クリニックご案内

中央歯科クリニック 院長1

昭和57年12月1日 中央歯科クリニックを開業した当時朝霞の駅前は畑でした。遠くの方まで見通せるほど高い建物はありませんでした。
東武電車はなんと木の床で、油で光っておりました。開業準備に来ても帰りに食事をする店もなく、一杯飲み屋で飲む方に交じってすませました。

「グラグラしてるから早く抜いて!」「前歯に金冠被せて」「お金かけていい入歯作りたい」!そんな声が多く、お子さんの口の中には銀色でピカピカの被せものがいっぱい入っていました。ビックリしました。

そんな中「まだ抜くのはもったいないです」「まず口の中をキレイにしましょう」「歯茎のすき間を検査します」こんなこと言う中央歯科は、かなり違和感持たれましたが、珍しさもあってか?少しづつ皆さんお通いになり始めました。「なかなか銀歯詰めてくれない変な歯医者が出来た」と言われていました。

大学の口腔外科に籍を置きながらも「歯を失う前にする事はないのか?」と自問自答の日々、朝日新聞に連載の「歯なしにならない話」の片山先生の一泊二日の講座を何回か受講。おもいがけないきっかけと学びを得て、1998年には、今では日本の予防のパイオニアである熊谷崇先生に出会い「虫歯も歯周病も細菌の感染症である」というセンセーショナルな発表の第一回の会に出席して衝撃を受け「自分の歯は自分で守れる」との宣言を得て、常にエビデンスのある学びの重要性も教えて頂き今日に至っています。

「口の中の汚れをキレイにすればむし歯・歯周病は防げる」と言ってもすぐ効果と結果がでるわけではありませんが、昭和57年の開業当初から歯科衛生士が歯茎の検査をしていましたので、患者さん方も徐々に意味と効果を実感され、個人個人のデーターの重要性を理解なさり始めて下さり、定期検診が定期メンテナンスと言葉も「意識」も段々に変わってきました。

メンテナンスに来院する方々にお応えする為、平成元年に畑がビルになると同時に移転し夜間診療もスタート、飛び込んでくる急患とは別に、会社帰り疲れていてもメンテナンスに通いたいという意識の高い方々が増えました。この頃より酒田の日吉歯科の実践を勉強させていただき、サンフォート鈴木さんのご指導得て、口腔内写真も撮り始めました。カメラ屋さんに現像に走りフイルム整理も大変でした。その後メンテナンス患者さんに十分な処置を提供するため、二か月休診して同地に、平成19年全個室にする院内全面改装を致しました。

中央歯科クリニック 院長2

日野原先生の「生活習慣が病気を作り、その習慣は自分で作っている」の提言で「成人病」が「生活習慣病」という呼び名に変更して久しいですが、2001年「口の中の病気と全身の関係」を発表したサンスターのトピックスも今では当たり前になりました。

開業当初「起きたら歯を磨き食後は磨かない」と言う方が多かったのですが、今では食後の歯磨きも「毎食後30分おいては歯は磨く」にかわってきました。子供の歯にだけ一年に一度塗っていた”フッ素”は「どなたも適切な濃度と正しい使い方で毎食後必要なフッ素」という認識になりました。

「芸能人は歯が命」ではなく「芸能人でなくとも歯は命」という認識になってきたと感じています。

ですのでマスコミ通じて健康情報があふれ「健康」と言う言葉に飛びつく昨今ですが、科学的に裏付けされた情報を、吟味してきちんと皆様にお伝えするのも中央歯科の役割と考えるようになりました。

中央歯科クリニック 院長3

かの昔インフォームド・コンセントと言われましたが、私共は「インフォームド・コンセント&チョイス」と考え、ご自分に見合ったチョイス(選択)が出来るように、その方のお口の中の情報を集め、つぶさにお知らせしてご理解の上双方で話しあい、お口の健康に向けて伴走できればと思います。
時間はかかりましたが、多くの学びを得て、口の中は守れるという基礎(予防)の伝達は出来てきました。皆様のご理解も深まってまいりました。

今後は、すさまじいスピードで進む社会とストレスの毎日ですから「噛みしめ」「食いしばり」「歯の破折」「歯周病の進行」など口の中の思わぬ不都合も複雑化すると懸念されます。粘膜の疾患も増えてまいりました。
お口の中は口の中だけに留まらず、あらゆる臓器と関連が言われております。極端言えば、口の中の細菌が、ずいぶんといろいろなところに影響及ぼしているということが明らかになってきております。

100歳が夢でない長寿社会が目の前の昨今、長寿に向かうお子さんの歯を守るためにも、お母さま方だけでなくお子さんにも、有効な情報や知識をご理解いただけるように伝えなければなりません。
巷にあふれる健康情報を整理し、口の中を維持し守るためには、「食事・禁煙含む生活習慣・全身の状況も重要なファクターである」ことをわかりやすくお伝えしながら、その方にあったメンテナンス・治療の方法もご案内して快適でゴキゲンな毎日にお役に立つよう進めてまいります。

ご自分でできるケアはしっかりなさってプロケア忘れず、お元気な毎日を!

34年目の中央歯科クリニックにご期待下さい。

院長 奥富史郎