審美歯科

あなたの魅力を真剣に考える歯科医院

コミュニケーションは外見も大切

審美写真1 「人は見た目ではない」と子供の頃に教えられたものです。しかし、その言葉の裏には「人は見た目で人を判断する」という真実が隠されています。子供の頃の教えに反して、実は容貌はコミュニケーションの入り口なのです。「話せばわかる」と、ついつい私たちは使いがちですが、本当でしょうか?「言っていることはわかるけれど、どうもあの人の言うことは受け入れられない」などということは日常茶飯事ではないでしょうか。意外と私たちのコミュニケーションの多くは、言葉よりも容貌であったり表情であったり、佇まいに左右されているものです。

笑顔は口もとから

審美写真2 コミュニケーションを潤滑にするためには、心からの笑顔に勝るものはありません。もしあなたが口もとに自信がないため、笑顔の少ない毎日を送っているのでしたら、とても多くのチャンスを逃しているかもしれません。屈託のない笑顔は周りの人の気持ちを明るくし、多くのコミュニケーションの扉を開いてくれます。そして「思いっきり笑う」ことは、あなたの自身の心も軽くして、あなたの表情を輝かせてくれるのです。笑顔から見える美しく健康な歯は、見た目の美しさに留まらず心のゆとりをも、あなたにもたらしてくれることでしょう。

「口もと美人」は歯科医院がつくる

審美写真3 コスメ大国日本では、お化粧による「目もと美人」をたくさん見ることができます。そして「美白」というCMコピーが定着した今、「お肌美人」もたくさん出現しています。しかし、「目もと美人」も「お肌美人」も、口もとが悪ければ全てがだいなしです。それほど口もとは、化粧では修正がきかないパーツなのかも知れません。洋の東西を問わず絶世の美女と謳われる女優は、口もとが美しいことに例外はありません。口もとは美の品性を現わすパーツなのです。ダ・ビィンチの「モナリザ」は目鼻ひとつひとつは平凡ですが、口もとの魅力によって、品性の高い美女の代名詞とされるのが良い例です。お化粧では補えない口もとの魅力を引き出すことは、現代の歯科医院の大切な仕事と、中央歯科クリニックでは考えています。