・白く精製された小麦粉も同じです。「空のカロリー」は体に入ると大きな負担です。カロリーあるので何らかの経路で”ブドウ糖”になります。”ブドウ糖”がエネルギー源になるには体内の機能や物質を使う必要があり、その一つがクロムという必須ミネラルの一種です。砂糖にはクロムも含まれないので、ブドウ糖をエネルギー化するために、他の食品から摂取したクロムを浪費するので、体に多くの負担がかかるわけです。

砂糖の過剰摂取で、脳にも変化が起こります。と言うのもコカイン・モルヒネ・ニコチンと同じように砂糖の依存性により脳に変化が起こってるようです。ですので仕事の合間や息抜きに砂糖たっぷりの缶コーヒーなどを飲み干す習慣に警鐘ならしています。

タバコをやめられないのも、ご本人の意思が弱いのではない・・と禁煙支援しています。ニコチンがないとダメ!と脳が認識しているだけですので。砂糖も同じように”脳が記憶=依存”するようになるんですね。砂糖=甘いものの習慣と言うのは本当に怖いものです。当院でも患者さんとお話しする時に、虫歯のことだけでなく、砂糖は「空のカロリー」と言う説明を増やして、お体全体への影響もお話しする様にしたいと思います。

スティーブンジョンソン症候群

このニュースをたまたま見て、バイオリ二スト 川畠成道さんのことを思い出しました。

なぜニュースになったかというと、2014年市販薬による副作用で亡くなった方がなんと15人。後遺症残った方がやはり15人いらっしゃるそうです。なんということでしょう。この市販薬というのは、風邪薬と解熱鎮痛剤だそうです。
その副作用の中で大きいのが、スティーブンジョンソン症候群。
高熱が出て、皮膚が赤くなり、視力が低下する怖い副作用です。徐々に症状が悪化するので気づきません。知っていれば、早い対応で重症化を防げます。アレルギー体質の方は市販薬とはいえ、特にご注意です。

「僕は、涙のでない目で泣いた」これは文頭に書いた川畠さんの本の題名。川畠さんは目のご不自由な方ですが、すばらしい演奏なさるバイオリニストです。CDでは聴いていましたが、随分前地元でコンサート開いた時に生で聴き、その澄んだ力強い音に、力強いけれど伸びやかであたたかい音に魅せられました。終わってすぐその本を買いました。

川畠さんが小学校3年生の時、おじいさまおばあさまがアメリカに観光旅行に行くので、初孫の川畠さんを夏休みの思い出にディズニーランドに連れてってあげようと初めての海外旅行だったそうです。ロスに着いたその日から「寒い寒い」と言いだし、翌日も不調で熱も38度もあったためおじいさま達が日本から持ってきた薬を飲ませたところ、もっと具合悪くなり、ホテルの手配で現地のドクターに診てもらい、扁桃腺とのことで新たな薬をもらっても症状はどんどん悪くなったそうです。翌日体にブツブツが出来はじめ、呼吸も困難になってUCLAの病院に運ばれました。最初川崎病も疑われましたが翌日、スティーブンジョンソン・シンドロームと確定されたそうです。その時「全力尽くすが助からないかもしれない」と言われ日本からお母様が呼ばれ、その時でも39度という高熱な上、息子の体が赤く血だらけ、意識朦朧だったそうです。紙のシーツに寝かされ、からだがくっつくので紙をはがすのはとてつもなく苦痛だったとご本に書いています。UCLAのみなさんのご尽力で、波を乗り越えたものの待っていたのは、視力の低下。後遺症が目に出たと小さな成道さんは実感したそうです。長い入院を経て退院の運びになったのは10月も半ば。おじいさまは「帰国しても、よくよく療養に努め、成道が世の中に役立つ立派な人間に成長するよう育てるのが、私ともの責任」と病院スタッフはじめ関係者に感謝の言葉を述べられたとあります。

バイオㇼ二スト川畠成道さんのバイオリンの音色には、多くの方の愛情に支えられてのものなのでしょう。あの時ロスで風邪薬を飲まなかったら、死ぬような思いも目も悪くならずに済んだかもしれないが、それを恨んだことは一度もありません・・とそれも運命だったのですと。コンサートで拍手と歓声頂くことがどんなお薬より、僕には効果的だと。

そして最近では彼と同じように、同じ薬を飲んで目を悪くされ、同じ症状に苦しんでいる方と交流を持ち、励みになってらっしゃるそうです、なんと強い方でしょうか。

ニュースでたまたま見たお薬の副作用によるスティーブンジョンソン症候群のことをお伝えするだけが、つい川畠さんのお話しになりました。

熱が出る、発疹が出る、皮膚が赤くなる、目が見えにくい。そんな症状出る前に、風邪薬鎮痛剤など飲んでいらしたら、ちょっと気にしてみてください。早い対応は重篤化を防ぎます。

川畠さんのメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲は本当にすばらしいです。ぜひ視聴してみてください。心に沁みわたります。

お口の中に関心持って下さるのは嬉しいけれど・・

今まで医科の先生方が、お口の中(歯科の分野)に関心お持ち下さることは一昔前なら皆無と言っていい状況でしたので、昨今では、歯周病と心臓病・糖尿病・骨粗鬆症・・と関連性に注目下さるようになったのは、大変ありがたい、患者さんにとっても朗報です。
ですけれど、お口の中って人それぞれ状況も違うので、いっぺんに、又一度の歯科医院受診で、お口の中がよい状態になるなんてありえないことも知って頂きたいのです。

と言うのも最近、手術前の患者さんがいきなり主治医から「治療をお願いする歯科医院へ
」というような用紙をお持ちになることが散見されます。その中身を読みますと大変
なのです。なぜと言えば

手術に臨まれる前から歯科で「定期メンテナンス」をきちんとしてらっしゃった方はともかく、事が起こってからでないと歯科にはご無沙汰・・という方が入院だからと言って急にお口の中をすっかりきれいにするなんて、出来ないのです。
そりゃ2・3か月の猶予があれば出来る限りのことは致しますけれど・・。

お口の中の歯石取るくらい簡単だろ・・と思われても困るのです。

歯石がたくさんたまるような方は、まずお口の中に問題抱えていることも多く、時間かけて石になったお口の汚れを、ガリガリ急いで取ればいいという問題ではないのです。
歯石の元は早いうちは柔かい歯石なので、お家でのケアとか歯科医院でもそう大変でなく、コントロールできます。
又歯が抜けっぱなしの方に急に何かを詰めたりかぶせたりも、プラーク(汚れ=細菌の塊)があるお口の中でやっても意味をなしません。

このようなことを踏まえてから、歯科受診を勧める用紙を患者さんに配ってほしいと思います。

いきなり短期で・短時間で治療をしてください・・と言うような用紙を持って見え、全身麻酔の手術するので一か月弱でとご指定されても、口の中精査や治療とおっしゃられても当惑致します。
ましてや手術を控えて、様々な服薬の方も多く、歯科の対応も時間がなくては「おっつけ仕事」しかできずかえってよくありません。

私達歯科からの、発信の仕方が不十分なのだと思いますが、医科の先生方もこのような状況を踏まえて、患者さんにご指示やご案内いただきたいのです。

はたして医科のドクターの中で、何人の方がご自身もお口のケア・虫歯歯周病の定期メンテナンスしてらっしゃるでしょうか?ご自分が日ごろお口の中にご関心持って、定期ケア受けて頂いていればおわかりいただけると思います。

又手術をなさるような病院には、歯科口腔外科が併設されているところも多く、まず院内の歯科口腔外科で連携してフォローしていただき、何も知らぬ患者さんが右往左往しないように、ご案内いただければと思います。
私共としても特にOP(オーラルフィジシアン)グループの一歯科医院として、全身状況・喫煙状況・服薬状況等伺って、安全・安心に診療を進めたいと考えています。

先日このような指示受けて来院下さった方、歯科受診は覚えてないほど久しぶり!6~7本が抜けたまま・残った歯もC3がほとんどといった信じられない状況です。
よくこれで今まで召し上がっておられた?と驚くような咀嚼も出来ない状況です。

鼻腔の蓄膿でなく頭の ”前頭洞炎”となり耐え難い耳鳴り頭痛に悩まされ病名が判明し、手術が決まってからもタバコを1カートン買うほど、生活習慣と病気の関連をご存じない方です。気の毒としかいいようなく、なぜ手術や歯科受診の案内するときに、担当医が「タバコの害」も話してないんだろう・・とその「いびつな対応」に少々腹も立ちます。

医療が専門化することは技術の進歩と相まったことでしょうが、人の体はパーツパーツが皆関連しているのです。からだ全体を見てもっと血の通った対応しないといけないとつくづく感じ、大きな問題だと思いました。

臨床って教科書とおりにはいきません。
そこを感じ取る・読み取る感性が、医療者には不可欠だとつくづく思ったことでした。
難しい時代だからこそ、「人間力」がもっともっと医療には必要です。

一見親切なような歯科受診を勧める用紙の提供ですが、上滑りのないきめ細かい対応が望まれます。自分が患者になった時でも、このような提案は戸惑うばかりと思います。
また、歯科開業医として患者さんにもっともっと自分の体に「関心」もって頂けるように医療者として心尽さねばならないと、反省したことでした。

医療技術・最先端の医療機器に甘んじることなく、患者さんから発する言葉・雰囲気・しぐさ、そして生活習慣。そんなことを読み取る・キャッチする臨床力が望まれます。
医療は人と人だとつくづく思う、気づかされる一日でした。

 

ジャンクフード税!?

今日のニュースで既に皆さんご存じかと思いますが、アメリカのある自治区で、”ジャンクフード税”が導入されました。全米初だそうです。肥満と糖尿病の多さに決断されたようです。住民の健康危機とまで心配される程だったそうで、その代り野菜や果物の税金は廃止になるようです。そしてジャンクフード税は食育・スポーツ施設の建設などに充てられるとのこと。他にフランスではソーダ税・ハンガリーではポテトチップ税が既に実施されているようです。

昨日、コンビニなどの”日持ちするパン”などに入っているPH調整剤のことを書きました。忙しい現代にあって、気軽で便利・好きな時に好きなものが食べられる便利ということにすべからく警鐘ならす時期になったのかもしれません。

いつぞや電車の中吊りで読んだ「あなたの体はあなたの食べたもので出来ている」
まさにその通りなんですね。神経質にならずに、一度「食」というものを考え直さねばとつくづく思ったことでした。

お口の中がピリピリします

最近このようなお訴えが多くなりました。特に高齢になってらした女性です。女性ホルモンの減少により様々な症状が出てきますが、のんでらっしゃるお薬・特に誘眠剤などによるかと懸念しますが、ここに来て恐るべき情報が入ってきました。それは、PH調整剤です。よく利用するお菓子やパンなどに含まれています。特にコンビニのパンなどに多いということはPH調整剤が{日持ち向上剤)だからでしょう。Ph調整剤はクエン酸・フマル酸・重合リン酸塩などから成るそうで、日本では使用量に制限がないそうです!恐ろしいですね。

昨今・いつもイライラしてる人・キレる人が増えてきたのも、このような利用が多い食生活を懸念する声が上がっています。重合リン酸塩のリン酸は、私達に重要な「亜鉛」を体外に出してしまうそうです。「亜鉛」は脳が正常に働くために必要不可欠なミネラルですが、不足すると件名のように、お口の中や舌がピリピリする症状になる場合もあります。よく知られるシジミなどに多いですが毎日シジミ汁飲むわけにもいかず、亜鉛のサプリをとっても栄養素ってバランスの問題ですから一種類取ればいいというものでもありません。ならば亜鉛を阻害する、リン酸塩の多い日持ち剤・PH調整剤の多い食品の摂取を控えるしかありません。気にしてたらキリがない!とは言わずに、知らずにとっているものが微量でも積み重なってたまっていけば体に変調起こすのですから、侮れませんね。

昔のお豆腐のように物は腐るもの。便利が当たり前になって、自分でも大切なことを忘れていたことに気づかされました。便利ということの引き換えに、私達現代に生きるものは失うことも多いのかもしれません。今日からPH調整剤気をつけていきたいと思います。

皆さんもパックに入った日持ちのする食品など、ちょっと裏をみてPH調整剤気にしてみませんか?

認知症講座 患者さんとご家族の為に出来ること

つい最近、メンテナンスでお約束の70歳の女性。いらした時に「今ようやく着いたのですが、途中で道がわからなくなって歩いてる人に聞いたのよ」とのこと。他の会話は全く何ともないのに、伺ってみると、以前何回かそんなことあって、家の周りをぐるぐる回っちゃったの・・。その日のメンテナンスメニューをゆっくりやるよう衛生士に指示して、ご家族と連絡とってみました。お家にはどなたもおらず、困って市の相談係に話してみると、「帰りが心配ですね!」と快くご家族と連絡とってくださり、追っ付け次男さんが仕事途中でお迎えに来てくれました。何気に「いや実はこういう事しばしばあって、心配してたんですが・・」とのこと。仕事途中にいらっしゃるの大変だったでしょうに、お礼をおっしゃって、次の予約も取って帰られました。「母がこうして元気でいられるのも、口の面倒見てもらってるからだから、何とか来ます」とのこと。あっぱれなご家族ですが、そうそう仕事も抜けてはいられないだろう・・と案じました。

この件以来、受付でのお金のやり取り・お約束の勘違いなど、気になることばかり。そんな話をスタッフにしたら、「そういえば、歯の型を取ったりする時、むせる方増えてきたように思います」との発言。開業32年目にもなると、メンテナンスの長い方は30年近いお付き合いです。40で来院の方は70歳。50で来院の方は80歳です。当院の最高年齢のメンテナンス患者さんは93歳のおばあちゃま。そう考えれば、人が歳とっていくにつれ発症する”認知症”の学びも必要だね!ということになり、今月末勉強に行くことになりました。声かけると、日曜にも関わらず、全員「行きます!」とのこと。患者さんだけでなく、自分の家族含め切実な問題ですから、嬉しい反応です。

伺う認知症講座の講師によれば、「患者さんが全く元気だった頃からのかかりつけ歯科医であれば、患者さんの変化に気づくことがあります。その変化が認知症の始まりであれば、早期に対応することで進行を遅らせることが出来ます。認知症患者には特有の”食べることの障害”があり、病名は同じ〝摂食嚥下障害”であっても、原因によって、ステージによって、実態は異なる。そして将来必ず通院できなくなり、口腔清掃も自分では出来なくなります。口腔の専門家・歯医者や歯科衛生士が正しい知識を持ち、口腔の専門家だからこそ知っておきたいことを学んでほしい・・とあります。患者さんの将来を見据えて学んでほしいという趣旨に大きく心動かされました。

駅前の小さな歯科医院ですが、長年信頼いただいてお通い下さる患者さんが、生涯にわたって、ご機嫌にいて下さり、ご自分で美味しく召し上がってくださること、人として尊厳のある暮らしがキープされることを心から願うものです。そのためにも歯科医院として出来ることは何か!ぜひ、みんなで学んで生かしていきたいと思います。楽しみな勉強会になりそうです。勉強して脳が疲れるでしょうから(笑)終了後にお肉をしっかり食べる食事会を企画しています。医療提供側が元気でいないと!ね。

あいうべ体操で口の筋肉強化、鼻呼吸に

普段何気なく口を開けてることありませんか? 人は鼻と口で呼吸できますが、口だけで
呼吸していると、様々な病気になりやすいことがわかってきました。口呼吸を防ぐには
”意識づけ”が大切です。無理なく鼻呼吸が出来るようになる体操が注目されています。特に今花粉や黄砂が飛ぶ季節。これらによるアレルギーで鼻の通りが悪くなることも口呼吸の原因になります。

口呼吸をすると、口の中が乾いて唾液がなくなる「ドライマウス」」にもなりやすくなります。口呼吸になるのは、口の周りや舌の筋力が足りないことが主な原因です。福岡市の
内科医・今井一彰先生は口の周りの筋肉を鍛える顔の体操「あいうべ体操」を約10年前に考案されました。下図のような4つの動作(1セット)を約4秒間かけてゆっくりします。この体操は口の周りの唾液腺から唾液が分泌されるのを促す効果があり、更に口の周りや舌の筋肉が鍛えられ、口呼吸から鼻呼吸にかわっていくと言います。トイレの中やお風呂の中などで習慣化させると良いとのことです。「箸の使い方を覚えさせるように、口を閉じさせるのも教育が必要」と今井さんは口呼吸の全身に及ぼすリスクを危惧して、この体操を勧めています、

先日のブログで告白したように(笑)私も数年前より朝の身支度の時に「あいうべ体操」をやっています。それこそ忘れることもありますが、ベーッと舌を出すと口の周りが柔らかくなってなんだかニコッとなるのです。それから出勤します。開業32年目となったのでそれなりの年ですが、お世辞でも「いつも元気でニコニコしてますね」と言われるのが自慢です。いつでも声かけて頂けるように、相談してみようかな?と思って頂けるように私自身ゆったりとニコニコ居たいと思います「顔施のある人」が目標です。明日の朝も「あいうべ体操」頑張ろ!

この図は、みらいクリニックの今井一彰さんに グラフィック竹田明日香さん です

 

2015040116260000.jpg

奥歯の寿命を考えると・・

最近はお子さんの発育もいいので、奥歯が早く生えるようです。寿命が延びた今、すり鉢の役目の奥歯を大事にしないと、大変な事になりますね。出典は平成17年千葉県歯科保健実態調査からです。少し古いですが・・

それによると、下の第一小臼歯は61・4歳
         第二小臼歯は58・3歳
         第一大臼歯は54・3歳
         第二大臼歯は49・8歳

ということは平均健康寿命前に男女とも奥歯を失うということですね。これは大変です
ウサギさんじゃないのですから、前歯で噛んだりしてるわけにいきません。

ではなぜ、奥歯を失う確率が早いのでしょうか?
①お口が小さい
②頬粘膜が硬い(ほっぺたの筋肉が広がりにくい方です)
③嘔吐反射がある(すぐオエ-ッとなる)
④矯正装置が入っている
⑤親知らずがのぞいてる・・。斜めに生えている 
⑥舌が邪魔して毛先が当てにくい      などの理由で奥歯が磨きにくいからです

なので、・ブラシが届きにくい奥歯の奥も楽に磨け
    ・上や下の奥歯の外側・内側にも届く  歯ブラシ及び部分磨きブラシが必要

そのようなホームケアを毎日して頂いた上で、定期メンテナンスで歯科衛生士に取れていない汚れのコントロールをしてもらうことです。
前歯で噛み切って、奥歯の臼で咀嚼する。小さい時学校で習った通りです。

お口の中はそれぞれ役目があります。お口は皆さんの大事な食器です。いつもきれいにして、美味しくお食事を召し上って、またきれいにして次のお食事に備える。よく噛んで召し上がれば唾液も出て、飲み込みにもご不自由なく、お口の中も中和されます。この繰り返しがスムースにいけば、生涯にわたってご自分のお口で召し上がれることが可能になります。奥歯は召し上がるだけでなく、「イザッ」という時、踏ん張り時に噛めなくては仕方ありませんね。無駄な歯は一つもないのです。理屈に合ったお手入れして大事に致しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2015031914490000.jpg

健康番組真っ盛り

今朝いらした奥様。ご子息が医療関係の方・・。近々「カマンベールチーズ」がなくなるから買っておいて・・と言われた由。何やら健康情報で特集されるそうです。昨年でしたか?”ハードチーズ”が虫歯予防に良いとの情報お流しましたが、こんどはカマンベールチーズ!何に聞くんだろう・・!!毎日毎日テレビで「あれがいいこれがいい・・」の上雑誌には なたまめ・黒酢・酵素・・。イヤハヤ大変な時代です。その上特保だけでなく栄養補助食品の規制が大幅にゆるくなって、この先どうなるのでしょうか?こう言いながら、私メも朝は大忙し! ブラックコーヒーに最近、小さじ一杯のココナッツオイル入れて、認知症予防を期待しています。出勤前の歯ブラシするときには、ブラシし乍ら、30回の爪先立ち(ふくらはぎ運動!)。歯ブラシ終えフロスしてフッ素仕上げをしたら、

あいうべー体操して、二ッと口角上げて「鏡に向かってヨシッ!」して出ます。想像するだけでおかしいでしょう!?家族が見たら、こわい!?せいぜいこの位。あとは3食出来るだけカラフルな食事を心がけています。お魚もだ~い好きですが、お肉・特に骨のついたものとか尻尾とかスネとか大好物。それでも骨密度足りないのですから、女性のからだを保つのって大変ですよね。でも食事は楽しく、美味しくが大事なので、我慢して食べるのは避けたいと思っています。という訳で、山盛りの健康情報の中から、出来るだけ選りすぐってお役に立つことを書いていきたいと思います。毎日いろんなことが起こりますが、ご飯をちゃんと食べて、前を向いて大きく息吸っていれば、「そのうちなんとかなるだろう」です。大丈夫・大丈夫!

アッそうだ、春めいてきて買い物途中とか道端を見て下さい。結構かわいいお花が咲いています。お庭の花でなくとも、”からすのエンドウ”とか”オオイヌノフグリ”とか。ちっちゃいけどよく見るとかわいいですよ。これらは雑草と呼ばれますが、植物にお詳しかった昭和天皇が「雑草と言う植物はない」とおっしゃたのはあまりにも有名です。そうなんです。雑草でもよく見ると一つひとつかわいい花弁です。今年はまだ見ていませんが、芝生の間などに顔出す”ネジバナ”も大好き。よくみればひとつのお花がランの形です。見つけたらごらんになって下さい。薄いピンク色ですよ。では、健康情報も吟味して取り入れましょう。忙しい時は買ってきたお惣菜のお世話になりますが、栄養素を補充する意味で、生や蒸したカラフルなお野菜をたっぷり食べたりして体調を整えましょう。色とりどりの野菜売り場を見るとワクワクします。そろそろ筍・蕗・・ああ忙しい!

真剣です

2015032512100000.jpg衛生士の診療風景です。よい姿勢見て,いい仕事してるんだなぁ~と思わずシャッター切りました。中山先生にSRPのご指導頂いて随分経ちますが、成果も出てきて仕事への興味も倍増のようです。SRPにはスケーラーと言う道具が必要で、その道具を最高のパフォーマンスで使おうと思うと、それを手入れする為の道具が又必要です。SRPの効果を上げる努力している人は、スケーラーの手入れに余念がないし、そういう人は手入れをする道具を粗末に扱うことはありません。少しでも時間があると一人静かにシャープニングする姿は、カッコいいなぁと思うこともしばしば。職人さんのように集中してる姿はステキなものです。和風総本家と言う番組をよく見ますが、すべての職人さんに共通する”空気感”があるように思う・・と著名な山本浩正先生が書いておられます。日々患者さんに合わせた処置をし、会話をし、ドクターや仲間と症例検討する姿にも感性が育ってきて、その元は患者さんが下さってるんだなあと思う事しばしばです。いずれにしても患者さんやスタッフ間でのコミュニケーション経て学び取っていく姿楽しみでもあります。細かな仕事ですから、目もからだも労わって下さいね、休日は充分休養しリラックスに努めて下さい。そうそうしっかり食べてね!中央歯科の入社条件は食べるの大好きな人!ですから。

脂質代謝異常と歯周病菌との関連、人間でも立証(2014)・・

今年初めにお伝えしようと下書きし掲載忘れましたので、遅まきながらアップさせて頂きます。最近このような「うっかり」多く心せねばと反省です。ニュースはフレッシュな内にお伝えしなければ・・。

歯周病が動脈硬化に関連することが指摘されているが、岡山大学大学院歯周病態学分野の

工藤値英子助教(現・神奈川歯科大講師)と高柴正悟教授らの研究で、歯周病患者は動脈

硬化に係わる悪玉コレステロールの値が高いことがわかった。平均年齢60歳の男女45

人に3年2か月の臨床観察研究の結果だそうです。歯周病の原因菌ジンジバリスの感染度

と超音波検査・血液中の因子の検査による動脈硬化の状態だそうで, その結果ジンジバ

リス菌に対する免疫グロブリンG値の高い患者は、悪玉コレステロールの値も高いことが

わかったそうです。これまでの実験では、マウスによる報告だったが今回の研究で、人間

においても歯周病菌の感染が脂質代謝異常の原因となることが示され

動脈硬化と歯周病菌の関連がはっきりしてきたようです。

食塩を美味しく控えよう

「厚労省は3月6日新たな減塩目標を公表しました。「高血圧を引き起こす要因」と賢い減塩を勧めています。
今まで 男性 11・1g→ 8g

    女性 9・4g→ 7g が目標とのことです。

食塩の摂取量ワースト一位は 中国 次が日本

日本は特に”みそ””醤油”文化の国ですので、つい摂りすぎるのでしょう。しかしながら

循環器疾患(心臓病や脳卒中・・)の他腎結石・骨粗鬆まで塩分が関係しているそうです

血圧は加齢によって上がることが多いですが、食塩摂取量が多いほどこの上がり方が強く

なります。諸外国から見ても日本人の摂取量が多いのは日本人固有の食生活にありますが

実は、外食や加工品からの摂取量も大きな割合を占めているのです。「減塩」=美味し

くないと思われがちですが、最近若い方もスチーム料理・蒸す調理法を取り入れる方も多

く関心が高まっています。又食塩摂取は胃がんの発症とも関係しているので、「今」始め

てほしい減塩です。新潟県では「にいがた減塩ルネッサンス運動」と名つけて県民の

摂取量を10年で2g減らす目標掲げ、今好きなだけとって将来我慢するか、少しずつ楽

しむか考えようと提案しています。WHOでは健康的に食べられる量として一日5gを

奨。日本人の摂取量から見ると達成は難しいようですが、「今の頑張りが将来の健康に

がる。時間軸で考えてほしい」と専門家は伝えています。かといっていきなりすべての料

理の味を薄くするのでなく、わかるかわからないかと言う程度から始めるといいようです

す。突然味が変わると家族も戸惑います。すべての料理の味をいっぺんに変える「全部

型」でなく、多様な味付けの中から薄味でも飽きない食卓。素材の味を意識した食事を

勧めています。ちなみに我が家では、この季節、新キャベツや新玉ねぎが柔らかく瑞々し

いので、ざく切りにしてフライパンにいれ、ヒタヒタのお水とオリーブオイル少々で

蓋して沸騰させ、湯切りしたらそのままお皿に盛って、レモンやお酢または少量の塩コ

ショウだけで頂いたりします。旬の野菜は甘くやわらかくびっくりする量が頂けます。

その時々、オリーブオイルの代わりに、豚ばら肉・ベーコン等あり合わせと彩を考えるの

も楽しいです。キャベツを白菜に変えたり、セロリの葉っぱをあとから加えたり、お好み

でありです。そしてこのような火の通った野菜を先に食べ始めると、血糖の上昇も緩やか

です。減塩は「お塩」を何が何でも減らそうでなく、食材の塩分含有量を知って、上手に

利用し、やさいや加工品の組み合わせと素材の味を意識すれば、結構楽しいものです。

私も大好きで食べ過ぎるきらいのあるのが、練り物。ちくわやさつま揚げなどです。ちく

わを一本ビールのお供に食べたしにゃ、2gくらいの塩分取ってしまいます。食事

は楽しんで、かしこく減塩したいものです。

「あなたはあなたの食べたもので出来ている」  まさしくその通りです。 頑張ろ!

参考までに 塩分の多い(と思ってないことが多い)食品の代表を

    食パン一枚  約0・8g

    お味噌汁一杯・ちくわ一本  約1・8g

    塩鮭 一切れ  約2・5g

    親子丼 一人前 約3・0g

    きつね蕎麦(おつゆも含む) 一人前 約4・5g

    ラーメン一人前(おつゆも含む) 約5g

又みんなの大好き肉じゃがですが、煮汁100gでは一人前の食塩摂取量 約2・2g
                煮汁200gでは   々      約1・7g 

umami

先日、日本料理の村田さんの記事を書かせて頂きました。今や日本料理は世界が認めるとところとなり、「umami」と言う文字が普通に使われています。昨夜はパリの有名店が「春菊」の若芽を摘んで、ハーブのように使ったり、面白い使い方をしていて、その香りを愛でて下さっていました。日本では鍋物が主の春菊ですが、昨今春菊をサラダにしたり
する方もいらっしゃるようです。素材も含め脚光浴びている日本料理です。

て「旨み」日本人がうまみと間違えるのは→塩味・無味
外国人が「旨み」と間違えるのは→酸味だそうです。  
また昆布・鰹節・緑茶など、旨みが強いものになれてる人とそうでない人もいるそうです

そもそも「味」は舌にある”味蕾”というセンサーで感じるわけです。タバコを吸う方が濃い味を好むのは、舌の上に舌苔と言うコケ(汚れ)があるため感じるセンサー味蕾が働かなくなってるからで、禁煙なさって舌の表面がきれいになってくると、薄味でもわかるようになられることからも明らかです。この味蕾は肌と同じように、ターンオーバーし、一定周期で細胞が入れ替わっているのです。普段から薄味に慣れ、味の変化を感じていたり味のアレンジを楽しんでいたりすると、センサーの感度も上がり、味覚力が高まるようです。時は春。着るものも薄着になるこのチャンスに薄味になれて(笑)ものの「旨み」をじっくり味わってはいかがでしょうか?

ココナッツオイル

きっと今日仕事終わって寄っても、スーパーから消えてるんだろうなぁと心配なのが、ココナッツオイルです。昨日の健康番組で認知症予防に、大きな効果があると特集されました。今年初めにも雑誌にのって、このところ忘れっぽいと自覚の私は、早速に買いに行ったものの、近所にはなくある駅内の輸入製品の多いスーパーでようやく見つけました。

ココナッツは嫌いではないものの、チョコレートやクッキーに入ってるのが好き!のレベルなので、常温になったオイルの存在は知らずでした。はたして買ってみると白いクリーム状。湯煎するとと透明の液状になります。独特のココナッツのにおいがします。
当時の案内で、朝のコーヒーに小さじ一杯入れるとのことでしたので、やってみましたが「認知症に有効と聞けば積極的に入れるでしょうが、効果出るまで続くか自信ありません。嫌いじゃない私でもにおいは気になります」といった状況です。

そもそもなぜ「ココナッツオイル」かと言うと、認知症は「脳の糖尿病と言われる」そうですが、つまるところアルツハイマー型認知症は、脳のエネルギー不足で、脳内でブドウ糖が利用できない状態とのこと。なので”ケトン体”を与えればいいという理屈です。そのケトン体に「中鎖脂肪酸0・3%のココナッツオイルが有効」との説明でした。ケトン体と言うのは肝臓で脂肪が分解するときにできるものだそうです。ケトン体を増やすのに有効なココナッツオイルの他・炭水化物を減らすことも有効のようです。

ココナッツオイルは一日小さじ3・5杯を目安にとのご案内ですが、初めは小さじ1杯位から試してほしいそうで、下痢をなさる方も中にはあるそうです。それと肝臓悪い方・糖尿の方・腎臓悪い方は主治医と相談くださいとのことでした。でもお医者さんって、薬のことはご存じでも、栄養や食事の事詳しい方あんまりいらっしゃらないですよね。これが大変困ることです。お医者さんに中には、昨今の食事栄養の事鑑み、診療下さる方もおられるかもしれませんが、ほとんどの方は失礼ですが”医者の不養生な方”が多いとお見受けし、「栄養のことは専門でないので・・」とおっしゃる方がほとんどです!?

番組では、コーヒーにも・お味噌汁にも・炒め物にも・酢の物にも・・何にでもココナッツオイルを垂らしてと勧めていましたが、いくら認知症に効くからと、何でもおかずにココナッツオイル入れてたらそれこそ気持ち悪くなるし、日本食独特の旬のお野菜などの香りもどうなんでしょう?とチョコっと疑問に思いました。ココナッツオイルが認知症に有効なのはわかりましたが、これからの季節の山菜・筍・蕗・野蕗・・などの香りは香りで楽しんで、うまくココナッツオイルは取り入れないと、その独特のにおいで、途中でいやになりそうな予感もしました。

先日日本料理の村田さんの和食への思いを書かせて頂きましたが、本来のお料理というものを、大事にしたいと思います。日本料理は本当に完成されたすばらしい料理ですので健康に良いものの取り入れ方も、本来の姿を崩さない方法をとりたいなぁ~と思った私です。無国籍料理と言うのもありですけれど、日本料理の良さも大切にしたいと思う気持ちも大事に、健康に良いものを取り入れていきたいと思います。こうしてる間にもスーパーでは「ココナッツオイル売り切れ!」なんでしょうね(笑)確かに認知症は怖いけれど
食生活のバランスとって、楽しんで食事を頂きたいものですね。

朗報!

昨夜のテレビで、すごいニュースをやっていました。なんと「尿一滴で早期のがんがわかる」というものです。しかもお薬とかレントゲンでなく、”線虫”(アニサキス)の活躍によるものだそうです!にわかに信じがたいことです。今まで早期発見の難しい膵臓がんやGISTにも有効とのこと。これは本当にスゴイことです。まだ発見されたばかりの状況なので、実用化には10年かかると、突き止めた研究者は言っておられました。二人に1人がガンに罹患する時代。少しでも早くと願います。そもそものきっかけがすごく、ある外科医が鯖にあたった患者さんの治療中に、アニサキスが異常に集まっている細胞があり、何故かピンときてその箇所を生検して見たら、がん細胞に食いついていたという発見だったようです。そこから線虫がガン患者さんの尿のにおいを好むことを発見し、共同研究してたどり着き、九大は国際特許を出願し、日立製作所などと健診システムの構築を進めているようです。「ピンとくる」これってとっても大切ですよね。伊万里有田協立病院の外科部長が「ピンときた」おかげで今後沢山の方に恩恵があるに違いありません。すばらしい発見です。人間ドックなどで腫瘍マーカーと言うのがありますが、なかなか初期のものは引っかからない、部位により得手不得手があるとよく言われていましたので、昨夜のこのニュースは大変な朗報です。アニサキスと言えば、よく烏賊のお刺身食べて七転八倒したと、悪玉のように言われていましたがびっくりですね。研究が順調に進むことを心より願い祈っております。「ピンときた先生」快挙でらっしゃいました。朗報です。

現場の栄養士さんの質問に答えて(栄養と料理より転載)

Q サルコぺニア予防を考えるとき、高齢者のタンパク量は推奨量で充分ですか?

A たんぱく質の推奨量がサルコぺニアやフレイルティ(虚弱)まで予防できる量との

誤解もあるようですが、違います。サルコぺニアの管理・予防の為の値ではありません

推奨量や推定平均必要量は、たんぱく質出納の不足を回避するための値。すなわち体の

中のたんぱく質が減らないようにするために定められた量です。加齢により衰える筋肉

を保ち、維持できる量ではありません。

サルコぺニアの管理・予防のための量はまだよくわかっていませんが、目標量はこれを

念頭に置いています。雑誌栄養と料理の巻末には、一般的なお惣菜の成分値がのってます

ので本屋さんなどで一度目を通して下さい。

私事ですが、昨年93歳の父の介護で経験したこと、又ホームに入院中の義母の食事

でいつも気になっていることがあります。それは、栄養士さんの多くが、紙の上で栄養分

や成分量を見ていて残念ながら実際の摂取を確認ではないということです。それはどうい

うことを言ってるかと言いますと。下図のように「食べた量を見ていない」ということで

す。やってらっしゃる所もあるかもしれませんが、多くはただ下膳されてしまいます。

病院のシステム上のこともありましょうが、栄養士さんは献立の計画はするけれど、その

食事すべてが対象者の口に入ったかどうかを見ていないということです。逆に対象者は、

出されたものをきちんと食べていないこともあり、栄養士が提供する以外の食事や食品を

食べていることさえあるのです。食事摂取基準で示す値は、提供する食事の栄養素量では

なく、「口に入る量」になります。食べている現場を時々観察して口に入る量を勘案し、

献立を作成して頂きたいですね。ただし食事摂取基準は一般向けでないものの食習慣をと

うして健康を守りたいと考える人にとっても、常に根底にある基準となるでしょう。食事

が治療の上でも大切だと見直されていく今日。ツールや環境は徐々に整ってくるでしょ

う。更に病院ではNSTと言う栄養士をチームにいれた診療体制が進んでいく事を、切に願

っています。多職種が同じ土俵で連携できたらかなり貢献になり、何より患者さん方のご

回復が早いしょう。

2015030315570000.jpg

闘病中

2015030613580000.jpg闘病中の患者さんから、お葉書を頂戴しました。と言うのも先月付き添ってらっしゃるご家族が、歯のお手入れのものを取り換えにいらしたときに病状を伺い、買っていらした歯ブラシや洗口薬が体調にあって使って頂いているか心配で、お見舞いを兼ねてお手紙したらご返信下さったものです。病気がわかるまで、大変お元気できちんとメンテナンスに見え、ご自分でホームケア出来ていただけに、入院が決まって来院された時に、急なことにご不安もあり、またイライラしてらしたからです。このお葉書から、お辛い闘病の毎日でもできるだけご自分でなさろうと頑張ってらっしゃるご様子が目に浮かびます。元気になって再び中央歯科に行きたいと思います・・と言う言葉に、並々ならぬ闘病へのお気持ちが察せられます。どのような状況になられても、ご自分のお口の中を自分で手入れしたいですよね。そのことを大切に思って、日々お一人お一人の患者さんに向き合おうと思っています。難しいことですが、人として生きるのですから自分で出来ることは、自分で出来たほうが嬉しいです。きっとそう思います。生活者としての患者さんを大切にする中央歯科でありたいと思います。

抗がん剤

ん治療中の患者さんが増えてきました。

今日ここ二年ほどがんの治療を始められ、つらい抗ガン治療を受けながらも、週5日仕事

をされている昔からの患者さんが「詰め物がとれた・・」とのことで急遽来院。お顔も黒

ずみお痩せになって、壮絶な治療がうかがえるのに「仕事してると気がまぎれるの」とい

つもながらの明るいお声。頑張っていらして涙も出せません。新年早々メンテナンスにみ

えた時には、これほどではなかった手の黒ずみとあかぎれのような傷。副作用だからしか

たないのよとなに気におっしゃるので、こちらも思わず両手で包み込むように撫でてしま

いました。ほかに対応が思いつかなかったからです。ガサガサで脂っ気のない手。外のト

イレでエアーで乾かす器械のエアー!痛くないですか?と聞くと、「そう痛くて、風がい

たくてやわらかいガーゼのようなものでそっと拭くの」とのこと。そうでしょうそうで

しょう。痛いでしょう・・。前回の時も、妊娠した時みたいにご飯の炊けた匂いが嫌な

の・・。とのことでおみかんばかり食べてるとのことでした。今日はお腹空いて、お餅焼

いて何もつけずに食べて美味しかったぁと思ったら小さな古い詰め物とれた!口も抗がん

剤始まってカラッカラだけど、この間頂いたうがい薬を使って少し楽なの。でもフッ素と

か以前のように使ってなくて心配なの・・。とあくまでも従来と同じ前向きな方です。以

前やはり女性の消化器がんの闘病中の患者さんに教えて頂いた、食事のアドバイスを思い

出しお話ししてみました。他の方からの受け売りなんだけれど、「煮豆が結構食べられる

っていうお話でしたが、如何?」「そうなの、煮豆結構おいしくて食べられる。フジッコ

の宣伝みたいだけれど」「そうよかった!煮豆も、黒豆・花豆・ウグイス豆・白インゲン

豆等種類もあるし。五目豆だと昆布や人参とかも入ってるけど挑戦なさいますか?」

「大丈夫そう、今日休みだから買ってってみる。お餅なら食べられるので、歯気をつけて

食べてみるわ」とびっくりするほど積極的。こちらの方が元気頂きました。前回ご案内し

たうがい薬と同内容のペーストがあり、”ミントの香り絶対いや”とおっしゃるので、非常

に穏やかで使えると思い、トライアルで研磨してみたところ、「行ける!これなら磨いた

感じする。嬉しい!」とおっしゃったので、衛生士も喜んで、買っていただきました。こ

のシリーズは”がん患者さんに特化したもの”で、随分前から折々ご案内しています。

おまけに、超柔かいスポンジブラシおつけして、歯ブラシのナイロンの毛がイヤ!ってい

う時はこのスポンジで汚れをそうっととってね。ホームケア用品はは抗ガン治療の為に必

要なので、領収証も別にして”必要なものだと書き添えて”保険とか医療費の適用になるよ

うして差し上げました。スタッフ全員患者さんの頑張りにびっくりしながら、又のご来

院・研磨洗浄にいらっしゃる日をお待ちすることにしました。お辛そうな乾燥した手のひ

らや甲も拝見したくさんの学びを頂戴した一日でした。ヨーグルトが安い!おすすめの八

百屋さんによって、ヨーグルトと煮豆買って帰られるとのこと。

穏やかな日と痛みが軽減されることをお祈りしています。神様お守りください。

プロジェクト8

 

当院のように予防をベースに歯科診療をやっていますと、おのずと全身状況・服薬状況

を伺うことは必須になります。健康保険がひっ迫してきて、各企業でも生活習慣病への

取組み、とりわけ食事指導も含め、かなり具体的なことまでも患者さんにお伝えして

ご協力と自助努力を仰ぐようになってきました。生活習慣病の一つ”糖尿病”は、歯周病と

の関係も深く切っても切れない仲です。当院でも糖尿病の数値を確認したり、歯茎からの

出血の具合、デジタルレントゲンによる骨吸収の度合い、歯周ポケット等より神経を使っ

て対応しております。このブログでも周辺情報含め折々発信してお役に立つよう心がけて

います。読んでいただければ幸いです。

魚沼市のプロジェクト8は、かなり積極的な行政の取り組みで、目的は「危機意識の共

有」糖尿病の数値がすっごく高いのに放置されている住民が多いようで、糖尿病を判断す

るうちの一つHbA1cを基準よりかなり高いのですが「8はダメだよ!」の運動を起こして

いるそうです。「エッ8!」とびっくりしますが、それ以上が多いということでしょう。

子供(孫)が吹き出しでしゃべるポスターには「お父さんお母さんHbA1c8じゃダメ!

」と書いてあるのです。その数値に向かって、町中で運動できる場を設け、いつでもくれ

ば誰でも運動できる仕組みを作り、これがきっかけで歩く・出かけるようになったお年寄

りも多いようです。お一人熱心なドクターが中心になっており、この活動を”地域医療魚

沼学校”と名付けている事からも、何とかしてあげたい!と言うお気持ちが伝わってきま

す。お子さんが減って高齢者増える日本の状況。この魚沼市のように地域での取り組みは

日々の生活を振り返ることに貢献し、寝たきりを予防し、健康寿命を延ばす取り組みとし

て注目を浴びています。一人でも、いつからでも、どこからでもやる人はやるのだ!と

感じいりました。自治体と言うか行政を批判だけしていても仕方ないことで、みんなで

理解して動く仕組みづくり、大変勉強になります。ご年配の方も、わかりやすく話せば

お年召した方でも、良かれと思うことは積極的になさるんではないでしょうか?

要は持っていきよう・インフォメーションの仕方いかんであるとプロジェクト8から学び

ました。

私達の提供する「医療の主役は誰?」と言うことですね。日々この大切なことを忘れず

やってまいりたいと思います。日本全国あちこちのご活動勉強になります。

認知症講座 患者さんと家族のためにできること

開業30年を経ると、この問題は避けて通れぬことになってきました。受付での行き

違い。印象時(型を取る時)のむせる方が増えてきたとの助手さんの報告。この道の歯科

における第一人者・菊谷先生の勉強会。声をかけたらスタッフ全員が「行きまーす」との

返事。貴重な日曜日です。家族もあるのに本当に当院のスタッフはよく勉強します。患者

さんの将来を見据えて、今どんな処置をすべきか。定期的に通う医院だからこそわかる・

気づく・手を打つことが出来ると思います。学んだことは又皆様に還元すべく、なるべく

スタッフ全員で研修・検討します。いつもみんなで学ぶ。このことが大切と感じていま

す。嬉しい仲間です。4月のことですので研修後あらためてご報告しますね。

人はたちまち10歳若返る

美容ジャーナリストの斎藤薫さんは、なかなか厳しくも鋭いご指摘される方ですが美

い年の重ね方シリーズの中で、これは!と身に沁みることをおっしゃっておられます

。それは ☆「きちんとする」だけで、人はたちまち10歳若返るというものです。

いまや多くの方が実年齢の7掛けの”気持ち年齢”を生きていると言われます。40歳が

28歳の気分を生き、50歳が35歳の気分を生きている。そういわれれば確かにそんな

感じです。しかし年齢と気持ちのギャップは、年々激しくなるばかり。実際の”見た目年

齢”をそこに合わせていこうとするとやはり無理があるんですね。そんな時2~3秒一瞬

で出来る若返り。それが「きちんとすること」だとおっしゃるのです。ほんとそうかも

!?ついイイやこのシャツでも。ちょっとゴミ捨てに行くだけだから、このまんまでと

”寝巻おきまき”で行っちゃえ!ってやっていませんか?そのうち、結構大胆にそのまま

電車に乗っちゃったりして・・。

「きちんとする」→よく整って乱れたとこのないさま・・・ですって。

でも、意識してやってみれば出来そうです。服選び・洋服の着方・立ち方・歩き方・

座り方・そして姿勢。口紅やマスカラの塗り方も・・。体でつくる”きちんと”多分無限

にあるでしょう。言葉遣い・お辞儀の仕方まできちんとし始めたらきりがない。この中か

ら自分にできる”きちんと”をいくつか心がけるだけで、人はたちまち若返る・・と言うの

です。聞けば聞くほど「そうだなぁ」と思います。逆に言えば「だらしなくすれば」

10歳どころかそれ以上に老けて見えるということでしょうか? あな恐ろしい!!

これからは、毎日いくつかの「きちんと」を持って出ることにしましょう。例えば

ストッキングを丁寧に履く。春になってワイシャツ着るなら、アイロンかけてパリッと。

髪の毛は後ろもよく整えて。口臭などないようにお口のケア頑張って等々・・。それに

加えて大切なのはお顔の表情。朝出かけるときに鏡の前で、「あいうべー体操」やって

口角上げてにっこり笑って!

なんだか書いてるだけで元気になってきました。「きちんと」は案外お安いサプリかも

しれませんね。good newsかも!

使用済み消耗品の山です。汚物ですが失礼します。

大体3日でこんな量です。ギュウギュウ詰めですが、左がグローブ、右側は少しでも血

液・唾液がついて汚染したものなどです。お一人お一人取り替えますので、当たり前です

がスゴイ量になります。普通ごみと厳密に、処理も別にします。使用器具の滅菌パックも

スタッフが使うグローブも、すべて患者さんお一人お一人専用にするのはたり前です

保険診療では苦しいところですが、安全安心に医療を進める上でたとえ出費がかさんでも

当たり前のことです。ましてや歯科医院が扱っている虫歯・歯周病は感染症ですから、

患者さんに対しても衛生管理は必須ですが、総じて働くスタッフにとっても大前提です。

昨年7月の「歯科器具を使い回しの報道」等もってのほか、恥ずかしい限りです。これら

医療消耗品は、歯科医師会を通じ信用のある専門業者さんに委託して、基準に沿って処理

されております。器具の消毒滅菌はこれまた当たり前ですが、ヨーロッパ基準クラスBの

滅菌にておこなっております。安心して受診ください。

 

2015021717370000.jpg

お仕事を楽しんでこそ!

 先日、衛生士学校生さんの見学でびっくりしたことにちなんで、少々きついことを書き

ました。悩んでいる方に誤解ないように申し上げれば、ブランクあるからダメ・・とかい

う問題ではないからです。当院にも、少々ブランクがあって復帰した歯科衛生士がいます

彼女は、当院に来る前に他院で復帰したのですが、かなりの覚悟で復帰したのですが

学びたい気持ちが出てきても学ぶ環境になく、仕事を進めるうえで沢山の疑問が出てきて

前に進みたいと当院を訪ねてきました。その時のことをよく覚えています。子供のいる

主婦ですが、学びたい気持ちがキラキラした目にあふれ、目が真剣で面接中大いに気持ち

を感じたものです。当院で衛生士を開始しても、いつも「なぜ?」「どうして?」と真摯

に取り組み、パート勤務でも自宅で勉強している様が見て取れ、勉強家です。そして何よ

り、経て来た社会生活を生かそうとする、年齢を経てもきれいでいようとするその気持ち

が患者さんにも伝わって評判もよく、復帰されてよかったなぁと感じています。以前脱灰

面に短針はまずいですよね?と電話してらした衛生士さんもおられました。子育てしてブ

ランク中も新聞や医療情報に目を配っていたつもりだが、随分歯科も変わったんですね!

と電話を下さり、それをきっかけに復帰して活躍されました。その後転居されましたが

きっと活躍されてることでしょう。申し上げたかったことは、間が空いて復帰するに

しても、勉強せずして国家資格だけで復帰は難しいということです。ではどこで学ぶん

だと声が聞こえそうですが、そのような受け皿はまだないので学べる環境に入るしかあり

ません。日進月歩の中で、週二日午前中だけというような時間で長いブランクを埋めよう

とは少々難しいかな?と感じます。当院では年一回歯周病の専門医に、SRPのトレーニン

グ受けておりますが、それとて一年が待どおしく見て頂くとまた一歩前進して自信を

持って毎日患者さん対応できます。当院では衛生士もドクターと常に検討しながら進めて

いますので多角的に検討も出き、患者さんを担当しますが自分一人で悩むこともなく、他

のスタッフと意見交換を経て、やりがいにつながります。ブランクあっても問題ない方も

おられるかもしれません。ご本人次第と言っては失礼ですが、歯科衛生士という仕事は

仕事の意味・意義・貢献度を実感しお続けになれば、長く続けられる意義ある仕事です。

ブランクあっても、その期間の子育てや社会生活の積み重ねを生かすには、まずスキルの

確認とブラッシュアップが必要です、お戻りになりたいと思ったら、まずそのような時間

を自分に課せられるかどうか、学び直して役に立つ覚悟はあるか・・が大切です。

復帰なさるには様々なご苦労があるからこそ、復帰で挫折しないためにあえてお話ししま

した。もし自分が患者さんだったら、ブラッシュアップしていない歯科衛生士さんに担当

して頂きたいか考えれば自ずとわかると思います。歯科大学・歯科衛生士学校が定員割れ

という情けない実情は、私達が患者さんから信頼されるような仕事をし、仕事をする方も

お役に立っているという誇りをもってすれば、きっと魅力的な職業と評価され、元気な

業界になって行くと信じます。またキツイ話になってしましましたが、現状をお話ししま

した。厳しいですが、真摯に取り組めば、患者さんがちゃんとわかって下さいますので

勉強しつつ毎日仕事をしていこうと思います。酒田の熊谷崇先生のOP(オーラルフィジ

シアン)で、全国たくさんの仲間もそう思って頑張っていることを力に、淡々と丁寧に

続けていきたいと思います。

バレリーナは一日レッスンを休んだら、筋肉がダメだそうです。あの華やかな舞台の陰に

は見えない努力があるんですね。そこまでシビアでないとしても、プロはそういうものか

もしれません。海外では歯科衛生士が独立してオフィイスを持っている。そんな夢に向

かって日本も進めたらみなさん歯科衛生士さんがステキになりますね。そのような活動さ

れている歯科衛生士さんもおられます。彼女が教える衛生士学校には、主婦やキャビンア

テンダントさんなども転職希望で学んでいるそうです。衛生士さんの仕事に、人との

関わりがますます求められてくるので、頼もしく又楽しみな動きでもあります。

歯科衛生士という仕事は、大変ですがやりがいのあるお仕事です。労せずしてうまくいく

ことはないのですから、この仕事が好きでしたら、ご自分に少し投資する時間を作ってお

続けになることをお薦めします。確かに歯科衛生さんはどこの診療室でも求人しておりま

す。衛生士さん一人につき100人の求人があるなんて、煽るだけのことはしたくないと

思います。真剣に仕事している衛生士さんにしてみれば、毎日毎日が発見、同じ症例なん

てありませんし、同じ方でもアレッと思うくらいお口の中が変わることがあります。だか

らこそ面白く(失礼ですが)どうにかして差し上げようと 取り組むのです。面白いと言

っては失礼ですが、関心もって誠実に取り組まずして、人の健康支援なんてできません。

誤解ないようにと書き直しましたが、又きついいい方になりました。本音はまっすぐ

お伝えするしかありません。気を悪くなさったらお許しください。読んで下さって有難う

ございました。

 

インフル退治 歯磨きから!? 

2月15日付の新聞にまた載っていました。インフルエンザ予防にお口の汚れを取ること

今回日大チームの研究では、お口の中が不衛生だと、「タミフルなどのインフルエンザ治

療薬が効きにくくなる可能性がある」ことがわかったそうです。逆に言えば歯磨きの

徹底など日常生活の注意で、予防できたり・重症化を防ぐ可能性が出てきたわけです。

インフルエンザウイルスは、細胞内に入り込んで増殖し、他の細胞に感染を広げる際、

ウイルス表面の酵素「ノイラミ二ターゼ(NA)」を使って自身を表面から切り離す。

タミフルやリレンザなどはNAの働きを妨げることでウイルス感染を防ぐという理屈だ

そうです。チームの研究で「歯垢に含まれる2種類の細菌がNAを作りだし、ウイルスの

増殖を助ける」ことがわかったそうで、インフルエンザウイルスはのどや鼻の奥で感染、

増殖します。感染部位が口に近いことを考えるとますます口腔内細菌とインフルエンザ・

又他の病気との関係も注目されます。お口って全身の源ですね。

家族も含めたチーム医療(あるリハビリ病院の取り組みより)

日本はついに超高齢社会となりました。皆必ず歳をとり、からだも不自由になります。

加齢に伴い筋肉が衰えていく事を「サルコぺニア」と言うことはクリニックブログで

以前、書かせて頂きました。日本語では、筋肉減少症・筋力減少症と訳されます。筋肉は

使わないと衰えます。私達は食べるときに、食物を口の中に運び、噛み砕き。のどへ送り

ます。何気ないいつもの動作ですが、噛んで飲みこむには顔の周りの筋肉や咀嚼する筋力

を使っているのです。これを”嚥下”と言い飲み込むことが困難な状態を、嚥下障害と言い

ます。嚥下障害の原因は病気や栄養不良及び老化などです。それまで普通に食べられてい

た方も、ひとたび誤嚥性肺炎で入院なさると、数日間栄養を点滴に頼り安静にしただけで

上手く食事を飲み込めなくなります。嚥下機能のサルコぺニアです。こうなるとまず

飲み込みの検査をして安全に食べる方法をとります。食べる力を取り戻すまで、「ミキ

サー食」や「ソフト食」お茶や汁ものはとろみをつけて飲み込みやすくし、合わせてリハ

ビリを行います。飲み込む時は、呼吸の調整や痰を確実に出す必要があります。又食前

食後の姿勢も重要です。口の中が汚れていると肺炎の治りも遅く味がわからないなどの問

題が生じるので、歯磨きの仕方や入れ歯の調整も必要です。このように食べるためのリハ

ビリに多くの職種が関わります。これを見て「私も頑張らねば」と言う年配者もいれば、

疲れも出て意欲が落ち、「もういいや」という方も少なくありません。そんなことを見逃

さずご家族と相談して、次の一手、お孫さんの協力など頂く場合もあるようです。「じー

早く帰ってきてー!おやつ一緒に食べてお散歩行こうよ」こんな一言で元気になられ嚥

機能がよくなったりもするようです。当院でも禁煙支援の際、どうにもこうにも固まっ

ゃって進まなかった時、「おじいちゃん臭いからタバコやめて!」のお孫さんの一言で

禁煙できたことがありました。医療スタッフは患者さんの笑顔を取り戻すため努力します

が、ご家族の協力はより一層効果があると結んでいます。ご家族含めたチーム医療で入院

中からケアできると、退院後のサルコぺニアの予防につながりますね。リハビリテーショ

ン病院におけるこのような取り組みは、私達歯科医院の対応にも大きな示唆となります。

多職種連携に加え、家族をパートナーとして連携が功を奏し、お食事できる状態に

もどれることを願い、ご不自由になる前から認識して準備と備えが必要と感じました。

ご来院の度に患者さん方から伺う、ご家族の暮らしぶり・ご年配者の介護の状況・ご病人

の生活状況など、生きた知識として本当に為になります。日々見聞きする些細なことが

どんなに役立つことでしょう。相互交通を大切にして対応していきたいと思います。

認知症予防は「歯が命」(週刊文春より)

大きな電車の中吊りでつい買ってしまいました。それによると政府が認知症対策の国家戦

略をまとめた際、早期の対応が重要な認知症「歯を健康に保つことが認知症予防に大き

な効果を発揮することが明らか」と発表したらしいです。(1月27日付)

摂食機能療法を専門にする、植田耕一郎先生・〝歯がイイ人はボケにくい”を書いた倉治

ななえ先生・日本歯科大の小出馨先生によると、4400人の調査で自分の歯が19本以

下の方は要注意。高いヒールを履く方・足を組む人はリスク大・長電話やバス電車での

居眠りは歯の不調を招く・・と手厳しいご指摘です。ですが、歯を保つには、虫歯・歯周

病だけでなく、噛み合わせ・噛みしめ要するに悪い姿勢など考えれば、合点は行きます。

でも歳とるということは手足も不自由になり背中も曲がり、何かと姿勢も悪くなりますか

ら、一概に歯科だけで解決できることではありません。と言うより、当院のように「歯も

体の一部」と考え、からだ全体のことも加味して診断したり、サポートせねば”灯台もと

暮らし”になりかねません。入れ歯を入れていることを申告せず、整体屋さんに行って

首を引っ張ったりしては、かみ合わせも何もありません。整体なさる方も「入れ歯ですか

か?」と聞くくらいしてほしいものです。合わない入れ歯を放っておいた方のことは

先日「ためしてガッテン」で取り上げられ、ブログにもレジュメを書きました。入れ歯を

合わせ、食べられるようになり、お口元が整うと、鏡を見ようという気になります。鏡を

見れば自然と髪に手がいき、身づくろいをなさるようになります。一日何の刺激もなく

パジャマのままで、日にも当たらなければ、ぼーっとしてしまうのも当然です。

タバコ・歯磨き不足・甘いものをダラダラ食べる・・など歯に悪いことは一目瞭然ですが

一番は男女ともに、唾液の減少です。年齢によるものが大きいですが、高齢になるとお医

者さんからの「お薬が増える」ので、口渇と言って、お口がとても乾きます。薬大国日本

は尋常ならざる服薬量です。一度お医者さんとご相談されるとよいと思います。又食事も

食べにくいからと、軟らかくやわらかく、小さく小さくして飲み込みやすいように過分に

配慮する傾向にもあります。硬い必要はなくとも、味わえる限度の大きさ(テクスチャー

)があります。まだまだそのような状況にない方は、是非にご家族と話して、「食べやす

くしない」のも歯を残す・認知症予防に大切と思います。シチューや煮物やカレーなどの

野菜も大きくてもやわらかくすれば、かじって自分でお口の中で小さくできます。元来

日本食は「口中調味」というのです。

あの東北の震災の時も”お大事に症候”という言葉がいわれました。あの惨事の中で架空で

ものは言えませんが、お出来になる力や体力・気力のある方を大事にし過ぎて、本来もて

る力が「萎えた」と感じた医療関係者が多かったようでした。でもあの状況では仕方な

かったかもしれません。

これからの認知症予防には、今わかっていることを他分野が一つになって検証することで

す。人の体はパーツパーツで出来ていても、一つとして関係ないものはありません。です

ので、医科・歯科・薬剤・理学療法・栄養・言語等みんなで知恵を出し合えば、すばらし

い予防がすすむのではと感じています。歯科の分野でも、虫歯・歯周病をうまくコント

ロールでき口腔ケアが維持されれば、人間としての暮らしが保てると大きな希望と確信を

もっていますし、皆さんの意識が変わってきて、すばらしい健康観になられてきたと

思います。一人でも多くの方に「口は健康の源・認知症予防に優先事項」と思っていただ

ければ幸いです。

ためしてガッテン 大人のむし歯と入れ歯

昨日2月11日のガッテン!「大人のむし歯と入れ歯」衝撃的な画像に皆さま驚かれたの

では、ないでしょうか?でも事実です。

前半は、虫歯でした。大阪に「歯神社」があって、皆さん「むし歯が直りますように」

と手を合わせていましたが、本来なら「むし歯になりませんように」とお願いできるよう

にならないとダメですね。まだまだ「むし歯は守れる」が伝えられてない証拠です。

さて、「大人のむし歯=痛くない!」とめい打った特集です。当院でも主に中高年の患者

さんにお話ししている ”歯茎の根元と歯と歯の間のむし歯” です。年齢と共にどうして

も歯茎が下がります。そうすると覗いてくるのが歯の根元(象牙質)です。ツルツルの

エナメル質と違い象牙質は敏感なんですよ。象牙質が丸裸になってるのに、硬い歯ブラシ

使い古してガサガサの歯ブラシに、たっぷり歯磨き粉つけてゴシゴシしたら、悲鳴あげる

の当たり前ですよね。又、作った人工物と歯の間に凸凹がありますし、歯と歯のくっつい

た面には細菌の汚れ・バイオフィルムが潜んでいます。ですから、軟らかいブラシ・

デンタルフロスが必要なんです。こうして一本歯を失えば、お口の中全体の噛み合わせが

自然と変わり、それぞれの歯に負担が増えて、順繰りに歯を失っていくのです。それは

歯があごの骨に埋まっているからと大事なこと”が説明され特に上下の奥歯を一本失うご

とに、黄色信号から赤信号に加速しますという「怖ーい」お話でした。一度手鏡で

ご自分のお口の中をじっくり見て頂き、小さな白い詰め物で色の変わったところはない

か?よく見て頂き、定期メンテナンスする中で、積極的に担当歯科衛生士か歯科医師に

ご相談ください。

後半は「入れ歯」についてでした。巣鴨でインタビューした3人のご高齢者、「何でも

食べられるよ」「もう10年以上使ってるけど、歯医者にはいかないよ。薬局で入れ歯に

塗るの使ってるから、大丈夫」「上も下も総入れ歯だけど、歯医者には行ってない。合わ

なくてしゃべると外れるから、孫が怖い!っていうの」この方々を大学にお連れして、噛

みあわせ含め検査をしました。入れ歯が顎にあってる方は一人もおられず、入れ歯の歯も

すり減っていて、三人とも ”あごの骨が半分に減っていました! ”あごの骨の骨吸収”

びっくりするほどでした。当院で入れ歯をおつくりする場合は、作った後定期的にご来院

出来るかどうかが条件です。アクセサリーでないのですから、定期的にかみ合わせのチェ

ックやお口の中の汚れを管理しなければなりません。お家でのお手入れもきちんとしてい

ただくことが条件です。実際、健康保険で入れ歯は赤字です。なので出来上がったあと

調整をなさらない歯科も多いと聞きます。入れ歯はその方の食べるよすがです。健康保険

の見直しも急務ですが、だからと言って食べられない入れ歯を、調整しないということに

はなりません。番組では”望ましい入れ歯”と”そうでない入れ歯”が提示されました。

出演者が「それって、歯医者の腕の違いですか?」と大胆質問され、言いにくそうに

「歯医者が上手いか下手かということになりますねェ」とはっきりお答えになりました

。入れ歯の良しあしは、お使いになる患者さんがよくわかりますから・・。説明下さった

医科歯科大の先生も「小さすぎる入れ歯には、注意してください。床が小さいという

事は、お口の中で動くということですと断言されました。又当院と同じように、市販の

入れ歯に塗る”安定剤”は出来るだけ長期使用しないようにと釘を刺されました。顎が変っ

てからでは入れ歯の作り直しは本当にご苦労されます。又安定剤のお口の中への害も

とりざさされています。と言う訳で、汚い・怖いお口の中の画像が一杯出ましたが、かな

り突っ込んだ内容で、当院の患者さんにはお伝えしてることばかりですが、広まって

よかったと思います。詰め物も入れ歯も、作ったらおしまいでなく、作った直した時から

進行させない努力が要ります。お口の中にいる悪さをする細菌は、強力ですから。

アナウンサーの締めは 「歯があるためのは・な・し」でした。

 

気になる加齢臭?

 世の中消臭スプレーが大流行り。布団も乾す時代から、シュッシュッとスプレーしたり

布団専用クリーナーの広告がTVを賑わしています。ちょうど当院では、「口臭」に特化

したニュースレターをお渡ししたところです。俗に言う加齢臭に口臭も入るかと思いま

すが、「加齢臭」と言ういい方には多少抵抗があります。歳を重ねた人だけでなく、生活

習慣から若い人でも臭いのある方がおられます。医学的には老化やストレスが一因となっ

て皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が増加し結びついた後に分解酸化して発生する臭い

ですが、そのためには不摂生な生活を改善する事が肝心で、食べ物などに気を付け

適度な運動など、当たり前のことばかりです。ですから臭いが気になったら、生活習慣を

見直すきっかけになればよろしいですね。意外ですが、初めて受診される方の中に、一日

一回しか歯ブラシしない方もいたりして、ギョッと致しますが、歯ブラシする必要性・

虫歯歯周病の成り立ちを知らされていないのですから、我々歯科医院側の足りなさも

あります。そんな事当たり前と言ってしまえばそれまでで、若い女性の中に、失礼ですが

下着を毎日替えてない方もいると聞くと、マスカラ厚ぼったくする前に、清潔にしてよと

言いたくなります。又一時期流行った朝シャンのように、身体の洗いすぎも良しあしで、

ある程度の年齢になると、余分な皮脂を取ってしまい乾燥肌になるので、洗いすぎも禁物

です。一年一年体も変りますが、一日のうちでも、お口が乾燥する時間があります。食事

もばっかり食いをせずバランスよく食べ、ビタミンCやEを十分にとり、適度に運動して

好きなこともしてストレス発散する。「臭いなんて言わせない」と気をつければ、加齢臭

などなくなります。ただし喫煙者はタバコ臭と共に、洋服や持ち物さえもたばこ臭くなっ

ていて、吐く息もタバコ臭たっぷりですので、周りの大切な方々にサードスモークの健康

被害を与えぬよう、禁煙をお勧めします。さわやかな息って、どなたにも可能なことです

男性でも女性でも、お口の臭いは百年の恋も冷めますね。電車で横に座った方があくびを

されても、顔をしかめないで済むようになれば嬉しいです。ですけれど気にしすぎてスト

レスためては言語道断。明るく楽しくが一番ですね。加齢臭なんて飛んで行け!

お弁当の時間 (天声人語)より

 1980年のこと、自分は中流と考える人が約9割という新聞記事を読んで、作家向田

邦子さんは学校給食の影響だろうと思い、毎日一回同じものを食べて大きくなれば、そ

う考えるようになって無理はないと書いたそうです。「お弁当」と題したその随筆は、戦

前の小学校のお昼は貧富などを考えないわけにはいかない時間だったと続きます。そして

「私がもっと利発な子供だったら、あのお弁当の時間は、何よりも政治・経済・社会につ

いて、人間の不平等について学べた時間だった」と述べておられます。戦後は困窮する日

本に、アメリカなどから救援物資が贈られ、小学生は粉ミルクをのみ、全国に給食が普及

し小学校のお昼から表向きの貧困は消え、80年代ごろは世の中が最も平均して見えた時

代となった。でも思い出せば私の小学生時代もお弁当の時には、日の丸弁当はいい方で、

田舎でしたが充分にお昼のない同級生もいたように覚えています。

今、中流は細り、子供の6人に一人が「貧困」とされる水準で生活している。3食のうち

しっかり食べているのは給食だけ。給食のない夏休みに体重の減る子がいる・・と言う深

刻な話もあるそうです。親から子へと格差は固定しがちです。もうすこし利発な政治家や

官僚だったら、子供の苦境から不平等について学ぶのではないでしょうか?恵まれた世継

ぎの多い政界だからこそ、想像力を欠かさないでまっすぐ向き合って欲しいと願います。

子供のころの食事は、味覚を育て心を育て、何事があっても立ち向かう大切な人としての

軸であるからだを作ります。人はその日に食べたもので生きているというコマーシャルが

ありますが、子供に本当にそうだなぁと思う昨今です。

 

深夜の番組で・・

 高校生を集めて、珍しく歯の話題をおもしろおかしくやっていました。意外や意外若い

男の子が、歯磨き粉たっぷりつけて長時間硬い歯ブラシで、アワアワにすればいいと思っ

ていたこと。当院では若い男性だけでなく、ペーストは後で、まずやわらかい歯ブラシや

フロスでべたべた汚れを取って・・とお教えし、その後ペーストつけてねとお話しし、

ご理解実行頂いています。まだまだ30分も、長時間磨けばいいなんて思ってる方もある

んですね。びっくり!でした。

本題です。その女子高生たちの80%が胸キュンとなるのが、なんと「鏡の前で男性が歯

ブラシする姿」だそうです。その理由として、①歯ブラシしながら眠気と闘う姿に胸キュ

ン♡ ②歯ブラシしてる時盛り上がった頬が子供っぽくてかわいい、胸キュン♡ とのこと

極め付きは、朝日を浴びて、男性が歯ブラシしてる姿は「王子様みたい!」でした。

今の特に女子高生には、驚かされました。

他にも歯茎チェックのコーナーがありましたが、歯茎にブラシ当たると「痛いから磨かな

い」と言う高校生が多く、歯肉炎状態の人が多いこと、歯科医院でケアをうけてない人が

多い事も浮かびました。歯肉炎が進むと歯が抜けます!と大学の歯科衛生士さんが脅かし

ていましたが、ブラッシングすれば2週間で元に戻りますよ・・と大雑把なアドバイスも

していました。そのブラッシングが大事なんですが・・。内容ともあれ、深夜のお笑い番

組のようなところで、「歯や歯茎」が話題になって嬉しくもありましたが、食べ物も生活

習慣も変った昨今、正しい情報をどのようにして伝えて行くべきか、課題も浮かび上がり

ました。当院としては、HP・ニュースレターを通じて、又日々ご来院の度に、それぞれ

の患者さんにお伝えし発信して、水の輪のように伝っていく事を切に願います。

 

口とは・・(結城先生から教えて頂きました)

口は人間にとってすばらしいものだ

 それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても また人の責任にとっても・・。

口・・それは 今まさに、私が生きていることを表している

 もし動物が歯を失った時、その動物の死を意味する。 歯を失ったとき彼らは生き続け

 ることが不可能であり その生は終わりを告げ、やがて彼らは死んでいく

人間にとって、

口は会話を楽しみ愛を語り、しあわせ よろこび、怒り、悲しみを表わす

口は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き そうして人間は栄えていく だからこそ、

口はどんな犠牲を払おうとも、十分な注意と 管理を受けるだけの価値を持っている

                          Dr、ハロルドワース

これからの看護

 新春の新聞にも特集されていた、これからの看護。私達歯科にも通用することばかりで

したので、レジュメにしてみます。その中で”看護師に求められる素養の中で特に大切な

こと”として次のことがあげられています。

看護は「人」を相手にする職業でしょうが、その「人」は患者さんであると同時に、

一人の生活者です。どういう暮らしをされてきて、今患者さんとしてここにいるのか。看

護師は自らの体験をもとに考察し、実際の看護ケアの生かす「人間としての幅」が必要で

す。又医療の高度化に伴い、看護師にも高度な知識が求められる時代です。これは看護師

に限らず、医療関係の職種すべてに言えることです。さらにそれぞれの職種が専門性を

向上させるだけでなく、医師、看護師、薬剤師、作業療法士、理学療法士など、医療専門

職それぞれが、自分のもち得るスペシャリティを出し合い、補い合いながら「チーム医療

」と「協働」の姿勢を持ち続けることが大切です。知らなかったのですが、看護を学ぶ学

生と、他の医療系学部や学科の学生が同じ教室で授業を受け「共に学んだ仲間」という意

識を植え付ける取り組みもあるそうです。「インタープロフェッショナル・ワーク=専門

職連携の実践」の考えに基づき、他の医療職は何を勉強して、どんな役割を持って

いるかをお互い知り合えるようなカリキュラムが実践されているそうです。医療の世界は

日々進化しているので、学生時代に習得した知識だけでは太刀打ちできない時代が来る。

又看護を学ぶ人には、大学を卒業して医療現場に立った後にも、常に学び続ける姿勢を

学部にいるうちから身につけることが肝心です。そして不可欠なのが、コミュニケーショ

ン能力です。看護ケアの本質は、向き合う患者さんとかかわりながら、自分も成長してい

くことにあります。この点を踏まえ実習を大切にしますが、実習終えると学生さんは大き

く変わるそうです。目の前で成果が帰ってくる一方、時には患者さんに拒否されることも

あるような「自己を見つめざるを得ない環境」に身を置くことで、貴重な経験を得るよう

です。更に院内で疾患のケアを中心に行ってきた看護師の役目も継続的に指導助言を行う

ようになります。これからの看護師には、経験や勘だけではなく、患者さんの体の状態や

治療段階などの情報を総合的に分析・判断して、最良の看護ケアにつなげる「アセスメン

トに基づく判断力」も求められる、マネージメントする力が必要になるようです。書くと

大変ですが、要するに人と向き合うために必要な「人間としての幅」が求められることは

確実です。生活者としての患者さんとどう向き合っていくか。課題は大きいですが、医療

技術だけでなく他の素養も求められるのは、当然かもしれません。対象は病気でなく

病気を持った人ですから。看護の世界のこれからは、私達歯科医院に求められることでも

あります。医療提供者である自分も、ある日患者さんになるのですから、この記事にある

提言・示唆は本当に勉強になりました。

糖尿病

 

11月14日は世界糖尿病デーだったそうです。ご存じのように糖尿病には1型遺伝よ

るもの、Ⅱ型生活習慣病と区別されますが、現在糖尿病の合併症でなくなる方は7秒に一

人と聞くと、正しい情報を伝え出来ることはやっていく事が大事と感じます。特に昨今

20代の若い人に糖尿が増えていて、世界中で4億人の患者さん。このままだと6億人

になるかもと言われているそうです。それで世界糖尿病デーなんですね。もうみなさん十

分ご存じですが、注意するきっかけになればと書いてみます。

・おやつを必ず食べる

・脂っこいものが好き

・野菜・海藻は食べない

・お酒をたくさん飲む

・食事時間が不規則

・運動不足

・ストレスがたまっている  以上で〇が多いほど糖尿のリスクが高くなるそうです

合併症で怖いのは眼・腎臓・神経系です。すべて血液の流れが悪くなるからです。

又、健診で見つからない「隠れ糖尿病」にも注目が集まっているとのこと。これは

健診の時に前日から食事を抜いていくので、食後血糖を見られず,

健康人とかわらないと見過ごされてしまうようです。病気はすべて、早ければ早いほど

対応も簡単で予後もよいので、このような事実があるなら健診の方法に再考が望まれます

が、普段から自分で気にしておくことも大事かもしれません。歯周病は糖尿病とある意味

仲良しなので、当院では、現状を伺い、治療状況などもお聞きして、慎重にかつ注意深く

お口の定期ケアの対応をしています。歯周病のコントロールをきちんとすると、糖尿病も

進行せず落ち着く方が多いようです.

もう一度生活習慣見直してみると、案外簡単な解決策があるかもしれませんね。怖いのは

いいやいいやになっているうちに、「疲れてるから」「きょうは大変だったから」と自分

で理由をつけて、マンネリになってしまうことです。習慣は自分でつくるのですから。

 

怪我の功名ならぬ、風邪の功名ですね

 先日の患者さん、ずーっと禁煙支援してるのに、のらりくらりでタバコとのご縁の

切れない方でした。来院してすぐ、風邪ひいてしまって辛かったぁとのこと。すわっ!

禁煙と思うも、ぐっと我慢して言わずに通り過ぎようとすると(禁煙支援は押したり引

たりなんです)患者さんから「風邪ひいたらね。吸いたくないのよ。吸っても美味しくな

いんだろうけれど」とご自分でお話始めました。やったぁ!とはやる気持ちを抑えて、

「3時間・3日・3週間・3か月・3年がハードルなのよ。辛くないですか?」とお聞き

すると、「そうなの吸いたーいと思うんだけど、我慢しちゃうのよね」と語ってくださる

事すべてすばらしいにつきます。「よかったわ、風邪ひいて下さって(笑)きっと脳が

吸わなくてもいいよ!って言ってるのね。よかったよかった」と満面の笑みでお伝えしま

した。凄いわーっと。照れ乍らも「またすっちゃうかも・・」とのこと。すかさず「でも

きっとやめられます。今お出来になってるんですから。肌も髪もお口の中もよくなりま

すよ」とフォローに努めました。禁煙支援はタバコだけでなく、いろいろなことに自信が

お出来になって積極的になられとっても嬉しい活動です。行ったり来たりしながら禁煙

出来ればよいことですので、このようなチャンスを逃さず支援を続けます。風邪ひくのも

生活習慣見直すいいチャンスかもしれません。グッドチャンスにしましょう。

熊谷先生のご活動に学ぶ

 18日熊谷先生のお話しを聞く機会に恵まれました。私達と同じように先生も年齢を重

ねてらっしゃるはずなのにいつにかわらずお若いことといったら!確固たる信念を持って

日々過ごしてらっしゃるからだと拝察しました。この日もたくさんの学ぶことばかりで

したが、何よりうれしかったのは18年このような活動続けているお仲間の先生やスタッ

フと旧交を温め、診療コンセプトを共有確認できたことです。昨今の歯科への不人気と

衛生面でのご指摘(切削機械タービンを消毒滅菌してない歯科が相当ある件)は恥ずかし

いにつきますが、すべからく「虫歯も歯周病も感染症」と言うことを患者さんに伝えきれ

ていないからです。インフルエンザだって、正確に伝えられるようになったから、手洗い

うがい・予防注射などなど意識が変ってきたのに、歯科従事者の私達の力がまだまだ足り

ない証拠です。虫歯も歯周病も「つくってしまう」訳ですから、自分でやること・プロに

やってもらうメンテナンス・その他虫歯歯周病に大きな影響及ぼす「禁煙」含め、熊谷

先生は地元企業にも働きかけ、意識を変えて自分の体に関心を持ち、自分でコントロール

していくような意識改革に取り組んでらっしゃるとのことでした。地域への貢献はそれぞ

れの医院がなさっておられますが、中央歯科もこんな事ということも含め様々なところに

発信してますので、何かとご縁がつながってきて、直接歯科とは関係ないようでも「結局

はお口からよね!」とおっしゃる方が増えてきていることも大変うれしいことです。

歯科が単に治療だけが仕事でなくなった現在。生活者である患者さんの生涯にわたるご健

康に貢献しようと思うと、治療技術だけを誇っている時代ではありません。お口の中のバ

イオフィルムのコントロールする歯科衛生士は、更なる勉強も必要です。禁煙支援を随

分前からしている当院は、最近は特に禁煙支援の意義を感じ、患者さんに喜んで頂き、こ

れをきっかけにご自分のからだに関心持つようになられる患者さんを、すばらしい健康観

になられたなぁと賞賛したくなります。どなたでも自分の習い性を変えるのは辛いもの。

禁煙に踏み切る勇気と努力を称えたくなるのも、熊谷先生の強い気持ち。真の患者利益を

考えるという信念に共感するからです。当院を利用いただく皆様の「健康寿命」を支える

ために、お伝えする努力を続けます。皆様もお任せにしないで、医療者と十分コミュニ

ケーションとってこその受診とご理解頂き、積極的にご質問頂ければ幸いです。

子どもの いのちとからだの10か条

 治療を受ける心構えや命の大切さを子供に知ってほしいと、患者相談に取り組むNPO法

人「ささえあい医療人権センターCOML(コムル)」から小冊子が届き、主にお子さんの

いらっしゃるご家庭にお配りしています。

その中には「お医者さんには自分で症状を伝えよう」「わからないことはわかるまで聞い

てみよう」とあります。親任せでなく、自分の言葉で説明し尋ねることが、将来「医療

の主役は患者」という自覚につながるという意図でつくられました。20年前”大人用”が

出来た時にも患者さんにお配りしましたが、医者の言う通り患者さんは黙って聞くのみと

いう時代でしたので、なかなか伝わりにくかったことを覚えています。その当時は辻本好

子さんという方が画期的な活動されて新聞を賑わしたものです。多くの医療関係者も

協力している団体。以前ご縁のあった辻本さんのご子息が意思を継がれたようです。

患者の心構え子供版10か条、すばらしい活動に拍手!

2015011416440000

歳をとるってこういうことだったのね。

もう解散しましたが、以前50キャラット会議と言うところに参加させて頂いておりまし

た。各界で大活躍の方々が気楽にいろいろお話しやら、そのお仕事を披露下さるので、

大変魅力的でした。さすがプロ。どなたも非常にやわらかい心で、広いお気持ちの持ち主

で感動しました。出版したご本の中にあった文章、今でも、介護が始まった今だからこそ

「そうだなぁ」と心に残りましたので、ピックアップしてみます。

お料理するのが大好きな母でも、うっかりお鍋を焦がしてしまう。たび重なると自信を失

い、料理がおっくうになってしまうようです。歯が弱くなったり、消化力が落ちるのは誰

にもあること。けれどスプーン料理ばかりでは淋しいもの。手軽にやわらかくする料理の

裏技があれば、お箸で食べられるいつもの一皿を並べられます。薄味で統一したら、食

が進まない様子。食べてくれなくちゃ元も子もないと思う。季節の香味野菜でメリハリを

利かせたり、小鉢の一品は好みの味にしたりする。食欲は宝ですから。

体が老いるって、こんなことだったのね・・。(会員の実際のご経験)

「祖母はお皿の模様を箸でつついて、ハッと気づいては照れていました。視力が弱ると

色や立体感がわかりにくくなるのね」とある料理研究家。「うちでも同じことがありま

した。レストランで、テーブルの照明が十分でなかったせいもあって、お皿の模様を一生

懸命取ろうとしていたの。笑いながらも哀しかった・・・」と今は亡きお姑さんを語る方

もありました。50代といえども他人事ではありません。お店で伝票の金額が見えなくて

支払時に困ったことは再三再四。家でもお魚を下すときは、メガネがいるようになってい

ます。60代を迎えた人の中には、洗ったつもりなのに、汚れが落ちていないお皿に気

づいて、「食器洗浄機を買おう」と決意した人もいます。

いつもと同じ味付けなのに、今日のはアジが薄いね・・と言う。お薬味などで工夫して

見た目と香りで味を補う工夫をしました。又、塩分抑えて薄味にすることは確かに大切

だけれど、それで美味しくないから食べないでは元も子もないと、食欲の大切さも実感し

ながら伝えています。このように、親たちから学ぶ「食の底力」を生かしていくつになっ

ても誰かと食べる幸せを感じて頂き、美味しく召し上がれれば、脳も活発になれるので

いい事尽くしです。お一人でも多くの高齢者がそのようになられることを祈って、引用さ

せていただきました。食べ方上手は、生き方上手かもしれませんね。

患者さんと共に

先ほどメンテナンスにご来院の患者さん。ながーく糖尿を患っています。40代後半で

お一人暮らしの男性。お食事のコントロ―ルが難しいのが見てとれます。10年以上

当院に律儀に通われ、その間、歯科なりにお食事のこと、特に外食(コンビニ弁当や

立ち食いそばに至るまで)女子栄養大学の手引書などを参考にご説明して、サポートに

努めてきました。HbA1cが11もあった(!!!)時よりだいぶ下がりそれでも7~8

台。歯茎のケアをしているせいか。又ホームケアも頑張っているせいか、まあまあなんと

かコントロールできていました。そうはいっても「早食い大食い」とご自分でおっしゃる

ように、忙しいを理由に考えて食事をとるのは相当大変なようです。今朝いらして開口一

番、「年末に糖尿の数値上がりすぎて、2週間入院しました」、みればお顔つきも少々

スッキリ、足取りもすこーし軽やかです。「あらっスッキリなさって、お体軽いんじゃな

いですか?」「そうなんです。まだまだですけど」とご気分も違うようです。担当衛生士

にケアの前伝えてあったので、うまくフォローしてくれ、患者さんも状況を話して「入院

食も随分よくなってそんな嫌な入院じゃなかった・・」とポツリ。「足のマッサージも

したら気持ちいいんですよね」とおっしゃるので、以前筑波の林先生に、糖尿患者さんの

サポートを教えて頂いたことがあって、”フットマッサージが有効”と聞いたので、このこ

とをお話しして、街中でも足のマッサージあるのでお勧めしました。ただし衛生面の整っ

たところでなさって下さい!と念を押して。なぜなら糖尿患者さんは感染が一番怖いから

です。糖尿病性の網膜も心配なら、足の壊疽も心配です。ですので、ビジネスルールには

外れますが、ソックスも黒でないものをお勧めしています。思わぬケガやぶつけただけで

もわずかな出血を見逃さないためです。出血は怖いのです。歯科医院でなんでそこまで!

と言われても、ご注意にこしたことはありません。お口の中を診させていただくことは

お体全体の縮図でもあるので、全身状態に配慮し、又全身に及ぼすお口の炎症をコント

ロールするためにも、様々な正しい情報の提供をして、患者さんご自身の喚起を促すこと

が大切です。そうして初めて自分の体はご自分で面倒見るというお気持ちになられ、改善

も進むと信じています。オーラルフィジシアンは、患者さん皆様のご協力あって進められ

る意味のある診療体系です。歯科衛生士のコントロールと患者さんのたゆまぬケアによ

り、落ち着いていることは何より安堵です。油断は禁物なことは患者さんもおわかりで

す。ケアを終え歯ブラシを取り替えて帰られる患者さんの恙無い毎日を今後もサポートさ

せて頂きます。医療情報現在の状況をつぶさに伝え、協力を仰ぎながらです。

歯周病という慢性疾患は、患者さんの協力なくして改善はありません。患者さんとパート

ナーシップで臨むものと認識しています。歯周病は全身と切っても切れない、侮れない病

気ですが、理屈を理解して対応間違えなければ、改善可能な病気です。頑張りましょう。

 

マスクのつけかた

ンフルエンザが猛威を振るっているようです。皆様は大丈夫ですか?まさにパンデミッ

ク。外国人から見ると「マスクをした日本人」は異様に見えるそうですが、この季節

マスクは欠かせません。皆さんはマスクつけるとき、どうしてますか?私達はゴムの

ついてる方が”裏”と判断して、鼻に合わせひだを顎まで広げて「バッチリ」と思ってまし

たら、そうすると広げた”ひだ”が受け皿のようになって、そこに埃やウイルスがたまるん

だそうです。なので専門家が「裏表関係なく、マスクを広げた時にひだが下向き。要する

にたまらない向きに広げて下さい」とのアドバイスでした。図解できずすみませんが、

「ひだに溜まらない向き」と覚えて下さい。まっ説明が理に適っているので、長年のつけ

方を変えてやってみようと思います。何でも、いいことはまずやってみましょう!インフ

ルエンザ罹りたくないですものね。ついでに又外国人の話ですが、駅などで大勢がマスク

して歩いてくると、脅威にさえ感じるとのこと。普段マスクをつける習慣ないので、とっ

ても”怖-い”んだそうです。国によって違うんですね。びっくり!

自分の深堀をやめないで

 若い人は、グローバル時代に乗り遅れないように英語力や交渉力を鍛えなくてはと言う

でも、完璧な英語力はネーティブには敵わないし、通じればそれで十分です。それより、

グローバルで抜きんでていくのは、究められたローカルです。そこそこ世界基準に追い

ついた商品より、例えばその土地にしかない郷土色や代々の職人さんのお仕事のように

徹底的にその地元でしかできない個性が世界市場で勝てるのです。仕事をする人も、

平均を超えた偏差値に追いつこうとするより、自分の実力と個性を一つにする努力をする

べきでしょう。勘違いしてはいけないのは、仕事の個性とは、社会で通用する公の能力ま

で育てなければ意味がない。役に立つ個性を掘っていかなくてはなりません。ツイッター

などで「こんな映画が好きです」「私的にこれがヒットすると思います」などと私見を

つぶやくレベルでは、仕事の足しにはなりません。「私」らしく生きていけばいいとい

う、私生活の個性とは土俵が違います。仕事の個性を支えるには技術的な土俵がいりま

す。営業力や話す力、人をまとめる力、書く力、物を作る力、デザインする力など、

きっと誰もが何か持っている。それを面白いとこだわっていくと、突き抜けていくもの

です。昨年の資料を整理していたら、あのカッコいいジャーナリスト・安藤優子さんの

言葉でした。小見出しは「仕事を知らずに終わるな」。安藤さんがおっしゃればこそ

グンと心に迫り、やはりカッコいい!と思いました。日々の歯科医院としての仕事も

まさにそのとうり。特に当院のように内科的歯科医院(オーラルフィジシアン)では

患者さんとのコミュニケーションが重要な位置を占めます。専門領域だけでなく其々が

個性を生かしハーモニーとって進めていきたいものです。

 

 

お医者さんは何も言わなかったよ

本日急患の男性。お薬手帳お持ちくださいね・・と見れば、降圧薬というより、腎機能に

問題あるらしき投薬。聞けば前立腺も治療中、2か月前膀胱のオペも受けられてました。

にもかかわらず毎日20本の喫煙。手術する時、こうしてお薬出していただく時、「言わ

れないですか?」「何を?」「タバコのこと」「何にも言わないよ、医者も」

お口は10年以上放りっぱなしでケアの経験なし。お顔には皮膚にも喫煙者独特のしみ・

大きなほくろ・唇の色など長い喫煙習慣が見て取れます。

嫌がられない程度に喫煙のお口へのリスクをお話しし、禁煙支援診療室であること、ス

タッフ全員でサポートすること、タバコをやめられないのはその方の意思が弱いのでなく

「依存症」(ニコチン・ディペンダンス)であること。脳がニコチン要らないよ!と

切り替わってくれるようにすれば、タバコと縁が切れますよ・・とお話しすると

「エッそうなの・・」とパンフレットを大事に持って帰られました。こんなにTVで

「お医者さんと禁煙しましょう」と言ってても、おっしゃらないお医者さんの方多いんで

すよね。リスクをおっしゃらずに投薬しても・・。嫌われるから言わない・・と言う歯医

者がほとんどですが、お医者さんもそうなんですね。今日の患者さんが禁煙なさるきっか

けになったら嬉しいです。減煙・禁煙と同時に歯茎が本来の姿を現すので、逆に歯茎から

出血とかあると思うので、おっしゃって下さいねとお送りしました。長いお付き合いに

なりそうですが、来院を機にご自分のお体を大切になさるきっかけになれば嬉しいです。

うがいと手洗い

インフルエンザが流行っています。この地区では珍しく中学校から学級閉鎖が始まりまし

。高熱のようで辛いでしょうね。

当院ではもう何年も前から、来院されたらコートなどを取ってから、パウダールームで

うがいと手洗いをお願いしています。歯ブラシも出来るようになっています。今時

手洗いが上手なのはなんといっても幼稚園児と小学生。学校で徹底されてるからです。

逆にぞんざい!と言ってはなんですが、ちょっといい加減なのが団塊世代以上の高齢者

です。高齢者ほどインフルエンザのリスクが高く、かかると重症化しやすいのも伺えます

す。又手洗いがぞんざいだったり簡単な方は、歯ブラシもテキトー(笑)なことが多く

一時が万事と見て取れ、メンテナンスの衛生士につなげると、なーるほどといった感じで

す。面白い考察ですが結構当たっています。

このようにしょっちゅう、パウダールームを使っていただくので、いつもきれいにしてお

くのは容易ではありませんが、スタッフがちょっとでも手が空くと、又自分が使った折

パッときれいにしてくれているので、気遣いを感じています。インフルエンザのこの時期

出たり入ったりの度に、”うがい手洗い励行”し、寒い冬を乗り切ってください

 

「からだをゴシゴシ」やめて

先日来、「スキンテア」という新しい言葉で、高齢者の皮膚のもろさをお伝えし、看護や

介護の現場などでのご注意を書きました。たくさんの方がお読み下さり、お役に立ってい

れば嬉しいことです。冬になると皮膚の角層がとてつもなく乾燥します。湿度が60%を

切ると角層から水分が失われていくそうです。この時期温かいお風呂は気持ちいいですが

気をつけないとかえって乾燥を進める一因になります。入浴すると角層に含まれる保湿成

分が湯に溶けだすので、お風呂から上がるとすぐに乾燥が始まり、入浴前を100とする

と、20分後には80まで下がるそうです。ですのでお風呂から上がったら、出来るだけ

早く、10分以内には保湿剤を塗りましょう。お年寄りは特に注意が必要です。スキンテ

アで話したように、高齢者の皮膚は薄く、保湿成分や皮脂を作る能力も低いので、乾燥し

やすいのです。乾燥による刺激が続くと、かゆく感じるようになり、皮膚をひっかくとバ

リアー機能が低下してるため傷になりやすいです。また70歳以上の世代は、高度成長期

に家風呂とナイロンたわしが普及したため、体をゴシゴシ洗う習慣がついていて、強く洗

うので余計傷つき、かゆくなってしまうようです。ユニクロの普及でフリースや化学繊維

防寒下着を直接着て赤くなる人は、薄手の”天然繊維”の下着の上から着ることをお薦め

します。昨今は”毎日石鹸で洗うのは、首から下は脇の下と股だけ、お風呂から上がった

ら顔も体も3分以内に化粧水で水分を、保湿剤で角層の保護をする・・が”美魔女世代

ではの常識”のようです。このようにちょっとのお手間がきれいですべすべのお肌を維持

して、かゆみやざらつきもなく落ち着くようです。歯も肌もお手入れ次第ですね。でも

高齢になると、すべてが変化してくるので、骨や筋肉だけでなく、皮膚にも神経配って

上げましょう。そして何より、まんべんなくいろいろなものを食べることによって、様々

な栄養素を取り組み、内からも外からもデリケートな皮膚を大切にしましょう。

牛乳に漬けて・・

寒いですね。北海道に限らずなんという大雪でしょう。ご年配の方が屋根に上り雪下ろすニュースに、こんな時こそ国は援助の手を差し伸べないのか?と思ってしまいます。

弱い立場にある人が我慢を強いられる国です・・。

「子供は風の子」は昔の話でしょうか?寒くとも雪降れば外に出て遊び、氷が張れば長靴がビショビショになっても楽しんだものですが、今のお子さんはいかがでしょうか?

大好きな公園の”滑り台”も”遊具”も寒いと表面が凍っていたりして、思いがけず落ちたり、転んだりという子供の事故があります。すると歯を折ったりぶつけて抜けたりすることがあり、今までに何度かそのようなお子さんが飛び込んで見えました。ないに越したことはないのですが、そんな時覚えておいて欲しいことがあります。

牛乳です。

抜け落ちた歯は”牛乳に漬けてお持ちください” とっさに出来ないかもしれませんが牛乳のたんぱく質に保護されて、歯の周りの薄い組織が保たれれば植え直すことが出来ます。

状況によりますがダメもとと思って、まず牛乳に漬けてお持ちください。もちろん転んだり遊具から落ちたりしたお子さんの意識や、出血、外傷を確かめた上ですけど・・。

覚えておいてご損ないと思います。血が出てたりするとびっくりして慌ててしまいますが覚えておかれると役立ちます。凍ってなくとも、着膨れしていて、体も硬くなっているので、思いがけず転んだりします。

子供は風の子、元気が一番ですけれど気をつけて下さいね。

熊谷崇先生のつたえたいこと

10月27日のNHKプロフェッショナルの放送は大きな反響を呼び、当院にもお電話が

増えています。当院の患者さんは「痛くならないように通う」という習慣が出来ているの

で放送みても”当たり前”といった感じです。放送後初めて見える方は、まずご自分のお口

の中の資料とりにびっくりされ、それに基づいたお口の中の説明と治療計画をお話しする

と「こんなの初めて」とおっしゃいます。逆にこのようにしないで”どうして予防処置や

治療が進められるのか私達には不思議です”が初めていらした方々は、今までこんなこと

して自分の口の中を見たことないし、説明受けたこともない・・・という方がほとんど

で、なんだか”申し訳なくなってしまいます”。先週この荒れた天気の中、衛生士神子島

が、酒田の熊谷先生のオフィスにお邪魔して、日ごろの業務精度を上げるブラッシュ

アップのセミナーに行ってまいりました。いつもは皆でセミナーには行きますが、一人で

すべての器材を持っての旅は正直心配でした。「かわいい子には旅させよ」の思いで送り

出しましたら、にこやかに帰ってきて、二日間のセミナーは厳しかったようですが  “腹が

据わったのでしょうか?”「逃げないでやります」と宣言したので、頼もしく思いました

。今日は今日でこの寒い中人身で電車が遅れる中、それでもいらして下さる患者さん

方に受付・小室が「ぶれない・ぶれない」とにこにこつぶやきながら仕事していて、よい

仲間に恵まれているなぁと実感しています。17年前熊谷先生の勉強会に入った時、「一

日終わった時、今日もよい一日だったと思う歯科医としての一日を過ごそうよ」とおっ

しゃったことを心の芯にしてきました。「私達が逃げれば、患者さんのご健康が遠のく」

と先日のセミナーで言われたと神子島さんから聞いて、本当にその通りだと思います。

”お口の中から患者さんのご健康を守る” ご理解いただく患者さん方の応援を背中に

しょって、更に学んで続けてまいります。

二の字のジンクス

当院では禁煙支援に力を入れており、禁煙に成功された方々からご苦労を伺うと「本当に

やめられてよかったなぁ」とつくづく思うと同時に、「なぜもっと早く教えてくれなかっ

たんですか?」という言葉も頂きます。タバコというとまず肺がんを思い浮かべますが、

タバコは唇ではさんで吸うので、一番の被害はお口の中です。わかっていることなのに言

わない歯科医が多いから伝わりませんし、歯科医でも未だに吸っている方も多いです!実

際喫煙者の方は、歯茎の血流が悪くなっているため、歯茎の色もどす黒いですが、歯周病

が進んでいるのに、歯茎からの出血さえないので気づきません。口臭もあるのにタバコ臭

の方が強いので気づきません。こうしてすべての歯周病の症状を隠してしまうのでタバコ

の被害がないと思いこんでしまいます。ましてや定期的に通っている歯科医院が本当のこ

とを言わないのですから知る由もありません。本当のことを言わないのは、「言うと嫌わ

れて来なくなるから・・」がほとんどです。本当のことを言わず、ただ表面の汚れを取っ

て予防しているというのは、患者さんに真実を伝えておらず、患者さんの歯を残して差し

上げようということにはなりません。

さて「二の字のジンクス」はタバコをやめる際のことなんだそうです。やめようと決心し

ても、二時間たつと吸いたくなる。そこを我慢してやりすごすと今度は二日後に猛烈に吸

いたくなる。気を散らしてそのピンチを切り抜けると次は2週間後で、最後の関門は二か

月後だという。二か月後を無事に通過できれば、やめる大変さが自分の身にしみるせいか

もう大丈夫らしいのです。

禁煙支援を始めた頃、聖路加の禁煙支援チームの方に教えて頂きましたが、喫煙者が禁煙

できないのは「本人の意志が弱いのではないこと」依存症ということを丁寧にお話しして

くださいと教えて頂きました。その頃は、3日・3週間・3か月続けば大丈夫。3年経て

ばもうすっかり卒業ということでしたし、当院の禁煙できた方々もそのような行ったり来

たりを繰り返され、その都度「仕方ないですよね。でも続けましょう。必ず禁煙できます

から」と応援支援しております。伴走が大切です、その間お口の中、特に歯茎の変化に素

早い対応して、一本でも多く歯が残るように衛生士・ドクター・助手・受付までが一体と

なって支援します。好きだったものを辞めるのは大変ですが、タバコは百害あって一利

なしです。周りにも受動喫煙の害は計り知れません。2020年の東京オリンピックに向

けて一番進まないのが禁煙という話もあります。きれいな空気で世界中のお客様をお迎え

したいものです。

低栄養早くから気にかけて

粗食が健康のよい」というイメージが広がっていますが、それは40〜60歳代前半の中年期までのこと。高齢になるとたんぱく質を分解する働きが強まり、体の骨や筋肉になるべきたんぱく質がエネルギーとして使われるので、「粗食」を」心がけていると、低栄養に陥ってしまいます。そのような低栄養の方が65歳以上で約15%・75歳以上では約20%もいるそうです。低栄養は筋肉減少・脳機能の低下・骨密度の減少を招きます。多くの高齢者は次第に食が細るなどして、ゆっくりと低栄養になりますので、早くから食事の重要性を意識することが大切で、周りの人や社会全体でこのことを知って、元気なうちから周囲が気にかける社会にしていくことが大切と高齢者の健康を研究している、新開省二先生が言っておられます。

・中年期は 生活習慣病の予防が目標

      食べ過ぎに注意

      野菜をしっかり食べる

・高齢期は 老化予防(心身機能の維持)が目標

      食事量の不足に注意

      肉・魚・卵はしっかり食べる

団塊世代だけでなく介護が必要な方をかかえる方に少しばかり参考になる記事を転用書き致します。

・親に作り置くご飯のコツ

     飲み込みやすくするなど調理を工夫

     たれや缶詰等市販品も利用して負担減

     自分の生活に組み込める範囲で

     作りすぎない押し付けない

     容器にメモ添えコミュニケーション

      (シチュー温めて3日までに食べてね)(けんちん汁は冷蔵庫に)

      (シューマイは冷凍して作り置きました)など

・実家に出向く 出来る範囲無理せずに

     日持ちするものや、温めるだけで食べられるもの(卯の花・ひじき煮

     ピクルス・シチュー・ロールキャベツなど)

     帰り際には、青野菜(ほうれん草・小松菜・青梗菜など)を食べやすい大きさ

     柔かさに茹でて、一回分ずつ冷凍しておくと助かるようです

  サポート側もあくまでも自分の生活の中で出来る範囲で無理しないを心がけるといいようです

・冷凍して送る手もあります(高齢者は買い物や調理が面倒になり質素な食事になるこ           とがあるので、冷蔵庫や冷凍庫にストックがあると心強いそうです。ヤマト運輸さんによると、荷物を出す前に十分に冷やしてパッケージしてほしいとのことです)

参考図書 「つるかめ食堂 子が親に作り置くごはん」ベターホーム協会

     「50歳を過ぎたら粗食はやめなさい。低栄養が老化を早める」新開昇二

私の例で恐縮ですが、86歳の母・94歳の父を時々サポートしています。体力的には衰えてきても、気持ちはまだシャンとしているときもあり、アレアレという時もあります。ですけれど、戦争を潜り抜け大変な時代を生きて来た苦労に思いを馳せるとき、同情心よりよくやっていらしたなぁという尊敬の思いを持って年長者の尊厳を傷つけずに、温かなサポートできればと思います。互いにイライラするときもありますが、多少の言い合いは元気な証拠と割り切って、肩の力を抜いて・・と思うようになりました。歳とることは不自由が増えること。さぞや情けないのではないでしょうか?そのような思いをくみ取りながら、無理のないサポートという上記のアドバイス身に沁みます。ひとつ便利な商品見つけました。「一人鍋」という電気鍋です。鍋と鉄板の二つついていて、高齢の二人には大きさも手軽さもぴったり。この鉄板でお肉やプチトマトを鉄板焼きのように食べてね!と誘ったらとても喜んでいます。洗うのも簡単ですし、プチトマトを鉄板焼き風にすると甘くて体にもよく、思わぬ美味しさです。熱いのでフーフー言って喜んで食べております。いつか来ると思っていた老老介護。肩ひじ張らず無理なくの助言は本当にありがたく感じました。老いた自分に腹も立つんでしょう。そばに居ると学びがたくさんです。

”赤子叱るな来た道だもの 年寄り叱るな行く道だもの” ですね。

 

患者が望む理想の医者(中学一年山田倫太郎君のことば)

重い心臓病を患う長野県の山田倫太郎君が、「医者になってお兄ちゃんを治す」と言い始めた4歳の弟宛に、自分の体験をもとにつづったものだそうです。医療現場にいるものとしても大変心動かされましたので、新聞から抜き出してみます。

倫太郎君の「理想の医者」8か条

①患者さんの家族、趣味など患者さんの生活全体を見て接しよう。

②患者さんは、誰もが自分の受ける治療や検査などに、不安を抱えている。しっかりわかりやすく説明してあげよう。

③患者さんは、いつ苦しみだすか分からない。大事なのは、その時に、君が患者さんの為にとっさに体が動かせるかだ。

④入院している患者さんにも、自分の生活がある。検査や治療は出来る限り患者さんの生活に合わせてやるべきだ。

⑤入院している患者さんにとって、ベッドは我が家のようなものだ。採血や問診に行くときは、人の家に行くような感じで行こう。

⑥患者や、患者の家族は、手術や検査の結果を心待ちにしている。終わったらすぐに知らせてあげよう。

⑦患者さんとの関係は、治療が終わればおしまいという訳ではない。

⑧医師はどんな状況でも諦めてはならない。思わぬ治療法があるかもしれないし、悪い状態は一時的なものかもしれないからだ。医師が絶望と思っても、患者さんや家族にとっては違うかもしれない。

これを読んだ長野県立こども病院の循環器小児科部長・瀧聞浄宏さんは「医者のことをよく見ている。ハッとさせられた」と。長年の倫太郎君の主治医は「彼の文章には生きることへの感謝と真摯な姿勢にあふれている。かみしめて読んでほしい」とコメントしています。

今年初め、弟の恵次郎君が人体図鑑を眺めて「お兄ちゃんを治したい」と言い始めた。それを聞いた倫太郎君は7月、弟を励まそうと、倫太郎君が思う理想の医者像をパソコンで一気に書き上げたということです。13歳でも生死の境を乗り越えて来た倫太郎君、今は午前中だけ普通学級で学び、文化祭の弁論大会で「命の尊さ」について語ったそうです。読んで一つ一つの項目が心に沁みました。私達も心して患者さんに接していきたいと思います。倫太郎君教えて下さってどうもありがとう。

 

インフルエンザ流行です

例年になく11月からインフルエンザの注意報が出ていましたが、いよいよ学級閉鎖も始

まりました。A香港型は高齢者にとても重篤になるそうです。このタイプは変異しやすい

と伝えています。高齢者でなくともご注意です。歯科医院として、虫歯歯周病が感染症と

お伝えする立場として、お体の病気との関連も申し上げておりますが、インフルエンザも

外ではありません。お口の汚れはさまざまな病気の誘引となることが明らかですので

日々のお手入れと、定期的な歯科医院でのメンテナンスは、この時期特に有効です。イン

フルエンザに特化していえば、かかりやすい条件として三つのことがあげられます。①冷

え性方②口呼吸の方③お口に頻繁に手を当てたりする方です。そーんなこと!と思うこ

とばかりですが、重要視されています。つばのような飛沫を介して感染が言われますが、

又反対に、唾液がたくさんでてるとウイルスに抵抗性も高まります。免疫の強い人は十分

な睡眠・運動・栄養が取れているからで、とくに腸を健康にすることに注目が集まってい

ます。具体的にはお味噌・豆・キムチ・漬物・チーズ等、又食物繊維の代表の根菜類(

根・人参・ごぼう・レンコンなど)も腸の健康に貢献しますが、その方の身体状況によ

違うのでお確かめ下さい。いずれにしても、かからない・うつさないです。当院HPの

中ほどお知らせに”インフルエンザ”の項目ありますので、お役に立てれば幸いです。しっ

かり食べて、うがい・手洗いを丁寧にして、寒い冬を乗り切りましょう!

再び あいうべー!体操です

出勤しようと思ったら、テレビでいい大人が揃って「あいうべー」とベロを思いっきり出

して笑っていました。よもや?と思ってみると”あいうべー体操”ではありませんか?

随分前にブログでご案内したと思いますが、今井先生という方がひろめたと記憶していま

す。もっとさかのぼれば、筑波大学の林啓子先生が、糖尿病患者さんになんとか進行を止

める手立てないかと”たこ焼きコロコロ体操”など、お口大きく開けて笑って免疫上げま

しょうと始められたのがきっかけだったと思います。有楽町の会場に糖尿病患者さんを

集め、専門医と林先生がただ治療でなく、患者さんご自身も楽しみながら家でなさること

ありますよと、会場に参加の私達も一緒に楽しく気楽に体操を教えて頂きました。壇上の

高名な糖尿病専門の先生も思わず笑ってしまうほど、和やかでした。これやっちゃダメ

あれやっちゃダメばかりの糖尿病患者さんも、今日は久しぶり思いっきり笑いましたと

ニコニコ顔で、食事も気をつけるようにします・・と前向きになられました。

さて「あいうべー体操」・変な顔体操とブログでご紹介したと思いますが、本当に変な顔

するんです。特に「べー」とベロ出す時はね。ヨガのライオンのポーズ?のようです。

お一人の時とか、お家の方に言っておいてなさって下さい。じゃないとびっくりしますの

でね。お風呂の中とか、朝歯ブラシ終わったら私はしていまーす。ちなみに歯ブラシする

時、私は爪先立ちしてやってます。時々足つります(笑)忙しいんですよ。

「あいうべー体操」は何が良いって、お口を大きく動かすので、”唾”=唾液がいっぱい

出ることです。唾液腺が刺激されますからね。唾液が出れば、虫歯も歯周病も助けてもら

えますし、この時期インフルエンザ予防に力を発揮します。唾液が沢山出れば、上気道に

ウイルスつきにくくなるからでしょう。口でなく”鼻で呼吸する”ようにすれば、鼻のフィ

ルターが雑菌をシャットアウトしてくれるでしょう。お口呼吸は、虫歯・歯周病にもよく

ない上、アレルギーを引き起こす・・とも言われています。小さいお子さんの「お口ポカ

ン」は何かのきっかけを作って早く”鼻呼吸”に改善して差し上げたいですね。

みんなで渡れば怖くない!と番組で言っていましたが、変な顔する「あいうべー体操」が

広まるといいですね。ただし運転中はやめて下さい。対向車も横の車も見てびっくりしま

すから・・。あいうベー体操で、唾をたくさん出しつつ、ニコッとお口の角も上げましょ

う。口角上がると元気になりますよ。お試しください。

世界一しか売りません

開業以来お世話になっているマニーという会社。手術用の縫合針・虫歯の根(根管)を処

置する細いドリル(ファイル)白内障手術に欠かせない眼科のナイフ等小物医療機器を製

造する会社。「品質世界一の商品しか販売しない」ときめ、年に2度「世界一か否か会

議」を開き。競合他社の製品に抜かれ、今後も引き返せないと判断されたら販売中止とな

るがこれまでこうした例はないそうです。マニーの製品は、医師が手先の感覚にこだわる

ような手術や治療に使われるものばかり。例えば、根管治療用リーマ・ファイルは、根管

削る十分な硬さに加え、微妙に屈曲している根管の形通りに、先端がしなやかに曲がる

という相反する特性が求められる。「世界一か否か会議」では、他社製品と比べる点数の

評価でなく、医師が重視する項目ほど重みを付ける。他社に劣る点が指摘されると、半年

後までに改良すべきアクションプログラムが策定され、進捗状況を報告しあうそうです。

世界一の品質を積み重ねた結果、リーマは世界シェア35%超、眼科ナイフ30%、微細

な欠陥を縫合する0・14ミリ以下の手術針はマニー以外は量産できず、クリントン大統

領の手術にも使われたそうです。世界一を達成するため17の「べからず」を作り、「世

界一になれる製品しか開発しない経営体制を整えてきた」結果、製造業では驚異的40%

近い利益率をはじき出しているそうです。歯科の治療で根管治療は、土台になる大切で繊

細な治療です。根管はまっすぐでないので、説明にある”十分な硬さに加え、しなやかに

曲がる”という説明には現場として本当に納得します。和風総本家というテレビに、よく

職人さんが登場されますが、ぜひ推薦したい気持ちです。根管治療(根治と呼ぶ根っこの

治療)は非常に腕の差のわかる細かな治療ですが、マニーのような優れた製品に支えられ

てのことだと痛感し、このような哲学ある会社に敬意を表します。よい製品の陰には見え

いスゴい経営努力があったことを知って感動しました。いつもお世話になり有難うござ

います。

 

再びスキンテア

当ブログをお読みいただきありがとうございます。9月20日 高齢者の皮膚について介

護中腕をつかんだだけでも・・の文中、「スキンテア」という言葉をご紹介させて頂いた

ところ、たくさんのアクセスいただきました。先週、ある病院の排泄専門の看護師さんに

会いましたら、広く知らせてくれてありがとうとお礼を言われ、私も父達の介護が始まっ

て知っただけですから、一人でも多くの方にと思っただけですよ・・とお答えしました。

今のおむつは吸収力がイイから、おしりは濡れないんでしょう?とお尋ねがよくあるそう

ですが、実際にパッドを広げてペットボトルから1リットルほどの水を注ぐと、たちまち

吸い込まれま、すぐ手を当ててみると、しっとりした湿り気を感じるそうで、それがお尻

の下にあることを想像してかぶれを理解してほしいそうです。紙おむつは皮膚への「戻

り」が少ないものが増えたそうですが、通気性は綿パンツより悪い。消化酵素が多く含ま

れる大きいほうの排泄物は特にかぶれの原因になるとのことです。”スキンテア”でご案内

したように、高齢者はごしごしふき取るのは厳禁!です。高齢者の皮膚はとても薄く、炎

症を起こしやすいからです。前述の看護師さんから、高齢者にバンドエイドたくさん気軽

に貼るなんて考えられない。剥がすときのリスク考えて、それほど傷つきやすいの。この

ことは広く伝えないとと言われました。患部やおむつかぶれを洗う時にも、弱酸性の洗浄

剤をよく泡立てその泡でやさしく洗って下さい。その後乾燥しないように、保湿剤(塗り

込むことも刺激なので、ローションタイプのもの)を塗ってほしいとのアドバイスでし

た。高齢者の皮膚は清潔にして、たやすく傷ができることを理解して、傷により感染しな

いように気をつけたいものです。

ヤニとり

先ほど帰られた方、今まで歯の合悪くなっては受診・・という方でした。つい最近タバコ

はやめたとおっしゃるものの、歯の表面ヤニだらけ、歯茎はニコチンの定着が明らか、唇

の色皮膚のくすんだ感じ、どこを見ても長年の喫煙が伺えます。「ヤニとって欲しい」の

ご要望に”表面だけきれいにしても意味ない事。患者さんのからだのなか息までも汚さ

ていて、少しでも早くご縁を切らないと歯が残せないこと”など話しました。初診で

ヤニとりしませんでしたので、次の予約キャンセルかな?と思ったら来て下さいました。

でも、今までの歯科医院が、何も説明せずにクリーニングと称して、ヤニをとったり、研

磨していたようで、患者さんはそういうものだと思っていたようです。ヤニとりしても何

も解決しません。ヤニとりは医療でしょうか?ヤニをとってきれいにしてあげることも

モチベーションあげることにはなりますが、その連続ではお掃除屋さんにすぎません。

それをする歯科衛生士さんも気の毒です。

当院では喫煙者の患者さんに、たばこの害をお話しするときに、「患者さんの健康も心配

ですが、担当する衛生士のからだも守りたいのです」というとびっくりされます。家で吸

わなくとも喫煙所だけで吸っていても、ご自身の肺にたっぷりためたニコチンを周囲に

まき散らしてるんですよと丁寧にお話しして、減塩・禁煙に導いていきます。患者さんが

ご存じなくてJTのCMに惑わされている方に、きちんと事実をお知らせし、私達は患者

さんの歯も体も心配していますと伝えます。根気のいるアプローチですが、最近はご理解

が深まってきました。禁煙が達成されるとうれしいですが、再び吸ってしまうことがあっ

ても、3回くらいはあるようですねと寄り添い、でも禁煙に向かうようにサポートしま

す。歯科衛生士は仕事とはいえ、いろんなリスクにさらされます。一番大きいのが喫煙者

からの受動喫煙と感じています。守ってやらねばなりませんので、喫煙患者さんに禁煙支

援することは、同時に衛生士を守ることにもなりますし、その後のSRPにも貢献しま

す。喫煙してからの歯茎は”マスキングが取れて本当の状況を示す”ので、衛生士の腕の見

せ所です。ここで中山先生にご指導頂いたスキルが生きてきます。当院ではみんなで応援

します。冒頭に話した新患の患者さんは、まず早く直せ直せ!の一点張りでした。今まで

歯科医院が”お口を環境を整える”という認識で話してなかったのでしょう。患者さんも

幸でした。27日の熊谷先生のTVでも、まず直すでなく”お口の中をきれいに整える

の重要性”を伝えられたと思います。喫煙者はすぐにはきれいにならないけれど、こち

も根気よくお話しし、例を示し、患者さんの口腔内写真・レントゲン写真で実感を持

って認識いただけるよう努めなければなりません。その場その場で場当たり的にやること

は解決にはなりません。少なくとも歯科医療ですから、患者さんのお口の中を通して私達

は患者さんの健康を担うことがエンドポイントでなくてはならないと思っています。当院

に初めていらして、「早く処置を急いでほしい」という患者さんを、「お口の中を整えて

から致します、なぜなら・・」という説明に腐心するドクター・スタッフを手前味噌です

が誇りに思います。その方が帰られてから、会計をずっと待って下さった他の患者さんが

「あの方も中央歯科さんみたいに”悪くなってからでなく、悪くならないように歯医者に

通う”っていう歯医者さんに会ってたらよかったですよね。中央さんに来て、真実を知っ

てわかってくれればいいですね」と私共を慮ってフォローして下さるほどに健康感が上

がっていらして、感謝すると同時に嬉しくもあり、健康支援は、真のパートナーシップか

ら生まれると思いました。患者さん方に教えて頂くことが日々山のようにあります。有難

いことです。

くも膜下出血が増えているそうです

急に強烈な頭痛に襲われるくも膜下出血が若い方にも増えているそうです。遺伝的なもの

もあるようですが、いつもと違う頭痛があったら、ためらわずに救急車を呼びましょう。

日常のちょっとした下記のご注意が言われています。

①冬に向かい寒くなるので、起きるときに一気にガバッと起きず、ダラダラしながら起き上ってください

②起きたら温かい飲み物(コーヒーでもOK)をゆっくり飲

③トイレは暖かくファンヒーターをつけましょう

④お風呂に入る時、あらかじめお風呂場の床にお湯をかけておいて冷やッとしないように

こんな些細なことも役に立つそうです。当院では血圧の高い方は、冬になってくると早朝のご予約を控えて頂いています。朝早く寒いうちから急激に動いて、お体の負担を考えてのことです。お口も大切ですが、お体全体に響いては何にもなりません。ご無理なさいませんように。

プロフェッショナルの放送ごらんになって

かねてお知らせのように10月27日NHKプロフェッショナルに、山形県

酒田市の熊谷崇先生が出演され、望まれる歯科医療(世界ではスタンダー

ド)のあり方を全国に示されました。当院ではHPや診療室で放送のご案内

してましたのでたくさんの方が見て下さり、当院がずーっと申し上げている

ことを確認なさった上で、知り合いにも知らせた・ビデオを撮ったので友人

に見せるなど放送後も感動とあらためて、痛くならないように歯を維持する

ために受ける歯科医療というものの認識・自分たちは患者さんとしてどうあ

るべきかといったような共感が波のように寄せられています。私共も熊谷先

生に出会って最初、「むし歯も歯周病も細菌の感染症です」と教えて頂いて

から16年私達や当院の患者さんには当たり前のことでも、ご存じない方

が沢山いらっしゃることを頂く反響であらためて認識し、テレビご出演の意

義を痛感しています。ご覧になれなかった方はNHKオンデマンドでお確か

めください。もう一度再放送を望む声もたくさんお聞きし、皆様がご自分の

お口の健康にご関心の高さがうかがえます。これからも当院は患者さんのお

口の中の情報を患者さんご自身にご理解いただき、又オーラルフィジシアン

として、全身や生活習慣などを鑑みながら、お口の中をどうしたら気持ちい

いように維持しておけるかを念頭に、患者さん方とコミュニケーション取り

お話ししながらすすめていきたいと思っております。高齢になられてもご自

分で召し上がれお話しできて、日常にご不自由が少しでもない事を願ってお

ります。

ワンちゃんにも歯ブラシ!

今週からテレビで、ライオンさんが画期的な商品案内しています。そうです

ワンちゃん達の歯ブラシ・しかもツインヘッド!スゴイ。見るとゴムのよう

な長いブラシでお口の奥の方まで汚れをとり、反対側のいわゆるブラシで

歯茎ケアをしましょうと提案です。10年ほど前ミ二チュアダックスフント

を二匹飼っており、獣医さんがお口のケアを言って下さる方でしたので、当

時から丈の短い仕上げ用のブラシで、二匹に歯ブラシしますと、出てくるは

出てくるは奥歯の方に貯めているご飯の残り!リスじゃないんだから(笑)

と思うほどの量で、ブラシ後は吹っ飛んでお水を飲みに行き、お水のボウル

は食べかすだらけでした。ブラシしなかったらあのご飯の残りをずっとお口

の中に入れといたのかしらと思うとぞっとしました。こんな体験もあって

窓口でワンちゃんの為に、子どもの仕上げ用の歯ブラシを使うことをすすめ

ました。結構評判になって、飼い主の皆さんにペットのケアが広まりその後

デンタルフロスとは言えないまでも、ペット用のフロスの束もお分けして

大変喜ばれ、遊びながら紐の束をカジカジしてるとペットの口が臭くなくな

った!という嬉しいお知らせもいただきました。要するにデンタルフロスで

す。この度ようやく、ペットのブラシが商品化と聞いて、ペットもお口の

ケアが必要な時代になったととてもうれしく思っています。昨今獣医さんで

人間と同じように超音波で歯石とりするようですが、全身麻酔をするので、

その麻酔にアレルギーのあるペットも多く、やもすれば命に係わる歯石とり

になりかねません。日ごろから飼い主さんがお手入れすればそんなにひどい

事にはならないと思います。

ペットも飼い主も口臭ないほうが、互いに気持ちいいですものね。

 

 

目のちらつき

歯科のメンテナンス続けてらっしゃると、自ずからご自分の体に関心がわい

て他科受診の相談をちょくちょく受けます。日頃ネットワークはり、

十分にされて治療を進める、専門の医師に紹介するように心がけています。

最近視野に蚊が飛んでいるように見えたり、暗い場所なのにちかちかと光が

見えるとのお訴えがあります。多くは加齢や近視によるもので心配ないよう

ですが中には失明の原因となる網膜剥離の兆候の場合もあり、眼科で眼底

検査受けて治療が必要か調べたほうがいいようです。治療が必要ない「生理

的飛蚊症」でなく、網膜剥離を引き起こす「病的飛蚊症」は出血したり網膜

が剥がれたりし、その時の出血が墨が飛び散ったような影としてみえます。

影が突然複数見えたり、増えたりする場合は出血してる恐れがあり要注意と

のことです。若い人でも近視が強いと飛蚊症になりやすく「パソコンやスマ

ートフォンなど明るい画面を見る機会が増えたせいか、最近は20〜30代

でも飛蚊症が増えている」そうです。また目は脳の状態を示してもいるので

配でしたら、きちんと検査をして説明下さる眼科医の受診がおすすめとの

とです。歯も大事ですが目も大切ですね。

不調を招く「歯の接触癖」にご注意ください

以前にも書きましたが、上下の歯、無意識に接触させる癖ありませんか?

歯が長時間触れていると、あごの関節や歯に負担がかかり、かみ合わせの違

和感や入れ歯の不調につながることがあるそうです。通常、口を閉じていて

も上下の歯は接触しておらず、わずかな隙間があるのが普通ですが、顎が痛

い、開かないといった顎関節症の患者約500人を調べた医科歯科大の木野

準教授によると、約8割に歯を接触させている共通の「癖」が見つかったそ

うです。軽い接触は長時間化しやすくぐっと食いしばるより問題は深刻化す

るようです。この癖をTCH(Tooth Contacting Habit)と名付けられまし

た。TCHがあると、口の周囲の筋肉が緊張を続け、関節に力が加わり続け

歯や歯肉にも影響が出るようで、通常は、疲れを感じた脳が「歯を離せ」と

命令を出すが、TCHの方はこの命令を抑え込んでしまい、脳が命令を出さ

なくなってしまうのだそうです。「口は閉じていても、歯は合わさっていな

い」と認識ください。この改善には依然お話しした”付箋”が役に立ちます。

”付箋の紙”に「歯を離す」と、気づかせてくれるようにご自分が力を入れが

ちな所、例えばパソコンの周囲や車内、女性でしたらキッチンのお料理する

ところなどに貼ってください。そして貼った紙を見たら力を抜く。これを

繰り返すと次第に上下の歯を離すまでの時間が短くなり、触れると同時に離

れるようになるそうで、コツをつかめば、約3か月で条件反射が戻り治る方

が多いそうです。不安やストレスが高まると顔の周りの筋肉も緊張しTCH

につながるそうなので、ゆっくり呼吸するとか、周りの景色を見ながらの

ウォーキングなどを進めています。他にも原因不明の歯や舌の痛みもTCH

が関与している場合もあるようなので、お口の症状の解決には多方面からの

アプローチが必要です。このようなことがお悩みとなって、眠れないなどの

症状から、誘眠剤・抗不安薬など気軽に飲み始めてしまうケースもままあり

ます。お口の中には体全体からのサインが症状として出たり、生活習慣・

TCHのような何気ない癖が、大きな症状として出る場合もありますので

痛みや違和感は、感じる場所に原因があるとは限らないと承知して、2人

以上の歯科医あるいは医科に受診することうぇおおすすめします。

もしかして

  上下の歯を離そうとすると、まず口が開く方

  上下の歯を離した状態にすると、違和感がある方はTCHかもしれない

ので、まず上記の方法で、付箋を貼ってリラックスを試してみてください。

お口は閉じても、歯は離す” でリラックスしてくださいね。

 

 

 

 

お若くても脳梗塞!

今朝TVはタレントの磯野貴理子さんが50歳で脳梗塞と伝えていました。

幸いご主人がそばに居て早くに気づき功を奏したようですよかったです。エ

ボラが世間を騒がせていますが、お昼間は暖かくも朝夕急に寒くなって、

脳梗塞は誰でもなりうるので以前もブログに書きましたが、今一度

FASTのことを書こうと思います。覚えてらっしゃいますか?

F face お顔の表情です。特にお口周りが左右どちらかに傾いてませんか?

A arm 両腕を上げていただき、どちらかが下がりませんか?

S     speech 言葉が出ない、ろれつが回らない?

T   time 急いで救急車を!★発作がおきた時間をメモって伝えて下さい!

発症から4時間30分内(ゴールデンタイム)なら、血の塊を溶かす薬が使えます。様子見ないで一刻も早く救急車を!

あいにく時間がたってしまっても、8時間以内ならカテーテル治療ができると言われていますが、いずれにしても時間が勝負です。

高血圧・脂質代謝異常・糖尿病・喫煙・・などがリスクと言われていましたが

”女性ホルモンの低下”も大きなリスクと伝えています。女性ホルモンは血管を守る働きが大きいので納得です。女性は若くとも35歳くらいから既に女性ホルモンの低下が言われますので、当院でもお口の不具合・乾燥などいつも注意しています。元気で活躍のお若い磯野さんも、ちょうど50歳と節目の年だったんですね。油断は禁物と今朝のニュースで今一度自覚しましたので、再度FASTのことを書きました。昼間は汗をかくようでも朝夕の気温差が大きいので、皆様も注意ください。 

プロフェッショナル

お知らせしたように、昨夜NHKプロフェッショナルに私どもオーラルフィ

ジシアンを率いる熊谷崇先生が初登場されました。1989年発会早々「短

針は使わない」と宣言したように、スプーンエキスカという器具で慎重に対

応され、”数ミリの削り方の差で歯の寿命が違う”と大事なメッセージをおっ

ゃいました。いつも熊谷先生は理想の形を追求し、手綱緩める妥協はなさい

ません。常に正攻法でブレずに王道を行かれます。最初にお会いした時か

変わらずに更に極めるのも、エンドユーザーである患者さに恩恵もたらす

く歯科医療を提供したいという思いにほかなりません。今までこのような

診療をご存じなかった方も「自分のお口の中と歯を知り、患者さん自ら考え

るようになられると、うそのようにお口の中も変わっていきます」。その為

には私どもが初診時、又折に触れ患者さんのお口の中の資料をそろえて提示

し、患者さんにご自分の口の中に関心持っていただき、共同作業でお口の健

康を守って行くことが肝心です。患者さんだけでも、歯科医院側だけでも駄

です。最後に熊谷先生は”ライセンス(免許)持った者の責任”をおっしゃ

ました。常に前進なさっている熊谷先生の空気に触れると、”プロ”の意味

を痛感し考えます。一度とったらチェックも何もなく通ってしまう国家資格

だからこそ、互いに学びあい検証しあい一歩でも二歩でも前進している

必要です。学ぶことをやめるときは仕事を辞める時と心得ます。大切な患者

さんのお口を診させていただくのですから、プロもその位の覚悟が要りま

す。と同時に患者さんにも権利と同時に義務と言っては恐縮ですが、生

じることをお伝えして、互いに健康維持のパートナーとなれれば嬉しいこと

ですご自分で口の中をコントロールできる、意識の高い患者さんが増えて

くださるように私どものも努力し、プロとして信頼頂くに足る町医者であり

たいと思います。

 

 

 

子供の外傷

小学校で一番多いけがは、擦過傷とのことですが、病院を受診するケガで案外多いのが

口腔内のけがです。友達の頭が当たって歯がぐらついた。転んで唇と歯肉から血が出た、

遊具に歯をぶつけたなど、大出血や歯の喪失がみられるほどではないものの、必ず歯科

医院を受信しています。特に生えかわったばかりの永久歯の場合は、根っこの状態も

よく診てもらい、子供にも親御さんにも一生使う歯だから大事にしましょうと、あらゆる

場面で伝えることも大切と、学校歯科医会もコメントしています。

とはいっても、子供ってまだまだ力加減や、すべて加減ということができないものです。

当院にも保育園・幼稚園・小学校から時々お友達同士でぶつかった!あるいは自転車で転ん

だなどありますが、歯の根が大丈夫かその時点で確認しておけば、そんなに大事には

ならないことが多いようです。意外と多いのが滑り台から落ちて歯が抜けた!とかの、

例です。このような時は、あきらめずに抜けた歯を探して、冷たい牛乳に歯を浸して

持参のうえ、できるだけ早く歯科医院を受診ください。歯の根の部分には、歯根膜という

歯を支える組織があり、とても乾燥に弱く口の外での生存は30分以内といわれていま

す。抜けた歯を触る際にも、できれば歯の根の部分を持たないように気をつけてください

どんなに最良の処置をしても、植えなおした歯が失われる場合もありますが、やってみる

価値があります。いずれにしても、子供が小さいうちはいろいろなことが起こりますが

常日頃から、お食事をよく噛んでおいしさを教え、なんでも喜んでご飯が楽しいという子

供に育ってくれれば御の字ですが、なかなかお母さま方苦労してらっしゃいますよね。

そんなに手をかけたお料理でなく、素材を生かしたシンプルなおかずのほうが存外

喜ぶものです。根気よく頑張ってください。またお家でのお手入(ホームケア)と定期的

な歯科医院でのお手入れ(プロのケア)も、生活習慣としてお続けください。

 

 

薬飲んだら、ぜんそく症状が

最近時々聞くことですが、アスピリンなどの解熱鎮痛薬で、ぜんそく症状の出る方がある

ようです。アスピリンなどで発作が引き起こされますが、その仕組みは諸説あってよく

わかっていないようです。薬が体内に入って30分から2時間の間に、鼻水・せき・呼吸困

難の症状などが出ることを言います。飲み薬だけでなく、坐薬・注射でもあり、湿布や

塗り薬などは皮膚から成分をゆっくり吸収するので、時間たってから発作が起こるようで

す。副鼻腔炎の方でぜんそくのある方には多く見られるようです。息苦しいときや席が止

まらない時には、呼吸器内科を受診してください。その際飲んだ薬を持参ください。症状

を放置して薬を使い続けると、重症の発作を起こす危険もあります。また呼吸困難など

重い症状出た場合はすぐ救急車を呼びましょう。このような方は、食品や保存料でも発作

が誘発されることがあるそうです。歯磨き粉・ガム・のど飴などの強いミントがきっかけの

方もあるようで、当院でご案内の歯磨き粉には、ミントのないものもありますのでご相談

ください。また、お薬手帳を有効に使って、お薬とお薬が重ならないように、のむお薬に

関心持って、医療者とよくお話の上のむことも大切です。自分の体ですから。

人はなぜ甘いものに惹かれるのか?(女子栄養学長・香川芳子さんのお話から)

赤ちゃんから大人まで、また人間以外の多くの動物や昆虫も甘いものが大好きです。甘い

ものに魅了されるのは、生き物としての本能かもしれません。動物にとってエネルギー源

になるものの中で、脳ですぐ使うことができるのがブドウ糖。そのブドウ糖をすぐに作れ

るのが、ブドウ糖と果糖が結合した砂糖です。エネルギーとなる糖をとると脳はすぐさま

反応し、たとえば泣いていた赤ちゃんが泣きやんだりします。「エネルギー源になる甘い

ものがほしい」と脳が特に欲する典型的な例は、おなかがぺこぺこの時、そしてくたくた

に疲れているときなどでしょう。エネルギーが枯渇しているときの甘いものは脳を喜ばせ

、時には体を奮い立たせる効果をもたらします。私たちは普段、何もしなくとも1分間に

1Kcal程度のエネルギーを必要とします。砂糖は1g役4kcalですから、10gで40分

程は持つ計算になります。おなかがすいていて力が出ない、疲れ切っていて何も考えられ

ないというときに、口にした少量の甘いものがエネルギーになるということは充分あり得

ることです。

しかし「脳が喜ぶ、体が元気になる」といっても、とりすぎればそれは害になります。

甘いものを食べ過ぎ、「必要なエネルギーを補う」というレベルを超えると、それは

体内で脂肪として蓄えられるからです。また甘いもののおいしさにおぼれ、脳がその快感

を覚えると、それ以外のものは欲しくなくなってしまう危険も見逃せません。甘いものを

適切に楽しむのはかまいません。でも食べ過ぎると栄養バランスが悪くなることを忘れず

にいてください。食べるなら食事の最後に少量を味わい、それに満足することが、甘いも

のの魅力におぼれないための秘訣かもしれません。

★当院でもお話ししておりますが、食事の後にデザートとして甘いものをとる方法は、虫

歯を予防するためにもぜひおすすめしたい方法です。甘いものがほしいからとちょくちょ

く食べていると、そのつど歯の表面は溶けますので歯にもよくありません。今はやりの

「オフィイスグリコ」というシステムは、会社にいていつでも小腹がすいたらお菓子を口

にできるシステムで好評のようですが、香川先生のお話にあるように、いつでもちょこち

ょこ食べていると、肝心のお食事をきちんと取らなくなるということにもなりかねないの

で、甘いものに限らずちょこちょこ食いはご注意下さい。以上わかっていてもやめられな

い甘いものの体への仕組みをお伝えしました。

肺の病気 「COPD}

タバコを長年吸っていると、咳や痰が出やすくなります。慢性閉塞性肺疾患(COPD)

かもしれません。自覚症状が少ないので、息苦しくなってから受診する方が目立ち、風邪

や喘息と混同され、発見が遅れる場合が多いようです。当院は禁煙支援診療室ですので

折に触れお話ししておりますから、随分皆さん関心を持たれ、禁煙された患者さんまたは

ご家族も多くなりました。いったんCOPDになると健康だった頃の肺には戻れないから

です。COPDは灰に入り込んでいる気管支が炎症でむくんだり、その先で酸素を取り込

む肺胞が壊れたりして、酸素を取り込みにくくなった状態を言います。長期にわたって

ゆっくり進行するため、気づかないうちに徐々に悪化します。最後は命に係わる呼吸不全

に至ります。喫煙者の約20%がCOPDになるとされ、禁煙後に症状が現れることも少

なくありません。また、非喫煙者が受動喫煙によってCOPDになる例も報告されていま

す。当院では禁煙支援するときにも、「残念ながら吸っていた期間がチャラにはならない

のですよ。ですから少しでも早く禁煙を・・」と勧めます。

40歳を過ぎて咳や痰が続くようなら、呼吸器内科のある医療機関で肺年齢を調べて下さ

い。又お口は開けば唇や歯茎の色ですぐ喫煙者かどうかわかります。ですからすべての

歯医者さんがもっと禁煙支援に積極的になれば、かなりの喫煙者を救うことができます。

タバコは虫歯・歯周病の最大のリスクでもありますから、歯科医院がもっともっと親身に

なってお話しして、禁煙できるように力を貸さねばなりません。喫煙していてお口の中は

きれいにはなりませんから。又ご本人の意思が弱くて禁煙できないものでもありません。

依存症ということを踏まえ、早くタバコ(ニコチン)から離脱でき、口臭のないきれいな

お口になるよう願って、当院は禁煙支援を続けて参ります。詳しくはHPインフォメーシ

ョンの禁煙支援ページをご覧ください。一人でも多くのかたが、ちょっとでも早く禁煙の

機会をものにできますように、一本でも多くの歯を残すことが出来ますように、支援し

お役に立ちたいと思っています。ご相談ください。

食べる楽しみをもう一度

先週のプロフェッショナル(NHK)は、訪問管理栄養士の中村育子さんでした。

食は人生を映し出すと、さりげなくさりげなくアプローチして、気付いたら自然に

食べられていた・・という風でしたが、そこまでに周到な準備と検証なさっていました

昨今いわれる、嚥下性肺炎は本当に怖いので、このような管理栄養士だけでなく

摂食嚥下の専門歯科医も携わっていました。中村さんの地道な活動が、寝たきりで

外へ出られなかった方に、「食べるということで人に底知れぬ力を与える」ことを

示しています。しかも強制でなく、本人のやる気を引きだす話術の見事さ。それは

意図してできるものでなく、「何とかして差し上げたい」というお気持ちの表れでした

「口から食べるって、どんなにうれしいかね」とさりげなくにこにこなさる温厚なお顔に

このような方に支えられているんだなあと、老々介護中の私は、頭が下がる思いでした。

接触嚥下の専門、日本歯科の菊谷教授も、「いや素晴らしい。僕たちの知らないことばか

り教えていただいています」と謙虚でした。皆様それぞれに頑張ってらして、私達も

少しでもいただいた知識・知恵をお伝えしようと思います。みんなで種まき種まき・・。

プロフェッショナルに歯科・予防の熊谷崇先生登場されます

10月27日(月)午後10時からNHK総合 プロフェッショナル(仕事の流儀)に

満を持して、山形県酒田市の熊谷崇先生が登場されます。「ぶれない心・革命の歯医者」

として。1998年日本で初めて歯科予防の会が発足し、当院も早速に入会・勉強させて

頂き学びながら今日に至っています。痛みを治す歯医者から、痛くならない為の歯医者

へ。グループを内科的歯科医院・オーラルフィジシアンと名を変え、歯は全身と関係した

重要な器官と位置付けて、生活習慣とともに患者さんの日々の暮らしに寄り添い、お口の

トラブルに煩わされることなく元気にお過ごし頂くために歯科医はある、との考えから

20歳までにむし歯なしの子供を育て、ご高齢になってもご自分の歯で召し上がれる喜び

をお届けする。熊谷先生の確固たる信念に導いて頂き、多くの患者さんにご支持頂いてお

ります。熊谷先生は海外の歯科医からも注目され、現在酒田市民の10%が熊谷先生の

患者さんとか。メンテナンスを広めお口の健康から元気な毎日を願う熊谷先生の哲学。

1998年に虫歯も歯周病も細菌の感染症と初めて知り、基調講演が、免疫学者の

故・多田富雄さんのご講演だった日から16年。まだまだ歯科界は変わりません。私達も

信念をもってこの道を続けていこうと思います。遅い時間ですが、患者さんの幸せを思う

熊谷崇先生の哲学と診療の日々をぜひご覧ください。

オリンピックと口臭?

三連休前、思いがけず夜テレビつけたら、衛生士さんが歯石をとってるじゃありません

か?しかも本格的に出血までする症例。歯周病の特集でした。慌ててスタッフ仲間に

「見てみて!」とメールして、画面にくぎ付け。結構本格的です。

きけばこの患者さん、奥さんに「口臭ーい。”生ごみの臭い”する」と言われた由。いくら

なんでも”生ごみ”と言われたしにゃめげますね・・・・・。ほとんどの歯に6ミリ以上の歯周

ポケットあり、お口のケアしたことないとか。これでは口臭でても仕方ありません。丁寧

にスケーリング(ポケットの中の細菌ごと掻き出す歯石とり)・ルートプレーニング(歯

の表面のデコボコをきれいにして汚れが付きにくくする)をし、赤染めして残った汚れを

指摘していました。定期的にこのような歯茎のケアに通って、出血も口臭もなくなり、

歯茎もピンク色になったという顕著な例を見せていました。もう”生ごみの臭い”なんて

言わせないですよね。ご本人も出血なくなって何より気持ちがいいと、喜んでおられま

した。このところテレビでお口のケアの番組多いのですが、他の局で、海外でもお仕事さ

れるという方が、これからオリンピックに向かっておもてなしと言ってるのに・・・・・と。

何をおっしゃるかと思ったら、よく外人の方から言われるけれど、日本人と「ハグ」

すると「口が臭い!」と。「そんなにですか?」とスタジオのコメンテーター。よく海外

の方とお話しすると日本人の口臭よく言われますよ・・とのことでした。そういえばタバコ

の臭いと口臭、電車で隣の方がそうだったりすると最悪ですものね。ハグとなればもっと

でしょう・・。歯周ポケットの中でエサを食べた歯周病菌は”何かが腐ったにおい”出すんで

すよね。これが生ごみの・・と言われる由縁です。

みんなで、オリンピックまでに歯周病を成敗しましょう。これが一番のおもてなしかも。

 

前歯のお悩み・・

9月の終わり街頭インタビューで、比較的前歯が出てお悩みの方に、インタビューしてい

ました。「前歯の出ている人は痩せている」ということの検証のようでした。何人かの通

りがかりの該当者に、食事してもらったところ、ミニトマトは噛める・ブロッコリーの茹

でた小さな一かけは、口に入れてもうまく噛めない!(結構小さいのですが・・)いつま

でもお口の中にあるとのこと・ルッコラ(新しい野菜・ごま風味でピリッと風味あるもの)

は最後まで噛めないとのことでした。何人かの方が同じご不自由さをおっしゃられ、普段

何でも食べられている私はびっくり致しました。内科の先生からは、「うまく噛めないの

で、唾液も出ず、逆流性食道炎の方も多い」とのことでした。又「下の顎が引っ込んでい

るので、熟睡できない方も多いようです」と、思いがけないご指摘もありました。やはり

お口って大事なんですが、人知れずお悩みの方も多いようです。。

PCやスマホが離せない昨今、逆に咬みこんでいる方も多く、バイトプレート作る方も

増えてきました。このように生活習慣によって、噛み合わせ・お口の中は大きく変わり

ます。お子さんでお口が閉じられず、電車の中でも常にお口を開けている様子も見受けま

す。いつもお口をあいていて鼻呼吸ですと、虫歯も増えるんですよ。前髪を目にかかる

ほど延ばしていると、歯のかみ合わせが変わっちゃうよ!とご指摘の矯正医もいます。

かみ合わせが悪くお友達とお弁当食べたり、給食の時に食べにくいものがあったりするの

も気の毒です。

どうぞあきらめずに、歯科医にご相談ください。又噛み合わせ、矯正など治療を急ぐ前に

まずお口の中のケアをして、良い状態にしてスタートされることをおすすめします。

ノーベル賞快挙

日本人3人のノーベル物理学賞受賞、おめでとうございます。スゴイことですね。

それにLEDのブルーライト。どれだけ私たちの身近に貢献しているか計り知れません。

すごい!すごい!

3人のおひとり、中村修二博士は、この青色ダイオウLEDに成功した当時一介の技術屋

さんで、勤めていた会社は相当な恩恵手に入れたのに、当の中村さんには

手当たったの2万円!!

これでは日本で物理学者が育たないと、会社相手に訴訟を起こされイイも悪いも評判に

なりました。当時私はこの行為に「潔い方だなあ」と思ったものです。その後画期的な

裁判の結果をもって、多少妥協なさったようですが、行動起こした意味はあるとお考えに

なって日本を捨て?カリフォルニア大に移られ教授となられました。今日の受賞の知ら

せに、ご本人だけでなく、ご兄弟ご家族皆様が、この10年の歩みを誇らしげに、感慨深

くインタビューに答えていらして、家族皆さんが生きる矜持をお持ちと感じ入りました。

この中村先生の10年の歩みは、きっと後に続く若い研究者に大いに励みとなるでしょう

85歳の若々しい赤崎教授・フランクな天野教授、どちらも謙虚でいらして、研究が楽

しくて楽しくて仕方ないといった風情でした。2000年の受賞者、カミオカンデの小柴

昌秀先生が、「本当に素晴らしい研究で、価値があります」と嬉しそうにコメントしてお

られました。実は私は小柴先生の隠れたファンで、受賞後わかった小柴先生のお人柄に

すっかり魅了されました。ご出身は横須賀だそうで、高校時は僕は不良だったのよ!と笑

わせ、試験でわからない時もあるほど勉強嫌いでね、「この問題の意味が分からん」と

書いて教室出たこともあるの・・とおっしゃるノーベル賞受賞者で、いっぺんにファンにな

りました。その後お祝い金を、後進のために寄付なさって基金を作られるなど、本当に

素晴らしい方です。STP細胞のあと、何かと物議を醸しだしていた基礎の分野で

このような3人お揃いになっての受賞は、日本人としてまことに誇らしい思いです。

錦織君の活躍といい、世界に通ずるグッドニュースは元気を頂戴しますね。

おめでとうございます!

ボケない薬は食卓にあり

日本人は平均寿命が男女平均84歳と世界一長寿一方、日常生活を制限なく送れる

“健康寿命”との差が広がっていると言います。要介護となる原因の2割近くを占める認知

症について、食事での予防法を精神科学者・功刀(くぬぎ)浩さんのお話です(栄養と料

理11月号より抜粋です)

・こころと体は切っても切れない

・エネルギーと塩分の取り過ぎに注意

・肉か魚なら魚をすすめるも、偏るのは本末転倒

・バラエティ豊かな食事を楽しむことが大事

・介護が必要となる原因は様々だが、男女平均で最も多いのは脳血管障害・次いで認知症

特に男性は脳血管障害、女性は認知症が最も多い原因

そこで、功刀さん作成の「ボケない為の食生活習慣10か条2014」です

1 食べ過ぎて おなかは出ても 脳萎縮

2 海の幸 エイコサドコサ 脳の華

3 だしじょうず 減塩和食 +(プラス)乳

4 ビタミンE サプリでなくて 食事から

5 赤ワイン お茶とカレーで 老い知らず

6 カナメでも とりすぎ注意 鉄サプリ

7 寝る前の 水分補給で 命拾い

8 適量の お酒は○でも たばこは✕

9 歯を保ち 食事はよく噛み ゆっくりと

10 知ってても 意志が弱けりゃ 意味がない

サプリメント利用も増えているが、特にビタミンEは食事からとる重要性が指摘されており、又鉄・銅などのサプリは取りすぎるとアルツハイマー病のリスクが高まることが指摘されているので現状は「食事からとることを優先した方がよい」というのが功刀先生の見解です。どうぞ参考になさって下さい。まずは出来ることから実践!でしょうか。詳しくは雑誌「栄養と料理」を参照ください。私達歯科でも、医科・栄養・言語療法士など医療の各分野の方々との連携が始まっています・・・。

 

目も若く・紫外線や喫煙は敵のようです

最近お菓子の包みの中に商品案内が入っていたりすると、結構洒落ていて、茶色の紙に金

文字だったりして、友人の間でも読みにくくなったという声を聞きます。これは「水晶体

の濁り」のせいだそうです。水晶体は、クリスタリンという透明なタンパク質でできてお

り新陳代謝はなく、生まれた時のまま、一生使うのだそうです。透明な水晶体は、加齢に

より次第に濁り、濁りによって視力の落ちた状態が「白内障」です。この濁りを防ぐには

まず、紫外線予防。UVカットメガネで目に入る紫外線は3割減。帽子や日傘を加えると

8割も減るそうです。又、ビタミンCが有効のようで、食事でビタミンCをよくとる人は

少ない人より白内障のリスク4割少なかったそうです。サプリメントではこのような

効果はないそうです。

喫煙は最悪です。白内障だけでなく、失明につながる加齢黄斑変性のリスクも4〜5倍に

跳ね上がるそうです。ビタミンCたっぷりのお食事に禁煙。紫外線予防。気になる症状あ

る方は少しでも早くなさった方がいいですね。

ユマニチュード

今年の夏は本当に暑かったですね。病院にいる両親を訪ねる際、地下鉄降りて地上にあが

ってちょっと歩くだけでも、しっかり腕など真っ黒に日焼けしました。皆様はいかがでし

ょうか? その暑い中とびっきりの本に出会いました。ちょうど93歳の父をみている

私には、目からうろこ! すばらしい本なのでダイジェストでお伝えします。

フランス人の体育学者イブ・ジネストとロゼット・マスコッティが開発し、日本の認知症ケ

アに於いて近年急速に注目されている技法です。いささか眉唾と感じる向きもありましょ

うが、なにしろ、手におえない暴力的な人が穏やかになり、拒んだ食事や入浴を受け入れ

るようになり、寝たきりだった人が立ち上がって歩き出す、というのですから本を読んで

技法の細部を知れば納得できるでしょう。

「見つめること」「話しかけること」「触れること」「立つこと」を基本として150以

上の具体的な方法論があるようです。また日本の介護現場での実践を否定するものでもな

く「人間とは何か?」という哲学のもと、いま目の前にいる人と、いかに関係するか。こ

の「現実性」と「固有性」への配慮、すなわち知覚・感情・言語による包括的コミュニケー

ションに基づいたケアの技法です。

病院はどなたもご存知の”病気を治す場所”です。しかし患者さんが脆弱な高齢者である場

合、疾患を治しても、その方の健康を取り戻すことは出来ない事を、多くの方が実感して

います。例えば肺炎で10日間入院の間に歩けなくなったり、食べられなくなったり、認

知症状が出たり、治療の意味がわからず自分で点滴を抜いてしまう方とか・・。

このような状況が普通のことになりつつあります。要するに入院の直接の原因となった

疾患は治っても、自宅での生活に戻ることができなくなる場合が少なくないそうです。

そもそも今までの医学は、治療の意味が理解でき検査や治療に協力してもらえる人を

対象とし、高齢で認知機能が低下した方々にどのようにすればいいかわからなかったので

す。Humanitude(人間らしくある状況)とは、様々な機能が低下して他者に

依存しなければならない状況になったとしても、最後の日まで尊厳をもって暮らし、その

生涯を通じて”人間らしい”存在であり続ける事を支えるために、ケアを行う人がケアの

対象者に「あなたのことを、私は大切に思っています」というメッセージを常に発信する

つまりその人の”人間らしさ”を尊重し続ける状況こそが「ユマニチュード」の状態です。

人は他者から人として遇されなければ「人たる特性」を持つことができません。あなたが

私を人として尊重し、人として話しかけてくれることによって、私は人間となるのです。

私がここにいるのは、あなたがここにいてくれるからです。逆に、あなたがここにいるの

も、私がここにいるからです。何が中心にあるべきか?誰かのケアをするとき、その中心

にあるのは「その人」ではありません。ましてや、その人の「病気」ではありません。

中心にあるのは、私とその人との「絆」です。「人と人との関係性」に着目したケアの

技法・ユマニチュードをご紹介しました。

肺炎が増えているそうです

秋のお彼岸も過ぎ急に涼しくなりました。お昼間は陽ざしも強いですが、夕方になると

ポトンと一気に涼しくなり、羽織るものが必要ですね。風邪ひいてる方もおおいようです

昨日の呼吸器専門医によると、この一週間で肺炎が倍増とのこと。1週間で急変し死亡す

る例もあるです。肺炎あなどれません。

その原因の一つに抗生物質の乱用指摘されていました。日本では簡単に手に入り、風邪気

味で内科に受診するとまず「抗生物質出しときましょう」となるけれど、風邪は本来抗生

物質で治るものでないことを覚えておいてほしいとのことでした。

こんな症状があったら、受診くださいというのを書きます

・緑色の淡がでる

・2週間以上乾いた咳が出る

・寝ているときに咳込んで目が覚める

・普段の呼吸で胸が苦しい

・顔色が悪く紫色っぽい

上記の症状お心当たりあれば受診なさったほうがいいようです。

昨今広く伝えられている”誤嚥性肺炎”を防ぐことも大切です。これには何よりお口の手入

れ、歯磨きです。お口の中を丁寧にやわらかい歯ブラシで毎食後お手入れすることは。

肺炎予防にもなるんですよ。部分入れ歯の方・総義歯の方にも当院では、念入りな

お手入れをお願いしています。

また当院ではスタッフと「あいうべー体操」をやりますが(すごい顔ですよ!)

この日は”あかんべー体操”というのを進めていました。舌を少しだした状態で、そのまま

5回唾を飲み込みます。この運動?結構大変です。ぜひ肺炎予防のためにやってみて

ください。秋の味覚もにぎやかに店頭に並び始めました。色の濃い野菜や土の下の野菜

(根菜類)など旬のものは栄養価が高く美味しいです。私たちの体は食べたものでできて

いますね。最近はずいぶん知られましたが、「肺炎球菌ワクチン」も有効です。自費で

9000円ほどかかりますが5年有効です。ぜひかかりつけの先生にお願いしてワクチン

取り寄せていただき接種を受けてください。お口のケアは、肺炎・心臓病すべての病気の

予防につながります。ぜひ習慣になさってください。

当院に頂いた日野原先生からの色紙の言葉を久しぶりにご紹介いたします。

      「習慣がつくる、心もからだも」です。

高齢者の皮膚の傷・介護中、腕をつかんだだけでも!

高齢者は腕や足を軽くぶつけたり、こすっただけで、皮膚が裂けるほどの傷になることが

あります。加齢や薬の副作用などで皮膚が薄く、もろくなっているためです。こうした

外傷を「スキンテア」と呼んで、予防に力を入れる動きが広まっています。日本では

まだよく知られていないそうです。看護師さんや家族が、高齢者の腕や足に傷があるのを

見て「虐待されたあとではないか」と誤解するケ―スもあり、介護する人たちに実態と

予防法を知ってほしいということで概略をお知らせします。高齢者に多い皮膚の外傷

として豪州などで注目されてきたが、日本では知られおらず、実態調査が始まったところ

だそうです。

日常の何気ない刺激が引き金になり、例えば、ベッドの柵に手足をぶつける、着替えで

衣服がこすれる、絆創膏をはがす、などです。介護する人が腕を強くつかんだだけで

起きる場合もあるそうです。高齢者の肌は、新陳代謝の衰えや弾力を保つコラーゲンの

減少の為薄くなっており、皮膚各層の結合がもろく、はがれやすくなっているのだとか

特に注意したいのは、ステロイドや抗凝固剤・抗血小板薬を使っている人たちで、ステ

ロイドは長く服用すると皮膚が薄くなる副作用があるそうです。抗凝固剤などは皮下出血

がおきやすくなり、いずれもスキンテアになりやすいようです。

そしてスキンテアの場合、処置にも注意が必要なので、皮膚科の専門医を受診する方がい

いようです。ガーゼ交換を素人考えでやって一緒に皮膚をはがさない為です。デリケート

なんですね。

予防として、普段から「肌の保湿も心がけて下さい。その際クリーム状は肌になじませる

こと自体が刺激になり、逆にスキンテアの原因になりかねないので、高齢者の肌の保湿に

はローション・スプレー状のものが望ましい。大事なことは肌に余計な刺激を与えないこ

とだそうです。ベッドの柵はタオルで覆い、体位を変えたり車いすに移したりする時には

なるべく二人以上で支えて腕や足をぶつけないように注意が必要。

スキンテアは注意すれば防げるので、このことを広め伝えて認識することが必要とのこと

でこの場でお伝えすることにしました。

詳しくは日本創傷・オストミー・失禁管理学会サイト

    http://www.etwoc.org/ の「テアについて」に載っていますが、専門家向け

    なので、訪問看護師や皮膚科専門医にご相談下さいと案内されています。

一人でも多くの方が知っていることで、ご高齢者の安全とQOLが保たれればよいですね

 

デザイン

2年くらい前だろうか?軽井沢に全寮制のとてつもない学校ができると聞いて、その代表

が小林りんというステキな若い女性と聞いてまたびっくりしていた。又、エドワード鈴木

いうこれまたカッコいい方も参加すると耳にして、いったいどういう学校なのか?と興味

津々でした。いよいよ8月末開校したそうで生徒の7割は留学生だそうです。インターナ

ショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)変革をもたらすリーダーを育てる

全寮制国際高校だそうです。大きな特徴は「デザイン思考」を教育に取り入れていること

で、デザインというと、日本では製品デザイン言う狭義の意味にとらえがちですが、空間

サービス・そして社会と実は広い。自ら問題を発見して実現可能な解決策を考えるのが

デザイン思考というそうです。

リーダーに求められるのはまさにこの問題設定能力と、失敗を恐れず取り組む実行力だそ

うで、デザイン思考を通じて身に着けてほしいというのがこのスクールの大きな目的。

こういう経験を経ると、何でも変えられるんだという実感、いわば全能感のようなものが

出てきて、一人ひとりの子供がそうした感覚を持てば、世界は確実にかわると思うとのべ

ておられます。デザイン思考は「教室で教えて終わり」ではなく。全生徒、全教員、全ス

タッフが日々実践し続けるものとの徹底した取り組みは世界からも注目のようです。でき

ないと思うからできない。むしろ変革の機会なんだと捉えることが大切と説く若きリーダ

ーが、とてもさわやかで力強く感じたことでした。今後が楽しみですね。

いやぁ、参りました!

休日、介護中の両親訪ねるべくタクシーに乗りました。とても感じいい運転手さんで

あっよかったと思ったのもつかぬ間。「○○タクシーの△△と申します」とあいさつ下さ

った瞬間、フワーッと漂う強い口臭! いやぁ参ったなあーと思うと同時に喋る喋る・・。

きっとご本人はご自分の口臭など気にもされていないのでしょう。「エアコンに強いので

窓を開けさせて下さい」とスルスルと窓を開けて息つきました。すると運転手さん。「エ

アコン強いなら弱くしましょうか?」とあくまでもご自分の口臭の強さにお気づきでない

ご様子。「いいえ、風に当たりたいの。今日は気持ちがイイから・・。」と必死な私でした

た。寝たふりして居りましたが、話し好きの運転手さんしゃべる喋る・・。とうとう私さり

げなくお話ししようと決意し、「私歯科医院で仕事しているんですが、最近は痛くなくと

もさしたるご不自由がなくとも皆さん定期的にケアにみえ、必ず次のケアの予約を取って

帰られます。今は2歳くらいのお子さんもお母様達に連れられて、楽しくケアに見えるん

ですよ。気持ちがいいと言っていただけて、こちらも喜んで頂けてうれしいんです。特に

昔歯槽膿漏と言った歯周病は、沈黙の病気で、症状出さずに進行するし。糖尿病・心臓病・

骨粗鬆症などおからだとの因果関係がはっきりしてきたので、皆さん随分気をつけておら

れ、ご理解が深まって嬉しい限りです」と話しましたら、「そうか、そういえば歯医者さ

んって随分行ってないナア。どうやっていい歯医者さん探せばいいんですか?」と嬉しい

質問が来ました。「そうですね。まずお口全体をよく見て、患者さんのお口の状況の資料

をとり、説明してくれるところ。急いで削ったりましてやすぐ歯を抜いたり、詰めたりし

ないところ。勉強している歯科衛生士さんが常駐している事。表面だけでなく見えないと

ころの歯石を丁寧にとってくれるところ。歯だけでなく病気の事・飲んでるお薬などに配

慮してくれるところ。自分のできない治療は専門家に紹介してくれる先生」と思いつくだ

けお話ししました。この間も車内には十分な(笑)口臭が充満です! 「そんな歯医者い

ないですよ」「いいえ、私達の仲間だけでも全国にいるので探してみて、ダメっと思った

らさっさと替えて大丈夫です。大切なご自分の、からだの一部であるお口を診てもらうの

ですから・・とお話しするとおわかりになったようで「ありがとうございます、勉強になり

ました」とおっしゃいました。余談ですが、ご主人様が退職しておうちにいられるように

なって、奥様方が一番気になるのが「口臭」という調査もあります。そばに居るようにな

るとにわかに気になる口臭。今では若い方で口臭を気にしない方は皆無と言っていいでし

ょう。あえて団塊の世代の皆様、一度歯科医院にいらしてお口のケアを受けさわやかなお

口で、元気に楽しくお過ごしください。この口臭の強い運転手さんと長距離でしたら多分

私卒倒してました。いやー久しぶり横綱級の口臭!

あの狭いタクシーの車内ですからね・・。電車の隣の席に口臭の強い方がいてあくびでもさ

れたら、息止めますよね!他のスタッフからもよく聞く話です。電車内でもそんなんです

から、タクシーの狭い車内。サービス業以前の問題ですね。

 

ファシリティ・ドック

先ほどまでお問い合わせで、ホームページつながらなかったそうです。今朝のTBS放送

ファシリティ・ドック。どなたも関心持ってご覧になったことでしょう。盲導犬・聴導犬と

は異なるこのファシリティドックは、病院など毎日同じ施設に勤務するスタッフとして

扱われ、業務として活動行っている点です。まだ日本ではたった2頭。その理由もお話聞

けば聞くほど納得致しました。ぜひ価値が認められ広まるように、私共も微ながら協力し

たいと思いました。今朝初めて知った情報を、HPから引用させて頂きご紹介します。

・ファシリティ・ドック

ストレスを抱いた人々に愛情と安らぎを与えるように専門的に訓練された犬です。主な仕

事は、知らない人に自分のからだを触ってもらい、それを楽しんでもらうことです。特に

子供は動物を抱きしめることが大好きで、このスキンシップには子供たちのストレスを減

らし、元気づける効果があると研究により明らかにされています。大きな特徴は、病院な

ど毎日同じ施設に勤務し、その施設の個々のニーズに合わせた活動を行え、多くの時間を

同じ犬と繰り返し過ごして頂けること。勤務する施設のスタッフとして扱われ、患者さん

との交流などを業務として行うことです。

2010年1月 静岡県立こども病院に 犬の名前 ヨギ が

2012年7月 神奈川県立医療センター 犬の名前 ベイリー が 緩和ケアチームの

一員として活動を開始しました。そのハンドラ―は、お二人とも臨床経験ある看護師で

犬とともにハワイで訓練を受けました。この犬の選定に当たっても、5代にわたり調べて

からなど、非常に慎重に条件をクリアしたうえでなされる訓練だそうです。現在日本で

「シャインオン・キッズ」という名前で活動されており、前身はタイラー基金。タイラー

という子供の患者さんのお名前からスタートし、ICCCPO(国際小児がん親の会連盟

)とタイアップされている非営利NPO法人です。受け入れ病院の看護師さんによると

ファシリティ・ドックが来て以来、小児の患者さんがオペする際も鎮痛の麻酔だけで済み

鎮静の麻酔は不要になるなど、大きく貢献しているようです。ただいてくれる安心感は

凄いものですとおっしゃっていました。世界でもまだ100頭だそうです。

日本に未だ2頭しかいない実情には、様々な困難があるからでしょうが、今日の放送で

ひとりでも多くの方に伝わったと思いますので、小さなことでも出来ることがあれば是非

にご協力したいと思いました。ダックスフントの夫婦を17年にわたり飼わせてもらった

私達も、どんなに言い表せぬ癒しをもらったか計り知れません。ましてや小さなお子さん

の厳しい病気が増えている現在です。すばらしいトレーニングを受けた犬が、ご理解い

だける人々に迎えられ、病魔と闘う小さい子供たちにお行儀よく寄り添うのです。今日

初めて知ったその”ファシリティ・ドック”という犬の存在を、このブログ読んで下さった

お一人でも多くの方に伝わったら嬉しいことです。

私も拝見できてラッキーでした。

フィンランドからのお便り

急に涼しくなったものの、まだまだ残暑のある日本ですが、今日思いがけず「サンタさ

ん」の切手はった絵葉書が届きました。親しくさせていただいる企業勤務の歯科衛生士さ

んから。どうもフィンランドに研修にいらしてるようです。これからヘルシンキの歯科教

育と高齢者施設を訪問予定。現地でも人手不足・職種間の連携の難しさなど話題に上って

いるようです。フィンランド研修の参加を促したのが、稚拙なこのブログの中の

「聞くと見るでは大違い」という言葉だったとお便りに書いてあって、大変恐縮すると同

時に、そのあとの言葉「日本とは異なる視野を持つことができ、参加してよかった」の

うれしい感想でした。自分の国を出て外から見てみると、本当に多くのことに気づかされ

ます。可愛い子には旅させよ・・を地で行くうれしいお便りに、今後の彼女の活躍をもっと

応援したくなりました。私も行ったことのないフィンランドの景色がたくさん載った絵葉

書は今の気温はどのくらい?夏なの?秋なの?トナカイは見れるの?想像するのも楽しく

思いを馳せました。現地の方と交流し十分楽しんで、気をつけて帰ってきてください。嬉

しいお便りありがとうございます。何度も読み返し夢見させて頂きました。

 

娘達からも感謝しております

昨日ご来院の奥様。もう何年のおつきあいになるでしょうか?この方は昭和8年生まれ

ご主人様は昭和6年生まれ。お二人そろって2病息災?ですが、お元気になされて

きちんとお口のケアに通われています。それにしてもご主人様いつもおしゃれでらっしゃ

いますね?と申し上げると、若いころは洋服の仕事してたので着るものにはうるさいんで

すよ、とのこと。納得!いつもこぎれいにされ、帽子もかぶってこられ脊柱管狭窄症が

あるとはいえ、いつも穏やかになさっておいしく召しあがっているようです。そうそう

中央歯科さん・院長先生にお礼を申し上げねば・・とおっしゃるので、何のことかとお聞き

すると、この夏娘達がお盆で帰りました時、”あれほど、多いときは2箱吸っていた

タバコ。お父さんよくやめてくれたね。歯医者さんのおかげだね”というんですよ。本当

にこうして食事もとれてまあまあ暮らせるのも、あの時禁煙させてくださったから。あり

がとうございましたと深々と頭を下げられました。かえって恐縮しました。HPの禁煙コ

ーナーにも書きましたが、当時の禁煙サポートは、「支援」とは程遠く、「指導」そのも

の。禁煙させてあげたいという未熟なサポートで、ずいぶん失礼もあったかと思います。

でもご理解くださって禁煙成功された。歯もたくさん残って、お孫さんに「おじいちゃん

臭ーい」といわれることなく、おいしく召し上がって、元来のおしゃれな方がお歳召して

もきれいなされている。娘さんたちに喜ばれ歓迎されている。このことだけでも禁煙

支援していてよかったなあと思ったことでした。つたない支援を受け止め、お元気に

していてくださりこちらこそ感謝です。これからもお元気な毎日をお送りいただけるよう

にご一緒にまいりましょう。

 

歯医者さんにほめられる歯に (CMより)   うん?

最近、気になっているCMがあります。

何人かの歯医者さん・歯科衛生士さんが患者さんに、「ここ磨けてませんねェ」「ここ汚

れていますよ」と細かに指摘するCM.挙句の果てに上記のような

”歯医者さんにほめられる歯に” というコメントが流れるのです。

ギョッとしました。

私達こんな風に、プレッシャーかけているのかしら?

歯をみがくのは誰の為? 歯医者さんにほめられるため?

へそ曲がりの私は、しばし考えました。予防歯科?なるものが広まって、定期的に

歯科医院を受診する方が増えました。それはそれでいいことですが、何のため?

誰の為?でしょうか・・・。

ほめられないより、専門家にほめられた方が嬉しいけれど、私達、臨床の現場では

CMのように申し上げても、前後の会話があります。例えば、前回ご指摘した○○

よく磨けるようになりましたね、おうちで鏡を見て頑張られたんですね・・・とか。

ここに汚れ残っていますが、どなたでも磨きにくい個所ですよね。ここにはこのような

ブラシを使えば届きますよ・・・とか。例えば頑張ってらっしゃるのに、思うように汚れが

取れない高齢者の方などには、よくやってらっしゃることをお伝えし、入れ歯についてる

汚れ、歯の汚れが「見えていらっしゃらない場合も多い」ので、お気持ち損ねないように

お伝えする様にしています。歯ブラシを握る握力ない方も増えていますし、ペットボトル

のキャップが、あんな簡単なことなのに開けられず難儀する方も多いようです。先日

ブログに書いた「サルコぺニア」「フレイル」の状況かもしれません。それにこのCM

ちょっと引っかかるのは、歯医者さんだってそんな偉そうに言えません。私共専門に仕事

しているものですら、自分のお口の中を完璧にきれいにできる人はそう多くはないはずで

す。こう言うと「なーんだ!」ということになってもいけませんが、そんなに偉そうに言

えるほど、お口の手入れ簡単ではありません。だからこそ専門の私たちが居てお世話さ

せていただくわけですが、CMのように当院では申し上げられません。それより

なぜ磨きにくいか?どうしたら汚れを落とせるか?汚れが残っているとなぜまずいのか?

ご本人のお気持ち察しながら、プレッシャーや嫌にならぬようにお話したいと考えていま

す。もしそうでない時にはどうぞご指摘ください。話し方・説明の仕方を勉強し直し工夫

したいと思います。

歯科の予防の目的は何か!

患者さんの消化器の一部である大切なお口を、生涯にわたって美味しく召し上がれるよう

に整えるお手伝いを「プロとして」して差し上げることです。食べるだけでなく、大きな

お口を開けて口臭などなく大笑いできること、楽しくおしゃべりできること、明瞭なお話

が出来て意思疎通がはかれ、ご高齢者になっても尊厳もって生きていかれることのサポー

ㇳです。ですから当院は、オーラルフィジシアン(内科的歯科医院)として、お一人お一

人の生活場面を伺いながら、ご存じない事をお知らせし、お口のお手入れなど無理のない

生活習慣の改善をご案内して、お役に立ちたいと思っています。お話しすることご案内

するお手入れが少しでも効果をあげて、大切なことは”続けていただくこと”です。今後も

其々の生活状況・身体状況・他科の受診状況・服薬状況などを伺いながら、皆様にお役に立

つ、生活に根ざした中央歯科でありたいと思います。当院でもお役に立てないこともある

かもしれませんが、ご不安・お悩みありましたら遠慮なくお問い合わせください。

 

放散痛

暑い暑いと言っていたら8月も末。アブラゼミが力いっぱい鳴いて、地面に横たわって

います。今日の朝は25度、急に涼しいとしのぎやすいのと同時に、体調管理が大変です

。昨日テレビで、見逃されやすい心筋梗塞の兆候をやっていました。

特に見逃されやすいのが、”冷や汗・歯の痛み”だそうです。

他に、肩こり・手の小指、のどの痛みなども心筋梗塞の症状としてあるようですが、通常

疲れなどでも起きやすい事なので見逃されてしまいますね。このような痛みを「放散痛」

と言うそうです。つまり原因は心臓であってもまったく関係ないところに症状として出た

らわからないですよね?では、どのように判断すればいいのかと言えば? 例えば横断歩

道を走って渡り切ったら、又運動時に上記のような症状が出たら・・、平地では起こらない

のに上記のような症状が出たら?・・心臓の予兆? と知っておくだけでもちがいますね。

この夏も昨年同様の猛暑でどなたもからだが疲れ切っています。暑いうちは水分とって・

睡眠とって・・と注意していても、ちょっと涼風吹くと安心して、気を抜いてしまいます。

こんな時こそ要注意。着るものを調整するのはもちろん、栄養のあるもの・色のきれいな

ビタミンカラーの食材など、積極的にとられて暑さでクタクタのからだを労わって下さい

。焼き肉・ラーメンも魅力的ですが、この猛暑に、普段より水分大目にとった胃などは

意外と疲れています。胃の具合やお腹の具合を見ながら召し上がってくださいね。

先日知り合いが、背中が痛い!と救急車で運ばれたら、大動脈瘤破裂でした。からだの痛

みが「放散痛 」とはとっさに思わないかもしれません。大したことなくとも、アレっな

んだろう?と思うことあったら、素人判断しないで病院へ。からだのサイン見逃さないよ

うにしましょう。

広島の皆様お見舞い申し上げます

広島の災害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。いまだ不明の住民の方もお

られ、ご家族に於かれましてはどれほどのご心痛かとお察し申します。自然災害の恐ろし

さを目の当たりにすると同時に、いろいろな問題も浮かび上がってきて検証が始まろうと

しているようです。しかしながらこの暑さの中で、あの泥流の後片付けのご苦労はいか

ばかりかと・・。おトイレはどうなさっているのか?お食事はいかがなさっているのか?

暑さや作業の中で汗びっしょりでしょうに、着替えはどうされているのか?心が痛みます

自分と言えば暑い暑いとこぼしながら、普通に食事をしシャワーも浴び寝苦しいと言いな

がらも自分のベットで休める幸せ。感謝しつつお届けできる新しいタオルや役立つもの

はないか?家の中を探しています。昨日は小学生のお友達を見送るまだまだ小さな同級

生たちの数珠を握りしめて泣く姿にもらい泣きしました。ボランティアで片付けに参加

する高校生の汗びっしょりの活躍も見ました。いつもながら自衛隊の寡黙な救出作業も

頭が下がります。総理が現状視察もいいですが、大臣がまず・・もいいですが、このような

総理や大臣はまず実際的な早急の手を打たねばなりません。ボランティアに頼ってはなり

ません。国のシステムづくりが望まれます。救急のドクターが、今回お役に立てることが

少なかった!というほど一瞬の出来事で命を落とされたことが明らかで、一時救急が出

来なかったと悔やむと同時にそれほど急な災害の恐ろしさを語っておられました。

土壌のこととか、建築基準の問題とかいろいろ明らかですが、行政の速やかな対応と開発

や建築への、気候風土の変化に合わせた細かな取り組みと規制が必要です。医療もそうで

すが、明治以来そのまま野放しの案件とか?政治の裏で取引していないで、公僕として政

治家は仕事をしてほしいと思います。カッコつけていないで、しかるべき時にしかるべき

ことを行動に移してくれてこそ私達の代表と言えるのですから。

自分達の恙無い日常に感謝しつつ、被災地の皆様に心からのお見舞いと応援の気持ちをお

届け出来れば幸いです。

今回の急な災害で亡くなった方々へ衷心よりお悔やみを申し上げます。

患者のため「神様が用意した人」

この6月、医師・水俣病研究の第一人者 原田正純さんが亡くなられた。この原田さんに

ついては何度かニュースでご尊顔を拝していたものの、これほどの方とたまたま拝見した

ドキュメンタリーで知りました。また二度続けて再放送に遭遇し、どれほど患者さん方の

心の支えであったか深い感動をもって見ることになりました。

「どうせ治らん、来んでいい」駆け出しのころ、水俣病患者さんに言われた言葉が原点と

のことです。治らない病を前に、何ができるかという自問が水俣病研究の第一人者へと

成長させたとということでした。「何度も見れば、ヒントがある」と患者さん宅を回り

医学の定説を覆す胎児性水俣病を立証。現場主義を貫き、カナダの水銀やタイのヒ素など

20か国以上の被害者もご覧になったようです。感覚が鈍いのは頚椎症、視野が狭いのは

心因性・・。水俣病の特徴的な症状をバラバラに分け、被害を否定する御用学者の在り方を

「専門家の常識は世間の非常識」と批判し、カネミ油症、ベトナムの枯葉剤など、汚染が

子供に及ぼす被害の研究に力を入れられました。

2006年脳梗塞で倒れ、両目の視野を半分失うと「患者さんの気持ちがようわかる。病

気してみるもんだ」と得心したように話し、翌年の食道がん後も「生き証人の記憶ば残さ

んと」と。一昨年血液のがんになっても被害者らと教訓を語り合う対談企画にとりかかり

その教訓を語り継ぐ決意を水俣病患者の長男から聞き出すと、記者を呼び出し「日本の

教訓は人類の遺産。まとめよろしくね」と息を引き取られたとのことでした。悲報を受け

た患者さんの父君は「先生が一番の支えでした」とたたえ、40年来の友人はポツリと

「水俣病という不幸な事件に、神様が用意した人でした」と。

幸運にも2回も放送を拝見できて、傍によりそう奥様の「夫の宝くじに当たった。大好き

な夫」との言葉に照れ笑いの原田先生の穏やかな笑顔が印象的でした。

このような方がいらしたこと心から尊敬申し上げ、どれほど患者さん方の救いであったか

と勉強になることばかりでした。いつかこのドキュメンタリーの再放送ありましたら

ぜひ気に留めておいてください。

人生案内から   (7月11日朝日新聞より抜粋)

★口臭ひどい夫 通院も拒否 (北海道 N子さん)

40代の会社員女性、夫の口臭についての相談です。歯石の臭いというかともかく口臭

がします。もう10年ほど「頼むから歯科医で歯の掃除をしてください」と頼みますが

その度にケンカになります。「君に言われて行く気がうせた」というので一年ほど頼まず

にいましたが行く気配はゼロ。泣いて頼んでもダメでした。言うと怒るので、さりげなく

離れたり、鼻に手を当てたりしています。私もまだ愛してる夫を「臭い」と思いたくない

し、このままでは関係が覚めていくのも時間の問題、入れ歯になるのもいやです。最近は

自分の感覚をマヒさせればいいかと私の酒量が増えましたが、夫の問題だから放っておけ

という気持ちと自分も迷惑なので放っておけないという気持ちのはざまにいます。

★返答 増田明美 スポーツ記者

あなたにこんなに愛されているご主人は幸福者。でも愛されているうちが花だと気づいて

欲しいですよね。よく「夫婦は空気のような存在」といわれますが、その空気が臭かった

ら気になります。言われてムキになるのは夫婦間だという甘えがあるからでしょう。でも

口臭は周りが迷惑なだけでなく、本人の為にも原因を突き止める必要があります。虫歯や

歯槽膿漏も考えられますが、内臓が悪いのかもしれません。自分から病院に行ってみよう

と思わせる作戦が必要です。

作戦 その1 ご主人が可愛がってる甥っ子や姪っ子さんはいませんか?ご主人の膝の上

に座ったら「おじちゃん、くちゃーい」と鼻をつまんで言ってもらいましょう。

作戦 その2 ご主人に姉妹がおられれば、次回会った時に「胃が悪いんじゃないの」と

口臭を指摘するというより、体の心配を前面に出してもらう。家族よりもちょっと距離の

ある人からの忠告が効果的だと思います。誘導作戦成功を祈ります。

 

 

混んだ電車、狭いエレベーター内などで時々感じる強い口臭。オシャレな方だったり

ビシッとしたスーツ姿の男性だったりするとなおの事がっかりします。昨今お口の

ケアは率先すべきエチケットと感じています。 さて、あなたならどうなさいますか?

 

猛暑の中で・・

猛暑です。電車に乗っても歩いていても、ペットボトルお持ちの方が多く皆さん脱水しな

い様に気をつけているのが見て取れます。でも中には、桃のジュースとか、甘い甘い炭酸

お飲みの方も見受けられ、お疲れで甘味が欲しいのでしょうが、歯医者としては気にな

ります。先日朝早く病院に行くため乗った電車では、若いカップルが、おいしそうな果物

ジュースやヨーグルトドリンク、はてさてレーズンの入ったポケットサイズのクッキーな

どを食べ始めました。仲のいいことはほほえましいのですが、お見受けするに20代後半

といった感じ。今日だけでいつもは家で食べてからなんでしょうが、通勤電車で朝ごはん

はちょっとね!と思いました。電車でお化粧することは脳科学の分野からご意見もあり

あまり感じよいものではありませんが、通勤電車でも食べたりするのはスマートでは

ありません。お茶がよくてなんでジュースや食べ物はダメなんだ!というこえが聞こえ

そうですが、歯医者としては、やはり甘みのないものをお勧めしたいと思います。歯が溶

けるからです。お口の中では脱灰(歯が溶ける)と再石灰化(溶けたものがもどる)が

いつも流動的に繰り返されていますが、やはりそれは歯の面がきれいになっていればこ

その話です。甘い飲み物、とろみのあるジュース・ポカリのようなものを飲みっぱなしは

歯の表面溶かしているだけです。もったいないです。うす甘い飲み物は本当に美味しく

一時癒されますが、飲みっぱなしは歯にはよくありません。歯だけでなくしょっちゅう

うす甘いもの飲んでいると、十分すぎる糖分接種となり、お腹が空かないので、きちんと

した食事をとることがなくなり、糖分過多で栄養失調のような状況になりかねません。

また冷たいものばかり飲んでいると、消化器も疲れてしまいます。暑いからこそしっかり

食事らしいものをとって暑さを乗り切ってください。ゆめゆめ甘い飲み物に誘惑されませ

んように。

 

すばらしい習慣

一昨日、私事で静岡に行きました。誰もが知るお茶の産地です。

お食事すんでおトイレに行ったところ、ステキなご婦人がやおらお茶のペットボトルと

歯ブラシをバッグから出され、何なさるんだろうとみていると、まずお茶で歯ブラシを

濡らし、ブラッシング始めたのです!もうびっくり!丁寧に歯ブラシなさるたび、ペット

ボトルのお茶をつけて・・。びっくりしてお声かけると「あらっお茶で磨かないの?効果あ

るんですよ」と当たり前ですといった風情に思わず拍手でした。お茶にはカテキンはじめ

虫歯予防に有効といわれる研究が進んでいます。インフルエンザの時期にも、お茶のうが

いが有効で、静岡の幼稚園では積極的にされ効果をあげていると聞きました。早速このお

茶で歯ブラシ、当院の患者さんにもお伝えしようと思います。何がなきゃ・・歯ブラシ出来

ないではなくこの静岡の方のお知恵。早速にいただきです!

オシャレでステキな方がやってらっしゃって、なおステキでした。真似しよう!っと。

子供ってスゴイなぁ!

以前新聞に載っていた、子どものつぶやきから・・・

・「ネェネェ、お母さん。クモが長ーい糸みたいの出してるよ。納豆食ってるん

やろか」4歳の男の子

・今夜はアジの煮つけ。「食べると頭がよくなるよ」とママに言われて

「お魚さんが知ってることをくれるってこと?」と5歳の男の子。

・熱出して寝込んだお兄ちゃんのおでこにスプーンあてて、パクッ。「悪い

お熱は○○ちゃんが食べたから、もう大丈夫!」2歳の女の子。

いいなぁ。

連携

先週父が倒れ緊急入院。すっ飛んで行ったものの予断を許さぬ状況に覚悟決めて待つこと

一昼夜。幸い皆様のご尽力で意識は戻ったものの何せ高齢で教科書通りにはいかず、

先生方もチーム組んでのご対応。昼夜関わらずの検討とご診療、摂食嚥下のチーム・リハ

ビリのチーム皆さま総出で、感謝感謝。おかげさまでかなり混乱しているものの

会話が戻りました。と言ってもかなりの行き違いも波もありまだまだ不安定です。ですが

歯科医・歯科衛生士・言語療法士の方々のみごとな手際よさと豊富な知識。日々患者さん

と向き合って急性期乗り越えてすぐ口腔ケアと義歯への取り組みやって下さり、本当に感

激しました。ここでは医科も歯科も互いに尊重しあい、本来の連携をしています。父が今

後どのような経過たどるかまだわかりませんが、生きること=食べることととらえて頂い

ていることに、心から感謝しつつ、回復を待ちたいと思います。まだまだの状況ですが、

医科と歯科が連携して居る様をまじかに見て、よい関係になって来たなあ!と心から喜び

ました。このような状況が全国各地に広まり、恩恵うける患者さんが増えることを願って

いますし、微力ながら私達も伝えていきたいと思います。皆さま有難うございます。

顔を見てしゃべる

今朝出がけに見た番組がとってもこわいものでした。

と言っても「ライン」の話です。スマホもラインもやっていないのに、コメントするのも

気が引けますが、コメンテーターの皆さんもとても心配、危惧していました。

というのも、例えばかわいい画像を送った際 今風のいい方で「かわいくない」と送った

ところ→可愛くはない(否定の意味)ととらえられ、攻撃受けたというものでした。

「かわいいね」の意味で「かわいくない?」というイントネーションの言い方が流行って

いますが、顔を見ないで文字だけで「かわいくない」と書けば否定の意味になってしまい

ますね。こんなことで行き違いになったり、仲たがいするのは本当にもったいないですし

残念に思います。

随分前、マンション住民仲間で”手話の勉強”したことがありました。随分前で手話は

すっかり忘れてしまいましたが、ひとつとても記憶に残っていることがあります。当時女

優の桃井かおりさんが化粧品のCMに出ていらして、「この歳でこれなら、悪くないと思

わない?」と画面いっぱいに問いかけ当時話題になりました。この言葉「悪くないとおも

わない」を手話で表現すると、文頭の「かわいくない」と同じように”否定の意味”になっ

てしまうのでした。聾の指導者の男性に何度説明してもわかってもらえず、この場合の

「悪くないと思わない?」→「いいでしょ?」という意味だと理解いただくまでに時間か

かってとっても大変だったのです。

そんなことを思い出しながら、しゃべり言葉は、”音” ”イントネーション” ”表情”あっ

てのコミュニケーションで、ラインなどの「単なる文字」では全く反対の意味だったり、

誤解を招きかねず、こんなことで友人同士怒ったり・嫌ったり・いがみ合ったりは本当に

もったいないと思いました。

顔を見てしゃべる。言葉は身体状況をもって成り立つと望ましい。つくづく大切なこと

だと思いました。

 

当院での器具の滅菌について

2014052012510000

5月18日付読売新聞に「歯を削る機器を7割の歯科医院で使い回し」との記事が掲載されました。大変残念な、又恥ずかしい記事で患者さん方ご不快・ご不安かと思います。

国立感染症研究所・泉福英信室長らの調査によるもので、患者さんごとに必ず交換しているという回答が歯科医院の34%とはまことに情けない残念な結果です。

2014052110170000

使用後、高温滅菌処置をした機器と交換することは、日本歯科医学会の診療指針で定められております。

又使用器具は、お一人お一人が当たり前です。歯科は感染症を扱っているのですから。

当院では以前より「消毒・滅菌は一番大切な部分」と位置づけてやってまいりましたが、

院内改装を機に、更に消毒・滅菌を徹底する為、ミーレ・ジェットウオッシャーで、器械によるハイレベルの洗浄をし、その後ヨーロッパ基準クラスBのオートクレーブ・「リサ」で滅菌します。使用した器具を手洗いでは長時間かかる上、個人差もあり一定した洗浄準を満たさない・又スタッフにケガ等リスクを伴うからです。

今回の問題の記事の「歯を削る器械」ももちろん使用後、一本一本、ミーレ内のスタンドに立てて器械洗浄後、一本ずつパックしてリサで滅菌し保管。使用する患者さんの目の前で開けさせていただき使用します。使用後は速やかに下げて、この上記の消毒滅菌作業に入りますので、一回一回、お一人お一人の使用となっております。ご安心ください。

詳しくは当院ホームページのクリニック案内をクリックいただき、そちらから「衛生管理と安全への取り組み」をご覧ください。今後とも皆様に安心して受診頂けますよう、常に検討と確認を徹底し、安全に進めてまいります。

ヤモリ

私の実家の庭に、帰省すると時々妙な来訪者がいます。ヤモリです。形はトカゲのようで

すから、ご存じない方は「キャッ」と後ずさりされるに違いありません。まっ気持ち悪い

と言われればそれまでですが、実家の庭で見るそれは10センチ弱の小さなヤモリで、

可愛いというと語弊がありますが、庭にいつも居てくれるものと思って”家族”までは

いいませんが、帰れば居るものと思っています。「家守」とも表記しますが、「守宮」と

書いて「ヤモリ」と読むそうです。赤ちゃんの世話をする”子守”、神仏の守護を与える

”お守り”などという使い方も日本独自のもの。中国では「宮」は「家」「住居」の意味が

あって、ヤモリは家の天井や壁に張り付いて、害虫を食べるので「家の守り神」とも

言われるようです。よく見ると結構ユーモラスな姿で、93になる父は、又居たよ!と

診療室の外カベに絡まったツタの隙間に見つけて眺めています。ツタの下は、小さな

池ですので、水をのみたかったのでしょう。ギボウシの葉が水際にサワサワ揺れていて

ヤモリに微笑んでいるようでした。日本の古い家のちょっとした一こまでした。

カンバセ―ション

6日の「題名のない音楽会」山下洋輔トリオとスガダイロートリオ?の夢の競演!

きっとすごいんだろうなァの期待を裏切らず、本当にすごかったです。

山下洋輔さんは、時間が止まってしまったように若々しいままで、相変わらずのすごさ。

半端じゃありません。体力的にも大変であろうと思うのは杞憂で、本当にすさまじく若

い!その上ドラムスの森山さんもすごかったです。最近はミジンコ研究家で有名な坂田明

さんも、底力発揮!大いに楽しんで吹いていました。応援している足利市のココファーム

ワイナリーにも多大な貢献くださっていますが、彼のサックスも半端でないステキさです

久しぶりに「キアズマ」(染色体の交差点)聴きましたが、若手のスガダイロートリオと

共に、笑っちゃう位すばらしい演奏でした。スガダイローさんも、今日はスゴイ先輩と

ご一緒できて幸運だと謙虚な挨拶なさりながらも、山下トリオの胸を借りるどころか

互角に楽しんで演奏していて、とっても気持ちの良い若者たちでした。

山下洋輔さんと若手のドラムス・服部さん、ベース東條さんのやり取りには〝ゾクッ”とし

ました。また名ドラムス森山さんと若手のスガダイローさんのピアノには、年齢やキャリ

アを超えた何とも言えぬカンバセ―ションがあって、本当にすばらしいものでした。音楽

って世代も、言葉も、国もジャンプしてわかりあえるものなんですね。

すばらしかったです。

音楽のジャンルを超えて紹介を続けるこの番組の懐の広さは、佐渡さんにかわってから

なお一層オープンになって、きっと音楽好きがたくさん増えていくでしょう。音楽って

本当に、心を開放し、幸せを運び、自由をくれるものだと思います。楽しい時間です。

大賀ホール

2014051013120000軽井沢の大賀ホール。ご存知の方も多いと思います。ソニーの社長であった大賀典夫さんの名を冠したコンサートホールです。自然の中に溶け込んで、山々に抱かれ池にはカモも泳ぎ、何とも風情のある自然の中の森のコンサートホールです。池の周りは春には八重桜もたわわに咲いてそれは見事。新緑・夏の豊かな緑、浅間山をバックに心の洗濯にふさわしいスポットです。新幹線もあっという間の近さ。一度足を運んでみてはいかがでしょうか?著名な音楽家のコンサートも、森の中ですとまた一味違った味わいです。会場もふんだんに木を使っているのですばらしい音響です。是非お出かけになってみてください。駅からのお散歩もなかなかステキなコースですよ。(余談)駅には様々なお土産がありますが、お薦めは①甘みそ味のクルミ ②クルミ味噌 ③大きな花豆 ④軽井沢ビール特に軽井沢ビールは新しいプレミアムのちょっと香りの強いものがお薦め、これにクルミの甘みそ味がぴったりです。ぜひお試しください。

 

土臭い・・感じで

またまた日曜・題名のない音楽会の話題です。

世界に名だたる”ヴェンゲーロフ”(ヴァイオリン)を迎え、日本のスーパーキッズが何人

か出ました。きっとすごい子達なんでしょう!質問ある人?の佐渡さんの声に「ハイ」

と上がる質問が、優等生過ぎて先日のサッカーのようでした。(失礼)

ある子どもは「なかなか指がよく動かない・・と。ヴェンゲーロフは、「右手が飛行機

左手が着陸する飛行場だと思って弾いてごらん」とあくまでもやさしくわかりやすく。

もう一人の子は「ドボルザークを弾いてるんだけど、僕の先生は”土臭く”弾きなさいと言

うけどわからない」と。「プーッ」と私は笑ってしまいました。”土臭い”っていったい

どういうことをおっしゃって子供に指導なさったんでしょうか?ヴェンゲーロフは笑うこ

ともなく、演奏して見せて「君はドボルザークをどう思う?」と聞いたりしたりして

とても人間的でした。ヴェンゲーロフが尊敬するブロン先生。聞いたことあるなあと

確か今ベルリンフィル首席の樫本大進も師事したすばらしいバイオリニストです。

樫本大進も若くして有名なコンクールで優勝し、そのままコンサート三昧でもいいのに

ドイツに留学し、歯科医のお宅に寄宿して普通の生活をしながら、ブロン先生にヴァイオ

リン師事し、空いた時間は寄宿のご家族とともに、芝刈りをしたり実に伸び伸び生活を

楽しみながら、普通の日常を送りながら厳しいレッスンするドキュメントを見ました。

英才教育とばかりに脇目をふらずでなく、花を見たり森の中で木々のにおいをかいだり

鳥の声を聞いたり草木や虫の生態観たり、キッチンで料理の手伝いしたり、川の流れ海を

見たり、そんなこと大事なんではないでしょうか?そうそう本を読む・読書も大切です。

その後樫本大進は、小澤征爾の後押しも受けて、栄光への階段を上りついにベルリンフィ

ルの主席となったわけです。ですからドボルザークを弾くときに「土臭く」なんて指示な

さるならば、たまにはヴァイオリンを置いて、子どもたちと野山に入りオゾン吸って、草

木や土と遊んでみたら・・と提案したくなりました。番組最後にヴェンゲーロフが弾いて下

さったマスネの「タイスの瞑想曲」はどなたもアンコールになさる名品ですが、今まで聴

いたことのない伸びやかで巾があって豊かなタイㇲの瞑想曲でした。ヴェンゲーロフの肩

にのったヴァイオリンとヴェンゲーロフのからだが一体となって、まるで一つの楽器のよ

うでした。すばらしかった!

teach every child   about   food!

先週末、スーパープレゼンで、とても有意義かつびっくりするのを見ました。

イギリスのジェイミー・オリバーという若いシェフがたまりかねてのプレゼンです。

イギリスで5-6歳の子供でしょうか?お野菜を見せて名前を言う・・というありふれたク

イズですが、トマト見せて「ポテト」カリフラワー見せて「ブロッコリー」茄子見せて

も「ポテト」唖然でした。そういえば日本で日曜に二十歳代の女の子たちにお料理させる

番組あって超びっくりなんですが、先日も鯵の南蛮漬作ってもらったところ、置いてあ

るサバ・アジ・イワシ・とあと一つなんでしたっけ?の中から「アジ」を選べたのは0でし

た、イギリスの子供もスゴイですが日本も似たりよったりです。そこでジェイミーは子供

達がファーストフードと甘い飲み物に支配されていることを示し、一人の子が年間に摂取

する砂糖の量を「角砂糖」で工事用の手押し車一杯であることを示しました。「食べ物の

事を子供たちに教えよう」と思い立ったのは、このままにしておくと、確実に子供の寿命

が短くなると確信したからです。最近のアメリカでは、学校の給食までが糖分満載・ファ

ーストフードまがいの内容で、今こそ子供たちに正しい食文化を伝えよう。一人一人の努

力で、食事を作って生きていけることを伝えようと言っていました。食の力は家庭の基本

と。見ていて恐ろしくなってきました。あまりに肥満になったアメリカの親子。肥満が

原因で亡くなっても納める棺も特注でフォークリフトで運ぶような現実。これではいけな

いよと警鐘ならしています。日本でも小児糖尿病が問題とされ、「家族の勝手でしょ!」

(岩村暢子著)に載っている274枚の食卓風景のように、お菓子が食事だったり、具な

しラーメンだったり、うまか棒がご飯代りだったり、びっくりするような現実がありま

す。「食べ物のことを子供に教えよう」ジェイミーのこのプレゼンは、飽食の栄養失調と

いわれた日本だけでなく、もっとすごい世界中の子供の問題でもあるとして鬼気迫るもの

でした。その陰でミルク一杯が貴重な後進国。食の問題は世界中で多岐にわたります。

自分の心と体を作る食べ物・食事の大切さ。

歯科医院としても発信していきたいと思います。

 

嬉しい言葉です

今、お呼びした患者さん。お名前お呼びしてすぐお椅子に座られる前に

「おかげさまで、お食事が楽しみになりました」と嬉しそうに院長にお声掛け下さいまし

た。このような瞬間が至福の時です。まだいらして日の浅い方ですが、今まで義歯を作ら

れても入れっぱなしで、お手入れのご指導もなく定期チェックもしてらっしゃらなかった

ようで、合わない入れ歯でご苦労のようでした。手入れされないお口の中は細菌の温床。

入れ歯になってもというより、入れ歯になったらなお一層お手入れが必要なことなどお話

しながら、新しい入れ歯も出来て、調整しながらご本人の意識も変わられ、召し上がれる

お口になられ、冒頭の言葉になりました。いよいよ7月夏本番。もっともっと暑くなって

体も疲労なさって食欲落ちたりすると、てきめん入れ歯の不調を訴える方もあります。

お口の渇きも同様です。こまめに対応して、美味しく召し上がって頂ければ嬉しいです。

郷ひろみ 58歳!

大好き郷ひろみさんが、NHK 団塊世代 に主演しました。以前ブログに書きましたが

彼は本の虫で、地方営業中も車中でスタッフの荷物番(みんな爆睡する)しながら読書

という本好きです。むかーし昔、デビュ―間もなく、青山の東宮御所そばの交差点で

歩いてきた郷ひろみ(クリクリの髪に長ーい足の少年でした)見かけました。多分

「君たち女の子・・」「あなたの彼は左利き」・・とかの頃でしょう。その頃は興味もなかっ

たのですが、その後俳優としてNHKの海外ドラマ「舞姫」に出てすっかりファンになり

ました。美容整形のCMはお愛嬌だけれど、そのストイックな自分磨きにはプロ根性を

感じながら、いまだに「ジャッパーン!」と足をあげ現役時代そのままに踊るさまには

圧倒されます。この団塊世代という番組、なかなかよくて結構参考になります。テレビ

つけたらいきなり、お料理の先生やっている友人が出てびっくりもしましたが、歳とって

も好奇心満載で楽しく生きましょうよ!というコンセプトに満ちていて、とても実のあ

る番組。同世代のライフスタイルをのぞき見すると、「なるほどね」と妙に納得したり

年齢重ねるごとに、明らかな女性と男性の考え方の違いなど、他山の石で面白いです。

でもカッコイイ歳の重ね方している人は、総じて好奇心旺盛で割り切りが早いですね。

「エッジの効いた」という新しい言葉がありますが、まさに「エッジの効いた大人」に

なれれば嬉しい限り。そのためにも自分磨きと健康管理。適切にほどほどに頑張ろうっ

と。でも郷ひろみが58歳とはねえ!

歳とると時間の流れが早いわよ・・。誰が言ったのか・・けだし名言。

 

サッカーのことは詳しくないけれど

サッカー日本代表の残念な結果に、ありとあらゆる方が批評したり提言したりしています

。サッカーには詳しくないけれど、テレビで見ていてうまく回っていないなぁというのは

何となく感じながら応援してました。例のメッシというプレイヤーは、素人が見ていても

実にトンボの目のようにあちこちよく見て、機を逃さないというか、誰が何をするかを読

み取っていて凄いなと思いみてました。チームもメッシを特別扱いでも何でもなく一体に

なってましたし・・。新聞に”三度メッシです”と文字が踊っていましたが、びっくりプレー

に”三度の飯よりメッシ!”と茶化してしまいました。すごい。

メッシはほかの惑星から来てるんだろう?の相手チームの賞賛の言葉も”全能の神”ゼウス

の木星を意味してるのでは?と評論家の知ったかぶり(笑)解説です。素人目にもメッシ

という人の、ゴールした時のなんとも元気で”自然な喜びよう”は、なんだかとてもいいも

のでした。変ないい方ですが、喜びようも自然でストレート。思わず拍手してしまいます

。ただ”ひたすら”に心打たれ、すべてがシンプルなんですね、

とても陳腐な意見かもしれませんしいつも思ってるんですが、なぜ日本人なのに”金髪”に

したりしてプレイするのでしょうか?個人の自由と言えば自由ですが、そんなことせずと

も一生懸命トレーニングして試合に臨む姿は、本当に美しく見事なものです。黒髪のまま

でも金髪にしてもそんなこと些細なことかもしれませんが、まんまでも十分ステキ!そん

なことにかまってないで、大柄で頑強なからだの他国の選手と伍していくのは大変なこと

でしょうが、山椒の実のごとく小柄な体を生かして、日本人の特性生かしたプレーがきっ

と生きるるのではないでしょうか?何も知らない素人が勝手なこと言いますが、個々はす

ばらしいものを持った選手たち。日本代表の試合を見て、ひとりひとりがスゴイ演奏家で

ある小澤征爾の作った〝サイトウキネンオーケストラ”の極上のハーモニーを思い出し、

個々がすばらしい人達の集団が、チームとしてハモる難しさ感じたことでした。

必ずや挽回する日が来ることを祈っています。今回の悔しい気持ち、エネルギーにかえて

頑張ってほしいです。

ヘルパンギーナ流行っていますよ

★小さいお子さんお持ちのご家族へ

お熱が出たり、お口の中にブツブツできたり、お喉が赤く腫れたり、ヘルパンギーナが流

行っています。夏風邪と言ってしまえばそれまでですが、脱水や髄膜炎にもなる可能性も

あります。ウイルスが原因なので、唾と便の飛沫に注意ください。潜伏は2〜6日ですが

治っても2〜4週間は要注意です。インフルエンザの時と同じように手洗い・うがいの励

行です。もし小さいお子さんがぐずったり、大好きなおかず・ご飯食べなかったりしたら

お口の中覗いてみて下さい。赤くなってたりブツブツ出てたら、すぐに小児科さんか

内科を受診下さい。小さいお子さんはうまく言えないですからね。ムシムシ暑い季節は

お熱が出ると大変です、水分・栄養補給をしてお大事なさってください。お知らせでした

 

歯の数は健康の指標(新聞の見出しより)

8020運動は80歳になった時、もともと28本ある歯を20本残すことを目標に25

年前に始まり当初7%の達成率が、2011年の最新調査で38%に上昇したそうです

20本あれば、たいていの物を食べることができます。よく噛んで食べれば健康な状態が

続きます。ここ20年で「歯の数が多いと長生き」「健康寿命が伸びる」という研究成果

が発表され、その中には沖縄宮古島の住民15年追跡調査したところ、機能する歯が10

本以上ある80〜89歳の生存率は、歯が10本以下に比べ男性は2倍以上、女性は.

1・5倍高かった。要するに歯を失うことは命をちじめることになりかねないという調査

結果です。何より歯が残っていれば、大きなお口開けて笑ったり、しゃべったり、歌った

りできます。無茶な食べ方さえしなければ、おせんべいもお漬物も食べられます。その方

のお口の状況にあったご自分でのお手入れ、歯科医院での定期メンテナンス。これを当た

リ前の習慣にしましょう。いつまでも、食べたいと思うものをなるべく自分で食べていた

いものです。出来ればどなたかと・・。実践する意味ありますよ。がんばりましょう。

 

 

プロフェッショナル

今の診療体制になるきっかけを下さった、山形県酒田市の熊谷崇先生が、6月初めに歯科

医師・歯科衛生士さん達とアクティブなミーティングなさった報告を読みました。今回

当院はあいにく参加できませんでしたが、皆さんの感想読んでどれほど有益なミーティン

グだったかわかります。多くの初めての方に知って頂けたことも嬉しいことでした。

自分を知ること「何ができて何が必要か」を知ること。「プロフェッショナルとは努力・

配慮・愛情を惜しまない人」「学ぶ意欲を忘れないこと」「今ここを最低としてよくする

にはどうするか」「これでいい!ということはない」と学ぶこと。相変わらずの

歯切れの良い元気よい熊谷節に、伺えなくて残念と思うと同時に、「続けなさいよ」の

声が聞こえました。MTM踏まえた予防をベースにした診療は、すぐ結果でなくとも必ず

や皆様のお役に立ち、これをきっかけにご自分を取り巻くいろんなことを考えるように

なります。歯科本来の姿・考え方として海外でも評価されている診療のすすめ方です。

1998年初めて予防の会が発足してまもなくの頃、「一日終わって、ああ今日もいい一日

だったと思う診療の日を送らないとね」とおっしゃって下さったのを思い出します。今で

もこうして歯科大学生・大学新卒者・現役歯科医師・歯科衛生士さんたちに、「檄を飛ばす

」熊谷先生は、ある意味大学の医局が機能しなくなって久しい今の時代に、灯台のような

存在かもしれないなと思いながら、自分の若き頃にも”誉めて下さった方より「こうしな

いといけないよ」と叱咤下さった先生の方を覚えている”自分に気づきながら、若い参加

者の感想を読みふけり、少しでも早く気づいてこのような歯科の取り組みにシフトして

欲しいと願ったことでした。話は変わりますがフィギュアの浅田真央選手の佐藤コーチが

「天才とは?」と尋ねられて「天才とは努力を惜しまない人」と答えていたのを聞きまし

た。でしたら、普通の・凡人の私達はもっとやるべきこと・努力することがありそうです。

最近は八神純子にぞっこんの熊谷先生ですが、あふれる好奇心と高いアンテナはさすが

です。あとに続く者の為におからだ専一にと願います。たくさんの感謝をこめて。

美味しそうに食べる

テレビ大好き人間なので、よほど暇と思われますが・・・・・。

もともと指揮者の佐渡さんが大好きなので、時間さえ合えば日曜の「題名のない音楽会」

は見ます(聴きます)先週もピアニストのユンディ・リーがすっかり大人になって(失

礼)ベートーベンステキでした。ひと頃のキムタク風はなくなり、実にエレガントでし

た。その題名の後の「だけど食堂」が今日の話題です。大好き可奈ちゃんが出ます。

プチュッとしたかわいらしさもさることながら、何ともおいしそうにきれいに食べるの

です。相棒がこれまた男前の鈴木砂羽さん。キレの良いキップのよい美人女優さんです。

多くのうまいもん番組が騒々しいだけなのに、この二人にはまいった!高級なお料理も

立ち食いものも、何ともおいしそうに、作った人を無駄にしない食べ方して、実に見事で

す。若い頃、ロゴスキーのピロシキ何個食べられるか? 甘味屋さんではべって4種も食

べたとか多少の武勇伝ある私も、この二人ほど美味しそうに食べていただろうか?と

反省する位この二人は美味しそうに、立ち食いでも実にお行儀よく?召し上がるのです。

おいしそうに食べるって、作る人にとって一番嬉しいことではないでしょうか?そして

エチケットではないでしょうか?二人を見ていていつも幸せ感に包まれ、つい食べたくな

ります。そうそう二人の会話・お店も方をやな思いさせないナイスフォローのおしゃべり

とっても勉強になります。先週の阿佐ヶ谷の天ぷら屋さんのパフォーマンス。びっくりで

した。思わずヒエーッ!でした。行ってみよ!

イマジン

行定勲監督。セカチュー・GOの・・と言われて久しいですが、ご本人は苦笑いです。昔は

ADだったそうで、そのころの先輩はあの香川照之さん。東大卒の頭のいい方で厳しかっ

たけれど勉強になったとおっしゃっていました。行定さんおっしゃるに「悪いことも映る

のが映画」だから面白いんだけど・・。吉永小百合さんから絶大な支持を頂き「行定流

”女性の乗せ方は?」の質問に 「絶対説得はしないの。ご本人が自分で考えて決心なさ

って前に進めていかれれば・・」と、女優の長澤さんが16歳の時、役作りとはいえ、髪の

毛を剃ったことを聞かれてのお答えでした。「髪剃ってくれ!」と指示はしなかった・・

と。かつらをつけること・CGという選択もあったが・・と。「人の気持ちを想像しながら

仕事を進めます」と。ご希望で忌野清志郎の「イマジン」が流れました。

ダメなときはなぜだめだったか?分析して考えるの。評価を無視せずどう受け止めるか?

じゃないの? ギラギラせず落ち着いたお話ぶりに、映画見に行きたくなりました。自然

体で飾らず、それでいて誠実なお答えぶり。なんてステキな方だろうと思いました。

 

町医者

昨日もたくさんのメンテナンスの方、この蒸し暑い中をご来院下さいました。「アー!

スッキリした!やっぱり来ると違いますね。すぐお昼食べたくなくなるもの。きれいにな

って汚したくなくなって」と次の予約とられ、ホームケアのもの買われてお帰りです。

昨日待ちに待った患者さんが見えました。昨日の予約を取っていたのに、春の初めお電話

あり「6月の予約キャンセルします。思いがけずガンが見つかって。その日まで生きてな

いと思う」と切羽詰まったお電話でした。ゆっくりとご事情伺い、お気持ち伺ったところ

不安で不安で家族中で困ってしまい、パート先も早速に退職届出してしまった。なのでも

う歯医者さんにケアもいけない。迷惑かけるの嫌だからキャンセルとおっしゃっていまし

た。たまたま検診でみつかって幸運だったこと、いろいろ思い煩うこともあるけれどご家

族一体になって回復を望んでおられること、みんな待ってること、私達もご回復待ってケ

ア続けさせていただき、お食事をしっかり取って病気に打ち勝ってほしいことなどゆっく

りお伝えしました。

「元気になられてお口のケアしましょうよ」ともう一度申しますと、「わかりました。

予約そのままにして置いてください」と落ち着かれました。「そうですね。6月になった

ら、お具合伺うお電話差し上げるので、出られたら出て下さいね。お声聞きたいですから

・・」とお約束し「大丈夫、皆さんついていますよ」とエール送りました。お約束通り6月

初めお電話するとびっくりするほど元気な声で「手術成功して退院したの。お薬もなし、

ラッキーだって!」と明るいお声!そして昨日のご来院叶い、今日までの心の揺れを伺っ

て大変勉強になりました。すっかり元気を取り戻されていましたが、それでも大変でらし

たことに変わりはありません。でも今お元気になられた!人間の力ってすばらしいです

ね。支え支えられ、こうして30年ようやく町医者になってきた気がしました。生きてい

ればいろいろ起こりますよね。いいことばかりでなく。でも毎日の過ごす時間がある。こ

の前のブログの看護師さんの言葉のように、一人じゃないこと、必ず応援団がいること、

だからこそ人生いろいろあっても頑張れるんですよね。地域の皆様のお役に立ちたい・・と

毎日やっておりますが、逆に教えて頂くことばかりの毎日です。本当に支え支えられ、ま

だまだ町医者として登山の途中です。

 

 

看護は自律的で創造性に満ちた奥の深い仕事です

待合室にお出しする週刊誌に、東京医大病院看護部長さんの紹介が載っており、「創造性

に満ちた」という言葉に驚きました。看護師さん達を見ていると、デューティに追われ、

時間に追われ、評価に縛られ、緊張しとてもとても創造性に満ちたなどと思えないからで

す。校是は「正義・友愛・奉仕」でこの精神の上に立ち「温かな心のこもった看護」の実践

に取り組んでいる。患者さんに心から寄り添うことができる看護師になってほしいという

エールです。さらに「看護師の仕事は多岐にわたりますが、最も大切にしていることは

”患者さんが治療に専念できる環境を整えること”だと思っています。とのことです。

この婦長さんのおっしゃる”環境”とは、患者さんの精神面を支えること、患者さんが治療

のことで医師に聞きたい、伝えたいがなかなかチャンスがないといった場合に、看護師が

時には代弁者となり、患者さんの思いを伝えることもその一例とおっしゃっています。

「看護の仕事は優れた知識・技術も必要ですが、人の気持ちに寄り添えるかゆいところに

手が届くケアのできる人、少しお節介な位がとてもいいと思っています。看護師は、患者

さんに一番近い存在として、少しでも苦痛を和らげ状態をよくするにはどうすればいいの

かを常に考える。看護という仕事は、自分のやる気次第。誰かに指示されたかrではなく

自律的に行動することで、心のこもった笑顔の看護が実践できます。臨床ならではの、実

に奥深くて創造的なこの仕事の魅力を、少しでも多くの看護師に感じてほしいですねと

コメントされています。「ひゅうまんず愛」というコーナーです。忙しく時間に追われな

がら、生死にかかわる患者さんの看護にもたずさわりながら、このような思いをもって

お仕事されていることに感服しつつ、思いは一緒ですので近づきたいと思いました。

日曜美術館で

日曜美術館は、田舎に帰ったりしていると時間までに帰れない事も多いのですが、出来る

限り外さず見るようにしています。最近、38歳の俳優 井浦新さんが司会を担うことに

なり、その若々しい感性と鋭い目は、自分の若い頃を思い出しながらも、自由な今の時代

の若者のみずみずしい感覚に時々ドキッとさせられます。佇まいのステキな井浦さんです

が、ご自身も写真の腕もなかなかです。若いということは、こだわりも先入観もなく、ひ

たすら感じたままをコメントするので、新鮮です

ただ掛け軸を拝見するときには、立ったままでなく、しゃがんで拝見してほしいなあ!と

も思ったりしますが、回を重ねるごとに感じ取って、日本人としてさりげなく作法を身に

つけていかれたら・・と期待しています。番組だからこそ国宝級の名品拝見するわけですし

そうでなくとも、「のびのび育った若者が立ったまま」というのは、エレガントではあり

ません。無作法に見えないように、日本の礼儀作法はふまえた方がすてきです。

お伝えしたかったのはこのことでなく、6月8日放送の「虎の図」です。息をのみました

と同時にあまりの大胆な迫力に笑ってしまいました。まるで、大阪万博の太陽の塔の

岡本太郎みたい。

その虎の絵は、串本応挙芦雪館(無量庵)というお寺に襖絵として保存されており、芦雪

という人は丸山応挙の弟子だそうです。その龍の絵もすごいですが、襖6面にかかれたの

びのびした虎の、獲物を見据えるような姿と目。背後になびく竹と岩の動静。豪快極める

のに、なぜか人の心を和ませるようなユーモア。簡単には実物拝見できないようですが

TV画面にくぎ付けになりました。アップになるとその繊細な筆のタッチ。射るような目

なのに撫でたくなるような毛並と、後ずさりしたくなるような迫力。何とも魅力的でした

ロイヤルアカデミーアーツの為にロンドンに渡った時には、英国の有名なセーターメーカ

ー(ひょっとしていつかブログに載せたプリングル?)が限定50着のカシミヤセーター

のデザインになったんだそうです。このように海外の方も魅了し、日本の国指定重要文化

財だそうです。本土最南端の地、串本町の無量庵、虎に会いに行きたくなりました。

昔の美術作品・工芸品など拝見するとそのころの日本人って、本当にあか抜けてカッコ

いい!といつも思います。8日の虎の襖絵、近来まれにみる心に残る絵でした。あまりに

ステキで日本人として誇らしくもありました。

トマトを30回かむと・・

プチトマトをキュッとかむと口中に酸っぱさが広がり、やがてほのかな甘味が。さらに噛

み続けると。味の重要な要素は、甘・酸・塩・苦味とうまみです。フランス料理のシェフ

三国清三さんは「味を感じる味蕾が発達する小学生のころ、いろいろな味に触れ、味の違

いを感じることが大切です」と説いて、小学生たちに料理体験教室も開いています。プチ

トマトを30回かみ続けると、酸味や甘味は意外に早く消え、最後にうまみが感じられる

そうです。三国シェフはヨーロッパでも高い評価を受け、フランスであるシェフが子供た

ちに味覚の教室開いていたことを知り、日本でも始められました。「味覚は磨かれる」

三国シェフの言葉は、常日頃子供達の口の中を拝見している私達にも、スーッと入ってき

ます。「お口はその方の食器」といつも申し上げておりますが、その食器をへて味わう味

覚は、その後その方の豊かな感情をつかさどるのです。お食事は大切です。

 

ソックスの研究 (紳士服飾研究・出石尚三さんのコメントより)に我が意を得たり

最近、国会議員の外遊とやらで、海外の要人との絵がテレビで放映されると、つい見て

しまうのが、ネクタイとソックスと座り方です。椅子文化のヨーロッパの方のゆったり

したカッコいい座り方とはだんちの、日本の政治家の椅子の座り方にいつもア~アです。

ところでソックス。

出石尚三さんによれば、「ソックスは喜劇である」と。なんじゃ?

古代ローマ時代(笑)軽い上履きをソックスと言って、ルームシューズのようなもの

だったとか。このソックス履いて、舞台にあがれば喜劇ということで、ソックスは

喜劇の象徴だったようです。この反対がコトルヌスというブーツ状の履物で、これをはけ

ば悲劇と決まっていたそうです。2500年たって現在、ソックスの存在は時に「隠れ的

に見える」いわゆる「チラリズム効果」だからこそはるかに注目度が高い訳という説明。

ですのに、夏になるとダークスーツにベージュやライトグレーのソックスを履く方がいて

オシャレの世界では「野暮」というそうです。例えばブルーの濃淡で組み合わせるのが

粋」ですって。でも日本って濃いブルーというより「いい紺色」ってないんですよね。

やめて頂きたいのが、ダークスーツに白ソックス、特に厚手の物は基本的にスポーツ用。

せっかくのダークスーツの足元を白いソックスで壊す必要もない、どうみても喜劇以外の

何物でもなく、当のご本人にとっては、悲劇そのものと述べてらっしゃいます。

ダークスーツには、ダークの色調のソックスが原則で、例えばブルーの濃淡で組み合わせ

れば「粋」。ダークグレーのスーツにうんと濃い紺のものも上品な組み合わせ方だそうで

す。赤いソックスを履いていたら、良くも悪くも「気障だなぁ」ということになるそうで

す。海外にお出になる政治家の方にこのご意見聞いていただきたいなぁ。ソックスだけで

なくネクタイも!ダークスーツにピンクや黄色のネクタイ、はてや真っ赤なネクタイ。ブ

ランドものだからいいではなくネクタイもソックスもトータルでシックな色のコーディネ

ートで、ダークスーツをビシッとカッコよく決めてほしいです。ぜひ!

日本の顔としてお出かけになるのですからね・・・。

いみなっし~体操!

ふなっし~の話題ではありませんです。

あたりまえ体操は既に有名ですが、うっかりしている間に今度は「いみなっし~」という

おNEWが登場してました。

テレビの前でウトウトしていたら、なんともテンポ良い歌が聞こえてきて、よりによって

「ご飯食べて歯を磨かないで、食べる前にみがく、いみなっし~・・」と歌っていたのです

まっ起きてすぐなら、食前に歯をみがいても意味ないわけではないけれど・・と混ぜっ返す

気もないですが、NHKの子供番組は、目を離すと「大変なことになりますよ」位!面白

いです。テレビつけてても居眠りしてたら「いみなっし~」(笑)

チャンスあったら「いみなっし~」の歌聞いてみてください。笑いながら思わず歌っちゃ

います。

歯のディフェンスを強化しましょう!

いよいよサッカー!

盛り上がっていますね。今日はビールが売れるでしょう。家飲みで・・。

歯の予防にも=ディフェンス強化が日々のセルフケアに重要です。

つまり、「落とす」「残す」「抑える」です。

毎日この3つを丁寧に繰り返して、歯とお口のディフェンス力を強化しましょう。

・歯ブラシ・デンタルフロスなどで、むし歯菌など原因菌の塊である「歯垢」をしっかり落とすこと

・その後使用するペースト内のフッ素(イオン)をお口に中に残すこと。目では見えません。当院では空ブラシの後使用しうがい一回をお勧めしています)

・寝ている間唾液の守り(ディフェンス)がないので、夕食後また何か召し上がったりする方には今一度、お口のケアをお勧めしています。お口の乾く方には、今とても良いさわやかな保湿剤もあるので、ご案内しています。寝ている間むし歯菌は30倍に増えますからね。

これらケアのディフェンス陣のそれぞれの力を発揮させ、チームワークのトータルで予防に取り組めば原因菌の攻撃をはねっ返せますね。失点なく歯を大切に守りましょう。(歯の教室より抜粋)

頑張れ!ニッポン! 試合を楽しんで、頑張れ!

マニュアルが奪うもの

最近気になっていることがあります。

例えばコンビニで、床掃除をしていようが在庫の整理をしていようが、誰かが「いらっし

ゃいませ」と言った途端に、お客様を見もせず同じように「こんにちは、いらっしゃいま

せ」と合唱することです。マニュアルなんでしょうが、顔も見ず、入店する人がどんな人

かも見ず、心を配るジャッジを一切無視して,口パクのある意味とても機械的でラクな接

客法です。それをおかしいと感じるか?ヤレと言われたからと割り切るか、きっと一人ひ

とりの判断は違うと思いますが、何より大切なのは自分はどう感じているかを手探りする

ことだと思います。仕事が容易に見つかる時代ではないけれど、もう次がないからマニュ

アル位気にせず頑張るという人もいれば、息苦しいから他を探そうという人もいるでしょ

う。大切なのは「自分はいったい何を幸せと考えるんだろう」ということだと思うのです

そんなに簡単に結論出るものでないし、それでは生活できないという向きもあるでしょ

う。でも少なくともどちらが自分にとってベターかということではなく、どっちが「悪く

はないな」と思えるかだと思うのです。やりたいことがすぐ決められる人は、四の五の

言わないですぐに始めればいいですが、どうしても自分の気持ちがよくわからない、仕

事も何がやりたいのか見えてこないならば、小さな問いかけを自分にしていくことではな

いでしょうか?お腹が空いたということでなく、時間が来たから器械的に何か口にする・・

というな毎日だと本当に食べたいものなんてわからなくなります。食事をおろそかにした

り、思うように食べられていなかったりすると、「これっ食べたい」と思うものが出てく

る・・。仕事も同じです。離れて、飢えの状態で「どうなの、私?」と感じて下さい。

ジャッジの要らない対応ばかりしていると、あなたが幸せと思っていることが遠のいて

行くような気がするのです。マニュアルはあくまでもマニュアル。私達は機械ではないの

です。自分の感覚に自信をもって進んで行ければと思います。

 

 

うれしいお手紙

いつも器械のお世話いただいている方のお身内に思いがけないご不幸があり、若いご子

息をなくされた伯母様をどう慰めたらいいでしょうか?というご相談を受けました。

グリーフケアと一口で言っても、其々の厳しい状況にお声かけも何も途方にくれます。

以前も書きましたが、作家・柳田邦男さんのご子息が自死なさったあとに「サクリフィ

ス」(犠牲)というご本出されました。その前に縁あってお目にかかった折り、「無言」

という会話もあるんです、とおっしゃられたことを思い出しました。言葉を交わせなく

なった意識を失われたご子息のベッドの横にいると、静かな空気が流れ窓のカーテンが

風に揺れ、言葉を交わせないもののご子息とこの時間を共有していると思うと、心通いあ

った気がした。看護師さん達がカルテとは別の、「サブカルテ」に「今日は温かい風が窓

から入ってきて、○○さんの頬が緩んで気持ちよさそうにお休みでした・・」などと気づい

たことを記入した日報読ませていただき、静かに見守って下さっていたことを知って、言

葉がなくとも通い合う会話があることを知りました・・というものでした。

文頭の、何か慰めてあげる方法はないでしょうか?の相談受けて、お手紙を思いつきまし

た。それも大人でなく、小さいお子さんいらっしゃるので、お子さんからの「お元気です

か」の短いお手紙は・・と提案したこと、忘れておりました。

今日器械のことで来訪時に、「あれから子供と伯母とで手紙のやり取りが始まり、次はお

手紙に写真入れようと伯母も写真を撮りに出かける気になったりして、おかげ様で元気

になってきて喜んでいます」小さいお子さんのお手紙は、どんなにうれしいことでしょ

う。きっと何度も何度も読み返されて、お気持ちが落ち着かれるようになったのでしょ

う。小さいお子さんはお子さんで、お手紙書くために字を覚え、漢字を練習して一生懸命

お手紙してるのでしょう。思いがけずに報告いただいた嬉しいお話は、うっとおしい梅雨

空にさわやかな気持ちと嬉しさをを運んでくれました。デジタル時代でも、お葉書や封筒

に入ったお手紙は嬉しいものですね。お元気になられますように。

 

 

 

魅惑のブラックベリー

2011052010020000自宅の近所のブラックベリー。今年もいつになくおいしそう(笑)通勤途中

ゴックンしながら「見るだけみるだけ」と通り過ぎています。パイにしたり、ジャムにし

たら美味しいだろうなぁ!ヨーグルトに入れたりもちろんそのままつまんでも・・。

グラスに入れてスパークリング注いだらちょっとステキかも!ベリーの葉っぱも添えて。

真っ赤な実が黒くなっていって、 毎年誘惑されつつ通り過ぎます・・・・・。2011070115270000

ふなっしーが偽ふなっしーに言及(笑)

大好き ふなっしーです。理由なく好き。

なんともの見た目・あの声・機敏な動き。たまりませーん。

聞くところによると船橋の雑貨屋の親父さん?とのことですが、私はずっと中に

”風船太郎”が入っていると思っていました。あの「稀なる動き」ですからね。

患者さんにTV局の着ぐるみ製作会社の方がいて、ふなっしーの中味(笑)の方に会い

ましたよーっとおっしゃいましたが、ミステリアスのほうがいいので多くを聞きませんで

した。さて先日地方のイベントで、偽ふなっしーが警官に取り押さえられる騒動があっ

たのを受けて、「警察のご厄介はアウトなっしー。節度を守ることなっしー」と自ら

ガイドライン(笑)を打ち出したとのことです。真贋の見分け方は「からだのキレ。そう

そうマネできないなっしー」ときっぱり。「アナと雪の女王」主題歌を程遠い声で歌って

爆笑させたらしいです。聞きたかったナァ。

硯も同じなのよ

只今、歯科衛生士・神子島さんのSRP(縁下歯石をとる)受けられた患者さん。ご評判の

書家でもいらっしゃるお習字の先生。最初はおうちの方が義歯に悩まれて来院。

今までは食べる時以外は外していた入れ歯も、当院で作り直されたあと、お手入れも

習得されて毎日きれいになさっておられ、定期メンテナンスもちゃんと来院、ご不自由

なく新しい入れ歯をうまく使って下さっているようです。「歯科の受診の仕方変ったよ」

お口の中をきれいにするんだよ、との声にご家族も来院されるようになりました。

本日、その書家のかたが終わられておっしゃったことが、とってもいいお話なのでお伝え

します。

・習字のお稽古していてもね、硯の角に「墨」がたまるの。本当の墨はたまりにくいん

だけど、墨汁使うと「にかわ」が入っているでしょう?きれいにしておかないと硯の角が

汚くなるのよね。お道具をきれいにしておくのもお稽古のうちなので、私が角の汚れを取

ってあげて、あとは自分で出来るように教えてあげるの。(3歳くらいのお子さんから

お稽古に来てらっしゃいます)道具をきれいにしておくとお腕も上がるのよね。

そう考えたら、今日も衛生士さんに「この汚い奥の方の歯の汚れ」取っていただいて恐縮

したんだけれど、「おんなじだなあ~硯と・・」と思ってこんなに汚れをためないうちに、

もっと早く来ればよかった!と思ったんですよ。衛生士さんも大変でしょうが有難いわぁ

と話されてお帰りになりました。

以前、歯の磨き残し・磨きにくいところを「階段の隅」という表現使って説明したことが

ありましたが、「硯のかど」ねえ~。

みんな同じなんだなと思いつつ、歯科衛生士の処置・仕事の意味をご理解下さっている事

有難く思いました。そしてご自分に合った歯ブラシとフッ素を買って帰られました。

セルフケア(ホームケア)とプロのケアを車の両輪として、皆様のご健康維持にお役に立

てれば嬉しいですし、休み時間背中を伸ばすストレッチしている歯科衛生士にも、このよ

なご理解はなお嬉しく、励みになります。よいお話有難うございました。

 

 

 

馬山葵(再登場)美味しくてごめん!

昨年、ブログにも書きましたが、北海道フェアで、「山わさび」と銘打って木の根っこの

ようなものが売られていました。「これこれ馬山葵・・」患者さんが畑で育てた「馬山葵」

昨年頂いてその香りとさわやかさにグッときたものでした。早速買って、一本はおろ

して馬山葵醤油。玉ねぎのみじん切りより、半端でない程「涙」出ますが(笑)美味しい

もの食べたい一心で必死におろし金と格闘です。牛肉などにつけて食べると最高です。

札幌の友人は「イカさしには馬山葵(山わさび)」と。

おろしたものを白いご飯にのせ、海苔にお醤油漬けて捲いて食べるとうまいよとのこと。

皆さんも北海道フェアで、「へんてこりんな木の根っこ」みたいなもの売ってたら

ぜひ買ってみてください。150円くらいでお試しの価値ありです。

佐野成宏さんのドン・カルロス

2014061318330000一昨年10月、和光市にお呼びしたテノール歌手・佐野成宏さんが、この9月6日

東京芸術劇場でドンカルロスのフランス語版・初演されます。コンサート形式ですの

で、どなたにも気楽にお楽しみ頂けると思います。この2月にはテレビ朝日開局55

周年記念コンサートで大活躍、大雪の翌日でしたのにクラシック初めての方にも大好評で

した。イルカの「なごり雪」まで歌って下さり、テノールリリコの佐野さんのなごり雪が

美しい日本語とともに雪解けの帰り道をあったかいものにしてくださいました。

又この5月には軽井沢大賀ホールで、ソプラノの林美智子さんを迎え、地元長野をはじめ

東京からのお客様を沸かせました。絶好調でいらしてこの夏には第2回駒ヶ根音楽祭で

ソプラノ森麻季さん・ピアノ河原さんと共に、後進の指導とガラコンサートをなさいます

。佐野成宏さんの光り輝くテノールを、一人でも多くの方に聴いていただきたく

9月6日のご案内致します。現在イタリアに戻られ、パリに飛んで準備中とのこと。

大変楽しみです。

 

6月7日の天声人語を読んで

兵庫県・87歳の女性の投稿です。

ご趣味のコーラスの練習に行くためJRに乗ると珍しく団体客で満席、座れなかったそう

です。お一人の男性が、温かい言葉と動作ですぐに席を譲って下さったとのこと。この男

性は次の下車駅まで冗舌でもなく寡黙でもなく、いたわるように話しかけて下さったそう

です。「私は今年還暦を迎えますけど、若い人たちにどんな背中を見せてきたかなあと

反省してますんや」とおっしゃって、なんて誠実な方なんだろうと心に残ったそうです。

87歳の女性は、60代後半になったころ。席を譲られるようになって「まだ、若いんで

す、結構です」と言葉にしないまでもおそらく、不遜な態度をとっていた。老いた今は逆

に「譲ってもらって当然です」という心が所作のどこかに出ている気がする。譲る側の彼

は満点、譲られる側の私は過去を合わせて何点ぐらいだろうか。これからは、譲られたと

きは誠実な心で感謝しよう。席をめぐってのマナーについて考えさせられた体験だったと

いうものでした。

両親も90を超し自分も歳を重ねるようになって、得ること多いご年配者の投稿でした。

 

きらわれもの?だけど梅雨空にひっそりときれい・・・

梅雨入りかな?という季節になると、あちこちにはびこる十文字の花。ドクダミです

帰宅途中の夜など、転々と真っ白な十文字が咲くさまはとてもきれいだと思います。

個人的には白い花が大好きで、これからの季節の「夕顔」も魅力的です。

ドクダミは、その濃い緑に赤い線の入った葉っぱもかわいいし、お花も魅力的な形なのに

なんで嫌われるのかと思いますが、きっとその匂いでしょう。ひねくれ者なのか、この

匂い(人によっては臭い?)も私は好き。通りがかりにちょっとつまませてもらって

わざわざ匂いを嗅ぐくらい好きです。香菜が異常に好きなのも変ってるのかもしれませ

ん。閉店したようですが、銀座の横丁にグレープガンボというお気に入りのビストロが

あり、香菜のサラダと銘打って、山盛りの香菜に松の実を混ぜてドレッシングであえた

ものですが、絶妙のバランスで大好物でした。ドクダミから飛びましたが、香菜も嫌いな

方多いようですが、好き嫌いの激しいものって以外と味わい深くてクセになったりして。

 

残存指数(歯の残っている数)と要介護

虫歯予防週間だからでしょうか?

昨夜興味深い放送やっており、若い出演者さんが「知らなかった」とびっくりされていま

した。当院でも、現在お子さんの虫歯平均一本ですよというと、初めての患者さんはびっ

くりされますが、当たり前になりました。もっとびっくりなのは、虫歯予防の意識の高い

新潟でついに、お子さんの虫歯、平均一本を切ったそうです。この14年新潟は虫歯予防

実績全国一位です。

この偉業は、適切なフッ素をきちんと使っている事、そしてここが大事、給食後に子供達

が必ず歯ブラシしている成果です。皆さんご存知のように、今では再石灰化という事が

認識されるようになりましたが、それ以前の「初期虫歯」の認識が「いまいち」です。

歯科医や歯科衛生士の中にも、この初期虫歯の扱いがまちまちなのです。初期虫歯Coを

どう認識し(歯科医院側も患者さんも)どう手入れ・フォローしていくかによります。

脱灰(歯が溶ける)と再石灰化は常に起こっている流動的プロセスですので、普通に

考えても再石灰化が勝ったほうが、虫歯にならないとわかります。進行しないで戻るよう

にするのです。

更に東北大の相田教授の教室の調査(4000人)で、65歳以上の方で残存指数(残っ

てる歯)19本以下の方は要介護になりやすいという結果が出たそうです。虫歯とは別に

歯周病が全身に影響することは随分と知られるようになりましたが、歯周病菌の恐ろしさ

は、怖がらせるのではなく、体調そのものに影響する事実を正確にお伝えすべきと考えて

います。大人になると歯周病のことばかりで、虫歯に関心薄れますが、どっこい中高年特

有の虫歯のなりやすさがあります。アンチでもスマートエイジングでもなく、事実をきち

んと把握して、その個々の事実に対応すること。エイジングを「負」ととらえるから

「アンチ」だの「スマート」だのカッコつけるのでしょうが、歳を重ねることは、不自由

が増えることですが、誰にでもくるカッコ悪いものでも何でもありません。ただ若い頃の

ようには行かないだけです。

当たり前の事実に対応すること。その方の日々の暮らしを把握してお望みが何かを理解し

て、出来ることを応援し、こちらがやれることで精一杯支援したいと思います。

歳を重ねて一番のお楽しみは「食」です。自分で食べられる喜び・どなたかとご一緒に食

べる喜び。豊かな老後を迎えるた為に少しでも早く、やるべきこと・やっておくべきこと

を正確にお伝えして、ともに伴走出来れば幸いです。

2か月前初めていらした中学生とお母様、随分久しぶりの歯科受診でいらして、いろいろ

びっくりされていますが、既に意識も変わられて「学校に昼食後歯ブラシさせてほしいと

お願いしてみようと思います」とおっしゃるのです。聞けば何年ぶりの受診以来お嬢様が

お昼ご飯の後、うがいだけでもしようとしたら、へんな目で見られたとのこと。歯科の

校医さんもいるはずですのに、成長期の方に食後歯ブラシさせないなんて考えられません

。このように地区によって、学校によって、それこそ歯科医によってさまざまな対応の

中、患者さんが不利益になる必要はないのです。新しい情報も飛び交う中、常に勉強し

検証し整理して皆様にお伝えできればと思います。少しでもお口の中が幸せに保てるよう

に支援できる歯科でありたいと思います。

 

元気なお花頂きました

2014060512330000なんだか梅雨空の今朝、元気なお花を頂きました。ステキな黄色のひまわり・オレンジの

バラ・ハワイのアンセリウム・トルコキキョウ・オニソガラム。ビタミンカラー満載で

元気いただくアレンジです。こんな元気なお花を見ると、下向いていられませんね。

変なお天気で体がついていかない今日この頃ですが、しっかり食べて元気出しましょう!

ステキなお花ありがとうございました。

 

虫歯予防デー

毎年6月4日が近ずくとなぜか、動物園のカバさんの歯磨き風景がTVで

放映されます.モデルのカバさんおとなしくてなかなかの役者です。きっと

歯ブラシの後、おやついただけるんでしょう!見学のお子さん大喜びです。

さて、東急ハンズの宣伝は新聞見開き一面です。そこに合ったキャッチを

羅列してみます

         白く美しく

         ずっと丈夫な歯で

         さわやかな印象

         虫歯に負けない

         歯をみがけば人生が輝く

         Life is  Beautiful  Teeth !

 そしてFBIで歯の治安を守れとあります・・うん?

         Flossing    Brushing   Irrigation

= フロスで歯の隙間を掃除しよう・歯ブラシで歯全体をみがこう・口内を洗浄し清潔に保とうでした。

なるほど。

1998年から予防することを全てのベースの考えにおき、日々の診療行ってきた当院

としては、現在の一般企業のこのようなコマーシャルを目の当たりにして感無量です

歯科のメンテナンス率2%という現状の中でも、少しずつ当たり前の生活習慣として

セルフケア(ホームケア)の重要性が再認識され、加えてプロのケア(歯科医院で

歯科衛生士による)の両方が当たり前になることを願い、伝え・広めていきたいと思い

ます。どなたもご自分の歯でお口で、美味しく召し上がり、楽しくおしゃべりしたり

歌ったり、笑ったり・・。

小さい時から当たり前の生活習慣になって行くよう、お伝えしてまいります。

今日も美味しく召し上がって、楽しい一日をお過ごしください。

 

 

急な暑さにムームーなど思い出して・・

急に暑くなってきました。5月で30度というのはなかったことではないでしょうか!今

からこの暑さではゾッとします。当院は窓が大きく眺めがいいのですが、この暑さには

参った!です。一昨年より制服にクールビズ採用していますが、今から着ちゃうと後がな

いので(笑)もう少し待ってクールビズにする・・とスタッフの言葉です。

さてムームー。言わずと知れたハワイの女性の衣装です。風通しのいい「ムームー」は

夏の昼下がりお昼寝に最適です。大昔、岡晴夫が「憧れのハワイ航路」を歌い、続々と

ハワイアンバンドが生まれ、四角い顔のキャラクターの「トリスを飲んでハワイに行こ

う」のコマーシャルが有名になり、常磐ハワイアンセンターが大人気となり、赤と青の

ハイビスカス柄のムームーが大ヒットしました。66年ビートルズが来日して、音楽から

ファッションまでロックにとって代わるまでムームーとハワイアンは一世を風靡しまし

た。その後ハワイアンは習い事として、健康にもよくてステキと人気の稽古事となり

華やかなムームー着たさにフラを習う方も増加。今風に言う「コスプレ」感覚でハレの

勝負服として再び人気です。思い出せば小さい頃、夏を過ごした葉山の森戸海岸で

従妹たちと「サンマドレス」という何とも不思議な名前の木綿のストンとした遊び着を

着ていました。赤と白のプリントだったり大好きでした。サンマドレスが「サマードレ

ス」と知ったのは随分大きくなってからです(笑)その後、女子高生となって、大好きな

下北沢に行くと「木綿やまきの」と言うお店があって、かわいい木綿のプリントがたく

さんあり友達と競ってサンマドレスやムームーのようなものを作って暑い夏を楽しんだ

ものです。昨年友人から銀座に「トミーバハマ」というハワイのショップができたと

聞き、通りがかりにのぞいてすっかりムームーやアロハの魅力にはまったのでした。

この夏ますますの暑さなら、院長のユニフォームは「アロハ」にしようかしら・・?

スタッフは「ムームー?」無理ですよね!?

でも聞けば、アロハにも遊び用でなく、結婚式などドレスアップした時向けの、真っ白

で刺繍に凝った物などあり、柄に意味もあってなかなかステキなのでした。いずれにして

も暑いからといって、だらしない格好でなく、周りに好感持たれるオシャレなクール

ビズ心がけたいものです。そうそう暑いだけでなく紫外線がことのほか強く、今から

サングラス必要とのこと。白内障が早まるんだそうです。コーラをからだに浴びて!

小麦色の肌を自慢し合った時代!でもなさそうですね。長手袋にサングラス・帽子に日傘

の重装備でらっしゃると、知り合いに道で会ってもうっかりご挨拶もし忘れる昨今の夏

です。「アレッどなただったかしら・・?」

 

 

クレマチス

2014052509310000今年もベランダのクレマチス(鉄線)が咲きました。何やかやと忙しく、すっかり手入れ

も怠っていて、4月中旬気づいた時には、例によって蕾を付ける前枯れ枝のようになる

ので、「今回こそ枯れちゃったかな?」と思いつつ、枯葉をとったり、枝を誘導したり

慌てて手入れしたら、いつになく大きな花が咲きました。咲いてくれてありがとうです

。そろそろ土も入れ替えてやらないと10年以上もこれでは可哀想になってきました。

近所のお花屋さんで「湘南鉄線」と聞いて4色の苗を買い寄せ植えしたものです。次は何

色が咲くのでしょうか?手前は実家から株分けした「柏葉アジサイ」です。植木鉢なので

花が小さくなってしまいました。こちらも植え替えが必要です。

株分けした友人宅は地面に下して下さったので、本家より見事な花をつけました。お世話

下さる方がお上手なせいですが・・。鉄線は細菌クレマチスという方が多く、随分いろんな

種類が増えたようで、形も色もたくさんあります。お花屋さんをのぞいてみて下さい。

四季折々お花は本当に楽しみですね。

歯ブラシを共用!?

連休中の面白い新聞記事ですが、にわかに信じ難いので、ご紹介するのを躊躇っていまし

たが、やはり書きましょう。テーマは「家族と日用品の共有に抵抗ある?」です。

私達日本人って、ご家族でご飯茶わん・お椀・お箸それぞれ決まっていませんか?それが

普通と言ったら、そうでないご家庭もあるかもしれませんので語弊があるでしょうか。

ところでテーマの「抵抗感のある日用品のトップ」は歯ブラシでした。そうですよね!

順にお箸・枕(枕カバー)・バスタオル・フェースタオル・ご飯茶わんと続きます。2446

人にアンケート取った結果だそうです。

今回のアンケートで、「抵抗がない」派の共用に対する考えは「特別に意識したことな

い」「家族なので当たり前」「家計にも環境にも優しい」が上位を占めたそうです。

大阪の男性(66)と妻は、それぞれの部分入れ歯を一つの容器に入れ、一緒に洗浄薬

につけている、「この方が薬剤量と洗浄の手間が少なくて済むと意見が一致、今まで

特に支障ない」とのことです。予防をベースに診療している歯科としては、びっくり!

虫歯も歯周病も原因菌の感染症なんですけど・・と言ったところで、この仲良しご夫婦には

聞いていただけないでしょうか?ご理解いただくの大変そう!です。

一方、「抵抗感がある」派の理由のトップは「不衛生だから」がトップ。そうですとも。

水虫・結膜炎・インフルエンザ・・。自由回答では、。タオル・コップ・箸・バスマットなどを

共用したため家族に移ったとされる経験談が何件も記載されていたようです。

共用したくないトップの歯ブラシはでダントツ一位で、「これだけは絶対無理」と読者の

嫌悪感は高かったようです。それでも「抵抗感がありつつも、実際は家族と歯ブラシを

共用している人が11人も」いたという事実も報告されています。

この記事を書く記者の方も一人暮らしの時、急に泊まりに来た同性の知人に「君の歯

ブラシ使わせて」と頼まれた経験を持ち、ある女性(72歳)は40年以上前、弟さんの

縁談相手が「女性上司の家に泊まらせていただいた時、翌朝、お借りしましたぁと言いな

がら上司の歯ブラシで歯を磨いていて、それを聞いたお母様が「そんな育ち方をした人は

ダメ」縁談が壊れた」エピソードを伝えています。まあ40年前ですからね。今でしたら

こんなこと言う人もする人もいないと思いたいです。今では赤ちゃんに周りの方から虫歯

菌はうつる、だからお世話する方がまずお口の中を清潔にしないといけないと皆さん

知ってらっしゃるからです。家族のために一生懸命働くお父さんの、洗濯物は別に洗うと

いうご家族もいると聞いて大きなため息出てしまいました。共用には衛生的な理由がある

ものと、感情的な抵抗感あるものとそれぞれのようですね。時代とともに大きく変わって

きてるいるようで、複雑な思いでこの記事を見ました。あなたのご家庭はいかがですか?

 

 

豊かさ

芍薬の季節も終わろうとしています。今年も患者さんからお庭に咲いた真っ白な芍薬を頂

きました。待合室が何とも品のよい5月の香りになりました。来院の皆様大喜び。

誕生日だった私にも、大輪のピンクの芍薬をスタッフからもらい、ゴージャスさにしばし

見とれました。「ワーッ」と思うステキさでした。赤ちゃんの頭ほどの芍薬の中に顔を

うずめ、香りをからだいっぱい吸い込みました。あー幸せ!

今日は前もってご予約いただき、イギリス駐在中の患者さんがお仕事で帰国のついでに

メンテナンスに来院されました。以前より、お人柄あふれる穏やかな雰囲気をお持ちで、

このような方を「顔施」のある方というのだろうなぁと思っておりましたが、久しぶりに

お目にかかって、更にそのおもいを強く致しました。もとより恰幅のよい方ですが、

実に健康感にあふれ、お顔の表情も前にもまして穏やか、しかしながら目ははっきりこち

らを見ながらもあくまでも眼光は柔らか。きつくはないのに意志を感じる眼差しです。

このようなジェントルマンな風情はどうしたら・・?と思ってしまいました。イギリス中心

に精力的にお仕事してらっしゃるようで、少し伸ばされたお髭は、アフリカ・中東の仕事

用です!と笑わせて下さいました。

イギリス・ロンドンと言えば今、布袋・今井美樹夫妻が移住して、自然環境の中で新しい

音楽を発信しています。先日今井美樹が、敬愛するユーミンの楽曲をロンドンで吹き込み

発表しました。早速買って車の中で聴いていますが、ロンドンの風を感じるユーミンです

そういえば葉加瀬太郎もイギリス在住。イギリスに住むようになって世界感変わりました

あらためてクラシック勉強し直そうと思ったし、バイオリニスト古澤巌さんの活動みて、

まだまだ勉強だなと思ったんですよ・・とTVで言ってるのを聞きました。

今日見えた患者さん、お忙しい日々ですのに、このゆったり感のステキさ。イギリスとい

う国にいらっしゃるから?イギリスの豊かさの基準が違うからかしら・・と思いました。

夫婦でよく散歩しますよ・・とおっしゃる患者さんの穏やかな佇まいに、大きな示唆を頂き

ました。そうそうクルマ好きの院長に「イギリスではランボルギーニ・フェラーリとかが

普通に走ってますよ!」と刺激的なことをおっしゃって羨ましがらせてくださいました。

お忙しい中、メンテナンスにご来院ありがとうございました。メンテナンス個室の大きな

窓の外に、樹々の葉がたっぷりと風にそよいでいます。豊かさってなぁにと問いかける土

曜日の昼下がりでした。

 

 

 

 

 

谷川俊太郎さん

先日の佐和子の部屋に、詩人の谷川俊太郎さんが出ていました。昭和5年生まれだそう

です。相変わらずみずみずしく、お若くいらっしゃるのは、豊かな感性と好奇心でらっし

ゃるでしょうか。この番組では、ご自分で二つ大切に思っている曲が紹介されます。谷川

さんの一曲目はモーツアルトのロンド二番でした。小さい頃ピアノのお稽古した方なら、

どなたも聞き覚えがあると思います。懐かしく聴きました。

代表作の詩「おなら」が披露されました。佐和子さんの朗読ですから思わず「プッ」で

した(笑)。ところで、鉄腕アトムの主題歌が谷川さんだって存知だったでしょうか?

先に曲ができていて、あとからことば・詩がのったそうです。アトムの絵とともについ

口ずさんでしまう永遠の主題歌ですね。「空を飛ぶ・・ラララ星のかなた、行くぞアトム・・

「ラララ・・と言うのは言葉に詰まって入れたのよ」とおっしゃって笑ってしまいました

80歳を優に過ぎた谷川さんが、今新しい取り組みとして、メルマガを作り、ミクロサイ

ズの詩を顕微鏡で読む・・と言う試みしているそうです。それも現代詩をよんでいただき

繋がりたいという気持ちからだそうです。大事にしている2曲目は、小室等の

What’s a  wonderful   world でした。谷川さんらしくてステキだと思いました。

 

 

 

 

 

 

セルフケア

とはいっても、皆様にケアを提供する歯科衛生士の話です。

5年前から年一回アメリカから、歯周病専門医・中山先生のご指導受けていますと、いつ

も姿勢・ポジショニングの指摘受けます。歯科衛生士の仕事は、お口の中の歯の根元につ

いた大変硬い歯石を相手にするので、姿勢・力のコントロールが大事なのです。

就業中の歯科衛生士さん、仕事中に手のにぶりを感じたことはありませんか?日常的な

疲労感から、手指に腫れなどを感じたことはありませんか?歯科衛生士さんは、手根管

症候群(CTS)になりやすいのです。その予防のためにも、患者さんのチェアの位置は適

切ですか?上腕や手首はニュートラルポジションですか?スツールに深く腰かけ背筋を

伸ばしましょう。両膝を開き下半身を安定させましょう。手首を締め付けないグローブを

使いましょう。仕事の前中後に、ちょっとしたストレッチをしましょう。又グー・チョキ・

パーのような、手話のように手や指をこまめに動かすハンドエクササイズが、意外と役に

立ちます。歯科衛生士さんは、皆様のお口の健康になくてはならない方ですので、ご自分

の体、特に手や指を大事になさって、どうぞ長くお仕事続けられますように。

 

そうだなぁ・・・

資料整理していたら、また出てきました、このメモ!

聞くと見るとは大違い

見るとやるとは大違い

やるとできるは大違い

できるとできたは大違い

できたとできているとは大違い

そうだなぁ・・・・・。

患者さんと医師との関係(がん研有明病院・門田先生の放送より)

がん研有明病院院長・門田守人先生が毎週日曜日午前8時から、ラジオ文化放送で、大変

わかりやすいお話をなさっています。今回のお話は当クリニックが礎にしていることでも

ありますのでご紹介いたします。

・現代にも生きる「ヒポクラテスの誓い」

よりよい医療を受けるためには、お医者さんと患者さんとの信頼関係がとても大切です。

ではどのようにしたら、医師と患者さんはよりよい関係を築けるか。これは医療というも

のがスタートした時からの永遠のテーマと言ってよいでしょう。

ヒポクラテスは紀元前5世紀に生まれたギリシャの医師で、それまでの呪術的医療を廃し

、科学に基づく医学の基礎を作ったことから「医学の祖」と称されます。彼が医師の職業

倫理について書いたとされるのが「ヒポクラテスの誓い」です。金銭的報酬だけを目的に

医療を施したり、医学を教えたりすることを戒め、人命を尊重し、患者のための医療を

施すことなどをギリシャ神話に誓っています。この「ヒポクラテスの誓い」を日本に

導入したのが、江戸末期に蘭学を学び、適塾を開設した緒方洪庵で、このヒポクラテス

の考え方に影響されたドイツ人医師によって書かれた、医師が守るべき戒めを「扶子医

戒之略」として12か条になっています。ただ「医療を施す」という言葉が普通だったよ

うに、医療は長い間、医師が患者さんに与えるものでした。ところが現在は、医療の主人

公は患者さんで、患者さん中心の医療が求められるようになっています。医師としての

職業倫理は昔と共通でも、医師と患者さんとの関係は少し意味合いが違ってきました。

・信頼関係を築くには、形よりも中味が大事

患者さんを尊重することはもちろん大切なのですが、最近ちょっと行き過ぎかなと思うこ

とがあります。いつの間にか「患者様」と言われるようになったことです。その発端は

厚生労働省の検討会で「そういう感覚を持って患者さんに接しろ」ということだったと思

うのですが、実際に病院で耳にした時は非常に違和感がありました。「医師と患者の関

係」を「お医者様と患者様の関係」に変えても何も解決しないと思います。それよりも

内容や中味で、どういう関係を築くかを考えることが中心でなければなりません。

患者様という言葉が気になっていたので、一般の方を対象にした講演会で患者様と言われ

ることに違和感があるかないかを聞きますが「患者様がいい」という方はほとんどいませ

ん。信頼関係という事では、医師は患者さんが今どういう気持ちでいるかを思い、どう接

することが患者さんの為になるかを考える。患者さんはへりくだることなく、医師にどう

対応したら信頼関係が築けるかを考える。医師が話すことを十分に理解できていないのに

「ハイ・ハイ」と答えるだけではよい関係は築けません。自分のことを正しく表現するこ

ともコミュニケーションの基本です。呼び方などの形にとらわれるのではなく、医師と患

者さんが対等な人間対人間として理解・尊重し合える関係がベスト。それに尽きるのでは

ないでしょうか.

 

このようなお話でした。健康保険の制約の中で、十分にお時間取ることは難しいかもしれ

ませんが、制約があってもやろうと思えばできないことではありません。門田先生のお話

にある、一方的でなく理解・尊重し合える関係目指して、形でなく中味が大事を心がけ

てまいります。

そういわれてもねぇ!

P2010_0628_123759

大きな魚売り場で、あまりの立派なお姿!と値段にびっくりして写真を

撮らせていただきました。「クエ!」と言われてもねえ!

歯茎から血が出なくなりました

もう6年ほどメンテナンスされている30代の男性患者さん。診療終わってお帰りの時

「今じゃ考えられないですよね。最初来た時血だらけでした。」とご自身も覚えておいで

でした。6年前の初診時、10年ぶりの歯科受診とのことでしたが、主訴は奥歯が割れた

でした。患者さんのお口の情報を取らせていただき、少しづつ治療を進めていきましたが

歯石を除去するどころか、洗浄するだけでも出血するありさまでした。担当衛生士も

細かに拝見しながら根気よく歯周治療を進め、行きつ戻りつしながら、メンテナンスも

6年目を迎えました。ご案内の歯ブラシを使ってホームケアも頑張られ、きちんと

メンテナンスに来院されて、最近では「歯ブラシしても出血もなく、気持ちよくなった」

とのこと。お仕事も順調に業績出されご家庭も持たれて、来院の度いろいろお話しいただ

くことが私達スタッフにとっても嬉しい瞬間です。ご存知なかったことをお知らせするこ

とにより、ご本人が気づかれて、健康感が変わられる。この仕事していてよかったなあと

思えるひとときです。歯周病は痛みを伴わず静かに進行しますし、自然に直ることは

ありません。その症状が消えても直ったわけではありません。自然治癒はありません。

歯ブラシすると出血する・・。このようなことに気づいたら、お気が重いでしょうが、受

診下さい。症状が軽いうちのほうが歯は残せます。症状なく進行するので、「糖尿病と

同じ」と言われる歯周病です。歯茎がよい状態になると、口臭の心配もなく毎日が快適

になられます。気持ちの良いお口を大きく開けておしゃべりも食事も楽しんで下さい。

 

定期的に来ていて、安心です

定期メンテナンスに来てらっしゃる60代女性の患者さんの言葉です。

歯を磨くと血が出るものと思っていました。こちらに来るようになって全く口の中が

変わったの。以前は朝起きても口の中が痛くて、CMしてる薬を買って塗っていたのよ。

最近、歯の苦痛忘れてる自分に気づいたの。定期的に来てきれいにして頂いているから

安心しています。ということでした。

定期メンテナンスを受けている方は、まだ日本人全体の2%と言われています。ご家族に

勧めても、ご自身が実感されるまで時間がかかります。ですから、メンテナンスされてい

る方がきれいで気持ちの良いお口をせいぜいアピールされ、「とても気持ちいいわよ。

私の歯きれいでしょ!」と自慢なさると同時に、歯科医院に定期メンテナンスに通うこと

によりお口の健康が守れ、口臭などのない気持ちの良いお口になること伝えて下さい。

時は春。カッコいいなと思うような方がすれ違った瞬間口臭感じたりしたらがっかり

しませんか?電車で隣の方があくびした瞬間、たばこ臭かったり、口臭がたなびいたり

して不快に思ったことはありませんか?

もう15年以上前の話ですが、当時老健施設と言われたお年寄りの施設で臭いが問題にな

りました。「おしめなど排泄の臭い」と言われていましたが、真摯に調査なさった先生が

おられ、排泄より、手入れされていないお口の臭い=口臭が原因と分かり、口腔ケアとい

う言葉が生まれ、高齢者やご病人のお口のケアすることの大切さが言われるようになりま

した。ですが高齢になってから、病気になってからでは遅いのです。小さい時から、お口

のケアを生活習慣にしたいものです。私達はこのことをお一人でも多くの方に伝えたいで

すし、3代にわたっンテナンスに来院下さる患者さんがいらっしゃるようになってきて

本当にうれしく感じています。皆様も歯科医院での定期メンテナンス是非お始め下さい。

 

お・も・て・な・し

2014043015100000

季節のお・も・て・な・しです。

芍薬・紅花・矢車草 そして薄ピンクのハルジオン。春が満載です。

ツバメが飛ぶ

所用で出向いた先でのことです。滞在してたのが7階ですのに、大きく旋回するツバメを

みました。こんな高いところまで!とびっくりしてると、あたり前です。彼らは海を渡り

何千キロも旅をして来るのですから・・。そのうち数が増えて沢山で飛んでるのを発見。

巣があるに違いない・・と探してみると駐車場でした。人の出入りも多く、繁茂に車も

出入りします。誰か必ず人のいるところです。ツバメはそれを利用して、カラスから

巣を守っていると聞きました。「フンを落とされた人もいるかもしれないけれど、誰も

何も言わない。ヒナが泣き始めると、皆「今年も来たね」と見守っています」とのこと。

ある方は、「フンは落ちてきたらふけばいいんだから。心ないやつが巣を落としたことも

あったけど。僕達の唯一の楽しみだからね」ツバメは生きた虫しかエサにしないそうで、

街路樹や緑が多いところで、なお且つ人の出入りのあるところを選ぶんですね。

昔からツバメが巣をつくると、「縁起がいい」「商売繁盛する」「幸せを運んでくる」と

言われてきたのも、それはとりもなおさず、ツバメを受け入れる町のやさしさ、人々の心

を反映した結果だったのでしょう。そう思うと体調15センチほどの小さな姿が愛おしく

さえ思え、せっせとエサを運ぶ親ツバメと、合唱するがごとく口パクパクするヒナ。巣だ

っていくヒナの頼りなくも大胆な飛行に見入ってしまいました。

きれいにしてあげたい

出先で今旬の、金目鯛のさつま揚げを買いました。その名も「あげたい」(笑)!

そのパッケージが傑作です。「あげたい」言葉がいっぱい書いてあるのです。

贈ってあげたい。一口あげたい。一旗あげたい。拍手をあげたい。杯をあげたい。

番付あげたい。全力あげたい。式をあげたい。誉めてあげたい。成績あげたい。

一献あげたい。床をあげたい。申しあげたい。開いてあげたい。花をあげたい。

スコアをあげたい。腕をあげたい。芸者をあげたい(笑)。すべてをあげたい(ワォ)

便りをあげたい。歌いあげたい。抱いてあげたい(エッ)。育てあげたい。

グレードあげたい。酔わせてあげたい。美味しさあげたい。許してあげたい・・・・。

「あげたい」のオンパレードです。少しづつ意味やニュアンスが違ったり、二通りに

解釈できるものもありますが、「あげたい」はみな前向きの言葉ばかり。同じ音(おん)

なのにこんなに様々なプラス思考のいい方あるなんて楽しくなりますね。「上向き」

「前向き」そしてやさしい心づかいの「あげたい」は日本人の生活の知恵の言葉・・と

まとめています。スゴイスゴイ!

当院の「あげたい」は皆様のお口のなかを「きれいにしてあげたい」「快適にして

あげたい」「美味しく食べられるお口にしてあげたい」です。

あなたの「あげたい」は、どんなステキな「あげたい」ですか?

 

イノベーション

制約って何にでもありまよね。その制約を乗り越えるコツをやってました。あのゴジラを

生み出した円谷監督のお話です。制約っていうと「あれもダメ。これもダメ。できない」

と思いがちですが、制約をよくじーっと見て・考えて・検証すると思いがけないものに

気付いて「なにかが生み出され、そうすると芋づる式にイノベーションがおきる」という

お話でした。そこで起きた偶然を生かす感性。臨機応変に対応するには、意外なことを

見逃さない事。自分の感覚を信じて心を大切に進めれば、必ず前に進み、ひいてはお相手

が納得してくれる仕事につながると。そして切り札を見つけたら勝負に出ろと。

意外なことを見つける感性というのがとても大事で、意外な組み合わせが化学反応を生む

そうです。その為には自分を自由にしておくこと。過去の自分にもあった若い感性の素晴

らしさを見つけて伸ばしてやって、いろんな世代混じって仕事を楽しむこと。

ウーンなるほど。

ゴジラを作った最初の着ぐるみは、ゴム製でなんと100キロもあり、中に入った人も

なかなか動けなかったそうです。でもその動きにくさが、ゴジラという巨大な生き物の

重量感につながるという違う見方をした瞬間、次のアイディアが生まれ、今日に至ったん

だそうです。些細なことを見逃さないこと。歯科医院としても患者さんをお迎えしてから

お帰りになるまで、患者さんを見ていると沢山の情報を発しておられ、気が付くかどうか

でお話のすすめ方も、喜んでいただけるかどうかも違ってくるような気がします。要は

自分のアンテナ次第ですね。おりしもよい季節まっただ中のゴールデンウイーク。

近所の公園にでも行って緑のシャワー浴びて、日ごろの自分を解放して深呼吸したら

ちがった自分にあえるかも? ちがった見方にも出会えるかもしれません。 出先での

大きな池で、たくさんの金魚を見ました。水草の陰から大きなおたまじゃくし発見!する

とそばにカエル!底土と同じ色なので気づきませんでした。そばにいた小さな女の子が

おたまじゃくしに足が!と大きな声。カエルになって行くんだよ・・つたない説明しながら

ピンクの蓮の花が、だんだん咲いていくのを眺めながら楽しい時間を過ごしました。「な

ぜ」「どうして?」という子供との会話は大切なことを思い出させます。紅葉の新芽・

小さな子の手のようなも青もみじの葉が、初夏の風に揺れ、女の子の頬を撫でていきまし

た。バラのつぼみがスタンバイしています。何かを生み出す春が来ました。

命をいただいて

友人に生ハムに凝ってしまい、カットするときに生ハムの塊をセットするスタンド!を買

ってしまったものがおります。まあその恩恵に預って美味しい生ハムを食べさせてもらっ

たので、なんとも・・ですが。その時後ろ足が美味しいんだけど、高くてね!と言ったのを

聞いておりました。

この沿線の坂戸に有名なその業界では知らない人はいないという生ハムつくりの達人が

いらっしゃるようです。尾島博さんと言って防腐剤・添加物一切使わず、塩のみで作って

いるとか!何でも起業コンサルタントとしてスペインにいらして当地で生ハム食べた時の

脂のとろけ具合・どんぐり食べて育ったイベリコ豚の香りに魅せられ、お仕事辞めて生ハ

ム作り37年だそうです。日本のハムやソーセージに必ず入っている亜硝酸塩も使わない

そうで、本当に「塩」のみ。

あまりのいい香りに虫が寄ってくるそうで、カビが生えてもご自分で開発したラードや唐

辛子のパテで撃退!あくまでも自然ににこだわって信念もって作ってらっしゃるようです

当時スペインでも塩だけで作るメーカーはなかったとのこと

先日九州に豚をよい状態で育てている方がいると聞いて尋ねた野島さんが傑作でした。

育ててる方が自分で作った野菜で豚を飼育し、豚本来の姿で育てたいと野原を

駆け巡って自由に走り回る豚見ても、「後ろ足のももしか目に入らない」そうです(笑)

「美味しい生ハムを安全な状態で作りたい」この信念貫く野島さん。「生きてる間

楽しくストレスなく豚を育てたい」とおっしゃる養豚の若者。

このお二人から作られた生ハム。うすーく切ってこのエピソードを思い浮かべながら

大切に味わってみたいと思いました。それにしても「塩」だけとは!

芸術品のような脂とおいしそうな肉の部分。

私達も生き物として、同じ生き物から命いただいて毎日があります。このような生産者

の顔が見えてくると、残さず美味しく頂かなければとつくづく思います。

心臓病の天野先生が・・

先日健康情報のテレビ番組に、あの天野教授(順天堂大学附属順天堂医院・心臓外科)が

出演なさっていて、ちょうど最後頃見れたのですが、司会者の「心臓病の一番の予防は

何ですか?」の質問に対し、「歯周病の管理ですね。いかにお口の中をきれいにしておく

かです。歯周病菌は血管を通じて悪さをします」とはっきりおっしゃったのでした。

あまりの断言ぶりに、拍手したくなりました。よくぞおっしゃってくださいました。

あの天野先生がおっしゃって下さって「鬼に金棒」(笑)です。

ご近所の懇意にさせていただいている内科の先生も、とてもご理解下さっていますが

こうして医科の著名な先生がアナウンス下さると、少しでも多くの方に伝わって大変意味

あることです。こうして医科と歯科が連携することによって、正しい情報が正しく伝わる

ことによって、少しでも患者さんに良い結果がもたらされることを願っております。

天野先生ありがとうございました。歯科の現場からお礼申し上げたいと思います。

 

虫歯予防にチーズ!

先週の番組で衝撃的なレポートがありました。チーズが虫歯予防に有効とのことです!

あのWHOが認めたそうです。チーズと言っても、ハードチーズに限るんだそうで、

チーズのミネラルが酸を弱める働きがあって、唾液に溶け込み初期虫歯を再石灰化

させるというのです。朝の番組でしたが、エーッチーズ!ばっちり目が覚めました。

びっくりしました。岩手医大の 稲葉先生という方が検証されたようです。初期虫歯とい

うのは、ご存知のように、白く濁った虫歯になり始めの状態で、まだまだ戻るチャンスの

ある歯のことです。この状況で探針で突っついたり、削ったりしてはいけません。日々

丁寧なブラッシングでプラークを落とし、年齢に合った濃度のフッ化物(フッ素の入った

歯磨き粉)を頻回に使って、お口にものが入った都度、酸で溶けた歯の表面を戻しておけ

ばよいことです。では「いつ食べるか?」「今でしょ!」ではありません。食後にハード

チーズ2-3個よく噛んで食べ、唾液にミネラル分が溶けだすようにすると良いそうです

。その後10分くらいして歯ブラシしてはどうでしょう?と案内していました。

チーズは本当においしく様々ありますが、ハードチーズということですので、連休にでも

チーズ売り場をのぞいて見て下さい。 私的には、ハードチーズなら、コンテ・ミモレッ

トなどが大好きです。以前ブログにも書いた、「クルミ」と一緒に食べればとても美容に

もよさそうですが、今回は「虫歯予防にハードチーズが有効!」というトピックス

お伝えしました。チーズは歯にもからだにもいいですが、何でも食べ過ぎはダメですよ。

ほどほど・・に。おいしい予防法のお知らせでした。

 

端午の節句

2014042315350001

連休に入りました。どこの道も渋滞が始まっています。空港も出かける人で大賑わい。

ずっとお天気だといいですね!!

所用で伊豆の近くに来ました。お天気ですとさすがに陽ざしも強く、若葉が目に痛いほ

どきれいです。若葉の色って、もえぎ色というか本当にみずみずしいですよね。樹々から

目を移せば、立派なこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。「屋根よーり高ーい

鯉のぼり。大きい真鯉はお父さん・・・。」小学校で習った歌が自然と口をついてでます。

2014042709250000

ちょうど友人が鶴屋八幡の練きりとお干菓子をもって訪ねてきました。なんと一緒に

おうす(お抹茶)のセットお持ちになり、新緑の中で早速に深い香りのお茶を点て、

風流極まりない休日の始まりとなりました。それにしてもこの濃い樹々の緑と風に泳ぐ

大きな鯉のぼり。小さい子供たちの未来を祈ったことでした。咲き始めたスズランの隣

に小さな折り紙の兜です。お雛様に比べて地味な端午の節句ですが、男の子たち、元気に

大きくなぁれ!鯉のぼりのように大胆にのびのびと泳いでいってください。

2014042218340000

若い方々を知る・注目の若者

この歳になってと思いますが、この歳だからこそ、このところ気になっている若者がいま

す。社会学者という肩書きありますが、肩書きより彼の発言がとても気になって出来るだ

け耳を傾けるようにしています。そう思っていると、何気につけたTV,雑誌で縁があるの

か?結構拝見するチャンスがあり、一人でほくそ笑んでいます。古市憲寿さんです。

「草食系」「さとり世代」今の若者は野心や欲望を感じさせない世代と言われますが、本

当にそうでしょうか?本当に今の若者って「欲がない」のでしょうか?今までの根性論と

は違うだけではないでしょうか?気になる若者の代表・古市憲寿さんが4月17日新しい

本を出したようです。「だから日本はズレている」という(笑)。探してみようっと。

もう一人気になるのは、浅井リョウさん。「桐島、部活やめるってよ」でスバル新人賞を

受賞の会社員。気になる二人です。

思い出せば、私達も若い頃(ちょうど古市さん・浅井さんの頃)いろいろ言われたっけ!

その後新人類とか何とか・・その都度言われることはあったけれど、最近は本当に

わかりづらい(この言葉も私は慣れなくて、わかりにくいと言いたい)ことが多いけれど

若者たちの何やら軽快な雰囲気を見ると、ギラギラしてるばかりが「野心や欲望」でも

なさそうな気もします。その若者たちの今のおもい・考えをもっと知りたいと思うこの頃

です。興味有るなぁ。このお二人。

軽やかにきちんと発言していくこのお二人。なんだかとてもステキ。ヘーッそうなんだ!

と話を聞きたくなります。もうすぐ五月。樹々の若葉が本当に美しくなってきました。

 

コミュニケーションの極意・意志があるから心が届く

桜の樹がすっかり新芽となって、きれいな若緑が又楽しませてくれています。

3月4日ブログ「プロフェッショナル」で書いた長井鞠子さんの本が出ました。穏やかな

堂々たるおしゃれなおばさまの写真に魅せられ買いました。頬杖の写真が実にステキな

カバーです。TVで拝見して、すっかりお仕事の姿勢に魅了されました。又日本語のひだ

を、言葉を発する方の心・ニュアンスを、懸命に同時通訳しようとなさる姿勢に打たれま

した。この中で、人間は社会的な存在であるかぎり、一人では生きていけません。まして

やこれからグローバルな世界で渡り合うためには、心は熱く、頭は冷たく、言葉を武器に

するべきでしょう。せっかく発言するなら、人の心を動かす言葉を発したいものですと

あとがきで語っておられます。先入観と固定観念だけから判断せずに、人間だけが持つ

「言葉の世界」にこだわっていきたい、「言葉は残る」ということですとおっしゃる若々

しくエレガントな長井さんの眼差しは、中曽根さん・小泉さん・ホーキング博士はじめ国内

外の著名人の同時通訳を生業とする長井さんならではの、大切なメッセージと受け止めま

した。ステキなご本です。ぜひ本屋さんで探してみてください。

コミュニケーションって難しい。着せ替え文字(朝日新聞・ことばの食感より)について

同じ言葉でも書き方によって感じが違う。「大也」「文人」という兄弟が「ひろや」

「ふみと」かと思うと、「ダイヤ」「モンド」だったりするそうです!何種類もの文字を

使う日本語ならではのコスプレじみた贅沢な遊びと書いてありますが、幼稚園や学校の

先生困るだろうなぁと心配するのは私だけでしょうか?

「コーヒー」が「珈琲」になると紙コップのイメージは消え、「フランス料理」の看板が

「仏蘭西料理」に変わると、財布の中身が気になります。文字のイメージって面白いです

ね。「総理」や「大臣」も「ソーリ」「ダイジン」では権威がなくなります。「ヒロシマ

」は「広島」以上に被爆の連想が強くなり、「はつ音」という交ぜ書きは「発音」か

「撥音」か不明だし、「讃美歌」も「賛美歌」で代用されて荘厳さが減った感じです。

そう考えると私達女性も「女」と書くのと「オンナ」と書かれるのでは雰囲気がまるで

違いますし、なんだか女性として微妙な思いがふつふつと湧き上がってきます(笑)。

そういえば以前から論争までもいきませんが、患者さんを「患者様」というかどうか

ですが、当院では「患者さん」です。「様」と呼ばないから失礼・非礼ということは

ありません。それよりも「患者様」と言っておいて、他の言葉すべてが、ぞんざいでは

意味がありません。「鈴木さん」とお呼びしても軽いということはなく、「鈴木様」と

お呼びしたから丁寧ということでもありません。要は心がこもっているか、お迎えしよう

というこちらの心持次第と思います。この着せ替え文字を読んでも、日本語は実に豊かな

意味と感触・音色を持ちますので、大切に言葉を発したり、書いたりしていきたいと思い

ます。そういえば若き女子高の頃先生が「もじ」というとひどく眉を曇らせ「もんじでし

ょう」とおっしゃたのを思い出しました。先生のご尊顔とこのようなことしか思いださな

い劣等生の戯言です。日本語って本当に美しくまた面白いですね。

患者さんとともに。 毎日嬉しいひとときもあります。

土曜日終わられたメンテナンスの患者さん。独身時代は朝霞にお住まいでしたが、結婚

され、人気の豊洲に越されました。それでもわざわざメンテナンスに通ってきてください

ます。タブレットに入っている9か月のお子さんの写真を見せて下さって、院長はじめ

スタッフも嬉しいひとときでした。たまたま居合わせた患者さんも覗き込まれ、

もう大きくなったご自分のお嬢さんを思い起こし、会話を交わされました。お子さん9か

月で保育園に入れ奥様は仕事に復帰とか。今戻らないと子供が小学校に入ってからでは

戻れないのですよ・・とのこと。保育料一か月8万円ほどかかるそうです。これでは女性

の一か月のパート代も飛んでしまいます。若いご夫婦のこの現実。社会が、働き方が変わ

っていく中で国としての仕組みづくりが急がれます。又地域の協力も望まれます。互いに

助け合っていく時代に、小さな歯科医院でもできることはないか考えさせられました。

このような若い夫婦も、帰宅して子どもの笑顔見ると疲れも吹っ飛びますね!の言葉にち

ょっと安堵しつついろいろなことを考えさせられた、嬉しいひとときでした。遠くなられ

たのにご来院有難うございます。9か月の赤ちゃんのサックブラシ・フッ素の使い始めの

時期などご案内して安心して帰られました。赤ちゃんのご成長とお仕事がうまく運ぶよう

にお祈りしております。子育てと女性の働き方。女性だけでなく男性も含めて今の日本の

これからの日本の大命題ですね。いろんな世代が共に考えなければと思いました。

 

With you !

ゆずの曲です。ご存知ですか? 

    きっといつか、夢をつかむその日まで

    一人じゃない心の中、どんな時も With  You !

新入生も、新しく就職した方も初めての学校・職場いかがでしょうか?

慣れるまで大変でしょうが、先輩たちにもみんなそんな時ありました。

でも、一人じゃない心の中  With  you ! 

 

あなたのまわりにも、必ず応援団がいます。がんばって下さい!

 

 

 

根っこ

桜も柔らかな新芽を風にそよがせて、よい季節になりました。一か月前の3月はどのTV

も、被災地のレポートでした。まだまだたくさんの未解決の問題を抱えている現状が如実

にわかりました。と共に帰りたくとも帰れない現状にあきらめる住民と、住民の意思と

は違う方向に進んでいる行政の計画との差がはっきりして、3年たっても・・!とため息も

出ました。

先日来マスコミを賑わしている、18年も嘘をついていた佐村河内氏。論文撤回を促され

ているリケジョの小保方さん。「信じる」ということ。そのことがわからなくなってきた

今日です。私達は、自分は何を判断基準にして人を信じているのでしょうか?

自分のアンテナはどのようなアンテナなのか?私のような年代でも、自信なくす現代です

から、小さい子や若い人にはなおさらでしょう。信じること・信じられること、もう一度

自分の根っこを考えてごらんなさいと突きつけられた思いです。自分の軸は何か・・。

そんな時

  根さえしっかりしていれば

  枝葉はどんなに揺れたっていいじゃないか

  風にまかせておけばいい     みつを

ふと顔をあげると「相田みつを」の日めくりが笑っています。

風もさわやかなあふれる緑の、4月も下旬になります。

 

 

基本セットに当院は探針入れません

1998年、初めて予防の会が立ち上がり、入会しました(詳しくは当HPご覧くださ

い)「本来虫歯も歯周病も稀な病気である」の言葉にびっくりして予防への取り組みが

始まりました。バイオフィルムという細菌の汚れ・そのバイオフィルムの破壊と除去が

命題でしたが、そのバイオフィルムたるものの正体を知らねばなりません。初めての事

びっくりすることだらけでしたが、全国から集まった700人の仲間を心強く思い

勉強しました。学校検診で有名なC1・C2・・の前に、C0(要観察)という言葉も出てきて

「脱灰と再石灰化」という認識を知りました。フッ素の、世界に於ける認識日本の認識

も把握しました。そして新聞紙上に「私達歯科予防の会に属す歯科医院では、探針は使い

ません」というアピールになりました。かなりセンセーショナルだったせいか、あちこち

からつつかれました。そんなことしたら、学校検診できないじゃないか・・とまで。

使わない理由は特にお子さん方にですが、臼歯の咬合面とっても柔かくデリケートなので

探針でつついてしまうと穴をあけるからです。虫歯は細菌の感染症ですから、突っついて

傷つけてはなりません。ましてや早くに虫歯の治療と言わんばかりに、削ってはいけませ

ん。探針は必要な時に出します。その代り当院では海外ではあたりまえの先のとがってい

ない器具を使っています。このようなわけで、患者さんがお座りになってすぐ用意する

当院の基本セット(もちろん滅菌済み)に探針は入っていません。

学校検診などで、探針使う先生がいらしたら、ちょっと気を付けましょう。虫歯の進行度

は目で見るだけでなく当院ではレーザーで確認もして、慎重に処置を決めます、いつどう

いじるかでその歯の寿命は決まってしまいます。くれぐれも、早めに処置することがいい

とは限らないと思ってください。早期発見早期「管理」です。何を管理するか?感染症を

起こす原因菌の管理です。虫歯も歯周病も細菌の感染症ですから、菌の管理・いうなれば

お口を清潔にすることです。そのためにメンテナンスがあります。歯科医院の大事な

本当の役割です。もちろん直す治療もしますが、きれいになったお口での処置のほうが

小さくよい処置ができることは誰の目にも明らかです。探針の話から飛躍しましたが

いじらないで済むお口の中にコントロールしておくことこそ、歯医者として誇らしい

大事な仕事です。一本の歯も、一本の指と同じ大切さと考えています。

「どう判断して、いついじるか?」が大事です。判断を誤るとかえって虫歯を作ってしま

うということを覚えておいてください。

 

 

デンタルフロスとリチャードギア

以前にも一度書きました患者さんのユニークなお話です。昨日もメンテナンスにいらし

て「アーさっぱりしたわ!」とおっしゃって帰られました。70を過ぎてらっしゃるのに

薄いピンク色の歯茎・しっかりして硬そうなたくさんの歯・つやつやした歯の表面。このよ

うになっていれば口臭など微塵もありません。大きなお口開けて大笑いなさっても、何の

違和感もなければかえってステキです。「こうして何か月にいっぺん、きれいにしていた

だくと日ごろの手入れの足りないところもきれいになって、本当に気持ちがいいわ!やっ

ぱり、歯ブラシとフロスよね。」と嬉しそうにおっしゃいました。この方こそ、当院で歯

科衛生士がデンタルフロスを初めて紹介した時、「アッこれこれ、映画プリティウーマン

で、ほら、リチャードギアの。映画の中で、ひものような物を口に入れてごしごしやって

るの、何だろうとずーっと思ってたの。これだったんですね!デンタルフロス。それで

アメリカの人ってみんな歯がきれいなのね!」とおっしゃって受付で大盛り上がりでした

こんな風に映画などで面白いところに気づいていらっしゃるんですね。びっくりしました

どんなきっかけでも、良い習慣を取り入れたほうが勝ち!です。そういえばアメリカの

コマーシャルに「Floss  or Die」なんて言う強烈なものもあるとか?特に 歯周病菌が

相当悪さをすることがわかってきたので、ベトベト・ヌルヌルしたお口の汚れは歯ブラシ

だけでなくぜひデンタルフロスを習慣になさって、歯周病のリスクを軽減ください。

いろんなデンタルフロスが出回っていますが、汚れがよく取れてスムースに使えるものが

あります。その方の歯の状況に合わないフロスは、かえって詰め物をチップしたり傷つけ

たりしますので、ご相談ください。歯ブラシもフロスもお選びになって、害がなく効果的

なものをお使いください。皆様のお口の健康に助けとなるものが豊富に出てきましたが「

その方に合ったもの」というのが大切です。私にいいからあの人にも・・はありません。

歯ブラシ・フッ素・デンタルフロス等その方の状況に合わせて選びましょう。又身体状況が

変わればお手入れもおのずと変わります。その位お口のお手入って、こまめに対応してこ

そと思っております。ご自分の歯と歯茎大切になさってください。

 

朝ごはん食べない若者たち・・

先日のNHKあさいち。興味深い内容でした。「今の大学生は朝食食べない」

当院では虫歯・歯周病の予防をベースに診療しているので、唾液検査等の際、又通常の

メンテナンスの際、若い方に朝食はおろか、食事らしい食事をしていない人が多いことを

知り、大変危惧しつつ食事のとり方などお話ししております。随分前から「飽食の栄養

失調」という言葉もあり、以前小学校高学年の男の子に「何でご飯3回食べないといけな

いの」と聞かれた時にはびっくりして説明にも苦慮しました。

今回の放送は、もう大人の大学生です。(小さい頃からちゃんと食べてないのかなぁ?)

聞けば朝食食べない理由として、時間・お金がもったいないと!ある人はカップラーメン

ばかり、ある人は茹でたパスタに違うパスタをのせて具はなし!そのため以上に太って

大学生で「睡眠時無呼吸症候群」の人もいるとのことでした。そこで大学が乗りだし

学食で100円で朝ごはんを提供サービス始めたそうです。ビュッフェ式で朝からずいぶん

豪華です。この学食朝食を利用し始めた女子学生「朝ごはん食べたらボーッとしなくなっ

た」との感想。そうですとも・・。ガソリンなければ車は走らないのですよ。

又、学芸大ではICカードに親がお金をチャージ。食事にしか使えない約束です。自分の子

供が何を食べたか親に分かる仕組みになっていて、週一回は大学生の子供に親が電話して

食事の偏りを指摘し教えるそうです。ヤレヤレ・・・です。このような大学生ばかりではな

いと思いますが・・・。

先日、大学の入学式に家族全員出席する人が多くなり、会場が今までの設営では間に合わ

ないというニュースがながれました。。家族席のほうが本人より多く必要だとか?単に子

供の数が減ったからだけではないようです。

大学生と言えばもう大人。いつまでも家から自立しないで困ってるのよ!とよく聞きます

が、子離れ・親離れという言葉は死語でしょうか?そう思った矢先、駅のホームに燕の巣

発見、忙しそうに餌をやる親ツバメを見ながら、何やらため息が出た春の一日でした。

若いみなさん、楽しく食べて、食べることの大切さとご自分の体を第一に考えて下さい。

どんな困難も、しっかり食べて丈夫なからだにしておけばどうにかなります。

「あなたの体はあなたの食べたもので出来ている」という本のタイトルが中吊りで踊って

いました。本当ですね。

今年初めての蕗

2014041120460000

桜も散って、スーパーには春の山菜が目白押しです。ありました!蕗!うちは自慢じゃな

いけど「蕗キチ」なのです。何が好きって、あの歯ざわりに加え、真っ青に茹で上がった

美しさ・香り!うーんたまりません。きれいな青茹でなのに、お浸しでおかかとかほかの

香り足すのももったいなく、「蕗の葉を佃煮」にして、それをのっけていただきます。

蕗の葉のほろ苦さも加わって、うーんさらに美味ーい。

シャキシャキの音もご馳走です。随分前ブログに「オノマトペ」を書きました。

この触感、歯ざわりがご馳走です。今日は青茹でのお浸しにしたので、残りの蕗は油揚げ

と炊き込みご飯にしようと思います。蕗がスーパーに並ぶと、春だなあと嬉しくなります

。蕗は葉つきの長いまま買ってきます。店員さんが「切りますか?」と親切に聞いて下さ

いますが、切らずに長いまま弓矢のようにしならせて持ち帰ります。切ると断面から

せっかくの香ㇼも水気も飛ぶからです。大好きな蕗の一滴なりとも無駄にしたくないので

す(笑)そのくらい蕗・大好き。

いつか札幌の友人訪ねる際、空港に着陸寸前あたり一面の野蕗(北海道の蕗は巨大です)

見て、「おいしそう!」と声をあげ失笑されました。本当に目の前一面が蕗でおいしそう

だったのです。笑われて当然ですが魅力的でした。栽培の蕗が終わると細い野蕗が出まわ

ります。細いですが香りも灰汁も強く、これはこれで魅力的。薄味のきゃら蕗にします。

蕗の話は止まりませんが、この辺で。

 

石炭をくべる

4月12日よりSL銀河「宮沢賢治 銀河鉄道の旅」が始まったそうです。なんと

プラネタリウムの小部屋まであるとか。「石炭いれるの見たい!」と石炭SLは子供達に

大人気だそうです。その係りのおじさんが実演され、石炭「くべる」ところは室温70度

一日で2ー3キロ痩せるとのことでした。「石炭をくべる」こんな懐かしい言葉が耳を

くすぐりました。日本語の響きは美しいです。この言葉子ども達にも伝えたいものですね

不思議な魅力(梨の妖精)

この歳になって、はまった自分に驚いています。「ふなっし~」です。たかだかご当地

キャラでしょう!と言われても、「まあ、そうなんですけど・・」です。安っぽい洋服

(失礼・先日汚れて綻んでると指摘あり)に、どこから出てるのかと思う声!普通なら

辟易するはずなのに、だけどだけど。ふなっし~の運動能力や話術以上に、やはり

頭の回転の速さにまいっています。それにいくらキャラクターとはいえ、会話の語尾

に「なっし~」入れるのってそうスムーズにできるもんではありませんよ。すばらしい。

先日相当なメンバーのトークショーに、「今でしょ!」の予備校の先生も出ていて、彼も

ふなっし~の頭の良さと語彙の豊富さ・日本語力を誉めていました。その中で歌舞伎の

勘九郎さんの話になって、トークショーのメンバーがやんややんやで盛り上がっていると

ころに、ふなっし~も同席。合いの手を入れたりして、大変スムーズに和やかに会話が

成り立っていました。そこで司会の方が、「ふなっし~は勘九郎さんの事どう思う?」と

聞いたところ、ふなっし~は「少なからず親近感をもっている、だってなしえん(梨園)

だなっし~」と切り返したのでした。司会の方が、歌舞伎(梨園・りえんと読みます)

とふなっし~の「なし園」がとっさにわからず、ふなっし~に軍配あがりました。事ごと

左様に下手なアナウンサーより、日本語力と教養あるかもしれません。キャラクターなん

てと軽く思っていた自分が信じられませんが、なかなかどうしてふなっし~は大したもの

だなっしーと素直に?はまった自分を笑っています。ただ心配なのはこれからの暑さ。昨

年も40度を越す夏でした。中に入っている方が脱水にならないか心配です。厳しい仕事

環境の中、見る人を理屈なく笑わせてしまうふなっし~にしばらくはまりそうです。

私の想像では、3年位前に深夜番組で人気を得た「風船太郎」が入っているんじゃない

かと思っています。だってあの奇怪な動きとジャンプ力は、やっぱり風船太郎しか出来

ないんではないでしょうか??

不覚にもこの歳してキャラにはまるとは(笑)なんてこっちゃなっしー!(変)

 

 

 

 

前から予防して おけばよかったのよね・・。

桜もきれいな新芽が出てきて、葉桜もまた美しい今日この頃です。

今朝からもたくさんのメンテナンスの患者さんです。皆さん、よく

忘れずにご来院され、ご自宅でのお手入れも頑張られて、こうして

衛生士の予防処置を受けられ、ホームケアのブラシなど各々のセットを

お取り換えになって、次のご予約とって帰られます。すばらしい習慣を

身につけられた皆さん、本当にスゴイと思います。今帰られた方は

総義歯の方で、メンテナンスでした。「こうなる前から、歯医者さんに

ケアの為に通っていたらね」と反省こめておっしゃるご年配のかたに

エールを送り、ぜひ今後とも入れ歯のチェックとお口の清掃、咬み合わせ

の調整などさせて頂こうと思います。「おかげさまで、お食事美味しく

頂いています」この声が何よりうれしいことです。どうぞ義歯(入れ歯)の

方も入れっぱなし、作りっぱなしになさいませんように。筍・蕗・山葵の葉など

季節の恵みが出始めました。美味しく召し上がってくださいますように。

 

花筏

昨日、用事があって御茶ノ水へ。ポカポカ陽気に桜・枝垂れ桜・海棠までいっぺんに咲いて

それはキレイ!微妙に違うピンク色の花々を、皆さん写メしてらっしゃいました。医科歯

科大学の入学式だったらしく、桜をバックに「入学式」という大きな立て看板の前で、親

御さんと照れながらも誇らしげに記念写真とる姿もありました。おめでとうございます!

橋を渡ろうとしたら、下の神田川がピンクに染まって桜吹雪が水面をゆったり流れていま

した。「はないかだ(花筏)」と言うそうです。咲く桜散る桜もみな桜ですね。

美しい日本の情景。しばし佇み写メするのを忘れるほどでした。出会えて幸せでした。

うるい

2014040613470000「たった今だけの漬物です」超多忙の知り合いから、庄内土産のお漬物、見れば大好きな

「うるい」です。昨日もスーパーで買って夕食にみそマヨネーズで楽しんだばかり。小躍

りして喜びました。「うるいのお漬物なんて初めて!嬉しい」「そう思って、短い期間

限定なので買ってきました。それはよかった!」いつもこうして喜ばせて下さいます。

うるいってユリ科のオオバギボウシとか。実家の庭の紫の地味な花のギボウシの仲間だっ

たのですね。そういえば葉っぱの形がおんなじです。食用のうるいは軽いぬめりが魅力

ですが、頂いた浅漬けも、品のよいぬめりはしっかり残って、うるいそのもののお味が

生かされた美味しいお漬物です。期間限定のようです。他にも小茄子のからし漬・赤かぶ

の漬物・おみ漬・私の好物の玉こんにゃくの煮物。ご多忙の中、荷物も大変な上お漬物は

重たいのに沢山買ってきて下さって、そのお気遣いに恐縮しました。

色とりどりのお漬物どれも薄い塩味で、日曜のお昼は少しづつ器に盛って京都のお漬物屋

さんのように、「おつけもの尽くし」にしました。ちょうど旬の「いかなごのくぎ煮」

だけ添えて。炊き立てご飯にお漬物とくぎ煮。香ばしいほうじ茶添えてシンプルだけど

贅沢なお昼になりました。出張先からの嬉しいお心遣いも加わって極上のお昼ご飯でし

た。ごちそうさまでした。

かわいい家族です♪

 

似ているように見えますが、上がぴーこ、下がぽこと言います。

おしゃべり上手な男子です。(お鼻が青いのは男子なんですよ)

いつも癒されてま~す(^O^)

                           佐藤 香(*^_^*)

ぽこ

歯の事をもっと教えて下さい

広報の連載記事、見城美枝子さんは生活に根差したとても良いご意見を言ってくださいま

す。中に、歯磨きの大切さと正しい磨き方は、今までのすべての歯科医院で勧められまし

たが、歯磨き後の私の口にスケーラーを入れて、「磨いてもまだついているでしょ。これ

をこうとらないと」と、「歯石の素」を常にとっておくことを進めて下さった歯科医師は

たったお一人でした。歯科医師(歯科衛生士も同じです)にとっての当然は、一般人にと

っては、有効な知りたい情報だということをそうぞお忘れなく。というご意見が載ってお

りました。

わが意を得たり!と嬉しくなりました。

当院が年一回アメリカの歯周病の専門医に来ていただいて、歯科衛生士も特訓を受け、

DRはじめ助手も受付も、同じ意識で患者さんに対応しています。歯周病は自覚症状が

ないために、進行しているにも関わらず放っておかれることが多く、とても残念におも

います。当院では虫歯・歯周病にならないために、進めない為に、痛くない時に受診する

メンテナンスをご支持頂いています。メンテナンスに入るには、初期治療も必要です。

どちらにせよ、個人個人のお口の中をきちんと説明し、患者さんに理解頂き、同意を得て

進めます。あたりまえのことですが、医療の主人公は患者さんです。ですので、私達の

当たり前をきちんとお伝えしてからです。私達の当たり前が患者さん皆様に「あたり前」

になった時、患者さん本位の医療になるのかもしれません。そうできますように中央歯

科は、スタッフ全員で頑張ります。わかりにくいことはいつでもお聞きください。できる

だけご説明に心砕きたいと思います。皆様の暮らしを守るにはお口の健康が大切です。

お口の乾き

ドライマウスという言葉がテレビなどでも盛んに言われます。今日の患者さんの中にも

ある程度の年齢の女性に伺うと、ほとんどの方が「乾くのよね」とおっしゃいます。

でも中高年の方だけでなく、若い方でも、男性でも口の乾き(渇き)は深刻です。

「渇き」はお水を飲めば解決します。

しかし「乾き」は治りません。なぜならお口の「乾き」は唾液(唾)の減少だからです。

つばの減少の理由はいろいろあります。ストレス・お飲みになっているお薬・大量の服薬

噛まない食事・シェーグレン症候群のような特定の病気等。この口の「乾き」は放ってお

くと、虫歯・歯周病も進み、お食事がとれなくなったり、ものが呑み込みにくくなったり

します。ご不自由になる前に、お口の「乾き」が強いようでしたらどうぞご相談下さい

そうでなくとも、寝ている間はほとんど唾液(唾)は出ませんので、寝る前にしっかり

お口のお手入れなさらないと、エライことになります。ライオンの調査によると

夕食後にお口の手入れをしないで寝ると、翌朝虫歯菌30倍という結果です。

また特にこの季節、花粉症の方はとてもお口が乾くようです。お薬の影響もありますが

鼻が詰まったりして、お口を自然と開けているせいもあるかもしれませんが、まずお口の

乾きの原因を探ったうえで、いろいろなケアもご案内できますので、お一人で悩まず

お口の乾き(渇き)を我慢せず、一度ご相談ください。又お薬を沢山飲んでいてお口が

乾く方は、主治医の先生にもご相談なさることをお薦めします。医科の先生方も随分

お口の中に関心持って下さる方が増えてきました。心強いおもいです。

 

 

 

 

初物の筍

2014033113220000未だ早いと思いながら、八百屋さんに大きな筍。大きすぎるく

らいですが、思った時が吉日!とばかり、消費税前の買い物で

もう持てないほどなのに、欲張って買ってしまいました。

大きすぎてお鍋に苦労しましたが、茹で上がってイイ匂いの

筍君です。それにしても筍茹でている匂いって、何とも

そそられます。さてどうしようかな?まずはたけのこご飯、

姫皮は千切りにして梅とあえて・・と。底の硬いほうは

にんじんなどと煮含めて、若竹汁も木の芽あえも・・。と思いながらひとまず下ごしらえ

終えました。忙しいと何度もはできませんが、その季節の物はなるべく頂きたいと

思います。開業したころ、裏手のアパートの一階で診療していました。30年前です。

診療室向かいが八百屋さんで、筍の季節になると、ドラム缶をお鍋代わりにコンロにかけ

て、筍を茹でてくれました。共働きのお母さん方はとても喜んで買っていました。かく言

う私も「奥さん、筍茹だってるよ!」の声に茹でたてをありがたく分けて頂いて、文京区

の家まで帰ったものです。その八百屋さんは斉木さんと言って、ご夫婦で気のいい方でし

た。つい最近斉木さんの奥さんの訃報を聞いて、時の流れを感じつつ感謝の気持ちで

いっぱいでした。この土地の事を知らない私達を町内会に入れて応援下さいました。

このようなご近所に支えられて、今日の中央歯科はあります。ご近所・患者さん・スタッフ

支えられてまいりました。ご恩返しできているでしょうか?筍の季節になると、筍を茹で

る匂いとともに、お世話になったたくさんの方を思い出します。感謝ばかりです。

アンパンマンのあんは?

漫画家のやなせたかしさんと言えば、アンパンマンの生みの親として有名です。そのアン

パンマンの中身のアンコは何か?と永六輔さんが聞かれ漉しアンが好きなので「漉しア

ン」と言ったら、やなせさんは絶対に粒アンだと譲らなかったそうです。「永さん、

それには理由があるんです。たくさんの粒がないといけない。たくさんの人がいて、

ひとつのことができるんです。漉しアンにしちゃうと一粒、一粒が残らないでしょ」

やなせさんに言われたそうです。だから、アンパンマンは粒アンでなければダメだと、

永さんもわかったそうです。アンパンマンはスーパーマンのように、超人的なヒーロー

ではありません。困っている人に食べ物を届ける。あるいは飢えた子どもに自分の顔を

ちぎって差し出す。それがアンパンマンです。戦中戦後の貧しい食料事情を体験した

やなせさんだから描けたものです。そのご本人も心臓にはペースメーカーを入れており

さすがに引退を考え準備を始めた時に、東日本大震災が起きて、「アンパンマンが助けに

来てくれる」「(震災後)アンパンマンを観て、子どもたちに笑顔が戻りました」そんな

声がやなせさんに寄せられ、すぐに被災地に出かけ、子ども達を励まし満身創痍の身で

仕事も続けられたようです。「正義って、普通の人が行うものなんです。偉い人や強い

人だけが行うものではない。普通の人が目の前で溺れている子どもを見て、思わず飛び込

んでしまうような行為をいうんです」これもやなせさんの言葉だそうです。だから、アン

パンマンは漉しアンではなく粒アンなんです。僕らはそれを忘れず、伝えていかなければ

いけませんねと、永六輔さんは締めくくっています。アンパンマンは粒アンです。

群馬県立美術館

20140330133100002014033012530000桜が一斉に咲い

たものの、雨雲

も気になる日曜

シャガール展に

行きたいと父(93歳)からの電話。調べるとあと一週間の会

期。今日しかないと!と車を飛ばして雨の美術館に行ってきま

した。着くころには結構な雨で、足元悪く高齢の両親を心配

しましたが、観たい!という気持ちを尊重し、車いすで拝見しました。右に移っているシ

ルエットが両親です。昔の沼地を造成したので、広く海外のようなすばらしい環境の

洒落た美術館です。父はダフニスとクロエ、サーカスのシリーズが好きなのですが、見た

ことのない作品含め260点余もあって、見ごたえありました。雨ですいていたので、車

椅子でも作品の近くで見ることができ、満足そうでした。帰りに併設の「フランソワ・ポ

ンポン」(かわいいお名前です)という彫刻家のアトリエを模した館でブロンズ像を堪能

しました。パンフレットの写真をご覧ください。

大鹿・2メートルはあろうかという大作です。地元の小学生でしょうか?これ何?あれ何

?とママに聞きながらテーマパークにでもいるような気楽さでニコニコお行儀よく見てい

る様子に、小さい時から幸せだなあと感じました。理屈でなく、アートは小さい時から数

多く、見て・聞いて・触れて(触れていいものだけですが)感じてが大切と思っております

この土地のお子さんは幸せですね。アートの一級品がこんな身近にあるのですから。

シャガールを鑑賞後父の車いす押しながら、このシンプルで清潔な空間・余計なものを

排除して、ひたすら自然の中にガラス張りの建物があり、自然と一体化した中でものを

見て下さい!と言われているような気がしました。花も咲いていない、緑と樹木の空間

を眺めるように設置された二人掛けの椅子が、美術館のコンセプトをはっきり打ち出して

います。館林方面にお出かけの際には、足を延ばしてみたらいかがでしょうか?

4月下旬になると足利の有名な大藤で渋滞になります。美術館は(月)休館です。

93歳になってもみたい絵がある幸せ。車いすを押せたことさえ有難く思ったことでした

緑の中の美術館へ、春風の匂いを感じに、お出かけになってみませんか?

 

 

チョコレートもらっただけなの!

昨夜遅くに親戚の者が慌てて、電話してきました。

3歳の孫がアナフィラキシーショック起こして、大変と。この近くではないのですが

びっくりしてすぐ対応指示して病院を手配、受診が間に合って処置頂け助かりました。

以前より牛乳・卵のアレルギーあり気をつけていたんだけれど、ちょっとママが

目を離したすきにお友達からチョコレートをもらって口にした直後、息切れ・

呼吸がゼーゼーしてきたとのこと。ママも本人もびっくりだったと思います。

今まで気をつけていたんだけれど・・・みんなどこの親御さんもそうです。でも

ちょっとのことが大ごとになります。今回の親戚の子供は対応早く助かりましたが

アレルギーと言えども侮れない時代になりました。アレルギーのあるお子さんには

可愛そうですが、もっとかわいそうなのは、対応が遅れることです。お子さんの場合

理解して管理することが難しいので、保護者や教育現場などの周囲の大人が理解を

深め事前に周囲に伝えておくことが必要です。症状が出てから30分以内に「エピペン

」という症状を一時的に緩和するアドレナリン注射の応急処置したかどうかが、命を左右

します。エピペンはアレルギー専門医の診断を受け処方してもらえます。知っておくかど

うかが大事なことなので、書かせていただきました。この子のアレルギーは牛乳と卵だけ

と思っていたけれど、頂いたチョコレートもほんの一かけだったんだけど、チョコレート

にピーナッツオイルとか何か合わないものが入っていたんでしょう。今回親戚の場合大事

にならずよかったですが、皆様も身近にアレルギーのお子さんいらしたら、一度きちんと

調べて、対応を準備しておくと安心です。子供同士お菓子のやり取りは、ほほえましいこ

とでもありますが、アレルギーのことを言い聞かせておくことも大切なことです。小さい

うちからかわいそうですが、知らないうちに口にして大事に至らないようにすることの

ほうが大切です。みんなで、協力して大切なお子さんたちを守りましょう。

 

友人宅の垂れ桜

友人宅の垂れ桜の写真が届いたので、皆さまお楽しみください。

この方は、お花の手入れが本当に上手で、いつもおうちの

そこここに可愛いお花が咲いています。ご家族もきっとおうちに

帰るのが楽しみなことでしょう。先日株分けした鉢植えも

見事に咲かせて現代版「花咲かおくさま」です。

それにしても見事ですね!

友人宅の垂れ桜

異邦人

このところ、私事で2週続けて静岡に行くことになった。新幹線で三島、初めて降りる駅

不安だなぁと思いながらタクシー乗り場へ。「どうぞ!」の声が明るい。富士山を目の

前にあちこちの家の庭に春の花が咲き始め、ラッパ水仙が真っ盛り。目的地を伝えると

なんとも丁寧なお答え、「東京からおいでになったのですか?疲れたでしょう。この富

山見ながらきれいな空気吸ってゆっくりしてください。この町は三島市とくっついて

いるけれど、政治的にいろいろありまして大変なんですよ。でもみんながこの町がよくな

るといいねと思っているんですよ。若い人が増えてきてね」その礼儀正しさと、日本語が

とても丁寧なので、見知らぬ土地に来た不安がふっと消えました。なんという穏やかな

優しさなんでしょう。タクシーってあまりに疲れていると、口きくのもいや!というこ

ともあるけれど、やもすると乗ってから降りるまで一言も口をきかないことが多い都会の

タクシーとはひと味もふた味も違う運転手さん、降りる時もこちらを気遣って、ちゃんと

顔を見て「ありがとうございました」なんて最近言われてなかったなぁと当たり前のこと

なのに、とても嬉しいタクシーさんでした、そして何よりその土地の事を歴史から何から

よくご存じで、自分も町の一員という風情でした。これも当たり前と言えばあたり前です

が、あたり前のことをきちんとしていただくと、感動に近いおもいになりました。

私達の世代は「あったり前田のクラッカー」というおふざけがあったり、最近では

「あたりまえ体操」という大ヒットもありますが、なかなかできない当たり前を、普通に

していただくことが本当の「お・も・て・な・し」と思ったことでした。駅に降り立った時

オーバーですが異邦人のごとく心細かったのですが、たった一人の運転手さんの温かさに

救われたのでした。不安をもって知らない土地に立つ思い。この季節は卒業・進学・転勤

引っ越しと移動の季節です。当地にもきっと移ってらっしゃる方が多いはずです。三島で

巡り合った運転手さんのように、その地で初めて出会った方がその土地の印象を決めます

私達もそう思って、人に親切に温かい応接を心がけたいと思います。同じ日本でも(笑)

知らない土地って不安ですからね。中央歯科は「くらしホスピタル」。歯科のことだけで

なく皆様のお役に立つべく情報を整理してお伝えし、会話を大切にご不安が減るように

お役にたってまいりたいと考えています。お気軽にお声かけ下さい。

夜桜えび

用事でこのところ三島を往復しています。熱海を通り過ぎた頃からお魚の看板が増えます

駅弁情報は次回として、まずは季節の「桜えび」です。今回は冷凍ですが釜あげ桜えびを

買ってきました。ふっくらしてやわらかくそのままが美味しそうです。大根おろしもいい

でしょうが、サッとあっためてそのまんまがベストですね。あまーい!美味しい!

添えられたパンフレットの説明がとっても良いのでご紹介します。

夜桜えび (夜曳きと宵売り)

駿河湾では春と秋、夕方になると桜えびの漁船が出漁します。桜えびは夜行性のため、

昼間は深海にいた桜えびが夜になると月の光を求めて、活発に浅瀬に群れを成して浮いて

きます。その浮いてきた桜えびを漁獲するため、夜に行われる桜えび漁のことを、夜曳き

と呼びます。宵売りとは、その夜に水揚げされた桜えびを翌日の「競り」を待たずして

水揚げされたその場で販売する制度です。

まんまとお店の宣伝に載ってしまったようですが(笑)そう思われても仕方ない美味しい

桜えび。「夜桜えび」という呼び方、夜曳き・宵売りという日本語の夜の情景浮かぶ言葉

の美しさにもノックアウトでした。桜えびも美しい上に美味しく、日本語の案内にも

なんとも満足でした。このパンフレット読んで、闇の中出漁し新鮮な桜えびを市場に出そ

うと活躍する漁師さんの掛け声さえ耳に浮かんだことでした。日本の春の風景でしょうね

豊かな国・四季のあるありがたさ。美味しさとともに折々にふれられて幸せです。

夜桜えび

黙々と

桜五輪咲くと開花宣言・・と今朝のニュースで知らせていました。千鳥ヶ淵からの中継と

今朝の新聞は「お花見弁当」の案内でまぁにぎやかなこと。つい見入ってしまいます。

「美味しそう!!」こんな豪華お弁当持ってお花見行きたいなぁ。

そんな中、黙々とSRPする今朝一番の衛生士・神子島さん。見晴しよい個室で、暮れから

のシクラメンも見守っています。SRPの軽快な音に患者さんも、うとうとされて予防

処置を受けておられます。皆様の口腔内がよりよく保たれて、寿命よりも長く歯が保てま

すように。美味しく召し上がれますように。大笑いできますように。衛生士さんの仕事は

緻密で効果的、中央歯科は皆様のお口の健康を守ることを願い、一人一人頑張っています

 

黙々と

プロが集まって・・

大好きな指揮者・佐渡裕さんが、昨年ベルリンフィルで初めて指揮をした時のドキュメン

タリー番組の中でしみじみ語っていました。

「つまらない音楽をしたいと思ってる人はいない。ここが指揮者のよりどころね。命令

では動かない。自分の意志でやりたいと導くことが指揮者の極意かな?」

心に響いた言葉でした。

3月11日の震災直後、このベルリンフィルから日本に向かってメッセージを頂戴したこ

とがありました。指揮者のサイモン・ラトルが「皆さんは一人ではありません」と静かに

だけど力強い言葉で勇気と希望を下さいました。

音楽は理由なくハートを伝えるものであるけれど、今日は言葉でお伝えします・・と。

少ないからこその言葉の厚みと重み、心の底から心配下さっているお気持ちおふれるメッ

セージでした。音楽家としてだけでなく深いお気持ちと人となりが深く伝わりました。

佐渡さんがベルリンフィルに招聘され初練習の時、まず最初にこの震災の時に頂いた激励

のメッセージのお礼を、ゆっくりドイツ語で述べた時、メンバーと佐渡さんの心が通じた

ことが静かに伝わってきました。その後の練習風景はなにか国を超え気持ちが通じ合っ

たもののように感じました。ベルリンフィルは、一人一人が本当のプロで、コンサート

マスターが13人もいるそうです。この日のショスタコービッチの5番は、まだ36歳の

樫本大進がコンサートマスターでした。小澤に見いだされ着実に成長された大進がベルリ

ンフィルのコンサートマスターに決まった時、すごいことだなあと思いましたが、いいも

のはいいとはっきり述べ、練習中も金管のトップが、指揮者の佐渡さんに解釈の説明求め

る様子、それに誠実に応える佐渡さん、その答えに納得してその指揮に応えようとする楽

団員の方達にプロの姿勢を見ました。コンサート後のインタビューでも、「あの時もっと

はっきり言ってもよかったんじゃないの」という他のパートの楽団員もいて、本当に開か

れたオケだと思いました。カラヤンという伝説的な指揮者で有名なベルリンフィルだから

こその伝統の上に、この自由な空気の循環。それぞれがプロ中のプロでありながら、意見

を言い合い共感をもって音を響かせあっていく様子にチームという言葉が頭をよぎりまし

た。いつもながら汗だくの佐渡さんのもと、この日のショスタコーヴィチは最高の評判を

とりました。文頭に書いた佐渡さんのコメントが物語っています。

 

 

何の役にも立たないんだけど・・

先ほど帰られた、メンテナンスの患者さん、栄養のプロでいらして、あの3年前の

3月11日当院でメンテ中に地震を経験した患者さん。来月も福島にお邪魔するんですよ

とのこと。「あらっ栄養のお仕事でいらっしゃるんですか?」と聞くと

「大したことないですよ。単なる炊き出しです・・」と。「一度伺ったら、3年たっても

この状況に、伺わざるをえません」と静かにおっしゃるご様子に、かえって事実の重さと

ご自分の忸怩たる思い(意味合いは少し違うかもしれませんが)が伝わって来ました。

「この国には溢れるほどお金があるのにね」「どうして3年たっても仮設に住まわなけれ

ばならないのでしょうか?」。日本中の皆さんがきっとこんな気持ちであろうと・・。

だから一度うかがうと、再度何かお役に立ちたい・伺いたいという気持ちにかられるんで

すよ。短い会話と、選んで話される慎重な言葉の数々に、現地を体験なさった方の深い

お気持ちを感じたことでした。ずーっと思ってましたが、私も遅ればせながら福島を訪ね

させていただきたいとおもいました。本当に図々しいくらい遅ればせながらですが・・。

昨日の暖かさに比べ、今日のこの寒さ。被災地はいかがなんでしょうか?先日仮設の方が

部屋の湿気が抜けず、お布団も床のカーペットもカビだらけの状況が放送されていました

このような状況、国はすぐにでも手を差し伸べられないものでしょうか? 春に向かうと

いうのに、我慢を強いられている被災地のみなさまが、安心できる普通の暮らしに戻られ

ますように心から願います。冬の後には必ず春が来るのです。皆様に春が届きますように

 

 

 

バランタイン のカシミヤ

春らしくなって来て、桜の開花ニュースも始まりそうですが、朝夕はまだまだ冷える日も

あります。桜が咲く頃、「花冷え」という美しい日本語もあります。

先ほどメンテナンス終わられた方が、何ともきれいなグリーンのカシミヤのカーディガン

をお召しでしたので、見れば見覚えのある金ボタン。「ひょっとしてバランタインです

か?」とお聞きすると、「よくお分かりになったわね。もう30年くらい前のもので

しょうか。色もきれいだし、あったかいの」とおっしゃって触らせていただくと、その

カシミヤのソフトなタッチにびっくりでした。学生時代にバランタインのカーディガンを

友人と「清水の舞台から・・」のつもりで買って、大事にとってあることを思い出し、帰っ

たら引っ張り出そうと思いました。何とも上等なカシミヤ、その手触り、厚み。逸品に

ふさわしいカシミヤです。確かスコットランドのメーカーで、カシミヤ100%です。

お聞きすると、ピンクもお持ちとのことで、桜の季節の肌寒い日に重宝するの!との

ことでした。久しぶりに本物の本物にあったおもいでもう一度撫でさせていただきまし

た。腰までのちょっと長めの丈が、何ともオーソドックスで、ヨーロッパ的です。思い出

すと、このバランタインのカーディガン出始めた頃は、ワンピースが流行り、ワンピース

の上にこのカーディガンを肩にかけたステキな女性が青山・六本木あたりにいらして、学

生の私達の憧れでした。伝統のブランドというのはこういうことだなぁとつくづく思い起

こさせて頂いた患者さんの逸品でした。

お帰り際、首に捲かれたマフラーが、杉綾(ヘリンボーン)のやはりカシミヤのステキ

なもので、逸品を大切に愛用なさっておられるお人柄がしのばれました。よいものを拝見

させていただき有難うございました。豊かな時間でした。

バランタインのカシミヤ

 

成長

平成22年七夕が初診の、当時中学生だった方の、昨日メンテナンス後の院長とのご様子

です。部活以来はまっている楽器を見せてくれました。

初診当時、学校から「虫歯があるといわれた」とのことで、メンテナンスに来院のおばあ

ちゃんからのご紹介で、しぶしぶの初診でした。小さな虫歯がありましたが、虫歯の成り

たち等お話ししたうえで、必要最小限の処置をしました。ちょうど成長期の体の変わり目

もあったのでその後、歯肉炎のフォローも含めメンテナンスが始まりました。遊びたい盛

りの中学生が、学校帰りに「痛くもかゆくもないのに、歯医者に通う」って大変なことで

す。彼はがんばりました。そして志望の高校に合格! 遠くなるので、今のようには

メンテナンスに通えない!と言ってましたが、写真にあるように、「アルトサックス」と

いう楽器を続けたいとのことなので、お口は大切!とお話しして、理解くださいました。

遠くの高校になったのに、時間を作ってお口のメンテナンス続けて下さり、その後虫歯の

再治療もなく良好です。高校生がこのような、よい習慣を身につけてくれて、予防が

大事とお伝えして本当によかったと感じています。昨日は大事な楽器を見せて下さり

院長も私達スタッフも嬉しかったです。高価な楽器を大事そうにケースにしまう姿に

初診の時の虫歯たくさんあった時の彼はいません。自分で考え、行動し、はっきり考えを

述べるようになったやさしく頼もしい青年の姿でした。診療時間最後に滑り込むので私

達を気遣う言葉もかけてくれ、その大人に近づいてきた成長ぶりが嬉しいひと時でした。

院内の壁に「習慣がつくる心もからだも」という日野原先生直筆の文字が二ヤッと笑った

気がしました。ご来院の度、成長ぶりを拝見でき嬉しく楽しい一日になりました。

成長

成長

成長

 

合格!おめでとうございます!

厚いコートを脱いで、薄手のコートの方、コートなしの方が多くなりました。

「スプリングコート」という由来も「春」から来てるんでしょうね。

だとすると、大好きな中華の「春巻き」はスプリングロールで・・意味は?

うーん・・何でしょう?

先ほどメンテナンス終わった、高校3年生。「希望の大学の生命科学部に合格!」とのお

知らせでした。やったね!受験中もよくメンテに通われがんばりましたから。

小さい頃からパパ・ママに連れられて、メンテナンスしており、カリエスフリーです。

あっという間に大きくなって、いよいよ大学生。大学行ってみないとわからないと

次回から土曜日のご予約とられて帰られました。中学の部活でヴィブラフォンを始めた

時には珍しい楽器を選んだので、びっくりすると同時にその感性に驚いたものでした。

昔聴いた打楽器奏者で、美しい吉原すみれさんのお話ししたりで盛り上がったりしたこ

とも懐かしく思い出されます。大学に入っても部活続けられるといいのですが・・。

厳しい受験を乗り越えスッキリした青年の、白く健康な歯を見て、これからもお口のお手

入れ続けられ、きれいなお口で元気に皆さんと交流してってねとエール送りました。小さ

い頃から知っているお子さんの成長を拝見できるのも、町医者の醍醐味です。

これからもお通い頂く中でどんな風に成長されるか、本当に楽しみです。午後からはお母

さまのご予約、ホッとなさってきっと満面の笑みでしょう。お祝い申し上げたいと思いま

す。もうすぐ桜も咲きそうですし、よかったですね。

 

今日はね、ママについてきたの

今日はお母様の処置後の消毒の日でした。当院でメンテナンスしている7歳のお嬢さん

が、「今日はママについてきたの」とダッフィーのぬいぐるみも一緒でした。

ダッフィーがあんまりかわいいお洋服着てるので聞くと、おばあちゃまが昔、娘(ママ)

のぬいぐるみに作ったのを、ダッフィー君用に作り直してくださったんだそうです。紺の

ダボパンに、ミルクコーヒ―色のニット。ボタンはくまちゃん。こんな小さな患者さんと

のたわいない会話が、週末の待合室にあったかい空気とほのぼの感を作って、貴重な休日

メンテナンスに来て下さる土曜日の待合室が、いっぺんに和やかな春になりました。

ありがとう、まことちゃんとダッフィー君、また来てね!

今日はね、ママについてきたの

今日はね、ママについてきたの

 

 

 

STAP細胞証明できず・・

今日は朝から、とても春めいて木々にも新芽や小さな蕾が見受けられました。

先日このブログにも「かっぽう着のリケジョ」の記事とオレンジジュースの記事書きまし

た。(がっかりして昨日削除しました)見た目も研究室も、科学者らしくないところが

にわかに脚光浴びて、理科系の女子学生の希望の星といったお扱いでマスコミも湧きまし

た。かく言うわたしも、オシャレなリケジョとかわいい実験室にすっかり感心して、ブロ

グに3編も書きました。熱しやすい自分を反省しています。

ところがこの報道。昨日はいよいよノーベル賞受賞者の理化学研究所理事長・野依博士ま

で登場して「きわめてずさんで、あってはならないことだ」とのコメント。食品偽装の会

社が深々頭を下げるがごとく謝罪する姿に、又学生間で言われる「コピペ」などという

いかにも軽薄な言葉も登場!なんともはや・・の気持ちになりました。

IPS細胞の成功以来、生命科学がテクノロジーに走り「作りました」という研究がもて

はやされる風潮があると新聞のコメント。IPS細胞の誕生以前より、科学研究における

「倫理観」というものが盛んに言われていましたが、科学における倫理観と言うよりも

科学者も人であるわけで、「人としての姿勢」が大切なんではないかと今回深く深く

思いました。人であることというのは、何をするにもとても大切だと思います。レベル

は違いますが、私達のような歯科医院であっても、歯科医師も歯科衛生士も歯科助手も

受け付けも・・専門職としてだけでなく、「人として」という観点がないと皆様と誠実にお

話することはできませんし、治療も進みません。

ノーベル賞目指す科学者やネイチャー・サイエンスに載るような、世界的な発見をする方

と比較しては失礼かもしれませんが、やはり「人として」やるべきこと、やってはならな

いこと、又すべきことあると思います。

科学者としての基本姿勢や倫理観を育てる科学教育のあり方は十分だったか?とこれも

新聞にありますが、その前に科学者としてでなく「人として」のありようは如何なのか?

科学者ならば、科学者としての矜持はいかがなのか。私自身を顧みてもすぐワーッと興奮

して舞い上がってしまう自分はどうだろうかと苦笑しつつマスコミに流されやすい自分を

恥じたことでした。

最高権威である科学誌の審査が機能せず、共同研究者が苦渋の表情で言いにくそうに

コメントし、草の根的なレビューが機能したことが幸いと言えば幸いでした。

「カルチャーが変わった」「「時代のなせるわざ」という野依博士のコメントがすべてを

物語っていました。コツコツと積み上げた中から私達に有効な科学の発見があります。

ラボでの地道な毎日を過ごされる科学者の方々、その卵のみなさん、どうぞ科学者として

の信念と、自然への感謝と畏怖の念をもって研究の日々を過ごされ、そのご苦労が実りま

すように、又人が幸せになる実りになりますようにお祈りします。このことがよい意味で

次のステップにつながることを、みんなが願っていることでしょう。

STAP細胞証明できず・・

 

 

 

無意識に食いしばっていませんか?

最近、「食いしばり」と言うことばが盛んに言われます。

そういえば、知らないうちに食いしばっている方多いようです。いかがですか?

特に携帯電話・スマホの普及により、いつも画面を見つめているうち、噛みこんでいると

いう方が多いようです。言われてみると不思議なのですが、人ってお口を閉じていても

「歯は合わさっていない」のが普通です。ご自分で確かめてみてください。

いかがですか?もし合わさっていたら、意識して上下の歯を離してみて下さい。

やはりIpadやパソコン・スマホとかに夢中になっているとギューッと噛みこんでしまう様

です。

TVでは、食いしばり・かみこみを防ぐ方法の一つとして、家にいる時でしたら、「歯を

合わせない」と書いた付箋を、主に仕事するところ、キッチンなどに貼るという方法が

提案されましたが、付箋見たら、かえって意識して噛みこんでしまうわよ(笑)という方

もいました。そういえば夢中になっていると私もギューッとかみしめています。なぜこん

なこと言うのかと言いますと「力」で歯を失うということがわかってきたからです。

「食いしばり」というのは長い時間歯をかみしめることを言います。歯を接触させたまま

でいる状態です。歯にはかなり大きい「力」がかかり続けます。本人に自覚はありません

自覚がないので、このままにしておくと歯は痛められ、浮いて力が入らなかったり、しみ

たり、痛んだりという風になります。「食いしばり」は音もなく同室の人も気づきませ

ん。俗にパワータイプの方が最も気をつける兆候の一つと言われています。

ですから、お口は閉じていても「歯は合わさっていない」ほうが顎も歯もお休み・楽なん

だとおわかり頂けると食いしばりの弊害が軽減されますね。

最近では当院でも、「バイトプレート」(プラスティックの歯型)をつくり、お好きな時

歯にはめていただき、負担を軽減なさることによって、肩こり・お疲れ・噛み込による歯の

ダメージなど症状が軽減する方も多いようです。一時期アスリートしか使わなかった「バ

イトプレート」ですが、多くの方が利用されるようになってきました。

お悩みの方は一度ご相談ください。

下左の画像はバイトプレートの一例

右のワインラックは「口を閉じても歯は合わせない」にちなみ?浮いてる(接触していな

い)赤ワインの瓶です。(関係なかったかな?)

 

 

無意識に食いしばっていませんか?無意識に食いしばっていませんか?

 

3年たちました。春の陽ざしが届きますように。

今日は3月11日。早いものでもう3年。被災された方にはご苦労の3年であったと

拝察します。ニュースではまだまだ解決されない事ばかり、未だ仮設住宅にという映

像を見ると心痛みます。原発事故で立ち入り禁止になった福島県の警戒地域(現在は

帰宅困難地域として)内には、牛3500頭、豚約3万頭が飼育されており、その

半数以上は餓死し、野生化したものは殺処分となったそうです。その中で生き残った牛

の命を守るために、近隣の13牧場が今も約700頭の牛を飼育し、「希望の牧場・ふく

しま」の吉沢正巳さんは事故直後も牧場に残って約360頭に餌をやり続けているそう

です。「ここの牛に経済価値はない。家畜でもペットでもない。何のために飼うのかと悩

んだね。でも俺は牛飼いだから殺しはしない」最大の被害者ともいえる牛を生かすことで

福島の現実を伝え続けることができる。学術調査もできる。エネルギーの事を考える

きっかけにもなる。それらが復興の希望につながると信じて、吉沢さんは人生をかけて

牛を生かし続けるのです(JAFメイト3月号より)

いつぞや、被災地にイノブタが異常に増えて、吉沢さんのような飼育を続ける方が守り

に守った牛のエサを、イノブタに食い荒らされたというニュースを書きました。どれほど

肩を落とされたことでしょう。でも、吉沢さんのコメントにあるように、残された飼育牛

の血液検査などが始まり、ようやく被ばくの実態を調べようという動きも始まりました。

ご不自由な生活の中でも、人々の未来に役立ちたいと踏ん張る方々がいます。避難先に連

れていけないペットたちに給餌ボランティアする人々。「原発を作った僕ら世代には、彼

らの命をつなぐ責任がある・・と毎日200キロの運転しながら日々頑張る方々、」帰ると

きの鳴き声がせつないそうです。餌を置いてきても大量の鼠に食べられてしまってペット

の口に入らなかったり・・。そんな放送もありました。「他人事でなく、今より深く災害の

事を考えて下さい」震災語り部の重いことばが胸を打ちます。あの日を思い出し、私達に

できることは何か、いつでも使える電気・水道・ガス。三度三度の食事、恵まれているのに

たわいもないことに愚痴こぼしてしまう自分、今の幸せに感謝しながら、今日一日をすご

したいものです。

どうか被災された皆様に、希望と春の陽ざしが届きますように。いつでも、いつまでも

3月11日を忘れないで、私達心寄せさせていただきたいと思います。十分がんばられて

いらっしゃいますので、くれぐれもおからだ大切になされてください。

ご苦労お察ししながら、応援続けましょう。

 

春を待つ気持ち

カレンダーでは啓蟄でも、東京でも小雪が舞う一日でした。

3月も明日は8日。もうすぐ3月11日あの日から三年になります。

未だに仮設住宅での生活を余儀なくされている方々を思うと、胸が痛みます。先ほど支援

物資の配給というニュース見ました。均一に配られるのかと思いましたら、失礼ないい方

ですが、まるでバーゲン会場のように、人々が群がって生活用品を手にする様子に、思わ

ず涙してしまいました。ふっくらしたお布団を抱えて去るおじいさんもいれば、ガラガラ

に入るだけの、やっとの食料を手押し車に詰め背中丸めて帰る高齢のおばあちゃん。年長

者にこんな思いさせる日本って、豊かな国なんでしょうか。せめて高齢者には平均してお

届けできないものでしょうか?トボトボ帰る姿に涙せずにいられませんでした。昨日のニ

ュースでは、今回の震災で被災なさった方の80%が3年たっても「被災者」と感じてら

っしゃるというなんともお気の毒な思いを伝えていました。ある女性は、がんばっている

つもりだけど、出かけて「仮設」に帰ると「これが我が家と思うと辛くなる」とおっしゃ

っていました。4月1日から消費税も上がります。震災の被災者にいつまでも試練を強い

るこの国は、はたして人にやさしい国でしょうか。

前の号でも書きましたが、ご病人も一番怖いのは「孤独」だそうです。被災された皆さん

を言葉で理解するのは容易くとも、お気持ちにかわれません。でも、いつでも、いつまで

も忘れないでいることは出来ます。がんばってらっしゃるご苦労な日々に想いを寄せ、

心を寄せ続けたいと思います。春を待つ気持ちはどなたも同じです。

指導と支援

子育て中の方はご存知ですが、現在お子さんの市の検診は3歳児の前に、1・6歳児検診

というのがあります。歯科的に言えばちょうどミュータンス悪玉菌が、赤ちゃんのお口の

中に悪さをする時期で重要でもありますね。

一昨日TVで市の検診特集をやっていて、この中でのお母さま方の言葉が大変気になりま

した。「行くと保健師さんからいろいろ言われるのが、プレッシャーになって行きたくな

い」と。例えば、子どものお口の遅いことが気になっていると、「お母さんが話しかけて

ないんじゃないの?言葉かけしてる?」といわれるなど、保健師さんにしてみれば、少し

でもよかれと思って言うことでしょうが、日中お子さんと二人っきりで過ごしていたりす

るお母さんには、いっぱいいっぱいのとこがあって、「指導」ととられてしまうのでしょ

う。「支援」したい・力になりたいという保健師さんの気持ちにちがいありませんが、お

相手(お母さま)のお心持によって、その日のコンディシヨンによって、受け取りようは

違うようです。どちらにも悪気はないのです。

私にも同じ経験あります。当院では1998年から禁煙支援をしております。全面禁煙施

設として、タバコは虫歯・特に歯周病の原因の一つでもあるので、お口の健康を守る意味

でも、患者さんをおもい禁煙のお手伝いさせていただいております。でも1998年当

時は「指導」でした。今思えば、本当に独りよがりの指導だったと思います。「お口の中

を見れば一目瞭然」とばかりに、聖路加病院の禁煙教室で多少の勉強したこともあって

皆さんに良かれとお話ししました。今考えれば「知識のおしつけ」だったと思います。

「うるさいなあ」と思われたかもしれません。こちらが一生懸命すぎて、相手がいっぱい

いっぱいなこと気づきませんでした。そんな中でも禁煙成功し、感謝なさる方も多かった

ので、「指導」になっていることに気づきもせずでしたが、「精神対話士」の講座にいっ

て、「指導」と「支援」の違いをはっきり学びました。講義するのでなく相手の話をきい

てコミュニケーションなのでした。ドッチボールでなく、キャッチボールなのでした。

TVで「保健師さんに叱られるのが嫌で検診に行かない」というお母さんの言葉に、ハッ

としました。それぞれの日常をうかがい、思いをお聴きして、「みんな大変よね」と

理解・共有できたらいいのですね。スマップの歌にあるように、一人一人違っていいと

言いながら、みんなと同じ!がいいと言う社会。お母さま方が悩まれるのも当然です。

お子さんを社会全体で見守るというのは口で言うのは簡単ですが、このようなお母さま

の声をきくと、まだまだなのかもしれません。一番さみしいのは「孤独」ということだと

以前患者さんに伺ったことがあります。子育て中のお母さまが大変な中にもおもいを共有

できる仲間がいる・遠慮なく言える、それぞれでいいんですよと安心して子育てできる社

会にしたいですね。私達が小さい頃は隣近所のいろんな世代の方のかかわりの中で、随分

いいおせっかいして頂き、今では感謝することばかりです。他人とのかかわりの中であり

がとうを交換できるご近所付き合いもいいですね。保健師さんもきっとお役に立ちたいと

思って皆さん頑張ってらっしゃいます。

このTV見て一方的・事務的ではいけないとつくづく感じました。子育て中のお母さまの

心の叫び聞けて、よい勉強になりました。

 

 

 

プロフェッショナル

三月に入り、寒い中にも陽ざしが幾分春めいています。実家の庭で85歳の母と主人と

ふきのとうを摘みました。土に埋もれてまだ蕾でした。紅梅は満開・白梅はぼちぼち咲き

始めていました。「今年は梅がなるかしら?」の母の声に希望を感じました。元気でいて

欲しいと思います。ふきのとうは今日蕗味噌にします。

昨日のNHKプロフェッショナル、70歳(女性の年齢失礼ですが)の日本で一番の同時

通訳の方の紹介でした。「通訳は格闘技」とおっしゃるその熱意というかプロとしての

すごさに圧倒されました。同時通訳というのは、当たり前ですが「同時」に訳さねばなら

ないので、相手がしゃべると同時に瞬時に訳すわけで、マイクに向かうアップのお顔に

一分のスキもありません。しかもこの方はただ訳すのでなく、「行間」を訳すとおっ

しゃって日本語にもこだわってなさっています。又これほどの方なのに、仕事前には

必要な英単語と和訳をノートに書き出し、復唱されています。「どうして?」と聞かれて

も困るけれど、言葉と言葉の持つ意味を大切にしたいし、言葉にそれを発した人のおもい

ありますからね・・と。「知識と努力は裏切りませんよ」と。福島で同時通訳の前の晩には

ホテルで「ふるさと」という言葉をどう訳したら「故郷」の意味伝わるか苦闘する姿に

プロ根性を見ました。ホームタウン?うーん違うのよねェ。「ふるさと」ってもっと違う

でしょう?悩んだ末、結局本番では「our  home」と訳されていました。すごくわかりま

すよね。「our  home」! そうそう「ふるさと」って感じします。カナダ・韓国・・海外の

参加者からも、心のこもった、日本語と英語のニュアンスにこだわったこの通訳の方!と

会議終了後絶賛のハグされて、さようならしてらっしゃいました。

歴代の日本の首相も彼女を指名なさるそうです。同時通訳の仕事中だけでなく、オフタイ

ムには「和歌」を勉強なさって、日本の意味とおもいを伝えるために日々努力なさる

プロの姿に感動しました。再放送をぜひもう一度拝見したいと思います。

桃の花

いよいよ3月。大雪におおわらわ、ソチに寝不足・・の日々送っているうちに早くも

3月です。明後日は桃の節句。当院もたーくさんある小さなお雛様を各ユニットに

飾りました。3日は月曜日で休診ですが、来週一週間くらいは飾っておくつもりです。

昔はお雛様は「早く出して早く片付ける」と女の子をお嫁に出すたとえで言ったようです

が(笑)女性もバリバリ仕事をし、家庭を持ってもお仕事する時代になって、そんなこと

いう人もいなくなりました。

患者さんから「桃の花」頂きました。すごい大枝!でやっとの思いで切って早速飾らせて

いただきました。小さいお雛様はパウダールームに飾ってある手のひらサイズのものです

。赤いお座布団にちっちゃいお雛様がかわいいです。

午前中来院の小学一年生の女の子さんが、可愛い折り紙をもってきてくれました。ちょう

どお雛様に見えたので、お雛様みたいね!と折敷に飾ったら大喜びでした。ほかのお子さ

んからいただいたビーズのネックレス(院長先生にと頂きました・・笑)も一緒に。

この小さな女の子たちが、元気に健やかに明るく育ってくれますように。桃の花のつぼみ

が時間とともに、ぽっぽっと咲き始めました。春はもうすぐですね。

桃の花

桃の花2

桃の花3

真央ちゃんのほうが大人です

ソチが終わっても、感動が続いています。

15歳のメダリストはじめ十代の選手の落ち着いたコメント、冷静な発言にびっくりする

やら感動するやら・・。このような選手達がみんな、早いうちから海外に出て研修している

ことをあげ、海外に出ることにより、自分を見つめ自分の考えを述べたりすることが普通

にできるようになってくるのでは?とコメントしている方がありました。

真央ちゃんの外国特派員協会のインタビューも実に大人でしたし、海外のメディアの方が

真央ちゃんのファンであることが空気で伝わり、誠実でウイットに富み若いけれど配慮の

ある発言に関心しきりでした。見ている私達もますます真央ちゃんファンになりました。

森元総理大臣の失礼な発言に対しても「ご自分で後悔してるのでは・・?」とさりげなく

にこやかに言う真央ちゃんのほうが、ずーっと大人です。特派員の方も好感もって聞き、

とても穏やかで品のいい空気感でした。

舛添さんといい、森元総理といい、本当に腹立つ品のない思いやりにかけた発言である

と女性は怒っていますね。このような方がトップで、オリンピックという大きな目標に

向かっていくというのはなんだかちょっと恥ずかしいです。

今朝は真央ちゃんのコーチ、佐藤信夫さんが淡々と語っていました。「練習は嘘つかない

」と。真央ちゃんんは天才ですか?の質問に、「努力の人です」でもだから「天才かもし

れません・・」と。余計なこと言わず自分でしっかり考えて逃げない。コーチを頼まれた時

世界で一番を2度もとった人に教えることない・・と断り続けるも、亡き真央ちゃんのお母

さまに是非と言われお引き受けになったとのことでした。淡々と語るその中に佐藤コーチ

と真央ちゃんのかたいきずな、プロ同士の信頼をみました。今回のソチは、感動と学びの

ソチでした。希望も頂きましたね。がんばられた皆さん、心からありがとうございます。

 

 

ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番

ソチの閉会式を観ました。開会式は全部観られませんでしたが、ロシアの威信をかけた

のでしょう。開会式では国の歴史を表現し圧倒されたので閉会式も期待して観ました。

費用も膨大だったと思われますが、色彩も表現の多様さもスケールもスゴいものでした。

カンディンスキー・シャガールの世界をびっくりする演出で表現したのには驚きでした。

するとアレッ!真央ちゃんの曲が!ラフマニノフのピアノコンチェルト2番です。

なぜか曲聴くだけでまたもらい泣き。ソロに加えてたくさんのグランドピアノが登場。

真央ちゃんのフリーの大成功を思い出し、涙が止まりません。閉会式にこの曲が組まれて

いた偶然。ウルウルした目で観ていると、ボリショイ劇場・コリンスキー劇場のバレエの

競演。ロシア芸術の奥深さに魅入っていると、今度はたくさんの書物とともにトルストイ

チェーホフ・プーシキン・ドストエフスキーと文学の紹介です。曲は代って

「ハチャトリアンの仮面舞踏会のワルツ」。覚えていますか?これも真央ちゃんの

バンクーバーの曲ですよね。試合を終え閉会式の客席で真央ちゃん、どんな思いで

ラフマニノフ・ハチャトリアン聴いていたでしょう。この2曲が閉会式で流れたことも

今回の真央ちゃんを称えているように思えてまた涙。サプライズで美しい閉会式は、ソプ

ラノがゴンドラで歌う下で、たくさんの子供達が手に手に黄色のミモザの枝を振り、観客

席のブルーとミモザが金色に輝きそれはそれは美しいゴージャスな花火のようでした。

 

聴きたくなって、辻井君と佐渡さんのラフマニノフのピアノコンチェルトを聴きながら今

書いています。たまたまCDジャケットにある言葉の数々がまるで真央ちゃんを物語って

いるようで抜粋してみます。(ラフマニノフピアノ協奏曲第2番辻井・佐渡・ベルリン響)

 

ラフマニノフのピアノ協奏曲、特にその第2番と第3番と言えば、古今で最も難しいピア

ノ協奏曲として知られている。若いピアニストがこの作品を演奏するときには「挑戦」と

いう言葉が使われるほどだ。別に若手でなくとも、多くのピアニストにとってラフマニノ

フの協奏曲はチャレンジな作品であり、様々な技術的課題を克服しないと演奏が難しい作

品であることは間違いない。しかし今回辻井君が録音した演奏を聴いて、難局に挑む気負

いといったものを感じることは無かった。むしろラフマニノフの音楽の中に自然に溶

け込んでいって、その音楽の果実を無心に頬張っているような親密な雰囲気に溢れていた

。辻井君のピアニスティックな音の美しさに加え、指揮者・佐渡裕の優れたサポートによ

って音楽のうねりが見事に一体化され、絶妙な呼吸が生まれていた。辻井君は音楽に対す

る新鮮な感動を常に忘れない。隅々まで自分と音楽を一体化させ、この作品を演奏するま

での、様々な努力の過程が秘められているはずだが、それを演奏の力に変えてしまう魔法

を持っているかのようだ。(片桐卓也より抜粋)

 

今後も真央ちゃんのフリーを観るたび、佐藤コーチとの気持ちのやり取りと強い信頼関係

を思い出し、この辻井君の演奏を思い浮かべるでしょう。初演から100年以上経っ

た名曲が私たちにさらに魅力的であるのは、こうした若い方達の共感力によるのだろうと

片桐氏は述べています。辻井君のCDジャケットに図らずも見つけた

「チャレンジ」の言葉は深く心に届きます。芯の強さにエレガントさが加わってきた

真央ちゃん。みんながとりこになりました。もう一度、ありがとう。映像見るたび

曲を聴くたび、しばらくお化粧、涙で取れちゃいますね。

ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番

ありがとう

真央ちゃんのフリーの演技すばらしかったですね。終了直後の顔見て思わずもらい

泣きです。日本中がそんな思いではなかったでしょうか?背負ってきたものが重すぎて

胸が詰まります・・とは同じ年代の子供を持つ友人ママから。これまでの苦労がこの後の

人生を花開かせる種になるといいですねとエール送っています。ホントにそのとうり。

自分にしかできないジャンプにこだわって、「きっとできる」という強い信念で最後ま

でチャレンジ忘れない真央ちゃん。たくさんのこと私達に教えてくれてありがとう。

オリンピックという選ばれた人ばかりの晴れ舞台・勝負の緊張度。計り知れませんね。

たまたま今、テレビで高血圧の特集していますが、ストレスの事を話しています。

「唾液」によるストレス度チェック だそうです。唾液って虫歯・歯周病だけでなく今、

注目されています。それによるとあるTVのアナウンサーの

     休日のストレス度を   1 とすると(数字が大きいほうが強いストレス)

     出勤直後        9

     出勤4時間後      14

     出演本番直前      25 だそうです

真央ちゃんのようなアスリートの緊張も計り知れませんね。オリンピックという海外での

舞台。羽生選手が宿泊は二人部屋です・・と言ってましたが、選手村の生活・練習場の確保

会場の雰囲気・観客の興奮度・・すべてを受け止めて実力発揮しなければならないそのスト

レス度。私など想像するだけでストレスになりそうです。TVに移るソチの会場の異様な

雰囲気。いつの時代もそうなんでしょうが、平常心を維持することすら大変でしょう。

その中で真央ちゃんが納得できる表現ができて、おもいが形になって本当におめでとう。

「支えて下さった皆様に感謝を表したかった」というけれど、応援する観客の私たちも

「ありがとう」です。メダルの為に安全策とって難しい技へのこだわりを捨てるという

選択もあったでしょうに、今まで進んできた芸の道・鍛錬の時間を、美しく表現できて

本当によかったです。言葉軽いけれど、ナイス・チャレンジでした。ありがとう。

牡蠣の季節

ソチで盛り上がっていますが寝不足の方多いのではないでしょうか?今夜はいよいよ真央

ちゃん。プレッシャーの中「トリ」務める重圧はどれほどでしょうか?あの細い体で頑張

ってる姿。みんな応援したくなりますね。強敵がいっぱいと思いますが、真央ちゃんらし

くのびのび音楽にのってご自分の表現されたらそれだけで「金メダル」拍手です。

今までのメダリストが「日本の代表として・・」とか健気にコメントする姿に感動しながら

も複雑でいろいろなおもいが致します。皆さん本当に頑張っていらっしゃいますね。

さて、無類の貝好きですが、この季節はやっぱり「牡蠣」です。王様は牡蠣フライ。カリ

ッジュワッ!あーもうたまらないですね。タルタルソースもいいですが、私はやはりシン

プルにウースターソースです。山盛りのキャベツと。それとフロランティンヌ・どうって

ことない旬のほうれんそうと一緒のグラタンです。この相性も抜群です。それと・・・・

我が家のカキ鍋(写真なくてすみません)はちょっと変わっています。土手鍋でなく

お味噌汁より薄いみそ味だしに牡蠣・千切りねぎ・千切り油揚げ・千切りこんにゃく。この

4品だけを煮ては食べ煮ては食べします、お出汁がだんだん濃厚になってきてうまー

い!材料の千切りがめちゃくちゃ大変ですが、これ大事なのです。こんにゃくの千切り

が面倒だからと「糸コン」にしたら、まったく違う味になって、やっぱり手間かけないと

食べるの一瞬だけど!と反省。すべて材料食べきった後のお出汁をお雑炊にするともう

夢心地です。(うーん唾液でます)お雑炊にする前、飲み残しの日本酒をお鍋に入れるの

忘れないでくださいね。くれぐれもご飯入れてとき卵流したら、すぐ火を止めて蒸らすよ

うに。お出汁多めのサラサラが美味しいですよ。くれぐれもおじやにしないように。

牡蠣ももうすぐシーズン終わります。ぜひお試しください。買う時にお水に浸った

パックのカキでなく、むき身の計って買う牡蠣のほうが断然美味しいです。探すのも大変

ですが明らかにお味に差が出ます。お値段はそうかわりませんので、回転のいい魚屋さん

かスーパーで、パックでない牡蠣でぜひお試しください。20年以上前雑誌「ミセス」に

この作り方が載って以来の我が家のカキ鍋ご紹介しました。歯科的にお話すれば、牡蠣に

はご存知のように「亜鉛」が特に豊富で、亜鉛は味覚を感じるのにとても必要です。亜鉛

不足は極端いうと「味がわからなくなります」とても大事な栄養素です。牡蠣だけでなく

サプリでなくとも多くの食品に含まれていますので、心がけてとりたいものです。昔から

牡蠣は「Rの季節」と言われますが、生産者の努力により他の季節でも食べられる場合も

あるようですね。でも四季のある日本人としては、季節を大切に愛でていただくと美味し

さ格別です。産地で取れ立てを炭火で焼き牡蠣したら卒倒する美味しさでしょうね!

 

牡蠣の季節

牡蠣の季節

グランジュテ

ソチオリンピックで寝不足の方いらっしゃるのではないでしょうか?今夜はいよいよ男子

シングル。待望の高橋大輔さんも登場し、羽生くん・町田君と日本は実力者ばかりで本

当に楽しみです。高橋選手バックの音楽にチャチャが入りましたが、負けずに頑張ってく

ださい。昨年の怪我も演技に支障なくいくことを願っています。彼はとても大人ですね。

女子の美しい演技を見ていると、スローなバラードに乗った滑るようなゆったりした技も

さることながら、やはり注目はジャンプです。練習では完璧でも本番でこけてしまったり

本当に紙一重の繊細な技のようですが、見ている私達としては「神業」のようなジャンプ

にただただため息です。夢中になって見ていると自分も跳んでいるような気にさえなりま

す(笑)。出番前の選手を見ると楽屋裏の床で跳んだり回転して練習されていました。

HPコーナーの名前「グランジュテ」はバレエの跳躍・飛躍から取って名づけました。

悩んでいないで、一歩跳んでみませんか?フィギュアの選手みたいに3回転半・4回転

でなくとも、ちょっとの勇気をもって今の現状からちょっと「跳んでみる」「ジャンプし

てみる」今までと違う風景が見えてきて、「よし!」と思って、一歩も二歩も前に進むか

もしれません。 もし進まなくとも、ジャンプした価値はあるし、選手たちのように何度

もトライするうちに、出来るようになったり前進するでしょう。要はあきらめずに挑戦

することではないでしょうか。前を向いて進む人にきっと神様は微笑む・・と聞いたことが

あります。ちょっとだけ跳んでみませんか?現状が変わるかもしれません。チャレンジ

すればチャンスをものにできると信じます。フィギュアのみなさんを応援しながら、寒い

ですけれどご一緒に頑張りましょう。

 

 

バレエも快挙!若い人頑張ってますね!

 

もうみなさんご存知のように、ローザンヌバレエコンクールで、日本の男女の高校生

二人が一位・二位を占めました。実に伸び伸びと踊る姿・落ち着いて堂々たるお二人の

バレエにびっくり致しました。インタビューにもちゃんと答えて「バレエ始めた動機

?好きな女の子がやってたから・・」このフレーズも屈託なくていいですね。このロー

ザンヌバレエコンクール、以前より実はひそかにファンで、随分前から観て(聞いて?)

おりました。

ダミ声の厳しいご年配と思われる女性の審査員がいて、そのコメントが痛快で観ていた

(聞いていた)のです。例えばドンキホーテですごいパフォーマンスをする者がいても

「アラアラ、どうしてあそこであんな風に踊るかしら。それにあの衣装・田舎くさくて彼

を台無しにしてるわ!」など辛らつな批評が結構的を得て、人気?でした。最近の審査員

のコメントは以前に比べ大変穏やかです。

なぜこんなに日本人は強いのか?に熊川哲也さんがこう答えています。「勤勉な上、日本

ではコンクールが商業的にしょっちゅう行われ、アピール慣れしている。又海外ではオー

ディション受けて国立のバレエ学校に入って始まるが、日本では「習い事」として気楽に

スタートし皆平等にチャンスがある」とのことでした。習い事として通わせているお母様

は、バレエ始めて粘り強くまた・美しい音楽を聴き心が豊かになるとおっしゃっていまし

た。体格も欧米と引けを取らなくなったと熊川さんも言っています。オリンピックのスノ

ーボードのニュースにも15歳・17歳が話題です。先日の小保方さんに続き、若者の話

題は、ぶり返した寒い中にぽっと咲く梅の花のように、「やるなあ!」とステキな話題で

した。世界の強豪の中でのびのび演技する日本の若者に未来を感じ、豊かな時代の到来を

感じました。 もっと多くの方にチャンスが広がるといいですね。日陰に雪が残る今日こ

の頃、近所の紅梅が満開となりました。これからロイヤルバレエ等に留学して、研鑽積ま

れるのでしょうが、吉田都さんのようなご評価を得て、ますますステキに活躍されますよ

うに。ブラボ!ブラバ!

 

 

この雪の中、頭が下がります

予報どうりの大雪(と言っても雪国の方には笑われてしまいますが)朝から電車をはじめ

混乱しています。こんなお天気の中、おひとりのキャンセルもなく、メンテナンスに

ご来院です。お一人世田谷からの患者さんが「行きたいけれどどうにも・・」というお電話

。残念だわーのお声にお取り直ししました。来院の患者さん方雪用のコート来て長靴はい

て重装備?でご来院です。

この雪の中ご予約通りに来て下さる患者さんに、当院は何をすべきか?問われます。

有難いを通り越し「お役に立たねば」と心から思います。おりしも身内の高齢者が

転んで顔面骨折。オペを受けましたが当然のように口の中にも被害が出てきました。

見ればプラークが歯にも入れ歯にも・・。聞けば不都合あって直す事以外に歯医者には行っ

てないとのこと。入れ歯を作った歯科医院も「何も言わなかったのか!」と腹も立ちまし

たがこれが現実です。前にも書きましたが、メンテナンス受けている方は全体の2%とい

う日本の現状。当院のメンテナンス患者さんには総義歯の方もおられます。入れ歯の方も

お口のお手入れ必要だからです。お口の中を・入れ歯を清潔にし、かみ合わせをチェック

し、食べられるお口に整えておくことが大切で、その必要を歯科医院は患者さんにお伝

えし、お教えしなければなりません。歯医者は修理屋だけではないのです。皆様の大切

な「命」「食」を支える任務があります。プラークコントロールされていない、汚れのた

まったお口の中・入れ歯で緊急入院した身内が情けない顔してベットに横たわる姿・

「前歯を失い、ヒビの入った入れ歯で食事せざるを得ない」患者さんを目の当たりにして

「歯を保つ・お口の中を維持する」ということは「人の尊厳を維持すること」と強く感じ

て病院をあとにしました。看護師さんと打ち合わせして無理のない口腔ケアをお願いし

て・・・。

この大雪の中、メンテナンスに見える「健康感にあふれ。自分の体は自分で守る」と理解

くださった患者さんのお気持ちにお応えする様に、切磋琢磨してお役に立ちたいと心から

思いました。皆さん足元気を付けてお帰り下さいますように。このお天気の中ご来院本当

に有難うございます。当院もお役に立つよう頑張ります。感謝。

 

この雪の中、頭が下がります

この雪の中、頭が下がります

この雪の中、頭が下がります

折にふれ、みんなで検討します

当院では、患者さんのデーターなどいつも仲間で検討します。ちょっとの合間にもこのよ

うに。ドクターとも同様です。いろんな目で見たり付き合わせしたりするのって大事だと

思いませんか